« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月22日 (金)

大岳山へ(2015年の第4回目・本編)。

2015年5月6日(水・祝)、4名で大岳山に行ってきました。

10020150506_074959 ←7:50頃、青梅の家を出ます。我が家のあるマンション8階から見た大岳山。
今日の天気予報は晴れ。
素晴らしい登山日和です。

8:07青梅発奥多摩行き電車に乗ります。
8:27御嶽駅に到着。

改札を出てすぐ左、地図看板の下に座っているとまさとし(上ミノ)・スムキチの顔が見えました。
そして本日2回目の参加となる吉野さんがおしとやかに登場。

バスに10分ほど揺られ、「ケーブル下」バス停に到着。
ケーブル駅までは舗装道路の坂をテクテク歩きます。

滝本駅で往復切符を買います。

100dsc08621 ←9:00ちょうど発のケーブルカーは武蔵号。タケゾウ号ではありません。

ケーブルに6分の乗車。

標高831mの御嶽山駅に到着。

ここまで電車もバスもケーブルもG.W.にしてはすいています。
G.W.最終日は皆さん家でまったりなさっているのでしょう。

100dsc08622 ←御嶽山駅前の広場を「御岳平」と呼びます。

100dsc08623 ←ここの大藤が「御岳山名木巡り」の第4番となっています。

見ごろはこれからのようです。

100dsc08624 ←お隣の日の出山。

トイレを済ませたり、靴紐を締めなおしたり、軽く準備運動をしたりして、9:17「ファイト~、マッスル、マッスル!」のかけ声で気合を入れてからスタート。

100dsc08625

100dsc08626 ←5月の奥多摩は一番いい季節です。新緑の奥多摩へようこそ。

天気もいいし、新緑も見ごろですから今日は奥の院経由で行こうということになりました。

御師集落には宿坊やビジターセンターなどがあります。

100dsc08627 ←ビジターセンターの掲示板。3月25日にクマが鍋割山付近に出たようです。
今日はまさしく鍋割山を通るのですが・・・

ま、「熊オシャベル」がいるから大丈夫でしょう。

宿坊もそろそろ尽きて間もなく武蔵御嶽神社の階段に出ようとするところで道が二手に分かれます。
左の道は日の出山への道。
右の急坂は武蔵御嶽神社への道。

100dsc08628 ←急坂の途中に神代欅が聳え立ちます。銘木巡り8番、国の天然記念物にもなっています。推定樹齢1000年。100dsc08629

100dsc08630 ←急坂を登りきると「土産物屋ストリート」。私が勝手にそう呼んでいるだけですが。

100dsc08631 ←奥多摩名産=生わさび。

100dsc08632 ←土産物屋ストリートを突っ切ると武蔵御嶽神社の階段です。

100dsc08633 ←神社の階段を途中で左に折れて大岳山に向かいます。

71_large ←長尾茶屋の川崎さんにご挨拶。G.W.の混み具合や熊の出没状況など伺ってから「帰りに寄らせてもらいます」ということで先へ進みます。まさとし撮影。

100dsc08634 ←銘木巡り9番=天狗の腰掛け杉。樹齢350年。
天狗の腰掛け杉から奥の院コースへと入っていきます。

100dsc08635 ←「2015.5.1 クマ目撃!」と書いてあります・・・

100dsc08636 ←眺めのいいところで小休止。空気が澄んでいれば東京湾まで見えるのですが、今日は長尾平と日の出山くらいしか見えません。

100dsc08637 ←フモトスミレがたくさん咲いていました。

100dsc08638 ←男具那社。

100dsc08639 ←フモトスミレ。ピンボケすみません。

100dsc08640 ←奥の院の祠。ここが奥の院の頂上です。10:23。

100dsc08641 ←基準点。奥の院は標高1077m。

次に鍋割山に向かいます。

100dsc08642 ←緑の頂上は大岳山。いつも歩くコースからはほとんど大岳山は見えないだけに新鮮な眺めです。

100dsc08643 ←静かな奥の院コースです。

100dsc08644 ←10:40、鍋割山頂上。鍋焼きうどんは売ってません。

100dsc08645 ←チゴユリ。

100dsc08646 ←10:55、いつもの大岳山に向かう道に合流。やはりここからはたくさんの人が歩いています。

100dsc08647 ←ナガバノスミレサイシン。

100dsc08648 ←名前不明。

100dsc08649 ←いやぁ~、奥多摩、いい季節です。

100dsc08650

100dsc08651 ←ミツバツツジのピンクが若葉の緑によく映えます。

100dsc08652

100dsc08653 ←ミツバツチグリ。

100dsc08654 ←シロヤシオ。

100dsc08655 100dsc08656 ←タチツボスミレ。

100dsc08657 ←11:25、大岳山荘(非営業)テラスに到着。トイレ休憩。富士山がうっすらと頭だけ白く見えています。

100dsc08658 100dsc08659 ←上手く撮れてませんが、富士山をアップで撮影。

100dsc08660 ←一番奥は丹沢の山並み。真ん中は生藤山~陣馬山。手前の緑の尾根は馬頭刈尾根。

100dsc08661 ←大岳山荘の煙突から煙が出ています。トイレ掃除にでも上がってきているのでしょうか。

山荘から頂上へは10分少々。

100dsc08662 ←ヤマブキ。

100dsc08663 ←大岳山神社にご挨拶。

100dsc08664 ←大岳山神社の狛犬はユニークな顔をしています。

100dsc08666 100dsc08667 ←11:47、大岳山頂上に到着。標高1266.5m。

100dsc08665 ←頂上からも雲の上に頭だけ出した富士山が見えました。

お湯を沸かし、ラーメンを茹でます。

100dsc08668 ←餅を入れ、まさとしから野菜をもらって入れたらなかなか豪華なラーメンが出来上がりました。

100dsc08669 ←まさとしも袋ラーメン。スムキチはカップ麺。

100dsc08670 ←吉野さんはサンドウィッチ。美味しそうです。

食後にコーヒー。至福のひと時です。

100dsc08671 ←右手前の山は御前山。左は三頭山。大岳と合わせて「奥多摩三山」と呼びます。

100dsc08672 ←一番奥は丹沢の山々。

100dsc08673 100dsc08674 ←出発前に記念撮影。

10020150506_122316 ←12:24、頂上をあとにします。

下りはいつもの道を行きます。

100dsc08675 ←いつも山側を気にして歩くのですが、谷側を見たらイワカガミが咲いていました。
永年大岳山を歩いてますが、イワカガミを見たのは初めてです。
おそらく目に入らなかっただけなのですが。

100dsc08678 ←13:05、芥場峠で小休止。

100dsc08676 ←芥場峠の「クマ隊長」は今日もキリッとしています。

100dsc08677 ←花が終わってしまったカタクリ。例年ならまだ咲き残っているのですが、今年は咲くのも散るのも早いようです。

100dsc08679 ←「この橋を渡ると人間の世界に帰ってゆく」などといつもこのブログで書いていたのですが、最近はこの橋の左側=奥の院や鍋割山にクマが出るので、ちょっと複雑な気分・・・100dsc08680

13:23、あずまやで小休止。
ここからはロックガーデン周遊コースのいちぶに当たるので、もっと人が多くなります。

100dsc08681 ←これはシコクスミレだと思うのですが、スミレに詳しい方にご教示願いたいと思います。

100dsc08682 ←ラショウモンカズラ。

100dsc08683 ←眺めのいいところで1枚。この場所も今日の新しい収穫。

100dsc08684 ←13:50、長尾茶屋に寄り、ワインをいただきます。店主の川崎さん。土日祝のみの営業です。

11196221_866489973440285_8455104250 ←2015年5月2日の朝日新聞朝刊。

Kawasaki_naoyuki ←朝日新聞HPから拝借。

天空のソムリエの話を聞きながらワインを1~3杯ほど・・・

古いアルバムも見せていただきました。

100dsc08685 ←「また来ます」と川崎さんに挨拶。長尾平をあとにします。

100dsc08686 ←シャガ。

100dsc08687 ←ほろ酔いでケーブル駅まで歩きます

15:11、ケーブル御嶽山駅。

100dsc08688 100dsc08689 ←15:15発のケーブルカーは御嶽号。

100dsc08690 ←ケーブルカーの車窓も新緑で眩しい。

増発のバスでJR御嶽駅まで。

まっすぐ帰る吉野さんとは河辺駅でお別れ。

3名は梅の湯で汗を流し、サッパリしたら我々が風呂から出るのを待っていてくれたJ-Blueさん一家と河辺の「とんでん」で反省会。

10020150506_174634

梅雨に入る前の奥多摩は若葉が美しく、今が一番いい季節です。

←クリックしてくださると「次回こまくさ5月26日(火)の予定。」も喜びます。

2015年5月19日 (火)

「こまくさ」通信。山と渓谷&PEAKS 6月号。

10020150518_184146

西国立駅前「こまくさ」は山の歌を作詞作曲し、ご自分でギターを弾いて唄う橋本良春さんが経営するお店です。

「こまくさ」には山と渓谷&PEAKSが置いてあり、自由に読むことができます。
毎号買うのはちょっと・・・という貴方、「こまくさ」でゆっくり読んでいってください。

10020140728_224040 ←「こまくさ」のマスター=橋本良春さん。

10020150518_184608 ←5月18日、「こまくさ」の突き出し。

「こまくさ」の営業は平日17時~23時。
土日祝はお休みです。

 ←クリックよろしく哀愁です!

2015年5月18日 (月)

カタクリの花咲く御前山へ(本編)。

2015年4月24日(金)、御前山にガキちゃんと二人で行ってきました。

=====================================

今日は8:42奥多摩駅前発のバスに間に合えばいいので時間には余裕があります。
朝飯を普段どおりに家で食べ、支度をして7:47に青梅の家を出ます。

10020150424_074757 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山。今日はそのお隣の御前山に登ります。

8:04青梅発奥多摩行き電車に乗ります。
ガキちゃんが乗って来ないかと思い、立川方面から来た電車から乗り換えてきた人たちの顔ぶれを見てみますが、知った顔はありません。

そのうち電車も動き出し、携帯をポチポチいじっていると連絡用サイトに書き込みがありました。
ガキちゃん「8:02に奥多摩駅に着いてます」
なんと早いお着きで・・・

8:38、奥多摩駅に到着。
ガキちゃんはバスの前で待っていました。

10020150424_083933 ←8:42発、鴨沢西行きバスに乗ります。

15分ほどバスに揺られ、「奥多摩湖」バス停で下車。

トイレに行ったり準備体操をしたりして支度を整え、9:06二人で「ファイト~、マッスル、マッスル!」で静かに気合を入れて出発。

100dsc08569 ←天気は最高。絶好の登山日和です。

100dsc08570 ←ダム堰堤の上を歩いていきます。左の尾根が大ブナ尾根。

100dsc08571 ←今でも麦山と留浦には通称「ドラム缶橋」があります。ただ、現在は発泡スチロールの「浮き」です。以前は本当に「ドラム缶橋」だったのです。

小公園の奥に登山口があります。
そこからほぼ一気にサス沢山までの急登を登りました。
写真を撮るのも忘れて・・・

100dsc08572 ←10:11、サス沢山。奥多摩湖を見下ろす。小休止。

10:19、サス沢山発。

100dsc08573 ←サス沢山から少し登ったところで早くもカタクリの花登場です。

100dsc08574 100dsc08575

100dsc08576 ←ナガバノスミレサイシン。

100dsc08577

100dsc08578 ←緑の葉はコバイケイソウです。これは鹿も食わないのでたっぷり残っています。

100dsc08579 ←ニリンソウ。

100dsc08580 ←振り返ると急坂を60代と思われる女性二人がゆっくりと登ってきます。湖の向こうは鷹ノ巣山・七ツ石山。

ちなみにガキちゃんと私は同い年の50代半ばです・・・。

100dsc08581 100dsc08582

100dsc08583 ←11:31、惣岳山。小休止。

100dsc08584 100dsc08585

100dsc08586 ←御前山頂上が見えてきました。

100dsc08587 ←惣岳山と御前山の鞍部に網で囲った所が何箇所かあります。網の外に比べ、ものすごい密度でカタクリの花が咲いています。
鹿がどれだけカタクリの花を食ってしまうかということですね。

100dsc08588

100dsc08589 ←御前山頂上の少し手前に「富士山ビューポイント」があります。

100dsc08590 100dsc08591

100dsc08592 ←11:51、御前山頂上に到着。標高1405.0m。

100dsc08593 100dsc08594

ベンチに陣取り、お湯を沸かし、ラーメンを茹でる。

100dsc08595 ←カタクリは花が咲くまでに7~8年かかります。花が咲くのはたったの1週間。

100dsc08596 ←ラーメンの出来上がり。山頂で食べるラーメンは最高にンマイです。

100dsc08597 ←近くにいたおじさんにシャッター押しをお願いし、記念撮影。

12:20、御前山頂上をあとにします。

100dsc08599

100dsc08600 ←大ダワに向けて下りますが、途中少し横道にそれて避難小屋に寄ってトイレ休憩。

100dsc08601 100dsc08602

100dsc08603 ←13:04、クロノ尾山。

100dsc08604 100dsc08605 ←ミツバツツジも咲き始めました。奥多摩は4~5月が一番いいと思います。

100dsc08606 100dsc08607 ←13:49、大ダワ。ここでもトイレ休憩。

鋸尾根を下ります。

100dsc08608 ←ナガバノスミレサイシン。大岳山の御岳側ははタチツボスミレが多いのですが、鋸尾根や御前山はこのナガバノスミレサイシンが多く咲いています。
100dsc08609 ←14:14、1046.7m三角点。

14:52、鎖場分岐で小休止。

100dsc08610 ←15:04、聖天様にご挨拶。

100dsc08611 ←先ほど登ってきた御前山がもうあんなに遠くに見えます。

100dsc08612 ←15:30、登計峠。ここから最後のピーク=愛宕山に登ります。

100dsc08613 ←標高507m、愛宕山の頂上には愛宕神社が鎮座まします。

100dsc08614 10020150424_154121 ←そして本日最後にして最大の難関、188段の階段。

100dsc08615 ←こんに急な階段はなかなかお目にかかれないと思います。

100dsc08616 100dsc08617 ←本日のゴール、荒澤屋さん=「炉ばた あかべこ」には16時に到着。

「17時頃に着きます」という連絡をしてあったので早すぎる到着なのですが、貴さんが温かく迎え入れてくださり、まずは3階のお風呂へ。

汗を流しサッパリしたら1階のあかべこへ。

10020150424_164343 ←まずは生ビールで乾杯。

10020150424_173104 ←さなさーん、さなさーん、本日のお通し。

芋焼酎に切り替え、カウンターの隅っこでガキちゃんと山の話をしながらチビチビと飲み続けます。

10020150424_174705 ←あかべこ一推しの鳥の唐揚げ。絶品です。

10020150424_180436 ←天ぷらも絶品。

延々と飲み続け、ボトル2本目に突入し、それも空けてしまったので最後に、
ガキちゃん「また来るからボトル入れておきましょうよ」
私「じゃ、この1本は自分が出しますよ」
ガキ「だめだめ、ボクもまた来るもん」
ってな訳で結局完全割り勘で、ガキちゃんにはお金使わせてしまいました。

ガキちゃん、本当にありがとうございました。

奥多摩駅からの電車内では眠ってしまったようで、

ガキちゃん「たけぱぱさん、青梅に着きましたよ」
の声で起こしてもらいました。

奥多摩にお越しの際は是非「炉ばた あかべこ」へ。

「あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

←クリックしてくださると「ガキちゃん、5/3あかべこで飲んじゃったのでボトルの中身減ってます。無くなったらまた入れておきますのでどうか、お許しを・・・」も喜びます。

2015年5月15日 (金)

那須岳&三斗小屋温泉(2日目・本編)。

2015年4月19日(日)5:30頃、煙草屋旅館の2階で目覚める。
夜中に一度トイレに起きたような気がするが、またすぐ寝たようだ

まずはタオルを持って露天風呂に行く。

今日もいい天気だ。
大倉山・流石山の残雪が美しい・・・

部屋に戻り布団を畳み、荷物を整理する。

6:30頃、階下で太鼓が鳴る。
朝食の合図であります。

ゾロゾロと階下に下りていく。

241_large ←この階段が急なこと・・・fumiさん撮影。

100dsc08477 100dsc08478

ポットからそれぞれ水筒にお湯を詰める。
今日のお昼は袋ラーメンを茹でる予定。

部屋に戻りすぐ出発。

58_large ←小屋前にて。LEE隊長カメラ。旅館のおじさんにシャッターをお願いしました。

LEE隊長、おじさんに隠居倉への道を確認。
おじさん「そうです。この階段を上がって建物の間を通っていくの。すぐ裏のとこ、皆上がれないから階段切っておいたからね」
皆「ありがとうございます。お世話になりました~」

7:12、出発。

100dsc08479 100dsc08480 ←なるほどおじさんの言うとおり、スコップで階段状にステップが切ってありました。

59_large ←上から見たところ。LEE隊長撮影。

100dsc08481 ←緑の屋根は煙草屋旅館。奥の山は左から大倉山・流石山。

100dsc08482 ←温泉神社の鳥居と隠居倉。

100dsc08483 100dsc08484

376_large ←温泉神社の神殿は雨(雪)風にやられないように立派な建物(囲い)の中に納まっています。びゅうびゅうちゃん撮影。

100dsc08485 ←LEE「たけぱぱさ~ん、扉閉めてきてくださ~い」。私「は~い」。閉めてから1枚、待ってる皆さんを撮影。

100dsc08486 ←写真真ん中に白い湯気が見えています。温泉神社の周りにはこのようにあちこち温泉が沸いています。

100dsc08487 ←大倉山・流石山がとっても美しい・・・

100dsc08488 ←皆が振り返って眺めているのは次の写真の方角。

410_large ←びゅうびゅうちゃん撮影。

100dsc08489 ←大倉山の左奥の方に見えるのは会津の方の山でしょうか。

100dsc08490 ←どうやらここが三斗小屋温泉の源泉のようです。

100dsc08491

75_large ←源泉の傍で物思いにふけるたけぱぱ。LEE隊長撮影。

395_large 399_large 392_large ←3枚、びゅうびゅうちゃん撮影。

100dsc08492 100dsc08493

69_large ←みっきーさん撮影。

しばらく雪の上を歩きます。

100dsc08494 100dsc08495 100dsc08496 100dsc08497

79_large ←LEE隊長撮影。

100dsc08500 100dsc08498 ←ここまで沢沿いに歩いてきたが、突然隠居倉の尾根に飛び出す。それは素晴らしい眺め。

100dsc08499 ←茶臼岳が見える。

81_large ←「あれが茶臼岳」と、たけぱぱ氏。LEE隊長撮影。

82_large ←LEE隊長撮影。

100dsc08501 ←隠居倉の尾根を行く。

100dsc08502 ←8:37、隠居倉に到着。小休止。

100dsc08503_2 ←写真真ん中あたり左が朝日岳。そのすぐ右奥が茶臼岳。

8:45、隠居倉発。

100dsc08504 100dsc08505 100dsc08506

100dsc08507 ←三本槍が見える。槍ヶ岳のようにとがってはいません。

100dsc08508 ←大倉山の奥の三倉山が見えています。大倉が1792m、三倉が1854m。

100dsc08509 ←茶臼山。

100dsc08510

100dsc08511 ←9:26、熊見曽根に到着。ようやく那須連山の主稜線に出ました。

100dsc08512

100dsc08513

100dsc08514 ←1900m峰通過。標柱の右に三本槍。

100dsc08515 ←三本槍の右のとがった山は旭岳。

100dsc08516 ←写真左に清水平が見えています。

100dsc08517 ←9:49、清水平。木道が整備されています。100dsc08518

清水平にて小休止。9:58発。

100dsc08519 ←10:11、北温泉分岐。「テルマエロマエ」の北温泉にも行って見たい気もしますが、今日は那須山という温泉施設に行くようです。100dsc08520

100dsc08521 ←この標柱はいつも紛らわしいと思います。北温泉に向かう時間違ってここで道をはずさないように・・・

この標柱あたりからまた雪が出てきて足元はどろどろに。
30分ほど雪と泥と格闘し、いい加減飽きてきた頃最後のひと登りがあって、10:41三本槍岳頂上に到着。

100dsc08522 ←三角点。標高1917m。那須連山の最高峰です。

100dsc08523 ←とがった山は旭岳。標柱の右に磐梯山、左に吾妻山が見えます。

100dsc08524 ←流石山・大倉・三倉をバックに記念撮影。10020150419_105706 10020150419_105711

100dsc08525 100dsc08526 100dsc08527

100_large_2 ←LEE隊長カメラで記念撮影。

298_large ←fumiさんが前回来た時は台風直撃だったそうな・・・。fumiさんカメラ。

10:58、三本槍をあとにする。

100dsc08528 ←LEE隊長は新たなルートを見つけたようです。コースをはずれて雪原を行く。このあと少しヤブ漕ぎがありましたが無事に清水平にたどりつきました。

11:38、清水平着。
ここでお昼にします。
私は袋ラーメンを茹でて食べます。
今日の那須は風も無く、まったくすばらしい天気。

99_large ←男子二人仲良く談笑。なんとなく微笑ましい。

食後にコーヒーを淹れる。
至福のひと時。

12:05、清水平発。

100dsc08529

100dsc08530 ←12:29、熊見曽根。

100dsc08531 100dsc08537 ←12:37、朝日の肩。

ザックをデポし、朝日岳頂上に向かいます。

100dsc08535 ←12:45、朝日岳頂上に到着。

100dsc08532 ←茶臼岳。

100dsc08533 ←霞んでますが那須市街を見下ろしたところです。

100dsc08534

428_large 429_large ←2枚、びゅうびゅうちゃん撮影。

110_large 113_large ←ひそかに奥多摩あたりで流行っている「山・川ポーズ」。2枚、LEE隊長撮影。

100dsc08536 ←下ります。残雪の山は流石山・大倉・三倉。

100dsc08538 ←ザックを拾って峰の茶屋に向かう。

100dsc08539 100dsc08540 100dsc08542 ←恵比寿大黒通過。8年前にここを通過しようとしたときに強風のために小石がビュンビュン飛んできて撤退したことを思い出します。

100dsc08541 ←朝日岳を振り返る。この辺りから見ると穂高の岩場のようでもあります。

100dsc08543 ←昨日から気になっていた雪の斜面トラバースに差し掛かります。

114_large 115_large ←2枚、LEE隊長撮影。

435_large ←びゅうびゅうちゃん撮影。

157_large 169_large ←2枚、nこうじさん撮影。

滑落しても死にはしないと思いますが、上がってくる元気はきっと無くなるでしょう。

100dsc08544 ←13:29、峰の茶屋に到着。今日はほぼ無風。珍しいです。

100dsc08545 ←茶臼に向けて歩き出す。

100dsc08546

100dsc08547 ←峰の茶屋・朝日岳を振り返る。

100dsc08548 ←このあたりから先行班と後続班に分かれてしまいました。

100dsc08549

100dsc08550 ←那須岳のお釜(お鉢)。

100dsc08551

100dsc08552 ←先行班はもう那須岳頂上に到着しています。アップで撮影。

100dsc08553 ←こちらは後続班。私は最後尾でこの写真を撮っています。

100dsc08554

100dsc08555 ←もうすぐ後続班も頂上に到着します。

100dsc08556

100dsc08557 ←14:10、茶臼岳頂上に到着。モデルはびゅうびゅうちゃん。

120_large 122_large 118_large ←3枚、LEEさんカメラにて撮影。

「ここで記念写真を撮りましょう」とか「○時のロープウェイに乗りましょう」とか、隊長としては声をかけたかったはずですが、先行班はどんどん下って行ってしまいました。
これは団体行動としてはよろしくない行動と言えるのではないでしょうか。

そんなわけで後続班もすぐ頂上をあとにします。

100dsc08558 100dsc08559

100dsc08560 100dsc08561 ←茶臼岳の三角点は頂上からやや離れたところにあります。

100dsc08562 100dsc08563 100dsc08564

100dsc08565 ←奥に見えるのが南月山。

100dsc08566 100dsc08567 ←ロープウェイ山頂駅が見えてきました。

445_large 440_large ←14:44、ロープウェイ山頂駅に到着。2枚、びゅうびゅうちゃんカメラにて。

皆が「コーラ飲みたい」とずっと言っていたので私もつられてコーラを自販機で購入。
うまかったっす。

15時のロープウェイで下山。
LEE隊長とfumiさんは車を拾いに行き、やがて戻ってきた2台の車で温泉施設「那須山」へ。

100dsc08568 ←16時から入館料金が安くなるので少しだけ待って入館。10020150419_155954

那須山は源泉かけ流しの気持ちのいい温泉でした。

夕食は上河内S.A.にて。

10020150419_175305 ←ここの名物はやはり餃子なのでしょうが、私は蕎麦をいただきます。

21時少し前に新宿西口に到着。解散。
運転してくれた方には申し訳ないが、まさとし・ゆっきぃ・nこうじ・私の4名で反省会。

10020150419_210907

また行きたいな、三斗小屋温泉・・・

 ←クリックしてくださると「今日(5/15)は昭島のアウトドアヴィレッジに行ってきました。買いたいモノは山ほどあれど、山行の資金の為にはガマンガマン・・・。」も喜びます。

2015年5月12日 (火)

那須岳&三斗小屋温泉(1日目・本編)。

2015年4月18~19日、三斗小屋温泉泊で那須岳に行ってきました。

車2台、メンバーは12名。
LEE隊長企画です。

天気に恵まれ、大変楽しい山行となりました。

=====================================

4月18日(土)、4時半起床。
荷物のチェックを終え、5:45頃青梅の家を出ます。

10020150418_054934 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山。朝陽が当たってオレンジ色に染まっています。

青梅駅前のコンビニでおにぎりとお茶を買います。
青梅発5:59の電車に乗り、電車内でおにぎりを頬張り朝食とします。
立川到着6:29。

中央線に乗り換えて6:59新宿に到着。
新宿西口に7時集合だったので少し遅刻ですが、そこは予めお断りをしてありました。
集合場所には1~2分遅れたと思います。

LEE号に6名乗車、ほげこ号(fumiさん運転)にも6名。
私はほげこ号に乗せていただきました。

東北道にて北上。
途中上河内で休憩。
那須I.C.で高速を降り、登山口に向かいます。

10:38、峠の茶屋駐車場に到着。
駐車場のトイレが閉鎖しており、2台のうち1台を明日の下山口に回送する為、何名かと2台の車が一度いなくなります。
その間に残った人は出発の準備。

やがて車1台だけ戻ってきて出発の準備が出来たところで輪になって自己紹介タイム。

100dsc08413 100dsc08414

177_large ←僭越ながら私の掛け声で「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れて11:10歩行開始。fumiさん撮影。

100dsc08415 ←歩き始めから雪です。ほとんどの人はアイゼン装着。

100dsc08416 100dsc08417

5_large ←みっきーさん撮影。

100dsc08418 ←鳥居も雪に半分埋まっています。

100dsc08419 100dsc08420 ←天気は最高です。あとはどれだけ風があるかだけが心配です。

100dsc08421 ←茶臼岳。ところどころ白い蒸気が噴出しています。

100dsc08422 ←足元の雪も無くなったところでアイゼンをはずします。気温も高く、衣服調整も兼ねて小休止。

100dsc08423

100dsc08424 ←朝日岳。白いのは雲です。噴煙ではありません。

100dsc08425 ←左は茶臼岳。右端に峰の茶屋跡避難小屋が見えてきました。

100dsc08426 100dsc08427 100dsc08428

100dsc08429 ←那須岳には何度も来ていますが、茶臼に雪がある時期に来たのはこれが初めてのような気がします。

100dsc08430 ←避難小屋が見えています。が、気になるのは右の山の雪の斜面のトラバース・・・明日はあそこを通るはずです。

100dsc08431 ←こちら側の道もちょっとだけ雪道トラバースがありました。しかし、「あちら側」とは斜度が違います・・・

100dsc08432 ←ちょうど「あちら側」のトラバース道を歩く人が見えます。見てるだけでヒヤヒヤです。右は朝日岳。

100dsc08433 ←もう一息で峰の茶屋跡避難小屋です。

100dsc08434 ←12:00ちょうど、峰の茶屋に到着。風は強いのですが、歩けないほどではありません。

100dsc08435 ←小屋の中は他グループもいて混んでおり、我々のメンバーの半分ほどは中に入りましたが、私は外で山を見ながらカップ麺をいただくことにします。

100dsc08436 ←茶臼を眺めながらいただくカップ麺はなかなか美味です。風は強いが天気は最高。

100dsc08437 ←避難小屋と朝日岳。

小屋の混雑もひと段落したようでしたので中に入ってコーヒーをいただきます。
当初は「今日のうちに三本槍まで行って熊見曽根から三斗小屋」という予定でしたが、出発が遅くなってしまたことと、露天風呂の女子専用タイムが15~17時のみという情報もあり、今日はここからまっすぐ三斗小屋温泉を目指すことにしました。

100dsc08438 ←出発の用意をして小屋の外に出ます。「さんどごや」と読むと言うのは出発直前に西国立「こまくさ(居酒屋)」の常連=津波克明さんに聞いて初めて知りました。
津波さんは「山と高原地図 那須・塩原」の著者でもあります。
津波さんのHP↓ ↓ ↓

100dsc08439 ←12:44、小屋をあとにします。

13_large 15_large 19_large ←風が強いのであわててもう一枚着る人も。3枚、LEE隊長撮影。

100dsc08440 ←三斗小屋へ向けて下っていきます。

100dsc08441 100dsc08442 100dsc08443 100dsc08444

100dsc08445 ←今下ってきた道を振り返る。

100dsc08446 ←平らになったところに那須岳避難小屋があります。峰の茶屋の小屋は宿泊禁止ですので、どうしてもと言う方はここにお泊まりください。

100dsc08447 ←我々は煙草屋旅館に宿泊します。

100dsc08448 ←何名かはアイゼンを着け直し、雪の斜面を登り返します。

100dsc08449 ←13:23頃、延命水。

27_large 29_large 28_large ←びゅうびゅうちゃんのお酌で延命水をいただく。3枚、LEE隊長撮影。

100dsc08450 ←延命水のすぐ先に急斜面がある。

30_large ←LEE隊長撮影。

100dsc08451 ←13:35、沼原分岐。

100dsc08452 ←林の向こうに大倉山・流石山が見える。

100dsc08453

100dsc08454 ←三斗小屋温泉が見えた。

100dsc08455

100dsc08456 ←14:00ちょうど煙草屋旅館に到着。

100dsc08457 ←下の旅館は大黒屋。向こうの山は大倉山・流石山。

100dsc08458

100dsc08459 ←明日はこの建物の間を通り隠居倉に向かいます。

100dsc08460 ←2階に通されます。続きの部屋を3つ使っていいとのこと。

100dsc08461 ←15時からは露天が女性専用となります。男子は早速露天に向かいます。

100dsc08462 100dsc08464 ←温泉・風呂好きのfumiさん。最高の笑顔です。

100dsc08463 100dsc08465

42_large 43_large 44_large 45_large 48_large ←5枚、LEE隊長撮影。

206_large 207_large ←風呂上りに早速男だけで乾杯です。2枚、fumiさん撮影。

男子のみで乾き物などで飲んでいると、ポツポツと女子が風呂から上がってきます。

52_large ←ほぼ揃ったところでまさとし(上ミノ)が担いできたスパークリングワインを取り出します。
4月14日はLEE隊長の誕生日。

100dsc08466 100dsc08467 100dsc08468 ←LEE隊長に栓を抜いてもらい、

351_large 366_large ←LEE隊長にサーブしていただきます。2枚、びゅうびゅうちゃん撮影。

49_large ←LEE隊長撮影。

16:30ちょっと前、階下から太鼓の音が聞こえます。
夕食の合図です。
ドヤドヤと階下に下りていきます。

100dsc08469 100dsc08470 100dsc08471 ←お膳に乗った夕食。fumiさんによると以前来たときとメニューは全く同じだそうです。

367_large ←びゅうびゅうちゃん撮影。

100dsc08472 100dsc08473 ←食後コタツでくつろぐ女子チーム。何故か「そのコタツは使わないで」と旅館の人に怒られてました。

100dsc08474 100dsc08475 100dsc08476 ←部屋に戻ってまた飲み続けます。

54_large ←LEE隊長撮影。

何名かは寝る前に露天風呂にもう一度行ったようです。
女子も2人いたとか・・・

261_large 262_large ←私は完全に出来上がっており、寝る寸前。2枚fumiさん撮影。

消灯時間の21時には全員寝たそうです。
私はどうやら雨合羽の上着を着たまま寝てしまったようです・・・

 

 ←クリックしてくださると「今年の夏は南アルプスに行きたい・・・。」も喜びます。

2015年5月 7日 (木)

大岳山へ(2015年の第4回目・速報)。

2015年5月6日(水・祝)、4名で大岳山に行ってきました。

久しぶりに奥の院経由。

100dsc08640 ←奥の院の祠。

100dsc08637 ←奥の院への道にはフモトスミレがたくさん咲いていました。

100dsc08674 ←大岳山頂上にて記念撮影。

100dsc08684 100dsc08685 ←長尾茶屋に寄り、ワインをいただきます。

ほろ酔いで下山。
梅の湯で汗を流し、河辺の「とんでん」で反省会。

若葉が美しい奥多摩は今が一番いい季節です。

←クリックしてくださると「G..W.皆様はいかがお過ごしでした?」も喜びます。

2015年5月 5日 (火)

御岳山 長尾茶屋 明日お邪魔しに行きます。

長尾平で土日祝日だけ営業する長尾茶屋。

平日休みの多い私たけぱぱですが、土日に大岳山に登れば帰りにはもちろん必ずお邪魔してます。
冬はホットワインか日本酒のワンカップ(熱燗)。
夏は冷たいワインか缶ビール。

11196221_866489973440285_8455104250 ←2015年5月2日、朝日新聞朝刊より。

明日(5月6日)、お邪魔しに行きます。
←クリックしてくださると「奥多摩『あかべこ』は5月6日・7日はお休みです・・・。」も喜びます。

2015年5月 4日 (月)

奥多摩「あかべこ」通信。

10020150503_161016 10020150503_171745_2 10020150503_172205

奥多摩駅から歩いて3分、日原街道沿いに「荒澤屋」という旅館があります。

その1階に「炉ばた あかべこ」があります。

昨夜はG.W.でおいそがしいところ、8名でお邪魔してしまいました。

唐揚げは特に絶品ですぜ。

奥多摩で飲みたい方、「あかべこ」に是非寄ってみてくださいませ。

詳しくは御嶽の住人であり、森の演出家であるツッチーのブログをご覧ください。

←5月6日、この人と大岳山に行きませんか?

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック