« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月30日 (月)

安達太良山へ(速報)。

2015年3月28日~29日、1泊2日で安達太良山に行ってきました。

100dsc08290 ←2日目、くろがね小屋前にて。
100dsc08326 ←同じく、安達太良山頂上にて。
2日間とも天気に恵まれ、楽しい山行となりました。
 ←クリックしてくださると「ゆきママ」も喜びます。日本百名山2周目に挑戦中!あと24座。

2015年3月27日 (金)

「こまくさ」通信。山と渓谷&PEAKS!

10020150326_184731

西国立「こまくさ」(居酒屋)をこよなく愛するたけぱぱです。

本日はお知らせ。

4月号『山と渓谷』&『PEAKS』、「こまくさ」に置いてありますよ。

「読みたいんだけど毎月買うのはちょっと・・・」
とおっしゃる貴方、

「こまくさ」に行ってパラパラと読みましょう。
立ち読みでなく「堂々と」ね。

10020150225_211334 ←2月25日(水)「こまくさ」にて。

 ←日本百名山2周目に挑戦中!あと24座。

2015年3月24日 (火)

『ドキュメント 御嶽山大噴火』 山と渓谷社編 ヤマケイ新書。

51zir7zr9vl

2014年12月初版第1刷発行。ヤマケイ新書。山と渓谷社編。

ドキュメント御嶽山大噴火 --生還した登山者たちの証言を中心に救助現場からの報告と研究者による分析を交え緊急出版!-- 【地図付】


御嶽山の噴火を知ったのは北海道の最北限=礼文島滞在中のことでした。

礼文島から東京に戻り、職場に復帰すると皆一様に「山、大丈夫だった?」という質問でした。
私「北海道の一番北にいたんです。御嶽山とは全然違う方向に行ってましたので・・・」
と、何度同じことを言っただろうか。

礼文島日記の一部をご覧ください↓ ↓ ↓

死者57名行方不明6名の大惨事。

危険とは無縁ではありえないのが登山というものではありますが、現場にいた人たちがどう動きどう思ったか、どうやって助かったかということは知っておいて損はないと思います。

 ←平日は西国立「こまくさ」で飲んでます♪

2015年3月19日 (木)

『山岳遭難の教訓』 羽根田治著 ヤマケイ新書。

26621357_1_2

2015年3月初版第1刷発行。ヤマケイ新書。羽根田治著。

春の爆弾低気圧、10月のブリザード、吹雪にかき消えたルート、スキーツアー中の雪崩事故、ゴールデンウィークの低体温症…。山岳遭難事故を検証してその教訓を伝える。『山と渓谷』『ワンダーフォーゲル』掲載を新書化。

仲間を募って「一緒に山に登りませんか」と呼びかけるスタイルの登山を楽しんでいる自分にとって、最も気をつけなければならないのは遭難という問題であります。

羽根田治氏の著書の中には「トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか」(ヤマケイ文庫)もあります。


「事故を起こさず、安全な登山が一番」と考えている者にとって、他者の遭難から学び取るものはたくさんあります。


 ←平日は西国立「こまくさ」で飲んでます♪


2015年3月15日 (日)

伊吹山~滋賀・岐阜観光(2日目・本編)。

「伊吹山~滋賀・岐阜観光(1日目・本編)。」から続く>>>

 ←平日は西国立「こまくさ」で飲んでます♪

2015年3月1日(日)、「グリーンパーク山東」のトレーラーハウスのロフトで目覚める。

8時に布団から出たのだが、それまで起きては寝、起きては寝を繰り返していた。
それでも約10時間トイレにも行かず寝ていたのだから、自分としてはかなりグッスリ寝た感があります。

10020150301_080019 ←ロフトから階下を見下ろす。

Img_01_2 ←トレーラーハウスの内観と外観。(グリーンパーク山東のHPから)

10020150301_081451 ←さっそく朝飯を作るLEE隊長。さなリーダーも手を出そうとするが、LEE隊長の手際のよさに、ただただ感心するばかり・・・

274_large ←さなリーダー撮影。

10020150301_082515 ←「撮り方がヘタ」って言われましたが、「ミッキープレート風」に撮ってみたつもりなんです。

いやぁ、朝飯はこのパターン最高です。

10020150301_083321 ←普段は朝から肉なんて食べませんが、運動してグッスリ寝たので肉も食べられちゃいます。

275_large ←さなリーダー撮影。
100dsc08171 ←いやぁ~、LEE隊長本当にご馳走さんでした。
277_large ←デザートにりんごまで出てきちゃいました。さなリーダー撮影。
後片付けなども終え(私はやってませんが)、朝のお勤めなども終え(これは私もしました)、一晩お世話になったトレーラーハウスをあとにします。
LEE号、もとい、LEE隊長運転のあさがお号は醒井宿(さめがいしゅく)に向かいます。
醒井宿は中山道の宿場です。
10時頃到着。
100dsc08172_2 ←地蔵川。橋を渡って賀茂神社に行く。モデルは我らがさなリーダー。
278_large 279_large 283_large ←3枚、さなリーダー撮影。
100dsc08173 100dsc08174 ←由緒ある神社なのだが、古くからこの位置にあるわけではなく、東名高速の工事の際にこの場所に移ってきたようだ。
100dsc08175 ←賀茂神社から醒井宿を見下ろす。
100dsc08176 ←日本武尊像。
100dsc08177 100dsc08178 ←何故か神社の境内に水準点がありました。
100dsc08179
287_large ←さなリーダー撮影。
C0277693_17323077 C0277693_17324322 ←醒井宿の名前の元になった「居醒の清水」も賀茂神社の境内にあります。2枚、LEE隊長撮影。

そして次は彦根城に向かうと思いきや、あさがお号(LEE隊長運転)は岐阜県に入りました。

100dsc08180 100dsc08181 ←関が原町歴史民族資料館。

いろいろと見所はありましたが中でも楽しかったのは、合戦時の東西両軍の陣形と戦の流れを電光で示した大型ジオラマです。

さなリーダーは関ヶ原合戦東西武将の「家紋はんこ帖」にペッタンコとスタンプ押し。
「どれどれ」と見せてもらったら、まだあと4つ押してない・・・
もちろん急いで「いやだわ~」と言いながら押しに行きました。

そして滋賀県に戻り、彦根城に向かいます。

LEE「いやぁ~すんません。位置関係把握してなくて・・・」
私「岐阜県に入りました、って言うから彦根城はいかないのかと思ったよ」

100dsc08182 100dsc08183 100dsc08184 ←大手門から入城します。
100dsc08185 100dsc08186 100dsc08187 ←天秤櫓。時代劇の撮影でよく使われるようです。
C0277693_17345142 ←天秤ばかりのような独特な多門櫓。LEE隊長撮影。
100dsc08188 100dsc08189 ←天秤櫓内部。佐和山城とは石田三成の居城だったところです。
100dsc08190_2 10020150301_124023 100dsc08194 ←お待ちかね、彦根城天守閣。現存の天守で国宝になっているのは他に3つ。姫路・松本・犬山です。犬山城はまだ未訪・・・
100dsc08191
100dsc08192 100dsc08193
天守の中に入ります。
急な階段を昇り、三層(3階)まで。
100dsc08195 100dsc08197 ←琵琶湖方面。
100dsc08196 ←佐和山。
「武者隠し」にさなリーダーは感動した様子。
私だったら「かわいい姫」を隠しておきます・・・
318_large ←黒澤映画の「雲ノ巣城」を思い出しましたね。さなリーダー撮影。
天守から出て、fumiさんとほげこが探すのはスタンプの在処。
100dsc08198_2 100dsc08199←「日本百名城」スタンプ帳にペッタンコでご満悦の様子。
100dsc08205 ←もうすぐひこにゃんが登場する13:30。これは見ていかねば。
317_large 316_large 319_large ←3枚、さなリーダー撮影。
C0277693_17372151 ←LEE隊長撮影。
100dsc08200 100dsc08201 100dsc08202 100dsc08203 ←私もひこにゃん撮影にチャレンジしましたが、まともなのは1枚だけですね。
100dsc08204 100dsc08206
天気のいいときにまた来たいですね。
犬山城にも行かねば。
10020150301_135311 ←彦根インター近くの「餃子の王将」で昼飯。LEEさんごめんなさい。
10020150301_140214 ←ちょっとずついろんなものが食べられるのがうれしい。
LEE隊長の言葉を借りれば「ばびゅーんと」高速で戻る。
雨だったのが諏訪湖あたりで雪になり真っ白・・・
高尾駅南口「タカミ」で反省会。
10020150301_200935 ←LEEさんごめんなさい。
10020150301_202703 ←タカミ名物「ホットカツサンド」。
2時間くらい騒いで解散。
「LEE隊長アテンド魂」にやられまくった2日間でした。
クリックしてくださると「今日(3/15)は新宿で飲み会。どなたか22日までに奥多摩あかべこに行きませんか・・・。」も喜びます。→人気blogランキングへ

2015年3月12日 (木)

伊吹山~滋賀・岐阜観光(1日目・本編)。

 ←平日は西国立「こまくさ」で飲んでます♪

2015年2月28日~3月1日、夜行一泊二日で行ってきました。

1日目は伊吹山に登山、2日目に滋賀県岐阜県観光。

メンバーは企画のLEE隊長・さなリーダー・humi・ほげこ・私の5名。

いつもそうですが、今回もLEE隊長の細かい気配りに舌を巻く思いでした・・・

LEE隊長が考えたプラン↓ ↓ ↓

天気予報次第で2つプランを考えました。

①土曜が良い天気予報なとき
金曜深夜に八王子駅あたりに集合。夜通し走って登山口まで。
土曜中に登山→下山して宿へ。
日曜日は彦根城などに寄りながら帰宅。

②日曜が良い天気予報なとき
土曜早朝に八王子駅あたりに集合。午前中走って彦根城などに寄ってから宿へ。
日曜早朝から山歩き。下山後温泉に入り帰宅。

宿は値段を考慮し、近所にトレーラーハウスがあったのでここはどうでしょうか。

グリーンパーク山東
http://greenpark-santo.com/accomm/

この設備でこのお値段。自炊道具がすべてあるので、スーパーで買いだしして鍋など。
お料理はお任せ下さい
予報は土曜日が晴れ、日曜日は雨。
ということで金曜の夜24時に八王子集合と相成りました。

=====================================

2月27日(金)は早番勤務。
国分寺で16:20に仕事を終え、一旦青梅の自宅に戻ります。
夕飯を家で食べ、パッキングをして22:50頃青梅の家を出ます。

23:06青梅発の電車で拝島まで。
拝島から八高線で八王子へ。

23:38、八王子に到着。
集合場所に行ってみましたが、まだ誰も来ていません。
コンビニで時間をつぶし、再び集合場所に行くとfumiさんがボードを背負って現れ、次にLEE隊長が「あさがお号」で現れました。

さなリーダーとほげこはファミレスで暖まっていたようです。
集合時間に5名揃い、さて伊吹山の麓へ向けて出発。

途中コンビニに寄ったり、S.A.で休憩したり、運転はfumiさんもしてくれたり・・・

2月28日(土)朝5:03、三ノ宮神社横の駐車場に到着。
すかさず仮眠体制に入ります。
がしかし、ちょっと寒い。
一番後ろでお尻を動かし、寝る体制を変えた私にさなリーダーが気づいたようで、
さな「たけぱぱ、ちょっと寒くない?」
私「うん、ちょっと寒いですね」
LEE隊長を起こさぬよう、小さな声で話したつもりだったが、
LEE「寒いすか。じゃ、エアコンつけます」
暖かくなったのでまた少し仮眠。

ZZZ

6:30、LEE隊長の「そろそろ起きて準備しますか」
の声で起きる。
まず、トイレに向かう。
と、神社の屋根の上に伊吹山の頂上が見える。
トイレを済ませたあと、カメラを持ってきて伊吹山を撮影。
100dsc08083 100dsc08085 ←伊吹山頂上。少し雲が流れているようです。
100dsc08086 ←三ノ宮神社。
100dsc08087 ←伊吹山は「花の百名山」でもあります。
支度をしながらおにぎりを食べて朝食とします。
100dsc08084 ←前日少し雪が降ったようです。木の上には雪がうっすらと積もっています。
C0277693_1653755 ←7:23、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ歩行開始。LEE隊長撮影。
100dsc08088

100dsc08089 ←現在、米原市になってはいるが、2005年に合併するまでここは伊吹町だった。

100dsc08090 100dsc08091
100dsc08092 ←雪解けの道はぬかるみ、やや歩きにくい。fumiさんのボードが重そうだ。
100dsc08093 ←まだこのくらい雪があった方が歩きやすい。
100dsc08094 100dsc08095
100dsc08096 ←1合目。ほげこがここでコーラを買った。スキー場が閉鎖した今となってはこういうロッジは登山客でもっているのだろう。多少パラグライダーの客はいるのかな・・・

100dsc08097 100dsc08098 ←スキー場は2010年に閉鎖され、リフトは全て撤去された。ゴンドラは残っているものの営業はしていない。スキー場の縁を登って行く。

C0277693_16561564 ←LEE隊長撮影。

260_large ←さなリーダー撮影。

100dsc08099 100dsc08100 100dsc08101 100dsc08103 ←すぐ近くで小鳥がさえずっていたので撮ってはみたが、鳴き声を聴いても写真を見ても鳥の名前は私にはわかりません。
100dsc08102
100dsc08104←2合目。
100dsc08105 ←振り返って見える山は御在所岳。三重県の山です。そういえば今回のプランは登山としては伊吹山だけになりましたが、当初は大台ケ原~大峰山という案もありました。しかし、あちらはまだまだ雪深くあきらめたという経緯があります。また夏にでもぜひ行きたいものです。
100dsc08106←この写真で見える右上の道を上がっていくといきなりどーんと伊吹山の頂上が見えます。

100dsc08107 100dsc08108 ←あちこちから「おぉ~!」とか「いいですね~」という声が聴こえます。

100dsc08109 ←この写真ではわかりにくいかもしれませんが、琵琶湖が見えます。ここは滋賀県=湖の国です。

100dsc08110 ←ウサギの足跡です。

100dsc08111 100dsc08112 ←白い山と青い空の対比が素晴らしい。

100dsc08113 ←3合目。

9:12、3合目のすぐ先にあるあずまやに到着。
ここでアイゼンを装着。

100dsc08114 ←原田泰造になりきって、さなお嬢様に奉仕するLEE隊長。

LEE隊長はこのあとコーヒーも皆に振舞ってくれました。

100dsc08115 100dsc08116 ←あずまやで大休止のあと、再び出発。6合目のあたりからの斜面に登山者が点々と見えています。かなりの急斜面の様子。

100dsc08117 ←9:48、4合目。

100dsc08118

100dsc08119 ←6合目の避難小屋がハッキリ見えるようになってきた。その上に点々と続く登山者もハッキリと見える。

100dsc08120 ←嵐を呼ぶ男=fumiさんも「すだちおテルちゃん」のチカラには及ばず、というところでしょうか。

100dsc08121 100dsc08122 ←10:02、5合目。

100dsc08123 ←自動販売機がまさかの通電中。
さな「コーラ飲みたい。買うから皆ちょっと待っててね」

千円札を入れてみましたが、一旦飲み込んでまたすぐ出てきてしまう・・・
やはり全部売り切れなのでした。

100dsc08124 ←写真の右上方は琵琶湖です。ちょっと霞んでますが。

100dsc08125 ←6合目の避難小屋が近づいてきました。

100dsc08126 ←10:16、6合目避難小屋。小休止。

100dsc08127 100dsc08128 ←さなリーダー、ちょっとキツそうですがなんとか避難小屋に到着。

100dsc08129 ←さなさーん、これたいぞうに何してもらってるんでしたっけ?

100dsc08130 ←ちょっと苦しそうなさなリーダーに皆が言うのは「いく時は一緒よ、さな」です。

C0277693_175087 ←LEE隊長撮影。

100dsc08131 ←青い空に樹氷が映えますね。100dsc08132
100dsc08133 ←あの稜線が頂上の一角です。もうすぐそこです。100dsc08134

100dsc08135

100dsc08136 ←この写真だと琵琶湖がわかりますよね。だんだんと霞がとれてきたようです。

100dsc08137 ←11:53、ついに頂上の一角に出ました。

100dsc08138 ←さなリーダー、がんばりました。

C0277693_17115396 ←あとでLEE隊長に聞いたところによると「あれ相模湖?」「琵琶湖じゃね!」ってな会話があったそうです。LEE隊長撮影。

100dsc08139←三角点に向かいます。27年前の5月に来たことがありますが、そのときと決定的に違うのは「測候所」がないことです。

Weather_station_on_mount_ibuki_2010 ←2010年まで山頂には測候所があった(wikiより拝借)。

100dsc05792←1989年5月。30歳のたけぱです。

100dsc08140 ←振り返ると琵琶湖がど~んと。

100dsc08141 ←神社の屋根が見えてきました。

12:06、一足お先に私が三角点に到着。
26年ぶり、2度目の伊吹山頂上です。

100dsc08142 100dsc08143 ←私「三角点、あったよ~」。

100dsc08147 ←伊吹山の三角点。標高1377m。

100dsc08144 ←写真ではわかりにくいですが、木曽の御嶽山の噴煙がハッキリと見えました。その左は乗鞍でしょう。

100dsc08145 ←遠くに加賀の白山。その手前は荒島岳。

100dsc08146

100dsc08148 100dsc08149 ←あとから来た方にシャッター押しをお願いしました。

100dsc08150 ←弥勒菩薩像は雪に埋もれてしまっています。

100dsc08151 ←看板は新しくなっていましたが、日本武尊像は変わらずにここにありました。10020150228_122030

100dsc08152 ←三角点に興味のない方はここで記念写真を撮って満足しているようでした。
 

100dsc08153 100dsc08154 100dsc08155 ←私達も記念撮影。

C0277693_1715492 C0277693_17145337 ←2枚、LEE隊長撮影。

100dsc08157 ←少し風があるので、建物の陰に陣取ってお昼にします。
100dsc08156 ←LEE隊長の会社の新兵器。蒸気で温めるらしいのですが、温め切れなかった様子。
100dsc08158 ←13:06、頂上をあとにします。非常にいい天気なので下りるのはもったいない気がします。

100dsc08159 ←山頂の一角、その向こうに渺渺と広がる琵琶湖。
fumiさん、上のほうで何やら下りてこないと思ったら、ボードを履いた様子。
100dsc08160 100dsc08161 ←この辺りは急斜面ではありませんが、
C0277693_1717413 ←急斜面をさーっと滑っていきました。かっこ良過ぎる・・・LEE隊長撮影。

C0277693_17175770 ←残りの4名はもちろん歩いて下ります。最初の急斜面はゆっくりゆっくりと。
幸い、雪の状態はザクザクですので、勢いさえつかなければ危険箇所はありません。

私「リーダー、ほげ、ゆっくりゆっくりね。勢いさえつかなけりゃ大丈夫だから」
さな・ほげ「ふぁ~い。ゆっくりいきま~す」

100dsc08162 ←斜面がゆるくなって来た頃、私「もう大丈夫だよ。シリセードで行こう!」

100dsc08163 ←「きゃあ、きゃあ」と大騒ぎのさなリーダー。

C0277693_17184155 ←私はどんどん先に下りていってしまいました。LEE隊長撮影。

C0277693_1719137 C0277693_17193816 ←2枚、LEE隊長撮影。

100dsc08164 ←LEE隊長もヒップソリで下りてきますが、必ずさなリーダーとほげこを待っています。さすがです。
100dsc08165 100dsc08166 ←今度来るときは花の季節に来てみたいと思うのであります。

14:15、3合目のあずまや着。
ここでアイゼンをはずします。
fumiさんは、雪が無く日の当たる場所に横になって寝ていました。
あとで聞いたら10分でここまでたどりついたそうです。(我々は約1時間)。

15:45、登山口に戻ってきました。
靴の泥を落とし、お風呂に向かいます。

100dsc08167 ←伊吹山の麓、「薬草湯」でサッパリ。

なんだか見覚えがある場所だと思ったら、田川陽介と蛭子さんのバス旅番組で見たことのある施設でした。

10020150228_173637 ←スーパーで夕食の買出し。

全てLEE隊長の采配で夕食は鍋です。
もちろん酒も買います。

そして今夜の宿「グリーンパーク山東」のトレーラーハウスに向かいます。

100dsc08168 ←LEE「皆さんは座っててください」と一人キッチンで料理を作る。

さなリーダーは体調不良でロフトで横になってました。
(布団はLEE隊長が敷いてました。どこまでも甲斐甲斐しいたいぞう君です)。

10020150228_184530 ←当然、あとの飲兵衛3名はビール・スパークリングワイン・日本酒、どんどんあけていきます。200_large←fumiさん撮影。

100dsc08170 10020150228_193515 ←鍋が出来ました。旭ポン酢が絶品ですね。さすがLEE隊長!

22時ちょっと前、さなリーダーが起きてきました。
すかさずLEE隊長がおじやを作ってあげていました。
(どこまで甲斐甲斐しいんだ、たいぞうは!)
さなリーダーと私はロフトへ、あとの3名は1階に布団を敷いて寝ました。

いや~、そりゃもうグッスリと。

この続きは「伊吹山~滋賀・岐阜観光(2日目・本編)。」を乞う、ご期待!

クリックしてくださると「これでたけぱぱの『百名山2周目』はあと24座となりました。」も喜びます。→人気blogランキングへ

2015年3月 6日 (金)

大岳山へ(2015年の第2回目)。

 ←次男が都立高校に合格してホッとしてます。ご祝儀クリックよろしく哀愁!

2015年2月19日(木)、たびままと大岳山に行ってきました。

今年2回目の大岳山です。

朝飯を食べ、次男を学校に送り出し、それから急いで準備して9:15頃青梅の家を出ます。

いつもならマンション8階からの大岳山の写真を撮ってからエレベーターに乗るのですが、生憎ちょうどマンションの掃除が始まり、いつもの撮影場所には行けず・・・

青梅駅前のコンビニで袋ラーメンを二つ買います。
塩としょうゆ。

10020150219_092927 ←9:32青梅発の奥多摩行き電車に乗ります。これは最後尾車両。

9:47に御嶽駅着。

10020150219_095110 ←御嶽駅前からバスに乗ります。平日のこととてすいています。9:53発。

バスに10分弱揺られ、「ケーブル下」バス停に到着。

100dsc08028 ←10:21発のケーブルは武蔵号。

100dsc08029 ←清水農園のわさびです。奥多摩はわさびの名産地。

100dsc08030 ←改札が始まったらすぐ乗りこんで、一番前の席に座ります。

100dsc08031 ←中間地点で御嶽号とすれ違う。

100dsc08035 ←ケーブルに6分乗車で標高831mの御嶽山駅に到着。

御嶽山駅前の広場を「御岳平」と呼びます。

100dsc08032 ←御岳平から日光の山々が見えます。右の富士山型の山が男体山。

100dsc08033 ←筑波山も見えます。

100dsc08034 ←お隣の山=日の出山です。

トイレを済ませ、軽く準備運動をして、二人で「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れて10:38歩行開始。

100dsc08036 ←蝋梅のいい香りがします。向こうの三角の山は奥の院。

100dsc08037 ←御岳山の上には「御師集落」があります。宿坊や茶屋・ビジターセンターなどがあります。宿坊の屋根には雪が残っています。昨夜降ったようです。

100dsc08038 ←頭上から雪やら溶けた水やらが降ってきますので、たびままはフードをかぶっています。

左に行けば日の出山、右の坂を登れば武蔵御嶽神社、という分岐があります。
我々は右の坂を登っていきます。

100dsc08039 ←坂の途中に樹齢1000年と言われる神代欅が立っています。

100dsc08040 ←御師集落も尽きようとする頃、武蔵御嶽神社への階段が現れます。

100dsc08041 ←神社への階段を途中で左に折れ、大岳山に向かいます。その前にベンチに座り軽アイゼンを装着。
昨年11月にツキノワグマが目撃されています。
単独行の方はくれぐれもクマ鈴をお忘れなく。

100dsc08042 ←久々のアイゼン使用でたびままもテンション上がり気味。

100dsc08043 ←天狗の腰掛け杉。樹齢350年、樹高60m。

100dsc08044

100dsc08045 ←11:40、水場で小休止。たびままはいつもここでおやつを出します。

100dsc08046 ←水場のすぐ上にあずまやがあります。ここがロックガーデン周遊の折り返し点となっているため、ここからグッと人が少なくなります。

100dsc08047 ←あずまやから4~5分も登ると小さな橋で涸れた沢を渡ります。「山に入っていくぞ~」という感じがして、大岳山の中で私が一番好きな場所です。
100dsc08048

100dsc08049 ←足元の雪はだんだんとフカフカに。たびままのテンションますます上がります。

100dsc08050 ←12:12、芥場峠に到着。小休止。

100dsc08051 ←クマ隊長の看板が少し雪に埋まっていました。帰りに掘り出すことにします。

芥場峠には人がいないのに3つくらいザックが置いてありました。

100dsc08052←杉の木の枝を払う作業の真っ最中なのでした。ザックは彼らのものというわけです。

100dsc08053 ←いつもよりここは慎重に通過します。

100dsc08054 ←木々の間からスカイツリーが見えました。西武ドーム・多摩湖、手前の茶色の帯は横田基地。

12:57、大岳山荘(非営業)前のテラスに到着。

100dsc08055 ←テラスからは富士山が裾の方だけ見えています。

100dsc08056 ←富士山をアップで撮影。

100dsc08057 ←スカイツリーをアップで。

100dsc08058 ←江ノ島も見えました。

100dsc08059 ←テラスの正面を眺めたところです。奥が丹沢の山並み、最高峰=蛭ヶ岳頂上は雲に隠れています。真ん中辺りは生藤山~陣馬山。手前は馬頭刈尾根。

100dsc08060 ←テラスの角から大岳山荘を振り返ったところです。左の茶色い屋根はトイレです。

トイレを済ませてから出発。
頂上まではここから10分ほどです。

100dsc08061 ←大岳山神社の拝殿。

100dsc08062 ←ここの狛犬さんはユニークな顔をしています。

100dsc08063 ←たびままがお願いするのは、中三の次男の都立高校合格です。

頂上直下に手を使って体を持ち上げる箇所があります。
それ以外は急登のない大岳山です。

100dsc08066 100dsc08070 ←13:23、大岳山頂上に到着。標高1266.5m。

100dsc08067

頂上には他に2~3パーティがいるだけで静かなものです。
お湯を沸かしラーメンを茹でます。

100dsc08064 ←これは塩ラーメン。

次に醤油ラーメンを茹でて食べる。

100dsc08065 ←デザートに先週土曜日福島で買ってきた「ままどおる」とコーヒー。

100dsc08068 100dsc08069 ←三脚・セルフタイマーで記念撮影。

100dsc08071 ←真ん中は御前山。ちょっとわかりにくいですが、左に三頭山。大岳山・御前山・三頭山を「奥多摩三山」と呼びます。

100dsc08072 ←富士山は裾さえも見えなくなってしまいました。

14:15、頂上をあとにします。

100dsc08073 ←下りは快調。

100dsc08074 ←14:56、芥場峠。クマ隊長を雪から救い出しておきました。

100dsc08075 100dsc08076 ←この橋を渡れば人間の世界、手前は獣の世界(私が勝手にそう思っているだけです)。

100dsc08077 ←15:40、長尾茶屋。

100dsc08078 100dsc08079 ←ここはロックガーデンの入り口です。道の補修作業の最中のようでした。

100dsc08080 ←長谷川恒男の顕彰碑。ここ長尾平は「ハセツネカップ」の第3チェックポイントです。

15:48、神社の階段に着きました。
ここでアイゼンをはずします。

16:10、ケーブル御嶽山駅に到着。
ちょうど16:10発のケーブルがあったのですが、ギリギリで間に合いませんでした・・・
間に合わなかったおかげで御嶽登山鉄道の児島さんの元気な顔を見ることができました。

100dsc08081 ←16:40発のケーブルに乗ります。武蔵号。かぶりつき席へ。

100dsc08082 ←中間地点で武蔵号とすれ違います。

10020150219_164714 ←滝本駅に着いた御嶽号。

17:05のバスで御嶽駅へ。
17:38の電車で青梅へ。
青梅でたびままと別れ、西国立へ向かいます。
18:45頃、西国立に到着。

10020150219_184923 ←「こまくさ(居酒屋)」で飲み始めます。10020150219_201255

間もなく、まさとし(上ミノ)・YMDが到着。
今日はこの3名で山談義。

10020150219_205902 10020150219_211036 ←お店が一段落するとマスターの橋本さんが山の歌を歌ってくれます。

今日も楽しく飲んだ飲んだ。

クリックしてくださると「次回こまくさは3月9日(月)に行きます。」も喜びます。→人気blogランキングへ

10896842_828091683946781_7074560663 ←こまくさに行くと「山と渓谷」「PEAKS」最新刊が読めますよ。

2015年3月 2日 (月)

伊吹山へ(速報)。

2015年2月28日(土)、伊吹山に登ってきました。

快晴。ほぼ無風。

100dsc08155

これで「一度しか登ってない百名山」はあと24座となりました。

 ←日本百名山2周目に挑戦中!

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »