« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

「こまくさ」通信。ヤマケイ&PEAKS!

10896842_828091683946781_7074560663

西国立「こまくさ」(居酒屋)をこよなく愛するたけぱぱです。

本日はお知らせ。

3月号から毎号、『山と渓谷』『PEAKS』を「こまくさ」で買って置いてくれることになりました。

「読みたいんだけど毎月買うのはちょっと・・・」
とおっしゃる貴方、

「こまくさ」に行ってパラパラと読みましょう。
立ち読みでなく「堂々と」ね。

10020150225_211334 ←2月25日(水)「こまくさ」にて。上の写真も同じ。

 ←日本百名山2周目に挑戦中!

2015年2月24日 (火)

蔵王山敗退の巻。

 ←「こまくさ」に雑誌置いてもらう運動展開中!

2015年2月14日(土)、午前1時に新宿に集合し、蔵王山を目指しました。

企画はおなじみLEE隊長。

参加予定者が一時9名になったので10人乗りレンタカーをLEE隊長が手配しました。

しかし、ドタキャンが出て(天気予報もあまりよくなく)7名になりました。
LEE隊長心の声(7名ならミニバンで行けたのになぁ・・・お高くなっちまい、皆さんどもさーせん・・・)

=====================================

前日13日(金)は18時まで勤務。
国分寺で会議があり、そのあと「懇親会」でしたが、「このあと出かけるので・・・」と懇親会参加を見送り一路帰宅。

家で夕飯を食べ、支度をして23時過ぎの電車で立川へ。
東京行き最終電車で新宿へ。
隣にアンちゃん二人が座ったのですが、アンちゃんが笑う度に大げさに体をゆするので眠かったのに眠れず・・・

新宿西口のいつもの場所に行くとLEEさんが車からわざわざ降りてお出迎えです。

集合時間にはちゃんと7名が揃い、蔵王を目指しますがLEE隊長もお疲れの様子。
途中でfumiさんが運転を交代してくれ、その間LEE隊長は後部座席で睡眠。

その間、助手席のほげこと運転席すぐ後ろの私は飲みっぱなし。
ま、よく言えば運転手が寝ないように飲みながら起きてがんばりました・・・

14日(土)の朝6:30頃、蔵王ロープウェイの駐車場に到着。
しばらく仮眠 ZZZ

ロープウェイは8;30から運転開始とのことですが、車は続々と駐車場に集まってきます。

fumiさんはボードをレンタルし、ききさん(女子の方)はスノーシューをレンタル。

おにぎりなぞもぞもぞと食って、8:40頃出発。

100dsc08000 ←風は無く、「まぁ、行ってみましょう」状態。雪は降りしきる・・・

100dsc08001 ←ちょっと先は何も見えない・・・

2600円也を払ってロープウェイ往復のチケットを買う。

ロープウェイはこの天気にも拘らず、並ばないと乗れません。ほとんどボーダー&スキーヤーですが。

並んでいて思い出しました。
7年前に家族4人で来たことがあります。

100dscf0712 100dscf0713 100dscf0709 100dscf0710 100dscf0711 100image019 ←2007年2月、旅人7歳・岳人11歳・たびまま3ん歳、たけぱぱ46歳です。

2007年2月の家族旅行の詳細はよかったらコチラを↓ ↓ ↓

100dsc08002 ←山麓駅は標高855m。ここからロープウェイを2本乗り継ぎます。

100dsc08003 ←20分ほど並んでやっと乗れたロープウェイ。

C0277693_23543040 ←LEE隊長撮影。

ぎゅぎゅう詰めのゴンドラで「樹氷高原駅(標高1331m)」まで運ばれます。

もう一つ、今度は全員座れる小さめのゴンドラで「地蔵山頂駅(1661m)」まで。
下の駐車場ではほとんど感じなかった風が標高を上げていくうちに「ビュービュー」と聞こえるまでになりました。

C0277693_2357070 ←さすが極寒のスキー場だけあって、ゴムマットが敷いてある部屋があり、普通はスキーヤー&ボーダーがここで板をはずし、奥のレストランで昼飯てなことになるんでしょう、そういう部屋がありました。LEE隊長撮影。

我々はここで目だし帽をかぶり、ゴーグルを着け、スノーシューを履きます。

C0277693_23552353 ←一歩外に出ると極寒&強風ですが、とりあえず「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、10:04歩き出します。

29_large ←お地蔵さんも埋まっています。ききさん撮影。

C0277693_2356711 ←しかし、お地蔵さんから右に行くのはわかっていますが、道がハッキリしません。LEE隊長撮影。

少しウロウロしたものの「しばらく天候の回復を待とう」ということになり、先ほどの部屋でスノーシューをはずし、奥のレストランでしばし待機。

100dsc08004 ←レストランから撮影したスノーモンスター達。

10:50くらいまで待ちましたが、天候は一向によくならず・・・

LEE「蔵王山頂はあきらめますが、このあとどうしましょう?蔵王の温泉はまずあきらめて福島県観光するってえのは・・・?鶴ヶ城とか大内宿とか?」
何名か「大内宿、行ってみたい。ねぎで蕎麦食べるところでしょ」
LEE「親分、どうですか?」
親分とは私のことらしい。
私「オイラも大内宿は行ってみたいね。鶴ヶ城は行ったことあるけど」

というわけでまだすいているロープウェイを乗り継いで下りました。
fumiさんはボードでカッ飛んで下りてきました。

LEE隊長の運転で会津方面に向かう。

100dsc08005 100dsc08006 10020150214_143555 ←14:30頃、鶴ヶ城に到着。「行ったことある」と言ってしまった鶴ヶ城だが、前回来たのは真夏。
雪が着いたお城は「札幌雪祭り」の雪像みたいで、とてもキレイでございました。

車の中で待っていてくれたLEE隊長、どもどもありがとうございます。

さらに1時間ほど車を飛ばし、大内宿へ。15:40頃到着。

100dsc08007 10020150214_154542←もう少しで16時、暗くなってきそうなのにすごい人出・・・

100dsc08008 100dsc08009

「雪祭り」開催中ということで、「丸太切り大会」とか「利き酒大会」など開催されていました。

41_large 45_large ←2枚、ききさんカメラ。

100dsc08010 100dsc08011 100dsc08012

大内宿の突き当たり、「扇分家屋」の前で左に折れ、坂を上がっていく。
「子安観音堂」の前を通り、「扇分家屋」の上に出ると、見たことのある景色が現れる。

100dsc08013 100dsc08014 10020150214_155734 ←もちろん「見たことがある」のはTVや写真で見たことがあるのであって、実際に見たのは今日が初めて。
またゆっくり来たいところだなー、と思いましたね。

つるつるすべる坂を手すりにつかまりながら、また宿の方に下りていきます。

100dsc08015

当然と言えば当然ですが、誰からとも無く「せっかくだから蕎麦食べていこうよ」ということに。

100dsc08016 ←「玉屋」さんに入ります。LEE隊長の目だけ見えてます。

100dsc08017 ←案内されて窓側の席へ。縁側ではお焼きを焼いて売っています。

「玉屋」は築100年。

大内宿内には民宿を経営しているところもある。大黒屋、伊勢屋など。
一度ゆっくり泊まってみたいものだ。

100dsc08018 ←ほげ&fumiは日本酒熱燗を頼んでいた。うらやましいがここは我慢我慢。
100dsc08022 10020150214_162547 ←私の注文。これが「ねぎ蕎麦」。ねぎで蕎麦を食べる絵をTVなどで見たことはありましたが・・・
100dsc08019 100dsc08020 100dsc08021 ←LEE隊長に撮ってもらいました。

100dsc08023 100dsc08024 ←ほげこは私の「ねぎ蕎麦」の倍の値段の「ねぎ蕎麦セット」を頼んでご満悦。食いきれなくてミドレンジャーにおすそわけしてました。

LEE隊長が「立ち寄り湯OKか」どうか民宿に問い合わせてくれ、湯野上温泉に向かいます。

100dsc08025 ←17:10頃「星乃井」に到着。「宿の前にジュニアさんが・・・」こら、ほげこ、ジュニアさんに怒られるぞ!

10020150214_172214 ←露天風呂もあり、これで500円と言うまぁお安いお値段。

湯野上温泉、前々から来たかったんスよ。
LEE隊長ありがとさん。

途中一度fumiさんに運転を代わり、S.A.でみやげ物を買ったりなどしながら新宿へ。

ききさんはちょっと遠いので新宿に着いてすぐ駅に向かいましたが、あとの6名で「ワタミ」へ。

10020150214_220149

2時間ほど軽く飲んでお開き。 

LEE隊長、企画運営運転観光案内ありがとうございました。

fumiさんも運転ありがとうございました。

山は残念でしたが、福島県観光なかなか出来なかったのでいい機会でした。

今度はどこ観光する?

クリックしてくださると「次回こまくさは明日(2月25日)行きます。」も喜びます。→人気blogランキングへ

2015年2月21日 (土)

御前山へ(本編)。

 ←今年もクリックよろしく哀愁!

2015年2月11日(祝)、御前山に行ってきました。

メンバーは11名。
サコー岳園長率いる「山の会 コタンコロカムイ」のイベントに参加させてもらいました。

私も歩いたことの無い「清八新道」から登るとのこと。

大ブナ尾根を下り、奥多摩駅に出るというので、風呂&反省会は「荒澤屋(あかべこ)」を提案し、岳園長の了解を得たので「17時頃到着」と、あかべこの若女将=梢さんに連絡しておきました。

=====================================

当日の朝は6時に目覚ましが鳴るようにセットして寝ましたが、5時45には目が覚めます。

ネットをチェックしながらパッキング。

7:30頃青梅の家を出ます。

10020150211_072943 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山。今日の予報はズバリ晴れ。大岳山のすぐ向こう側が御前山です。

青梅駅前のコンビニでおにぎりとパン・コーヒー牛乳を買います。

青梅発7:44の奥多摩行き電車最後尾に座り、パンとコーヒー牛乳で朝食とします。
立川方面から接続の電車が到着すると、J-Blueさん(以降Jさん)が乗ってきました。

奥多摩駅には8:21着。
コスさん以外の全員の顔が見えました。

100dsc07948 ←奥多摩駅舎。丸窓があり、風情のあるいい駅舎です。このバスに乗るわけではありません。

100dsc07949 ←我々が乗るのはこちらのバス。8:35発、丹波行きです。

トイレに寄る人もいたようですが、Jさんと私は先にバスに乗ってしまいました。

あとからバスに乗った人は何人か立っていくような乗車率です。

サコーさんはコスさんと連絡が取れたようです。
サコー「たけぱぱさん、今日は一人欠です」
私「了解しました」

さっそく梢さんにメッセージで「今日は11名になりました。時間の変更あるかもしれませんので、その時はまた連絡します」と連絡を入れる。

すると、梢さん「急がなくて大丈夫なので安全第一でよろしくです~」
と、返事が来ました。
細かいお気遣い・・・さすがです。

8:53、奥多摩湖バス停に到着。

トイレを済ませたら軽く準備運動。

100dsc07950 ←そして輪になって自己紹介タイム。

100dsc07951 ←用意が出来たら出発です。

9:09、歩行開始。
103_large ←サコー岳園長撮影。

100dsc07952 ←ダム堤の上を歩き、対岸に渡ります。

もう一組、御前山を目指しているパーティがいて、私たちがぞろぞろと湖岸沿いに行こうとするので、付いてきそうになりました。

私「御前山ですか?なら、普通はそっちですよ」と大ブナ尾根の登山口を指差す。

100dsc07953 ←そんなおせっかいをやっていると皆から少し遅れた。ガキちゃんとけんじっくすがゲートで待っていてくれた。

100dsc07954 ←湖岸沿いを歩きます。
91_large ←Jさん撮影。

2月中旬と言えば、一年の中で最も寒い時期ですが今日は暖かいです。

100dsc07955 ←日向は暑いくらい。衣服調整をしないと汗が出そうです。

100dsc07956 ←10:02、この地点から湖と分かれ、山道に入っていきます。

100dsc07957

100dsc07958 100dsc07959 ←登りはじめて間もなく、足元は一面の雪になります。

先頭はサコー岳園長、しんがりはTeddieさんなのですが、このときだけTeddieさんが私の前を歩いています。それは私が用を足していたから・・・
100dsc07960 ←この道は歩く人が多くはないようです。道標はボロボロ。地図にも破線で載っています。
107_large ←サコー岳園長撮影。

100dsc07961 ←やがて急な雪の坂道になります。

キックステップに慣れていないメンバーが急傾斜に少々苦戦していました。

急坂を登りきったところで小休止。息を整えます。

100dsc07962 ←道は一旦平らになります。

ところがまた小河内峠までの登りで足をつったようです。

そんなわけでけんじっくすがそのメンバーのザックも担いで登ってきました。
担ぎ方はサコーさんに教わったようです。
前と後ろではなく、背中に2個バランスよく背負えるようなやり方をサコーさんが知っていたそうです。

さすがは我らの岳園長!

100dsc07963 ←12:02、小河内峠に到着。

100dsc07964 100dsc07965 ←ここで多少のエネルギー補給。

100dsc07966 100dsc07967

100dsc07968 ←これはのりりんさんのおしりの跡・・・

100dsc07969

12:18、小河内峠発。

61_large ←けんじっくすの雄姿。Jさん撮影。

100dsc07970 ←13:30を過ぎた頃、ようやく御前山の頂上が見えてきました。

このすぐ後、不調だったメンバーも調子を取り戻し、ザックを自分で背負えるまでになりました。

100dsc07971 ←間もなく惣岳山。

100dsc07972 ←14:10、惣岳山に到着。100dsc07973

時間も押してきたので当初の計画を変更し、下りは避難小屋前からそのまま境橋に下りていくことにしました。

100dsc07974 ←惣岳山と御前山の鞍部。4月下旬にはカタクリが咲く場所です(自生地)。ところどころ植生を調べるために「鹿よけの網」で囲った部分があります。

75_large 86_large ←2枚、Jさん撮影。

御前山頂上の少し手前に「富士山ポイント」があります。

100dsc07975 100dsc07976 100dsc07977 ←お世辞にも上手とは言えませんが、これでお許しください。

100dsc07978 100dsc07981 ←14:35、御前山頂上に到着。標高1405m。

113_large 114_large 115_large 116_large 117_large 118_large 119_large ←7枚、サコー岳園長撮影。

100dsc07979 100dsc07980 ←出発前にセルフタイマーで記念撮影。

御前山頂上は5分ほどの滞在で下山にかかります。

63_large ←14:50、御前山避難小屋に到着。Jさん撮影。

避難小屋にはトイレもあります。
アヤ「やっとトイレにめぐり会えました・・・」

100dsc07982 100dsc07983 100dsc07984 ←お湯を沸かし、カップ麺などいただきます。
サコー岳園長に紅茶をいただきました。ご馳走様でした。

100dsc07985 ←本日のヤンゲストボーイ=けんじっくすにポーズをとってもらいました。

15:17、避難小屋をあとにします。

100dsc07987
100dsc07988 100dsc07989 ←こちらはずっと北側斜面。雪がフカフカです。

100dsc07990 ←この辺りから林道歩き。単調ですが足に負担はかからなくなりました。

途中でけんじっくすと私は「栃寄森の家」でトイレを借ります。
必死で皆を追いかけ、境橋のほんの少し手前で皆に追いつきました。

17:00過ぎに境橋に到着。
ちょうどいいバスがなく、「あかべこ」の梢さんに「17:45頃の到着になりそうです」と連絡を入れる。

じっと待っていても寒いので少し歩く。

琴浦というバス停まで歩き、7~8分待って奥多摩駅行きのバスに乗る。

南2丁目で降りればいいのに一つ手前の南3丁目でバスを降り、皆を余計に歩かせてしまったのは私です・・・

100dsc07991 100dsc07992 ←17:40頃、荒澤屋さんに到着。旅館の1階に「炉ばた あかべこ」があります。

旅館の入り口近くにザックを置かせてもらい、テーブルに着きます。

10020150211_180445 ←まずは乾杯。それから順に風呂へ入らせてもらおうという算段です。

10020150211_184447 ←名物の唐揚げ。絶品です。他にはあわび茸の鍋、ねぎの天ぷら・・・あと二品くらい頼んだような気がします。

サコー岳園長始め、飲兵衛の連中(私も含む)は「風呂はもういいや」という感じで飲み続けます。

さすがに女子4名、それからJさんとけんじっくすは風呂に入っていたようです。

100dsc07993 100dsc07994 100dsc07996 ←あかべこのご主人=貴さんに撮っていただきました。

写真の皆の表情でもでお分かりのとおり、あかべこは居心地がよかったようで、「ぜひまた来たい」と口を揃えて申しておりました。

100dsc07997 100dsc07998 100dsc07999 ←中でもこのおぢさん=サコー岳園長はことのほか気に入っていただいたようで、ほれ、ご覧のとおり・・・

会計を終え外に一度出たのですが、岳園長は一度縁石ですっ転び、起き上がったかと思うと、
「風呂セット、店に忘れた・・・」
と、ふらついた足で戻っていくものですから、ほげこと私で追いかけていったのです。
でも店に戻っても風呂セットの忘れ物はありません。

何のことはなく、岳園長のザックにちゃんとくくりつけてありました。
3人でまた「2度目のお見送り」を受け、ちょっと恥ずかしかったです。
まぁ、でもご愛嬌。

焼酎のボトル入れたので、誰か今度「あかべこ」にご一緒しましょう。

10020150211_204433 10020150211_204445 ←奥多摩から青梅線でトコトコと帰ります。

ほとんど寝ているサコー岳園長に一生懸命話しかけているTeddieさんが可笑しく、ほげこと二人で笑っていましたが、寝てると思われるサコー岳園長が何回かに一回は「うん」と反応するのもまた可笑しいのでありました。

青梅駅で皆と別れ、家にたどり着いたのが21:30頃。

近場の御前山ではありましたが、皆でワイワイ歩くのはやはり格別なものがありますな。

そして「あかべこ、万歳!」であります。

クリックしてくださると「次回こまくさは2月25日の予定。あかべこはいつ行けるかな・・・黙って一人で行っちゃおうかな・・・。」も喜びます。→人気blogランキングへ

2015年2月20日 (金)

大岳山へ(2015年の第2回目・速報)。

 ←今年もクリックよろしく哀愁!

2015年2月19日(木)、たびままと今年2回目の大岳山に行ってきました。

100dsc08068 100dsc08069 ←大岳山頂上にて。

100dsc08056 ←天気はよかったのですが、富士山は頂上が見えず・・・

100dsc08076 100dsc08051

前夜に雪が降ったようです。
ふかふかの雪にたびままも喜んでおりました。

クリックしてくださると「こまくさマスターにお願いしてきました『ヤマケイとPEAKS毎号買って店に置いてくれる』そうです。入荷したらいろんな所でお知らせしますね。」も喜びます。→人気blogランキングへ

2015年2月16日 (月)

戦場ヶ原~雲竜渓谷(2日目・本編)。

 ←今年もクリックよろしく哀愁!

「戦場ヶ原~雲竜渓谷(1日目・本編)。」から続く>>>

2015年2月1日(日)、「日光だいや川公園オートキャンプ場」のトレーラーハウスのベッドで目覚める。

23_large ←トレーラーハウス。快適でお安く利用できます。せっちゃん撮影。

昨夜遅くまで飲んでいたのであまり食欲はないが、カップ麺を食べて朝食とする。
更にお~!やま~!女史(以下女史)が昨日のキムチ鍋の残りで餅を煮たのがあるというので、それをいただく。

TVではイスラム国に身柄を拘束されていた後藤健二さんが殺害されたとのニュースが流れる。

部屋を片付け、管理棟に鍵その他を返してから2台の車がまず向かうのは日光駅。

8:30頃、あかべこさんを拾い、車で来たkouさん夫妻と合流。
これで総勢14名となる。

3台の車は日光東照宮裏から雲竜渓谷の入口に向かいますが、道が凍結しており、ひさし号(レンタカー)が登れなくなってしまいました。

少し上まで行けたらしいかじゅ号kou夫妻号から代表してけんじっくすが歩いて下ってきて、
けんじ「すぐそこにあと2台も停まってます。ここから歩いていきましょう」

つるつる滑る坂道を歩き、2台の車が停まっているところまで行く。

100dsc07922 ←ここでアイゼン装着。

186_large ←kouさん撮影。

100dsc07923 ←9:36、歩行開始。しばらく林道歩きです。

先行の登山者が停めた路駐の車を横目におしゃべりしながらの林道歩き。

83_large ←ききさん撮影。

100dsc07924 ←10:38、ゲートに到着。100dsc07925 ←ここで小休止。エネルギー補給したり、お花摘みしたり・・・

さらに林道を歩きます。

100dsc07926 100dsc07927 ←日向砂防ダムを見下ろすところに稲荷川展望台がありました。そこでもまた小休止。

192_large ←kouさん撮影。

100dsc07928 100dsc07929 ←まだ林道歩きが続きます。

100dsc07930 ←12:17、洞門岩。この先から渓谷へ下りていきます。

195_large ←kouさん撮影。

100dsc07931 ←下りたとたんに渡渉が始まります。

197_large ←kouさん撮影。

100dsc07932 100dsc07933 ←やっと山歩きらしくなってきました。急な登り下りも出てきます。

100dsc07934 ←夏なら多少濡れてもいいのでしょうが、冬はそういうわけには行きません。慎重に渡渉します。

81_large 82_large 87_large 88_large ←4枚、ききさん撮影。

100dsc07935 ←13:05、氷柱の回廊です。

100dsc07936

148_large 152_large 153_large ←3枚、かじゅまる撮影。

92_large 98_large 99_large ←3枚、ききさん撮影。

100dsc07937 100dsc07938 ←アイスクライミングを楽しんでいる人たちもいました。

100dsc07939 100dsc07940 100dsc07941

氷柱の回廊からさらに奥に進みます。

最終的には大氷瀑を目指します。
そこに行くまでがやや危険な箇所もあり、慎重に登っていきます。

166_large ←かじゅまる撮影。

201_large ←kouさん撮影。

100dsc07942 ←大氷瀑が近づいてきました。

100dsc07943 ←13:40、雲竜大氷瀑に到着。10020150201_141149

100dsc07944 100dsc07945

110_large 111_large 112_large 116_large 120_large ←5枚、ききさん撮影。

170_large ←氷瀑の下で各自お湯を沸かしたりして、ラーメンやおにぎりの昼食。少し遅めのお昼になりました。かじゅまる撮影。

122_large 123_large ←出発前にききさんカメラ・セルフタイマーで集合写真。1枚目は間に合わず、ききさんが写っていません。

14:15、雲竜氷瀑をあとにします。

124_large ←ききさん撮影。

127_large ←雲竜型の土俵入りポーズ。やはりこのポーズはなご太郎にはかないません。ききさん撮影。

129_large ←チューチュートレイン風に。ききさん撮影。

100dsc07946 100dsc07947 ←下りも渡渉に苦労しながら・・・

また林道テクテク歩きがあって、17時頃に車を停めた場所に到着。
休憩も含めてですが、7時間半ほどのアイゼン装着歩きでした。

時間も押してますので、当初予定していた温泉はパス。

まっすぐ宇都宮に戻り、宇都宮駅前であかべこ・なご太郎・けんじっくすの3名が帰ります。

車2台で「中華とんとん」に向かうのですが、給油所でかじゅまる号とはぐれてしまい、店の場所がわからないひさし号は結局30分ほど余計に時間がかかって店に到着。
先に行って場所をとっておいてくれたkouさん夫妻とかじゅまる号のメンバーはほぼ餃子を食べ終わっていたようでしたし、レンタカーの返却もありますので、ひさし号のメンバーは「餃子はいいから早くレンタカー返して車代ガソリン代高速代の精算をしようよ」と・・・

宇都宮駅にに近いレンタカー屋さんへ車を返し、ひさしさんは新幹線で、きき・よう・梅花・女史・アヤ・私は各駅停車で飲みながら帰ります。

10020150201_200151 ←NEWDAYSで買ったゆで卵。写真を撮る前に網を剥いてしまいました・・・

久喜で よう・梅花のお二人が降り、大宮できき・私の二人が降り、女史とアヤちゃんはそのまま乗り続けます。

大宮でききさんと握手をして別れ、埼京線で武蔵浦和へ。
武蔵浦和駅にあった「ビーンズ」という専門店街は耐震工事の為、テナントは一時閉店をしていました。
そこには以前よく通った「うず潮」という回転寿司屋さんがあったのでが今はもうありません。

代わりにというか、うれしいことに「海鮮三崎港」がオープンしていました。

10020150201_213421 ←刺身やイカゲソをつまみにちびちびと。

武蔵野線・中央線・青梅線と乗り継いで青梅の家には23時少し過ぎに到着。

楽しい2日間でした。

クリックしてくださると「2月2週目はついにこまくさに行けませんでした。2月19日(木)は仕事休みなので行ってこようかなと・・・。」も喜びます。→人気blogランキングへ

2015年2月12日 (木)

御前山へ(速報)。

 ←今年もクリックよろしく哀愁!

2015年2月11日(祝)、11名で御前山に行ってきました。

清八新道から登り、境橋に下りました。
100dsc07979 ←御前山頂上にて。
たっぷりと雪が残っており、アイゼンをつけての歩行となりました。
下山後は奥多摩駅近くの「炉ばた あかべこ」で反省会。
100dsc07996 10020150211_184447

クリックしてくださると「2月2週目はイベント多し。今日(2月12日)は阿佐ヶ谷で飲み会イベントです・・・。」も喜びます。→人気blogランキングへ 

2015年2月 8日 (日)

戦場ヶ原~雲竜渓谷(1日目・本編)。

 ←今年もクリックよろしく哀愁!

2015年1月31日(土)、日光戦場ヶ原でスノシューを楽しんできました。
翌2月1日(日)、雲竜渓谷を歩いてきました。

企画はかじゅまる。
初日は11名、2日目は14名での楽しい山歩きとなりました。

=====================================

1月31日(土)、4:30起床。

パッキングしながらネットをチェック。
朝はやることがたくさんあって忙しい。

5:20頃、青梅の家を出ます。
まだこの季節はほぼ真っ暗。
デカ目のザックを背負い、右手にはスノーシューとストックが入った紙袋。
まるで夜逃げのようです。

5:41青梅発の電車で立川まで。
総武線千葉行き電車で西国分寺。
武蔵野線で南浦和。
京品東北線で1駅、浦和。
浦和から本日のラストランナー=宇都宮行きに乗ります。
大宮からお~!やま~!女史(以下女史)が乗ってきました。

宇都宮には少々遅れて到着。
コンコースに上がると、ようさん(何年ぶりかな)・梅花さん(初対面)がいて、トイレに行ってから4名で集合場所へ。

宇都宮駅東口に行ってみるとすでに全員が揃っています。

かじゅまる号に5名、ひさし号(レンタカー)に6名乗車して、日光戦場ヶ原に向かいます。

途中でコンビニに寄り、行動食や飲み物などを買います。

平地は晴れていますが、日光に入るとだんだん雲行きがあやしくなり、戦場ヶ原に着くころには白いものが落ち始めました。

三本松には10:14到着。

寒風すきすさぶ中を出発の準備。

100dsc07881 100dsc07882 ←5名ほどレンタルスノーシューを借ります。

100dsc07883

31_large ←ひさしさん撮影。

100dsc07884 ←出発前に輪になって自己紹介。

10:53、スタート。
スノーシューは手に持ち、車道を光徳牧場方面に向かう。

15分ほど歩いた頃、アヤちゃんが言う
アヤ「あれっ、私ストック1本落としてきたかも・・・」
確かにストックを1本しか持っていない。
私「じゃ、オイラ探してくる。オイラのスノシュー持ってて。皆にはゆっくり歩いててくれって言っといて」
小走りに三本松まで戻るがストックは落ちていない。

レンタルのおじさんに訳を話すと、「そのうち出てくるだろ、どんなヤツかな?」
私「小柄な女の子が借りたんですけど」
おじさん「じゃ、このタイプのだんべな」
と言って1本貸してくれた。
自分のストックを合わせて3本のストックを持ってまた小走りに皆のいるところまで戻る。

36_large ←ききさん撮影。

100dsc07885 ←そんな訳でやっとスノーシューを履いたのが、11:28。

100dsc07886

100dsc07887 ←先頭はけんじっくす。最後尾は私が歩いていたが、やがてかじゅまるが後ろへ下がってきて最後尾になる。

100dsc07888 100dsc07889 ←雪と風。眺望は無し。

100dsc07890 ←この辺りから湯川沿いに歩き、赤沼を目指します。

100dsc07891 100dsc07892 ←12:07小田代橋。

46_large ←ききさん撮影。

100dsc07893 100dsc07894

100dsc07895 ←12:16、テーブルとベンチのあるところでお昼にします。ベンチが雪で埋まっているのでテーブルに腰掛けています。

100dsc07896 ←LOVELOVEな、かじゅまるとけんじっくす。

100dsc07897 ←私はこの「若手女子軍団(?)」にまぜてもらいお昼はカップ麺とおにぎり。
食後に飲むコーヒーは至福のひと時であります。

1_large ←せっちゃんカメラにて。近くにいた人に撮ってもらいました。

100dsc07898 ←休憩は30分ほどにして、赤沼を目指してスノーシューをパフパフさせます。

100dsc07899 ←雪は降り止まず。景色は見えず。

100dsc07900 100dsc07901 ←再び湯川を渡ります。

100dsc07902

100dsc07903 ←かじゅまるが「けんじ君、行け行け」というので、けんじっくすが顔から行きます。

49_large 50_large 51_large 52_large 53_large 54_large ←ききさん撮影。連写機能活用してますね。

55_large 56_large 57_large ←続いてひさしさん。ききさん撮影。

100dsc07905

58_large 59_large 60_large 61_large ←ひさしさんも行くとなれば今日のヤンゲスト女子=アヤちゃんも行かねばなりません。ききさん撮影。

100dsc07906

135_large ←かじゅまる撮影。

100dsc07904 ←カメラがやられてはいけませんので上手に後ろに倒れるききさん。

63_large 64_large ←ききさん撮影。

100dsc07907 100dsc07908 100dsc07909 ←あと200mでスノーシュー歩きはおしまい。

67_large 68_large 69_large 70_large 71_large 72_large 73_large 74_large 75_large 76_large 77_large 78_large ←と言う訳でまた始まった雪遊び。私も顔が雪で真っ白になりました。ききさん撮影。

14:35頃、赤沼。
スノーシューをはずし、トイレへ。

100dsc07910 ←トイレから出てくると、赤沼茶屋の向こうに男体山が見える。

再びスノーシューを手に持って三本松までテクテクと歩きます。
三本松には15時少し過ぎに到着。
体が冷えました。
湯元温泉に向かいます。

100dsc07913 ←2年前のかじゅまる企画スノーシューのときにも立ち寄った「ゆ処 山月 五識の湯。
露天風呂にのんびりと浸かる。
いいお湯でした。

100dsc07911 ←湯上りのビールはたまらない。お~!やま~!女史。

100dsc07912 ←運転があるのでかじゅまるはノンアルで。

日光駅近くの「リオン・ドール」というスーパーで宴会食材の買出しと、明日の行動食などの買出し。

宿泊は「日光だいや川公園オートキャンプ場」。トレーラーハウスを2棟借りました。

Photo ←到着は暗くなってから。翌日も写真撮り忘れたので、「日光だいや川公園」のHPから写真をお借りしました。

女子は8人用の部屋を6人で使用。
男子は5人用を5人で。

100dsc07914 ←お~!やま~!女史を中心に鍋の準備が始まります。宴会は女子部屋で。

私は鍋が出来上がる前から乾き物で飲み始めました。

100dsc07915 ←キムチ鍋完成!

100dsc07916 ←これは先ほどのスーパーで梅花さんが仕入れてきた栃木の日本酒。

100dsc07917 ←これはかじゅまるが昨年11月に屋久島で買ってきたレアな芋焼酎。私とせっちゃんでほとんど飲んでしまったかも。

100dsc07918 ←コチラは寄せ鍋です。お~!やま~!女史、いつもすみません。美味かったです。

100dsc07919 ←「エロ・ウィリス」ことエロききさん。

100dsc07920 ←適当なテーブルがなく、ダンボールをテーブル代わりにしてます。

100dsc07921 ←テーブルらしきものはこの4人用だけ。私はこっちで腰を落ち着けました。

18_large 19_large ←せっちゃんがミニ三脚とリモコンで撮影。

かじゅまるが持ってきたウノで盛り上げてました。
かじゅまる「明日の出発時刻を2時間ほど遅らせます。あかべこさんとkouさんには僕が連絡します」

私はと言えば、テーブルでまだまだちびちびと・・・
だんだん人数は減っていき、最後は男子部屋に移ってかじゅまる・ききさんと三人で飲んでいた記憶があります。
寝たのは0時をまわっていたでしょうか。

クリックしてくださると「2月2週目はイベント多し。こまくさには行けそうにない・・・。」も喜びます。→人気blogランキングへ

2015年2月 7日 (土)

『アルピニズムと死』 山野井泰史著 (ヤマケイ新書)。

10081nrrgwtnfl

2014年11月5日 第1刷発行。

私が山野井さんの名前を知ったのは恥ずかしながら、山野井さんが2008年9月に奥多摩でクマに襲われたのが最初でした。
こんな高名な登山家が私の暮らす青梅のすぐ近く、奥多摩に住んでいてクマに襲われ、青梅総合病院に運ばれるとは・・・

そして次にちょっとだけ身近に感じたのは、2013年 野田賢(のだまさる)と山野井さんとでアンデスの山々に登ったと聞いたときでした。

しかし野田賢(僕らは「まちゃる」と呼んでいました)はアンデスの山々に登った9ヶ月後、冬の鹿島槍で滑落して亡くなってしまいました・・・

この本の第6章はそのアンデス山行のことが書いてあります。

Facebookなどでまちゃるの活躍とその死は知っていました。

新宿の居酒屋で一緒に飲んだときの写真が何枚かあります。
Dscf2108_blog Dscf2109_blog ←2008年3月の写真です。

何気なく読み始めた山野井さんの本でしたが、「はじめに」でまちゃるの名前が出てきて、前述のとおり第6章ではアンデス山行の話が出てきます。

数々のビッグウォールを登って死ななかった山野井さんと、31歳の若さで死んでしまったまちゃる。

まちゃるがどうして死んで山野井さんがなぜ生き残っているか。
それはとても大事なことだし、「ハッキリとこうだから」と言えることでもないのですが、山野井さんはそんなことも書きたかったのではないかと思っています。

野田賢の死は2014年3月27日。
月日の経つのは早いものです。

2015年2月 3日 (火)

戦場ヶ原~雲竜渓谷(速報)。

 ←今年もクリックよろしく哀愁!

久々の「速報」です。

2015年1月31日(土)、日光戦場ヶ原でスノシューを楽しんできました。

翌日2月1日(日)、雲竜渓谷を歩いてきました。

46_large ←戦場ヶ原にて。

123_large 127_large 129_large ←雲竜渓谷にて。

写真は全てききさん撮影。

宿泊は「日光だいや川公園オートキャンプ場」。トレーラーハウスを2棟借りました。

詳細は「本編」をこうご期待!

クリックしてくださると「2月は早番勤務多し。早速昨日こまくさに行ってきました。」も喜びます。→人気blogランキングへ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック