« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月28日 (木)

2015忘年山行 雷電山から天狗岩(雷電山編)。

2015年12月26日(土)、ひげおやじさん企画の山行イベントに参加してきました。

軍畑駅から歩き、雷電山~辛垣城跡~矢倉台~宮ノ平駅~天狗岩~青梅駅という、青梅市内を歩くコースです。

10020151226_072746 10020151226_072752 ←我が家のベランダから見た大岳山(1枚目)と多摩川(2枚目)。ちょっと雲が多いのですが、だんだんと晴れてくる予報です。

朝ごはんを家で食べ、7:50頃青梅の家を出ます。

10020151226_075157 ←エレベーターを待つ間にいつも撮影する大岳山。

青梅発8:07の奥多摩行き電車に乗ります。
車内でさなリーダー・ひげおやじ・みっちゃん・すーさんの4名と合流。
軍畑駅に8:21着。

9名全員が時間通りに揃いました。

100dsc00755 ←軍畑駅前にて出発準備。

8:30、歩行開始。

100dsc00756 ←踏切から軍畑駅を見ると青梅行きが発車するところです。

100dsc00757 100dsc00758 100dsc00759

踏切を渡り、高水三山に登る時と同じ方向へ歩き出します。

100dsc00760 ←ここがなぜ「国立」なのかご存知の方がいたら教えてください。

100dsc00761 ←しばらくは舗装道路をテクテクと歩きます。

100dsc00762 ←平溝橋。ここで左の道を行くと高水三山です。我々はもう少しこの道を道なりに進みます。

100dsc00763 ←8:55、雷電山登山口(青梅丘陵ハイキングコース入口)。小休止。

100dsc00764 ←青梅丘陵は「民家のすぐ裏」と言っても過言ではないほど、人が暮らしている場所から遠くないのですが、熊が出ます。
2015年9月にも青梅駅のすぐ裏、永山丘陵でツキノワグマが目撃されています。

100dsc00765 100dsc00766

71_large ←9:31、雷電山頂上に到着。標高494m。ひげおやじさん撮影。

69_large 70_large ←三脚・セルフタイマーにて記念撮影。ひげさんカメラ。

100dsc00768 ←砕石・砂利工場がすぐ下に見えます。

100dsc00769 100dsc00770

100dsc00771 ←ここから辛垣城址に登ります。

100dsc00772 ←辛垣城址。特に見るべきものはないようですが、杉林の中の暗い城跡はちょっと不気味ではあります。

100dsc00773 ←辛垣城址から下り、方向としては鉄道公園を目指します。

100dsc00774 ←細かなアップダウンを繰り返す。

100dsc00775 ←11:04、三方山。三角点がありました。

このあたりで先ほどすれ違った私と同年輩くらいの男性が折り返してきて、私と目が合い、お互いに「あれっ」「あれっ」
と声を掛け合うことに・・・。
私と同じマンションの住人なのでした。
しかも山登りもなさる方。
毎日青梅丘陵を走っているとのこと。
道理でほとんど贅肉の無い素晴らしい体型をなさっているのでありました。

100dsc00776 ←この写真では分からないと思いますが、西武ドームとスカイツリーが見えました。

100dsc00777 ←アップにしてみてもなかなか分からないとは思います。

100dsc00778 ←11:14、「企業の森(東芝府中)」。眺めもいいのでここで早めのお昼にします。

100dsc00779 100dsc00780 100dsc00781 ←ほとんどの人はカップ麺でしたが、ナヴァフォさんだけはやはりサンドウィッチ。洋風がお似合いです。

83_large ←ひげさん撮影。

30分ほど休憩してから腰を上げ、先に進みます。

100dsc00782 ←こんなところに「クマ隊長」の看板が・・・。今度来るときには雑巾かウェットティシュを持ってキレイにしてあげなくては。

86_large ←12:30、矢倉台。ひげさん撮影。

100dsc00783 ←矢倉台にある水準点。

ここから宮ノ平駅に向かって下ります。

100dsc00784 ←このあたりから我が家のあるマンションが見えます。写真真ん中やや右に三角の茶色い屋根・白い大きな建物=「かんぽの宿」が見えますが、その左にマンションが三つくらい固まって見えますがその真ん中のマンションです。

87_large ←私「(指差して)かんぽの宿が見えるでしょ。そこからまっすぐ左。あのあたりがオイラん家」です」。ひげさん撮影。

100dsc00786 100dsc00787 ←13:04、ハイキングコース入口。民家の間を通り宮ノ平駅に向かいます。

89_large 90_large 91_large ←3枚、ひげさんカメラ。

100dsc00788 ←13:08、さなリーダーとfumiさんはここでお別れ。

93_large ←ひげさん撮影。

100dsc00789 100dsc00790 ←宮ノ平駅前にて小休止。トイレなど済ませてここから先は7名で天狗岩に向かいます。

「2015忘年山行 雷電山から天狗岩(天狗岩編)。」へ続く>>>

←クリックしてくださると「3月20~21日も奥多摩イベント企画しちゃおうかな・・・。」も喜びます。

2016年1月27日 (水)

景信山でもみじ鍋2015。

2015年12月23日(水・祝)、サコー岳園長企画のもみじ鍋イベントに参加してきました。

今回で8回目になる「もみじ鍋&ダイヤモンド富士」ですが、この日は生憎雨の予報・・・。

しかも前日になってイベント主のサコー岳園長がやむを得ぬ用事で参加できないことになってしまいました。

そこで、リーダー役は臨時代理で私が務めることとなり、男子サブリーダーをYOSHIKI兄に女子サブリーダーをなご太郎にお願いし、イベント当日を迎えることになりました。

=====================================

10020151223_081704 ←当日朝9:15頃、青梅の家を出ます。今にも振り出しそうな空模様です。マンション8階から見た大岳山。

8:29青梅発の電車で立川まで。
立川で中央線下りに乗り換えて、高尾着9:22。

高尾駅の改札を出たところにサコー岳園長の顔が見えました。
サコー「鹿肉は皆さんに持ってもらいましたので・・・今日は本当にすみません」
私「いえいえ。なんとかなりますよ」

バス乗り場に行ってみると数名の見知った顔。
先発便で行ってるメンバーもおりますので、順番が来たらそれぞれ目で合図などしながらバスに乗り込みます。
続行便を含めて2台のバスに分かれて乗車。

9:32発のバスで小仏バス停まで。

10020151223_095819 ←9:50頃、小仏バス停に到着。

トイレなどを済ませてそろそろかなという頃、私から挨拶。
私「今日はイベント主のサコーさんが来られませんので、私が代理です。よろしくお願いします。それから男子サブリーダーはYOSHIKIさんに女子サブリーダーはなごちゃんにお願いしましたので。よろしくお願いします。ではそろそろ出発いたします」

9:58、歩行開始。

100dsc00736 ←最初は舗装道路をテクテクと歩きます。100dsc00737

100dsc00738 ←男子サブリーダー=YOSHIKI兄さん。いろいろボッカしてくれてます。

100dsc00739 ←ここから山道。景信山の頂上を目指します。

スギやヒノキの樹林帯をときどき休憩しながらゆっくりゆっくり登っていきます。

100dsc00740 ←10:52、小下沢から上がってくる道の分岐。小休止。

ここからは尾根歩き。
振り返るとイマイチの天気ですが、関東平野を見下ろせます。

トイレの建物が見えてくるともう頂上はすぐそこ。

100dsc00747 ←11:09、景信山頂上に到着。

到着とほぼ同時に雨が降ってきました。
小雨ですが、全員屋根のあるところにギュっと集まってもみじ鍋準備開始。

100dsc00741 ←ジュニアさんが持ってきた鹿ロースたたき。鹿肉はジュニアさんとサコーさんで獲ってきたものです。

皆が食材を分担して担ぎ、鍋は3つに分けて作ります。
8回目ともなると皆さん慣れたものです。

その間に責任者=さち、サブ=なご太郎で会計をしてくれてます。

10020151223_113105 ←持ち寄った酒を並べてみました。

100dsc00742 ←ふたをして煮えるのを待ちます。

100dsc00744 ←小雨です。ほぼ降ってないくらいの雨・・・。

100dsc00743 ←さぁ、出来上がり。

100dsc00745 ←天気がよければこの日は景信頂上も人でいっぱいになるはずなのですが。

23_large ←スムキチ(武蔵)が持ってきたイカ徳利。北海道や青森でよく見るやつですな。

100dsc00746 100dsc00748

13:00頃、片付け終わって声をかけます。

私「この天気ではダイヤモンド富士も無理なので来た道を戻ります。『多花美』に早めに行って反省会をやります。出発前に集合写真を撮りますから声がかかったら速やかに集合してください」

100dsc00749 100dsc00750 ←総勢35名。

28_large ←「ニーブラ」の図。後ろに亡霊が・・・。

100dsc00751 ←13:30、下山開始。

100dsc00752 ←茶屋も片付けてしまい、頂上には誰もいなくなります。

下山もゆっくりと。
少し酔ってフラフラの方もいましたが、付き添いの方に任せて夢民親子・なご太郎と後ろのほうから下っていきます。

バスで高尾駅に戻り、有志で「多花美」に行きます。
時間が早まったので店長息子さんの菊池さんに電話して、席の空いてるのを確かめてから向かいます。

31_large ←「多花美」名物ホットカツサンド。さちさん撮影。

10020151223_160230

29_large ←さちさん撮影。

100dsc00753 100dsc00754

途中からほとんど覚えていませんが、カツサンドを多く頼んだので何名かお土産に持って帰ったことと、会計をしたことだけ覚えています。

皆さん、来年も楽しくもみじ鍋開催しましょう!

←クリックしてくださると「2月3月は『あかべこお泊り合宿イベント』がんばります。」も喜びます。

2016年1月21日 (木)

大菩薩で忘年会2015(2日目)。



「大菩薩で忘年会2015(1日目)。」から続く>>>

2015年12月20日(日)、6:30頃介山荘(大菩薩峠)の一室で目覚める。

隣の部屋(サコー岳園長・出雲族・マイク・コスの4名)からも「日の出見に行こう」という声が聞こえてくる。

着れるだけ目一杯着てカメラだけ持って外に出る。

100dsc00690 ←富士山と大菩薩湖。すでに外は明るく、今にも太陽が顔を出しそうだ。

100dsc00691 ←南アルプスと甲府盆地。

100dsc00692 ←6:41、太陽が光をのぞかせました。

100dsc00693 ←アップで撮影。ピンボケすいません。

100dsc00694 100dsc00695 100dsc00696

100dsc00697 ←そして富士山を振り返ると見事なモルゲンロート。

100dsc00698 100dsc00699

100dsc00700 ←奥多摩三山。左から御前山・大岳山・三頭山。

いや~、雨の登山も嫌いではないですが、こういう景色を見てしまうとやはり気分がスカっとしますね。
いくつになってもやはり山はやめられませんな。

100dsc00701 ←小屋に戻り、6:50くらいから朝食。生卵をかけて美味しくいただきます。

が、YMDの様子がなんだかおかしい・・・。
御飯が喉に通らない様子。
どうやら昨夜飲み過ぎたようです。

そういうわけで当初は石丸峠経由で裂石に下る予定でしたが、最短コースで裂石に下ることになりました。
早く温泉に入って一杯やりたい連中がほとんどなので異論は出ません。
ただ一人、顔色の青いYMDは「もう飲みたくない」という顔をしていますが・・・。

サコー「8:00に小屋を出発します」
とのこと。

部屋に戻ってもう一眠り。

7:50頃のそのそと起き出して急いで支度。

100dsc00702 ←介山荘目から見た南アルプスと甲府盆地。

100dsc00703 ←今日も朝早くから山頂を目指す登山者。こんな天気のいい日に山に登れてみなさん御同慶の至りです。

100dsc00704 100dsc00705 ←小屋のおかみさんにシャッターをお願いして「山川」ポーズで記念撮影。

100dsc00706

8:09、介山荘のご夫婦にご挨拶をして小屋をあとにします。

8:36、富士見山荘。

100dsc00707 ←富士見山荘前から見た富士山。アップで撮影。

100dsc00708 ←富士見山荘前の壊れたままのテラスから富士山を撮影するマイクさん。

100dsc00709

100dsc00710 100dsc00711 ←富士見山荘。営業しなくなってからもう何年が経つでしょうか。

100dsc00712 ←8:47、福ちゃん荘。

ここで介山荘から電話が入り、みっちゃんがウェストポーチを小屋に忘れたことに気づく。
みっちゃん「ひゃあ、ザックよりあっちのほうが大事なんだ。金とか身分証とか全部あっちに入ってる。仕方ない、取りに行ってくるわ~」
がきちゃん「ぼくが行ってくる。酔い覚ましにちょうどいいや」
みっちゃん「オレが荷物持って行くから頼んでいいかな?そのほうが絶対に早いし・・・」

100dsc00713 ←ザックをみっちゃんに預け、ピャッ~と小屋に向かって走っていくがきちゃん。
名づけて「走れ、がきちゃん」の図。

100dsc00714 100dsc00715 ←サコー岳園長に教わり、ザックを二つ背負うみっちゃん。なんでも「富山県警方式」だそうです。

100dsc00716 ←福ちゃん荘は皇太子と雅子さんが休憩された場所です。その時に大菩薩に登られたときの写真が大菩薩の小屋・旅館・食堂・温泉など至るところに飾られています。

山道のほうを通り、上日川峠に下ります。

100dsc00717 ←9:19、上日川峠到着。ここで長めの休憩をとります。

コーヒーを飲んだり、アンパンを食ったり。
私の場合、両方ともLEE隊長からご馳走していただきましたが。

腰を上げ、裂石に向かって下ります。

100dsc00718 ←10:10頃、がきちゃんが戻ってきました。お疲れ様。

100dsc00720 ←10:30頃、第一展望台で小休止。

100dsc00719 ←第一展望台から見た南アルプス。右から北岳・間ノ岳・農鳥岳。

100dsc00721 ←一旦ここで車道に出ます。100dsc00722

100dsc00723 ←千石茶屋。

100dsc00724 100dsc00725

100dsc00726 100dsc00727 ←11:03、ここで山道は終了。

100dsc00728 ←丸川峠入口。

100dsc00729 ←南アルプスを見ながらアスファルト道を下ります。100dsc00730

100dsc00731 ←11:20頃、裂石(大菩薩峠登山口)バス停に到着。100dsc00732

100dsc00733 ←大菩薩の湯の屋根が見えてきました。

100dsc00734 ←振り返ると大菩薩嶺が。

100dsc00735 ←11:35、大菩薩の湯に到着。

ゆっくりと風呂で汗を流し(いや汗はあまりかいてませんが)、サッパリしたら休憩所へ。

10020151220_123418 ←缶ビールの人、ジョッキの人。天丼を食べる人。ラーメンを注文したけどほとんど食べずに酒ばかり飲んでいる人。

13:30発のバスは二本木経由でした。
反対方向に走っていく(登っていく)ので皆ビックリ。
私「ダイジョブ、MY FRIEND!二本木経由だからこれでいいのです」

13:56、塩山駅前に到着。

駅改札内のNEWDAYSで酒とつまみを買い、14:13発の立川行き電車に乗ります。

10020151220_141534 ←私がNEWDAYSで買うつまみといえば、まずコレ。網入りゆで卵。

がきちゃんとLEE隊長は高尾の「多花美」に行ってまだ飲みたそうでしたが、他8名はもうお帰りモード。
(サコー・YMD・なご・私、の4名は3日後にも「多花美」に行く予定でしたし・・・)

15:41着の立川で皆と別れ、青梅には早々と16:30前に着きました。

是非是非来年(2016年)もこのイベントに参加させていただきたいものです。

←クリックしてくださると「そろそろ『2015年の振り返り』記事も書かんとね・・・。」も喜びます。

2016年1月20日 (水)

大菩薩で忘年会2015(1日目)。

2015年12月19~20日、サコー岳園長企画の「大菩薩 忘年山行」に参加してきました。

もう何年も続いている「忘年山行」なのですが、私が参加させていただくのは3年ぶり、2012年以来2度目です。

2012年15~16日の「大菩薩 忘年山行」の様子は是非コチラを>>>

=====================================

12月19日(土)、5時起床。

山小屋泊まりですので簡単な支度をして、6:35頃青梅の家を出ます。

10020151219_063613 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山。二日間とも天気はよさそうです。

塩山駅に9:20集合ですので、30分くらい後の電車でも間に合うのですが、これにはちと訳があります。

6:47青梅発の電車で立川まで。
立川で中央線下りに乗り換え、高尾まで。
高尾から河口湖行きに乗り、大月まで。

10020151219_083124 ←大月駅で立ち食い蕎麦(座って食べますけど)。
なご太郎もやってきてうどん食ってました。

8:46発の電車が大月駅のホームに入ってくると、電車内にサコー岳園長の姿が見えました。
3名で車窓から富士山や南アルプスを眺めているうちに9:15塩山に到着。

時間通りに10名全員が揃います。
南口にあるタクシー会社の一つからジャンボと普通のタクシー1台ずつ、計2台で柳沢峠に向かいます。

富士山を右に左に眺めながら高度を上げていきます。

9:50頃、柳沢峠に到着。

100dsc00632 ←トイレを順番に済ませたら輪になってまずサコー岳園長からご挨拶。

次に順番に自己紹介。

100dsc00633 ←それから準備体操。

10:10、歩行開始。

100dsc00634 ←出雲族さんを先頭にまず丸川峠を目指します。

100dsc00635 100dsc00636 100dsc00637

100dsc00638 ←アップダウンの少ないのんびりした山道歩き。このコースを歩くのは実は私、初めてです。

100dsc00639 ←ところどころ立ち休憩を入れます。

100dsc00640 ←これが話に聞いていた苔の道か・・・。

西国立「こまくさ」のマスター橋本さんや丸川荘の貞木さんに「苔むした道がまたいいんです」と何度聞かされたことでしょうか。
アップダウンは少ないが、テンションは上がりっぱなしです。

100dsc00641 ←11:02、六本木峠。

100dsc00642 ←苔ロードはちょっと屋久島を思い起こさせます。

100dsc00643 ←11:43、天庭峠。

100dsc00644 ←11:58、寺尾峠。

100dsc00645 ←大菩薩は落葉松がいいですねぇ。

100dsc00646 ←足元に目をやれば苔ロード。

100dsc00647 100dsc00648 ←12:20、丸川峠に到着。

100dsc00649 100dsc00650 ←丸川峠から見た富士山は美しい。送電線の鉄塔が惜しい感じです。

C0277693_9345693 丸川荘内にお邪魔して昼飯タイムにします。LEE隊長撮影。

お湯を沸かし、ラーメンを茹でます。
食後には只木さんに淹れてもらったコーヒー。挽きたてです。
これぞ至福のひと時。

丸川荘のトイレには只木さんが工夫して作った面白い仕掛けがあります。
YMDが大きく関わっているのですが、それは丸川荘のトイレを使用した人のみぞ知るということで・・・。

100dsc00651 ←13:00頃、丸川荘をあとにします。

100dsc00652 ←大菩薩嶺に向けて登っていきます。
C0277693_9371723 C0277693_9375032 ←2枚、LEE隊長撮影。
100dsc00653 ←右に金峰山の五丈岩が見えます。左には赤岳~権現~編笠。

100dsc00656 100dsc00657 ←14:32、大菩薩嶺頂上に到着。
100dsc00654 100dsc00655 ←地味な頂上で記念撮影。

頂上は眺望がありませんので、そそくさと大菩薩峠に向かって下っていきます。
100dsc00658 ←雷岩まで来ると素晴らしい眺望が開けます。富士山と大菩薩湖。

100dsc00659 ←南アルプスが一望の下に見渡せます。手前は甲府盆地。

100dsc00660 ←富士山をアップで。
100dsc00661 100dsc00662

C0277693_9424756 C0277693_9452641 ←2枚、LEE隊長撮影。
100dsc00663 ←標高2000m地点。

100dsc00664 100dsc00665

100dsc00666 ←賽の河原。本来ここが大菩薩峠であり、介山荘のある場所は近年になって言われだした「大菩薩峠」です。
100dsc00667 ←左から御前山・大岳山・三頭山。三つ合わせて「奥多摩三山」と呼びます。

C0277693_9461262 ←「3つ並んでいるうちの真ん中が一昨日登った大岳山」とがきちゃんに説明するたけぱぱ。LEE隊長撮影。

2015年12月17日の大岳山の日記はコチラを>>>

100dsc00668 ←本日のゴール=介山荘が見えてきました。

C0277693_94728 ←15:30、介山荘に到着。LEE隊長撮影。
女子2人で1部屋。男子は4人ずつ2部屋に分かれてザックを置いたらすぐ食堂へ集合。

まずはビールで乾杯。
その後は日本酒とワインです。
100dsc00669 ←みっちゃんが担いできた「越乃景虎」一升瓶。
100dsc00670

100dsc00672 ←介山荘オリジナル=白ワイン一升瓶。

他にYMDが担いできた赤ワインもありました。
あとでサコー岳園長が計算したところによると全部で14リットル飲んだとか。

そのうちの10リットルはがきちゃんが飲んだのではないかとの専らのウワサです。

そろそろ日の入りの時間。
「南アルプスに夕日が沈むよ。今日は見ておかないと皆さん一体いつ見るんですかっていうくらいの夕日になりますよ」
と、小屋主の声がかかる。
100dsc00673 ←オレンジ色に染まる富士山。湖はダム湖=大菩薩湖。

100dsc00674 100dsc00675 ←本当に南アルプスに夕日が沈んでいきます。

100dsc00676 100dsc00677 ←すでに相当アルコールが入っていますが、荘厳な日の入りに感動いたしました。

100dsc00678 ←完全に日が沈みました。

100dsc00679 ←オレンジ色というよりピンク色に染まる富士山。

100dsc00680 ←南アルプスが見えすぎちゃって困るの~♪と一人つぶやきながら撮影しました。

100dsc00681 ←奥多摩三山。

100dsc00682 ←足が小さいので女性用サンダルはいてはしゃいでいるオジサン。
100dsc00683

夕御飯はいつものカレーですが、これが美味いんだな。
ワインを飲みつつ美味しくいただきました。

100dsc00689_2 ←若干お見苦しい点もございますが、騒ぎまくる人もいればその横で寝てる人もいましたということで。

20時過ぎて遅くとも21時前には就寝したと思います。おそらく・・・。

「大菩薩で忘年会2015(2日目)。」へ続く>>>

←クリックしてくださると「今日(1/20)は『こまくさ』も『あかべこ』もお休みでした。どっちかで飲みたい気分でしたが・・・。」も喜びます。

2016年1月14日 (木)

川苔山へ(速報)。

2016年1月13日(水)、川苔山に登ってきました。

メンバーは梢さん・貴さん・ひげおやじさん・だぶりん・kjさん・私の6名。

梢さん・貴さんは奥多摩「荒澤屋(炉ばた あかべこ)」の若女将と若主人です。

鳩ノ巣駅に9:05集合。

100dsc00979 ←駅前での自己紹介の様子。

100dsc00982 ←前日降った雪でところどころ冬景色。

100dsc00983

100dsc00995 100dsc00996 ←頂上には12:47着。「山川」ポーズで記念撮影。

100dsc01005 100dsc01006 ←下りは百尋の滝経由で。

100dsc01013 ←バス時間ぎりぎりの16:28に川乗橋バス停に到着。

100dsc01015 100dsc01016 100dsc01017 ←この日は休業のあかべこです。貸切で反省会です。貴さん下山後のお疲れのところ働かしちゃってすみませんでした。

荒澤屋さんのHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

炉ばた あかべこのHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

この次は高尾かな~、高水三山かな~・・・。
梢さん・貴さん、また行きましょうね。

←クリックしてくださると「つな君(?)もはなちゃんもこう君」も喜びます。

2016年1月11日 (月)

大岳山へ(2015年の第11回目・本編)。

2015年12月17日(木)、今年11回目、大岳山に登ってきました。

メンバーは梢さん・がきちゃん・私の3名。

梢さんは奥多摩の旅館「荒澤屋(炉ばた あかべこ)」の若女将。
あかべこでいつも私が山の話をするので(当然お客さんにも登山客がいるわけですし)、「今度山に行きましょうね」
という話がやっと実現する日がやってきました。

=====================================

7:53頃青梅の家を出ます。

10020151217_075305 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山方向。それほど寒くはないのですが、この雲は雪になる雲です。

8:04青梅発の奥多摩行き電車に乗り、御嶽駅に8:20着。
がきちゃんも同じ電車に乗っていたようです。
駅改札を出て左に大きな地図看板があります。その下で奥多摩からやってくる梢さんを待ちます。

予定通り8:36着の電車で梢さん登場。
普段は旅館の若女将としての和服姿ですので、山姿がなんだか不思議です。

梢さん(以下敬称略)「コンビニ寄っていいですか?」
私「はい、8:57発のバスまで時間があるので皆で行きましょう」

コンビニでそれぞれ買い物を済ませ、店の前でコーヒーなど飲んでいると車でやってきた小河内荘の女将と梢さんがご挨拶を交わす。
お二人とも美人さんです。

小雨が降ってきました。
私「梢さん、雨が降ってきましたよ。登山やめてもいいんですよ」
梢「私は大丈夫ですよ。この前のロックガーデンの時は最初から雨でしたし」
私「がきちゃん、じゃ行ける所まで行きますか?」
がき「たけぱぱさんに任せまーす」

バスに10分ほど乗ってケーブル滝本駅まで。

滝本駅にはこの日お会いする約束をしていた御嶽登山鉄道の仲田社長がいます。
駅員さんに案内されて駅舎2階の社長室へ。
お茶をご馳走になり、お話を伺っている間、駅務室の児島さんが気になりましたが、その時はご挨拶できず・・・。
仲田社長は大病から復帰されたばかりですが、お顔色は良さそうでした。
2016年1月18日から3月いっぱい、ケーブルを休止するのでその対応にお忙しいでしょうに、私どものような遊び人間に貴重なお時間をいただき、誠に申し訳ありませんでした。

100dsc00582 ←9:42発のケーブルは御嶽号。

6分ほどの乗車で標高831mの御嶽山駅に到着。

100dsc00583 ←御嶽山駅前の広場を「御岳平」と呼びます。平日でこの天気、人はほとんどいません。

100dsc00584 ←お隣の山=日の出山。今にも雪が降り出しそうです。

100dsc00585 ←関東平野を見下ろします。典型的な雪雲です。

100dsc00586 100dsc00587 ←振り返るとテンションの高いお二人。私もテンションが上がります。

そして出発しようとする頃には白いものが落ちてきました。

私「梢さん、雪降ってきましたけど・・・」
梢「私は大丈夫ですけど」
私「ま、雨よりはいいんですけどね」

そう言いつつも「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、10:03歩行開始。

雪は降ったり止んだり。
行けるとこまで入ってみようととにかく歩きます。

100dsc00588 ←ビジターセンターや宿坊のある御師集落を通っていきます。人影はまばら。

100dsc00589 ←左は日の出山へ行く道。右の急坂は武蔵御嶽神社へ向かう道。その急坂の途中に樹齢1000年と言われる「神代欅」が聳え立っています。100dsc00590

100dsc00591 ←通称「土産物屋ストリート(たけぱぱが勝手に命名)」もほとんどシャッターが閉まったまま。

100dsc00592 ←土産物屋ストリートを突っ切ると武蔵御嶽神社の階段下に出ます。

100dsc00593 ←階段の途中で左に折れ、大岳山に向かいます。

100dsc00594 ←少し下ると長尾平。長尾茶屋は週末のみの営業なので今日は閉まってます。

100dsc00595 ←長尾平からもう少し下ります。

100dsc00596 ←そろそろ下りきったかなと思うところに樹齢350年の「天狗の腰掛け杉」があります。
鳥居をくぐっていく道は奥の院への道。
我々は左の道を進み、まっすぐ大岳山へ向かいます。

100dsc00597 ←このあたり、日の光さえ当たれば冬でもポカポカの道なのですが、今日はいかにも寒々しい・・・。

100dsc00598 ←10:50、水場。小休止。

100dsc00599 ←水場の少し上にあずまやがあります。ロックガーデン周遊コースの折り返し地点です。

100dsc00600 ←あずまやから4~5分登ると涸れた沢を小さな橋で渡ります。
「これから山に入っていくんだぞ~」という気がして、私が大岳山で一番好きな場所です。
100dsc00601 100dsc00602

ここからの道は涸れた沢の右岸をやや急な傾斜で登ります。
梢さんに「荒澤屋の現況、あかべこ開店のいきさつ」などうかがってしまったので、しゃべらせることになってしまい少し息が上がったかもしれません。
この場を借りてお詫び申し上げます。

100dsc00604 ←11:15、芥場峠。小休止。

100dsc00603 ←芥場峠のクマ隊長は今日もキリっとしています。100dsc00605

小康状態だった雪が芥場峠からまた降り出してきました。

100dsc00606 ←でも霰のような融雪剤のような、不思議な雪でした。

100dsc00607

100dsc00608 ←11:55、大岳山荘(非営業)前のテラスに到着。

100dsc00609 ←このテラスからは天気がよければこの写真の真ん中辺りに富士山が見えるのですが、今日は雪雲が目を引くばかり。

100dsc00610 ←テラスの正面には丹沢が見えるはずですが、手前の生藤山~陣馬、その手前の馬頭刈尾根しか見えません。

トイレを済ませて、いざ大岳山頂上へ。

100dsc00611 ←大岳山神社の狛犬。ユニークな顔をしています。

100dsc00612 ←拝殿はちょっとぼろいのですが、

100dsc00613 ←左の本殿はさすがに綺麗さを保っています。

頂上手前には手を使って体を持ち上げる箇所があり、梢さんはなんだかこのあたりが一番楽しそう。
山オンナの素質十分あり、と見ました。

100dsc00616 ←12:29、大岳山頂上に到着。標高1266.5m。100dsc00615

景色もそれほどでもありませんので、ベンチに座ってさっそくお湯を沸かします。

100dsc00614 ←私は袋ラーメンを茹で、梢さんとがきちゃんはカップ麺。こんな天気の日はラーメンに限ります。
食後にコーヒー。天気がイマイチでもこれはこれで至福のひと時です。

100dsc00617 ←右手前は御前山、その左なんとか頂上が雲にかくれていないのが三頭山。大岳山と合わせて「奥多摩三山」と呼びます。

100dsc00618 ←撤収が終わったら頂上の標柱前に集合。

100dsc00619 100dsc00620 ←三脚・セルフタイマーにて記念撮影。おなじみ「山川」ポーズです。

13:17、大岳山頂上をあとにします。
心はすでに奥多摩「あかべこ」へ。

100dsc00622 ←午前中は見えなかった筑波山が関東平野の向こうに見えます。

100dsc00623 ←「山から人間の世界へ」戻ります。

100dsc00624 ←長尾茶屋のすぐ近くにある長谷川恒男顕彰碑。ハセツネ没後20年を記念してたてられました。

100dsc00625 ←12月の17日ですが、十月桜が咲いています。

100dsc00626 ←ハヤトウリ。漬物が美味いです。

100dsc00627 ←15:18、御嶽山駅。

100dsc00628 ←下りのケーブルカーも御嶽号。15:21発。

100dsc00629 100dsc00630 100dsc00631 ←中間点では武蔵号(たけぞう号ではありません)とすれ違います。

滝本駅に着く頃、前方を見ると御嶽登山鉄道の児島さんがケーブルを迎えるように立っています。
最前方に行って手を振るとこちらに気が付いたようです。
ケーブル下車後、児島さんと四方山話・・・。

バスで御嶽駅へ。
青梅線の下りで奥多摩へ。

10020151217_162748 ←テンション高いおじさん二人。

荒澤屋さんのお風呂(3階)でサッパリしてから1階の「炉ばた あかべこ」へ。

10020151217_173826 10020151217_173813 10020151217_180148 10020151217_171712 ←反省会。梢さんにも反省会に参加いただきました。

12391322_618837711590350_6725416010 ←梢さんの娘さん=はなちゃん。がきちゃんも私もはなちゃんにはメロメロです。

梢さん「また季節を変えて行きたくなりました~」

と、大岳山を絶賛していただきました。

いや~、そういうわけで飲んだ飲んだ・・・。
どうやって帰ったか全く覚えていません。

荒澤屋さんのHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

炉ばた あかべこのHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

あかべこに行きたい方、たけぱぱにお声をおかけくださいませ。

←クリックしてくださると「明日(1/12)はこまくさ。明後日は内緒・・・。」も喜びます。

2016年1月 7日 (木)

南高尾へ。

2015年12月12日(土)、南高尾を歩いてきました。

かじゅまるが「南高尾経由八王子城址を歩くことにしました」とつぶやいていたので、
私「もう少しゆっくり歩いて高尾山温泉にでも行こうよ」
と声をかけたら、
かじゅ「8:45に高尾山口駅集合で」
と返事がありましたので参加させていただくことにいたしました。

======================================

5:30頃起床。

小さめのザックに荷物を詰め、7:30頃青梅の家を出ます。

10020151212_073011 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山。今日は雨の心配はなさそうです。

青梅駅前のコンビニでおにぎりとお茶を買い、7:47発の電車で拝島まで。
拝島から八高線で八王子。
八王子から中央線で高尾。
高尾からは京王線。

京王線車内でかじゅまると合流。
高尾山口には8:42着。

10020151212_084322 ←高尾山口ホームから見える高尾山温泉。今年(2015年)10月27日にOPENしたばかりです。

改札を出たらまずトイレへ。
改札内のトイレは混みますが、外のトイレはすいています。

トイレを済ませて軽く準備運動をしてから8:57、二人で「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れスタート。

登山口に行く前にコンビニに寄り、ビールを買います。
これは城山あたりで飲む予定。

コンビニ前でかじゅまるが地図を出し、登山口を確かめていると地元のおばさんらしきお二人から声がかかります。
おばちゃん「どこに行くの?」
かじゅ「草戸峠です」
おば「なら、こっちよ」
と、教えてもらった方に歩いていくとそれらしき標識がありました。

100dsc00545 ←この標識がないとちょっと分かりにくいかも・・・。

100dsc00546 ←民家のすぐ横をすり抜けて登っていきます。

単独行のおじさんや年配夫婦とすれ違います。

100dsc00547 ←9:05、四辻。

かじゅまると四方山話をしていると、時間を忘れてしまいます。

100dsc00548

何度かアップダウンを繰り返します。

100dsc00549

100dsc00550 100dsc00551 ←10:03、草戸峠。小休止。

100dsc00552 ←もみじ台のあたりでしょうか。紅葉がまだ見ごろです。

100dsc00553 100dsc00554 ←10:11、草戸山。展望台で小休止。

100dsc00555100dsc00556 ←城山湖。

100dsc00557 ←そういえば2009年7月に峯の薬師から歩いたことがあります。もう6年以上前のことなんですねぇ・・・。

2007年7月11日の詳細は是非コチラを>>>

ブログのスタイルもずいぶんと変化したもんです。
現実に戻ります。

100dsc00558 ←右の道を進みます。

100dsc00559 ←10:32、榎窪山。

100dsc00560 ←10:35、三沢峠。

100dsc00561 ←10:50、泰光寺山。

100dsc00562 ←クリスマスっぽいというか正月っぽいというか・・・。これは普通に生えている草なのでしょうか?どなたか名前も含めて教えてください。

100dsc00563 ←見晴らしのいい場所で小休止。津久井湖の向こうには石老山が見えます。

100dsc00564 ←富士山をアップで撮影。なんだかんだ言っても富士山が見えるとうれしいもんです。

37_large ←11:52、金比羅山。ここでお昼にします。かじゅまる撮影。

まさとし(上ミノ)からメールが来ました、「城山で姫ちゃんるみちゃんと湯豆腐やってるから顔出さない?」
かじゅまる「じゃあ、城山にちょこっと寄っていきますかぁ」

100dsc00565 ←12:14、大洞山。

100dsc00566 ←12:31、大垂水峠。橋で国道20号線を渡ります。

100dsc00567 ←「一丁平・小仏城山」と書いてある道を登っていきます。

100dsc00568 ←13:03、一丁平着。

私「ありゃ、城山に行くとなると『わざわざ行く』感じになっちゃうんだね」
かじゅ「今日は止めておきますか?」
るみちゃんからも電話がかかってきたので「そっちへは行きません、あしからず」と返事。

4_large ←城山へ行かないとなったらここ一丁平でビールをあけましょうか。

10020151212_130751 ←スマホで自撮り。

城山ではなく高尾山頂上方面へ向かいます。

100dsc00569 ←一丁平園地のトイレ。女性用トイレは現在使用できないようです。

10020151212_133322

100dsc00570 ←13:55、もみじ台。

100dsc00572 ←14:07、高尾山頂上の一角に到着。

100dsc00573 ←太陽が入ってしまいましたが、丹沢方面もよく見えます。今日は絶好の登山日和でした。

8_large ←頂上に新しくできた標柱前で記念撮影。高尾にも中国の観光客が多くいらっしゃってまして、その中の女性にシャッターを押してもらいました。

100dsc00574 ←高尾山の三角点。標高599.15m。

100dsc00575_2 ←頂上から都心方面を見下ろす。

1号路を下ります。

100dsc00576 ←薬王院はほぼ素通り。

100dsc00577 100dsc00578 ←12月中旬ですが、紅葉もまだ見れます。

100dsc00579 ←天狗焼も今日はすぐ買えるようです。

1号路をテクテク下って、高尾山温泉には15:21到着。

100dsc00580

初めて入る高尾山温泉。
並ばずにスムーズに入れました。

100dsc00581 ←食事処もほぼ満員。

脱衣所もごったがえしてはいましたが、まぁ致し方ないでしょう。
これくらいはほぼ想定内。
風呂はいろいろあって5種類。
とりあえず全ての浴槽に浸かってみました。
すいているときにまたお邪魔したいと思います。

風呂から上がるとまさとしからメールが来ています。
まさとし「タカミにいます」

私「まさとしが『タカミにいます』だって」
かじゅ「ちょっとだけ顔出しますか」
まさとしに「今からタカミに向かいます」と返信。

10020151212_164940 ←16:45頃、高尾駅南口の「多花美」に着きましたがまさとしも姫ちゃんもるみちゃんもいません。かじゅまると二人、ビールで乾杯。

乾杯から5分ほどして3名の美女軍団到着。

まさとし「今着きました~。ゴメンゴメン、『タカミにいきます』って打ったつもりが『タカミにいます』ってなっちゃった」

かじゅまると二人、30分ほどで「多花美」を切り上げ、電車で池袋に向かいます。

10020151212_191157 ←池袋「源ちゃん」で19時から忘年会。「割と若手」の忘年会に一人おじさん(私のことです)が参加。楽しく飲ませていただきました。飲み放題3時間。

かじゅまる、けんちゃん、参加させていただきサンキューてるよでございました。

←クリックしてくださると「1月9日は一丁平で鍋登山。」も喜びます。

2016年1月 3日 (日)

雲取山で年越を。2015年から2016年へ(速報)。

←本日1月3日はたけぱぱの誕生日。ご祝儀クリックよろしく哀愁です。

2015年から2016年にかけての年越しは今年も雲取山に行ってきました。

メンバーは7名。

100dsc00860 100dsc00861 ←2015年12月31日(木)、雲取山頂上にて。モデルの加藤由佳さん・菖蒲理乃さんも一緒に写ってもらいました。

※名前をクリックするとそれぞれのブログに飛びます。

お二人とは雲取山荘でも夕食を自炊小屋でご一緒しました。

100dsc00882 ←2016年初日の出。雲取山頂上から拝みました。

100dsc00891 ←雲取山頂上から見た富士山。

100dsc00900 ←雲取山荘前にて。

100dsc00905 ←2016年1月1日(金)、雲取山頂上にて。

下山後は河辺まで移動。
梅の湯でサッパリしてから拝島に移動。
拝島「や台や」で反省会。

雪もほとんどない雲取山での年越し。
こんな年越しが出来て幸せです。

←クリックしてくださると「1月4日は奥多摩あかべこへ、5日は西国立こまくさへ。」も喜びます。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック