« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月23日 (水)

高水三山へ。

2016年2月11日(木・祝)高水三山に行ってきました。

JーBlueさん・さちさん・私の3名。
ゆっくりのんびり歩いてきました。

=====================================

10020160211_064814 ←6:48、朝日が当たる多摩川の景色。我が家のベランダから撮影。

10020160211_064822 ←同じく我が家のベランダから見た大岳山。今日の天気予報はズバリ晴れ。

家で朝飯を食べ、中くらいのザックに水筒・湯沸しセット・風呂セットなどを放り込み、8:50頃青梅の家を出ます。

10020160211_084909 ←エレベーターを待つ間にマンション8階から見た大岳山。まだ雪がありそうです。ザックには軽アイゼンが入っています。

8:57青梅発の奥多摩行き電車に乗ります。
最後尾車両でJさんと一緒になります。

9:12、軍畑駅に到着。
同じ電車にさちさんも乗っていました。
これで3枚がそろう。

100dsc01135 ←軍畑駅改札付近。

100dsc01136 ←靴紐を締めなおし出発の準備。

9:20、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ歩行開始。

94_large ←Jさん撮影。

100dsc01137 ←踏切から見た軍畑駅方向。

100dsc01138 ←同じく踏切から見た青梅駅方向。踏切のすぐ向こうは鉄橋になっています。

100dsc01139 ←平溝川沿いの道に白梅が咲いていました。

100dsc01140 ←しばらくは舗装道路の坂道を歩きます。

100dsc01141 100dsc01142 ←何度も歩いている道ですが、この仏像や地蔵には初めて気がつきました。

100dsc01143 ←こちらは紅梅。今日の青い空に映えます。

53_large ←平溝橋。右に行けば雷電山登山口や辻峠。我々は左の道を進みます。さちさん撮影。

100dsc01144 ←右が高水山への道。

54_large 55_large ←2枚、Jさん撮影。

101_large ←高源寺。

100dsc01145 ←高源寺のフェンスに貼ってある「クマ隊長」の看板。クマ隊長は今日もキリっとしています。

100dsc01146 100dsc01149 ←蝋梅も咲いています。

100dsc01147 ←道沿いはゆずの木が植えられています。「ゆず一袋100円」の無人販売。買いませんでしたけど・・・。

100dsc01148 ←無人販売の民家の上で工事をしていました。急斜面の工事は命綱を木に結んでやるんですね。

100dsc01150 ←登山口手前に新しくカフェが出来たのか・・・?

とにかく「コーヒー150円」にひかれて入ってみることにしました。

100dsc01151 ←「縁側カフェ」に腰掛けてみるJさん。

60_large ←さちさん撮影。

トイレも気持ちよく貸してくれました。
いわゆる古民家を利用した「カフェ兼BBQ場」です。

100dsc01152 ←私とさちさんはコーヒー。Jさんは日本茶。それぞれお菓子付きです。

63_large ←さちさん撮影。

62_large ←まったりと時を過ごしてから縁側カフェをあとにします。さちさん撮影。

100dsc01153 ←10:18、高水山登山口。ここでようやく山道に入ります。

64_large ←さちさん撮影。

100dsc01154 100dsc01155 ←日陰には雪が残っています。

100dsc01156

110_large ←Jさん撮影。

100dsc01157 ←10:43、雪が残るジグザグな道を登り切り、峠に出ます。

峠の少し上にベンチがあります。そこで小休止。

100dsc01158 ←写真の左半分に茶色く帯のように見えるのは横田基地です。

100dsc01159 ←西武ドームが真ん中に、わかりづらいですが左の方にスカイツリーがかすかに見えます。

さてまたゆっくりと歩き出します。

100dsc01160 100dsc01161

100dsc01162 ←雪のおかげで常福院の階段にも風情がありますね。

117_large ←Jさん撮影。

100dsc01163

常福院境内のベンチにザックを置いてトイレを借ります。

常福院から高水山頂上はすぐそこです。
11:30、高水山頂上に到着。

100dsc01164 100dsc01165 ←頂上に先に来ていた方にシャッターをお願いし、記念撮影。

ここからは下りになりますし、足元の雪がしばらくは途切れないようなのでここでアイゼンを装着。

100dsc01166 ←木々の向こうに見えるのが岩茸石山です。

132_large ←Jさん撮影。

100dsc01167 ←秩父の山々の向こうにうっすらと日光の山が見えます。

100dsc01171 100dsc01172 ←12:14、岩茸石山頂上に到着。高水三山の最高峰、標高793.0m。三角点があります。

138_large ←Jさん撮影。

100dsc01168 ←お湯を沸かし、各自カップ麺やおにぎりなど持参した物でお昼にします。

100dsc01169 ←先ほどピークを踏んだ高水山を見下ろす。手前の単独行の男性のオールドファッション(スーツジャケットにニッカボッカ・カウボーイハット)がとても気になります。

100dsc01170

100dsc01176 ←雲取山。

100dsc01177 ←川苔山。

100dsc01174 100dsc01175 ←出発前に三脚・セルフタイマーで記念撮影。おなじみ「山川」ポーズです。

12:47、岩茸石山をあとにします。

100dsc01178 ←奥が大岳山、手前の三角の山が奥の院。

100dsc01181 ←13:26、惣岳山。頂上には青渭神社があります。

100dsc01179 ←惣岳山頂上で立ち休憩。

100dsc01180 ←惣岳山でも記念撮影。これで高水三山のピークを全部踏みました。

155_large ←Jさんカメラにて。

さてあとは下るだけ。
12:36、惣岳山発。

100dsc01182

100dsc01184 ←14;51、慈恩寺。

これで高水三山縦走終了。

100dsc01183 ←慈恩寺には上品な梅が咲いていました。

90_large ←踏切を渡り、この階段を下りるとすぐ「つちのこカフェ」があります。さちさん撮影。
カフェをのぞくとオーナーのツッチーと目が合いました。
ツッチーが扉を開けるので自然にお邪魔することに・・・。

91_large ←窓際の席もいいのですが、今日はテーブルでツッチーと話をしながら生ビールをいただきます。さちさん撮影。

10020160211_150255 ←ツッチーと2ショット。

ビール1杯でお暇し、御嶽駅へ。

163_large ←Jさん撮影。青梅線を青梅で乗り継いで河辺駅で下車。

10020160211_155441 ←梅の湯でサッパリと。

164_large ←梅の湯にて。Jさん撮影。

歩いて「とんでん」に移動。

10020160211_170620 ←生ビール・枝豆でまずは乾杯。

165_large ←Jさん撮影。

10020160211_172241 ←Jさん発注の「獺祭」。最後の一本だったそうです。美味かったです。

そのあとは焼酎などをいただき、2時間半ほどで腰を上げ、河辺駅で解散。
青梅の我が家には20時前に到着。
早めに幸せな眠りについたことでありました。

 クリックしてくださると「4月から草加に通います。遅番が増えるし通勤には時間かかるし、こまくさやあかべこより武蔵浦和で飲む機会が増えるかも・・・。」も喜びます。

2016年3月22日 (火)

日光戦場ヶ原&雲竜氷瀑(雲竜渓谷編)。

2016年1月30日(土)~31(日)、かじゅまる企画で戦場ヶ原と雲竜渓谷に行ってきました。

今日は2日目「雲竜渓谷編」です。

「日光戦場ヶ原&雲竜氷瀑(戦場ヶ原編)。」から続く>>>

=====================================

1月31日(日)、5:50頃「日光だいや川公園オートキャンプ場」トレーラーハウス2段ベッドの下段で目覚める。

昨夜の鍋が大量に残っており、温めて食べるがかなり残ってしまう。
仕方なくゴミとして捨てる。
誠にもったいなく、そして申し訳ない気持ち・・・。

23_large ←向かって右が8人用、左が5人用。男子は8人用に宿泊。

272_large 273_large 274_large ←3枚、けんじっくす撮影。

7:12、トレーラーハウスをあとにします。

日光市内に入り、川沿いの無料駐車場に車を停めます。

10020160131_072201

駐車場には先に今日の雲竜氷瀑だけ参加のYAMADAとジュニアさんがYAMADA号で来ていました。

279_large ←総勢12名になり、7:40頃「ファイト~、マッスル、マッスル」で気合を入れてから出発。けんじっくす撮影。

46_large ←だぶりん撮影。

206_large ←神橋を横目で見て、稲荷川沿いに林道をさかのぼっていきます。H隊員撮影。

78_large ←だぶりん撮影。

100dsc01101

16_large ←Akiraさん撮影。

80_large ←9:10、ゲート前に到着。だぶりん撮影。

ここで長めの休憩。
用を足す人もいればおにぎりを頬張りエネルギー補給をする人も。
ここでアイゼン装着。

100dsc01103 ←9:30、ゲートの脇を通り、さらに林道を登っていきます。

100dsc01104 ←行く手は青空。

100dsc01105

100dsc01106

100dsc01107

100dsc01108 ←10:30、稲荷川展望台で小休止。

212_large 286_large ←ここでH隊員が佐野から持ってきてくれた「しんこ饅頭」を皆に配る。
H隊員、腹減ってたし本当に美味かったです。

100dsc01109 100dsc01110 ←日向砂防ダムは日本最大規模の長さ176m・高さ46mだそうです。

さらに30分ほど林道を歩きます。

100dsc01111 ←稲荷川の河原に下ります。

100dsc01112 100dsc01113

100dsc01114 ←何度か渡渉を繰り返します。

52_large ←だぶりん撮影。

100dsc01115 ←アイゼンをきかせて登れば急坂もそれほど苦ではありませんが、アイゼンに慣れてない人もいるようで・・・(写真は本文とは全く関係ありません)。

100dsc01116

100dsc01117 ←さぁ、お目当ての氷瀑が見えてきました。

100dsc01118 100dsc01119

100dsc01120 ←アイスクライミングを楽しむ人達もいます。

100dsc01121 ←この冬は暖かく凍っている部分が少ないようです。

100dsc01122 ←渓谷最深部の大氷瀑が見えてきました。大氷瀑の近くまで行くには急傾斜の坂道を登っていかねばなりません。

どうやらアイゼンに慣れていないように見えるお二人が仲間にいて、急坂を登らせるのは危ないと判断し、付き添いも含めて5名は途中で引き返しました。

100dsc01124 ←12:35、雲竜大氷瀑に到着。

100dsc01125 ←途中で引き返したかじゅまるからの指令で「先に氷瀑まで行ったメンバーに急坂の下でお昼にします」と伝えろと言われてましたが、すでにお湯を沸かして食べはじめていました。

219_large 223_large ←H隊員カメラにて。

H隊員とだぶりんは「もう滝のところでお昼食べ始めてるよ」とかじゅまる隊長に伝えるべく、写真を撮ったらすぐ戻っていきました。

お腹がすきましたので私もお湯を沸かしてカップ麺をいただきました。

100dsc01126 ←やはり気温が高いのか融けて水が流れているのが見えます。

100dsc01127 100dsc01128 ←なご太郎にシャッターをお願いしました。「雲竜型」をご披露。

100dsc01129 100dsc01130 ←Akiraさんも大氷瀑をバックに記念撮影。

100dsc01131

13:00、雲竜氷瀑をあとにします。

すれ違う人の口から「さっき滑落があったらしいよ」との声が聞こえます。
(我々の仲間じゃなければいいけど・・・)
しかし、だがしかし・・・
予感は的中、我々の仲間が滑落したらしい。

急坂を下っている途中、そのメンバーがロープで確保されて正規の道まで戻っていくのが見えました。
どうやら大怪我などは無かった様子。

急坂を下り終えると、坂のすぐ下でそのメンバーも含め昼飯の途中のようでした。

「○○ちゃんが滑落したんだけど、木にひっかかって何事も無く・・・」

アイゼンに慣れていない二人ではなく、その二人に付き添って下りていったメンバーだったのですが、まぁとにかくご無事(全く怪我無し)のようで何よりでした。

100dsc01133

14:47、稲荷川展望台。
15:23、ゲート。

ゲートからは一人で黙々と歩き、いつの間にか渡らなくてもいい橋を渡ってしまいました。

100dsc01134 ←渡らなくてもよかった橋の上から。左:女峰山、右:赤薙山。

16:20頃、駐車場に戻る。
駐車場にて解散。
かじゅまる号とH隊員号は宇都宮に戻ります。

93_large ←7名ほどで「みんみん」に行ったようですが、私は一足お先にJRで帰路につきます。だぶりん撮影。

10020160131_180759 ←18:05宇都宮発国府津行きのグリーン車にて。

10020160131_184124 ←ビールの次に芋焼酎。

大宮で埼京線に乗り換え武蔵浦和で下車。

少しお腹がすきました。
武蔵浦和改札内の「海鮮三崎港」に寄っていきます。

10020160131_194810 ←今日は珍しくレモンサワーから。

10020160131_200913 ←次に冷酒。

10020160131_202030 ←寿司は一皿で十分、あとは刺身をいただきます。

そんなこんなで青梅の家に帰ったのは22時過ぎ。
心地よい疲れと程よい酔いで、すぐさま就寝したことであります。


 クリックしてくださると「4月から草加に通います。毎日武蔵浦和を通りますなぁ。片道2時間・・・往復4時間・・・。」も喜びます。

2016年3月20日 (日)

吉野梅郷~日の出山~鳩ノ巣~あかべこ(速報)。



2016年3月19日(土)、5名で日の出山に登ってきました。

雨の中、8:48に日向和田駅を出発。

100dsc01286 ←神路橋を渡り吉野梅郷へ。

青梅市梅の公園のほぼ裸になった山を横目で見て登山口へ。

100dsc01291 ←9:15、登山口。

100dsc01296 ←11:50、日の出山山頂に到着。

100dsc01301 100dsc01302 ←おなじみ「山川」ポーズで記念撮影。

100dsc01303 100dsc01304 100dsc01305 ←頂上は雲の上。キレイな雲海が見えたことです。高山に登ったような感動。

10020160319_143609 ←越沢経由で下山の予定でしたが、迂回ルートで行くことに。

10020160319_151047 ←城山への登りがなかなかキツかった。

鳩ノ巣に下り、電車で奥多摩に移動。

Wpidwp1458435775436 ←あかべこで反省会。開店3周年を迎えたあかべこでたらふく食って飲みました。

ケーブルが3月いっぱい休止でやむなく選んだルートでしたが、なかなか楽しかったですよ。
 クリックしてくださると「明日(3月21日)もあかべこ3周年イベントにお邪魔してまいります。」も喜びます。

2016年3月16日 (水)

日光戦場ヶ原&雲竜氷瀑(戦場ヶ原編)。

2016年1月30日(土)~31(日)、かじゅまる企画で戦場ヶ原と雲竜渓谷に行ってきました。

当初の企画は初日=切込湖・刈込湖でスノーシュー、二日目に雲竜渓谷だったのですが、初日は時間の都合などで戦場ヶ原に変更と相成りました。

戦場ヶ原は10名で、雲竜渓谷は12名での行動。
トレーラーハウスに一泊して鍋宴会という企画です。

=====================================

1月30日(土)、3:30起床。

ネットのチェックをして、パッキングをほぼしてあったデカ目のザックを背負って、4:20頃青梅の家を出ます。
あたりはまだ真っ暗。小雨。意外に寒くない。

4:35青梅発の始発電車に乗ります。立川で中央線に乗り換え。
西国分寺で武蔵野線に乗り換え。
武蔵浦和で埼京線。
大宮駅でコンビニに寄ります。おにぎりとお茶を購入。

10020160130_061507 ←宇都宮線で朝食タイム。コーヒーも買えばよかった・・・。クロスシートに座ると何故かコーヒー飲みたくなりませんか?

宇都宮に7:29到着。
集合は8:00でしたのでコーヒーを飲む場所を探していると、ハンバーガーショップにけんじっくすの顔が見えます。
ショップにはアヤちゃんの顔も見えました。

5分くらい前に立ち上がり、集合場所へ。
だいたい揃っていましたが、ほのかさんがまだ来てません。
誰もほのかさんの顔を知らないので、もう一度駅に戻ると携帯片手のそれらしき女性がいました。
私「ほのかさん?」
ほのか「はい、そうです」

これで無事に10名揃いました。

3台の車は日光に向けて出発。

かじゅまる「まずコンビニに寄りましょう」

かじゅ号とAkira号はスムーズにコンビニに着いたのですが、H隊員号が少々迷って到着。

かじゅ「時間的にきびしいようなので切込・刈込は止めて、戦場ヶ原にしましょう」
皆「隊長のご意見に従います」
そういうわけで戦場ヶ原に向かいます。

10:00頃、三本松の駐車場に到着。

100dsc01037 ←日光と言えば男体山です。

100dsc01038 ←マイスノーシューを持っている人とレンタルする人が半々くらい。

100dsc01039 ←スノーシューをレンタルした三本松茶屋。

100dsc01040 ←出発前にかじゅまるからコースの説明。そのあと自己紹介。

10:40頃スタート。


229_large ←最初は車道を光徳入口付近までスノーシューを手に持って歩きます。なご太郎撮影。

57_large ←10:57頃、「泉門池光徳線歩道」の入口に到着。だぶりん撮影。

100dsc01041

58_large ←ここでスノーシューを履きます。だぶりん撮影。

100dsc01042 100dsc01043

100dsc01044 ←だぶりんとH隊員。

100dsc01045 ←一列になってお行儀よく歩きます。先頭はけんじっくす。

100dsc01046 ←ここ戦場ヶ原の植物もシカにやられているようです。

230_large 232_large ←2枚、なご太郎撮影。

100dsc01047 ←1月の中ごろまでは雪不足が心配されましたが、イベント開催のこの日までにちゃんと降ってくれました。

100dsc01048 ←戦場ヶ原と男体山。

100dsc01049

100dsc01050 ←男体山の左に見えるのは大真名子山・小真名子山。

100dsc01051

100dsc01052 ←湯の湖から流れ出る湯川沿いを歩く。

100dsc01053 100dsc01054 ←小田代橋を渡ります。

100dsc01055

231_large ←なご太郎撮影。

12:05、ベンチとイスのある場所で昼飯にします。

203_large ←雪を手でどけていたら隣のパーティがスコップを貸してくれ、大いにはかどりました。H隊員撮影。

236_large ←働くだぶりん。なご太郎撮影。

100dsc01056 100dsc01059 ←メインは「けんちゃんラーメン鍋」なのですが、先にハクさんの餃子をいただきます。

100dsc01057 ←けんちゃんラーメン鍋は二つに分けて作ります。こちらは先に出来上がった方。「いただきま~す」。

100dsc01058 100dsc01060

258_large ←もう一つの鍋も出来上がりました。けんじっくす撮影。

260_large 261_large ←ウインナーを焼く案もありましたが、鍋に入れてしまいます。けんじっくす撮影。

13:19、スノーシューを履きなおして出発。

100dsc01061 100dsc01062 100dsc01063 100dsc01064

100dsc01065 100dsc01066 ←木道の上を歩いていきます。

100dsc01067 100dsc01068 100dsc01069

100dsc01070 100dsc01071 100dsc01072 ←三脚・セルフタイマーで男体山をバックに記念撮影。奥多摩で流行の「山川」ポーズ。

100dsc01073 100dsc01074

100dsc01075 100dsc01076 100dsc01077

かじゅまる「けんちゃん、そろそろドボンポイントだよ~」
けんちゃん「誰がドボンするんですか~」
かじゅ「2組に分けてじゃんけんで決めよう」

100dsc01078 100dsc01079 ←負けた二人。

268_large ←けんじっくす撮影。

100dsc01080 ←二組目はこの二人。

8_large ←Akiraさん撮影。

それからはじゃんけんに関係なく倒し合いが始まりました。

100dsc01081 100dsc01082

100dsc01083 100dsc01084 ←倒されず最後に残っただぶりんも自らドボンしていきました。

2_large ←Akiraさん撮影。

100dsc01085 100dsc01086

100dsc01087 ←赤沼まであと0.2km。

100dsc01088 100dsc01089 ←最後にまた倒し合いが・・・。

271_large ←けんじっくす撮影。

24_large ←Akiraさん撮影。

240_large 242_large ←なご太郎撮影。

100dsc01090

100dsc01091 ←15:15頃、赤沼のあずまや到着。スノーシューをはずしてトイレ休憩。

15:38、三本松の駐車場到着。

3台の車は中禅寺湖畔の「ホテル湖畔亭」へ。

100dsc01092 ←元々は「蔦舎」という高級ホテルでしたが、おおるりグループになってしまいましたが、その分安く泊まれるようになったようです。
我々はここで日帰り入浴。

サッパリしたら日光駅近くのスーパーで買出し。
夜は鍋宴会の予定です。

「日光だいや川公園オートキャンプ場」へ移動。
トレーラーハウスを8名用と5名用の2台予約してあります。
チェックインを終えて8名用に男子6名、5名用に女子4名が入り、落ち着いたところで男子ハウスに集合。

100dsc01093 100dsc01094 100dsc01095 ←まずは乾杯。

100dsc01096 ←皆が担いできたお酒の数々。

100dsc01097 100dsc01098 ←Akiraさんが持ってきてくれた「とちおとめ」。

女子軍団中心に鍋を作ってくれます。

100dsc01099 ←かじゅまるは肉を焼きます。

100dsc01100 ←1時間くらいしますと皆顔もピンク色になります。

その後、UNO大会が始まりますが、私はひたすら飲み続けます。
UNO大会が終わってからも飲み続け、23時くらいには寝たと思います。たぶん・・・。

「日光戦場ヶ原&雲竜氷瀑(雲竜氷瀑編)。」へ続く>>>

 クリックしてくださると「3月はあかべこ3周年。イベントは3月17日から始まります。」も喜びます。

2016年3月 9日 (水)

長尾平~もえぎの湯~あかべこ。

2016年1月17日(日)、本当は蓼科山に行く予定でした。

前日の1月16日(土)、職場で飲み会のお誘いがかかりました。
上司やらつまらない同僚やらからのお誘いであれば、
「翌朝早いので・・・」
と、断るところですが、私の職場はいわゆる「パートさん」中心の職場であり、その中でも職場を仕切っている方々からのお誘いでした。同じような立場の男性社員2人と私とがその「幹部的パートさん」に囲まれ、国分寺南口「あしたま」で美味い物をいただきながらの飲み放題。

ついつい飲んでしまいました・・・。

気がつくと23時を少し回った水道橋駅・・・。

どうやら電車で寝込んでしまい、高尾か青梅かわかりませんが、折り返しの電車にそのまま東京方面まで乗ってしまったようです。

青梅の家には終電1本前で到着。
「朝5時頃青梅駅近くでたけぱぱさんを拾います」
と言ってくれていたLEE隊長に
「申し分けない、キャンセルでお願い」
とメールを入れ、ズボンだけ脱いで即就寝。

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

朦朧とした頭で翌朝起きたのが、7:20頃。

10020160117_072448 ←我が家のベランダから見た多摩川。大きな三角屋根風の建物は「かんぽの宿」です。

10020160117_072500 ←奥に見えるのは大岳山。

トイレに行ってからまた布団にもぐる。

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

9:30頃起き出して、また外を見ます。

「あちゃ~、今日はいい天気だったなぁ~」

日曜日です。
長尾茶屋の川崎さんのお顔を見に行くことにしました。
小ザックに風呂道具・着替え・お茶を放り込んで11:20頃、青梅の家を出ます。

10020160117_110820 ←エレベーターを待つ間にマンション8階から大岳山を撮影。

青梅から奥多摩行き電車に乗って御嶽駅で下車。
バスで「ケーブル下」バス停まで。

10020160117_115804 ←実は御岳登山鉄道は明日(1月18日)から3月末まで運休予定。ケーブル巻き上げ機を取り替える為です。
ここまでこぎつける為には社長はじめ、並々ならぬ社員の努力と地元の理解があったということをきいております。
登りは武蔵号。

10020160117_120330 ←中間地点で御嶽号とすれ違います。

6分の乗車で標高831mの御嶽山駅まで。

100dsc01018 ←御嶽山駅前の広場を「御岳平」と呼びます。

100dsc01019 ←午前中は晴れてましたが、少し曇ってきました。写真は関東平野を見下ろす、と言いたいのですが霞んでしまいました。

100dsc01020 ←お隣の日の出山です。

12:10頃、歩き始めます。

100dsc01021 ←蝋梅がもう咲き始めています。

100dsc01022 ←三角にとがった山は奥の院。

やがて道は宿坊やビジターセンターがある御師集落を通ります。

100dsc01023 ←分岐。左の道は日の出山へ行く道。右の急坂は武蔵御嶽神社へ向かう道。急坂の途中に樹齢1000年と言われる「神代欅」が聳え立っています。100dsc01024

100dsc01025 ←急坂を登りきると通称「土産物屋ストリート」。私が勝手にそう呼んでいます。

100dsc01026 ←ストリートを突っ切ると武蔵御嶽神社の階段下に出ます。

100dsc01027 ←先ほどは春を告げる蝋梅でしたが、ここには秋の花=十月桜がまだがんばっています。

100dsc01028 ←神社の階段をここで左に折れて大岳山方向に向かいます。目指すは大岳山ではなく、長尾平ですが・・・。

100dsc01029

12:33、長尾平着。

100dsc01030 ←週末のみ営業の長尾茶屋。店主の川崎さんの顔が見えます。

100dsc01031 ←長尾茶屋のすぐ近くに「長谷川恒男顕彰碑」が立っています。ハセツネの没後20年を記念して「ハセツネカップ第3チェックポイント」のここ長尾平に立てられました。

100dsc01032 ←長尾平は「ロックガーデン」の入り口でもあります。

100dsc01033 ←さて今日は寒いからホットワインでも飲みましょうかね。

10020160117_124022 ←つまみはセブンで買ってきた柿ピー。ホットワイン美味し。10020160117_132338

100dsc01034 ←トイレの前にまだ雪が残っていました。

10020160117_134531 ←トイレから戻ってまだワインをちびちび飲んでいると、ちあき&こうた母子(奥多摩在住)がやってきました。

ちあき「明日からケーブル止まっちゃうんで最後にお散歩に来ました」

ちあき&こうた母子とは奥多摩「炉ばた あかべこ」でご一緒したことがあります。
しかし、今日は車でケーブル下まで来たようでワインは飲めないとのこと。

ちあき「今度ここに来るときは電車で来ます」

10020160117_144021 10020160117_144009 ←川崎さんにシャッター押しをお願いし、「山川」ポーズ。

私「あとであかべこに行こうと思ってるんですよ」
ちあき「私達も行こうかな・・・」
私「ではまた後ほどあかべこで」

ちあき&こうた母子は先に帰っていきましたが、途中の土産物屋さんに知り合いがいるようで、途中で油を売っているのを見かけました。

100dsc01035 ←梅もなんだか今年は早い・・・まだ1月17日なのに。

14:23、御嶽山駅着。

100dsc01036 ←下りのケーブルカーは御嶽号。

臨時バスでJR御嶽駅へ。

10020160117_150453 ←御嶽駅ホームにて。遠くにケーブルの御嶽山駅が見えています。

奥多摩まで電車で移動。
「もえぎの湯」にひさびさにお邪魔して時間をつぶしがてら風呂に入ってあたたまります。

10020160117_170833 ←17時頃もえぎの湯をあとにして「炉ばた あかべこ」へ。

10020160117_171238

10020160117_173630 ←正月の振る舞い酒がまだあったので一杯いただきます。

そのあとは焼酎をロックでちびちびと。

そのうちにちあき&こうた親子が現れてカウンターの隣にすわる。

10020160117_185758 ←こうた君は物怖じしない元気な幼稚園生です。

親子が注文したポテトフライなどつつかせていただくうちに朦朧としてきました。
2時間半くらい飲んだと思います。

携帯をポチポチいじっていると「多摩地方大雪警報」とのこと。

翌日1月18日(月)の大雪は皆さんの記憶に新しいところかと思います。

(こりゃあ明日は会社行かずに済むかな)
なんて思っていたら、翌日会社に電話を入れると、
「来る手段があるなら遅くなってもいいから来い」
とのこと。
青梅駅前からギュウギュウのバスに乗って1時間半。
東大和市までバスで行って西武線で国分寺まで行きましたよ。

10020160118_070341 ←2016年1月18日、我が家から見た多摩川。

10020160118_103848 ←同じく、青梅街道を走る都営バスの車窓から。

皆様、奥多摩で飲むときは「荒澤屋」1階の「炉ばた あかべこ」へどうぞ。

奥多摩「炉ばた あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

 クリックしてくださると「3月はあかべこ3周年。ガンガン行っちゃいます・・・。」も喜びます。

2016年3月 4日 (金)

川苔山へ(本編)。

2016年1月13日(水)、川苔山に登ってきました。

奥多摩「炉ばた あかべこ」の若主人=貴さん&若女将=梢さんと以前から約束しており、「平日ですが、誰か一緒に行きませんか?」と呼びかけたところ、ひげおやじさん・kjさん・だぶりんが手を挙げてくれ、計6名で行くことになりました。


=====================================

7:48頃、青梅の家を出ます。

10020160113_074816 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山。今日の天気は曇り時々晴れですが、まぁ大丈夫でしょう。

8:04、青梅発の奥多摩行き電車に乗ります。

10020160113_083307 ←8:32、鳩ノ巣駅に到着。


集合は9:05としてありましたので、両方向から来るメンバーをここで待ちうけます。

100dsc00976 ←8:53、奥多摩から来る電車で貴・梢夫妻が到着。その後ろに身長193mのだぶりんもいます。100dsc00977

100dsc00978 ←9:03、青梅方面からひげおやじさん・kjさんが到着。

トイレなどを済ませたあと、輪になって自己紹介タイム。

100dsc00979 ←ハンドルネームを言ったり本名を言ったり、慣れない自己紹介もこれまた新鮮です。

9:16、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れスタートです。

61_large ←鳩ノ巣駅前を出発。ひげおやじさん撮影。

71_large ←鳩ノ巣駅構内の踏切を渡ります。ひげさん撮影。

60_large ←民家の間を通っていきます。ひげさん撮影。

49_large ←2本のレールは民家に荷物やおばあちゃんを運ぶ「ミニミニスロープカー」みたいなもののレールです。町から補助を受けて設置するようです。ひげさん撮影。

猫のいる民家の横から山道に入ります。
前日少し雪が降ったので樹上からしずくが落ちてきます。

59_large ←10:05、大根山の神。小休止。ひげさん撮影。100dsc00980

48_large ←ひげさん撮影。

100dsc00981 ←一旦林道に出ますので、道迷いに気をつけてください。

58_large ←日陰には雪が少し残っています。ひげさん撮影。

100dsc00982 ←雪に囲まれてテンションも上がります。

68_large ←ひげさん撮影。

ゆっくりゆっくり、もくもくと登っていきます。

57_large ←お腹がすきました。少々エネルギー補給。ひげさん撮影。

12:16、舟井戸。小休止。

100dsc00983 ←梢さん作。ミニミニ雪だるま。

67_large ←ひげさん撮影。

100dsc00984 ←皆さん行儀よく並んで歩いてます。日が当たって暑いくらいです。

100dsc00985 ←頂上はもうすぐそこです。

100dsc00986 100dsc00987

56_large ←12:47、川苔山(川乗山)頂上に到着。標高1364m(細かく言うと1363.7m)。

100dsc00988 ←頂上から富士山が見えます。

お湯を沸かし、カップ麺を食べます。

100dsc00989 100dsc00990 100dsc00991 100dsc00992

100dsc00993

もう一度お湯を沸かし、コーヒーを淹れます。
冬のホットコーヒー・・・まさに至福のひと時。

100dsc00994 ←雲取山。今年も年越しは雲取山でした。

詳しくは「雲取山で年越を。2015年から2016年へ」をご覧ください。↓ ↓ ↓

http://takepapa0103.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-3b25.html

100dsc00995 100dsc00996 ←川苔山頂上で記念撮影。奥多摩では今や当たり前の「山川」ポーズです。

13:30、頂上をあとにします。

55_large ←頂上から先ほどの道には戻らず、まっすぐ西に急坂を下りていきます。ひげさん撮影。

100dsc00997 100dsc00998 ←梢さん、山姿がますますお若く見えます(普段見る姿は和服なので・・・)。

100dsc00999 ←13:53、足毛岩の肩。道が崩壊しており、本仁田山の方には行けないようになっています。

100dsc01000

100dsc01001 ←14:15、足毛岩分岐。小休止。

100dsc01002

100dsc01003 ←滝の音が大きくなってきました。この下山コースのハイライト=百尋の滝に寄っていきます。

100dsc01004 ←14:53、百尋の滝。

100dsc01005 100dsc01006 ←滝をバックに記念撮影。

100dsc01007

100dsc01008 100dsc01009 ←滝から先は川乗谷沿いの道。何度も小さな橋を渡ります。

100dsc01010 100dsc01011

100dsc01012 ←15:42、川乗山登山口(細倉橋)。ここには水力発電を利用したバイオトイレがあります。ここでトイレ休憩。
ここから川乗橋バス停までコースタイムは約40分。
16:30のバスには余裕で間に合います。

いろいろとおしゃべりしながらテクテクと林道を下っていきます。

100dsc01013 ←16:28、川乗橋バス停。けっこうギリギリでした。

100dsc01014 ←貴・梢夫妻はそれほど山慣れしてないはずですが、全く歩くことには心配要らない様子。後ろからお二人の歩きを見ていたkjさんも太鼓判を押していました。

少し遅れてやってきたバスに乗り込み、10分弱、「南1丁目」というほぼ荒澤屋さん前のバス停で下車。

100dsc01015 ←16:40、本日の本当の目的地=荒澤屋さんに到着。

100dsc01016 ←「本日休業」だからこそ山にお誘いしたのですが、「あかべこ」で飲みましょうと言ってくださったので、ここで反省会を開催させていただきます。

10020160113_165523 ←まずは生ビールで乾杯。

100dsc01017 ←貴さんが用意してくれる訳ですが、貴さんにも飲んでほしいので「簡単なもので」とお願いしておきましたが、鍋まで用意していただき本当に恐縮です。

51_large ←ひげさん撮影。

夫妻の愛娘=はなちゃんも現れてそれは楽しい反省会でした。
ひげさん・kjさんはこのあと用事があるようで早めに切り上げていきましたが、だぶりん・私は結構ねばっていたかもしれません。

おかみさん(貴さんのおふくろさん)にもお世話になりました。
お世話になった上でまた申し訳ないのですが、こういう企画またやらせてくださいませ。

奥多摩「炉ばた あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

 クリックしてくださると「次にあかべこに行くのは3/6(日)の予定です。」も喜びます。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック