« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

御前山にカタクリを見に(本編)。

2016年4月20日(水)、御前山にカタクリを見に行ってきました。

メンバーはあかべこ夫妻(梢・貴)、がきちゃん、kjさん、私、計5名。

=====================================

10020160420_075147 ←7:50頃、青梅の家を出ます。マンション8階から見た大岳山。今日も雨の心配はなさそうです。

8:04青梅発の奥多摩行き電車に乗ります。
8:38、奥多摩駅到着。

ホームでkjさんがきちゃんと顔を合わせます。

奥多摩駅前のバス停に停まっていたバスに乗り込むと最後尾にあかべこ夫妻が座っていました。
これで5名が揃いました。

8:42、バスが発車。
9:00頃、奥多摩湖バス停で下車。

100dsc01439 ←山桜が咲いています。

100dsc01440 ←交代でトイレに行く間に携帯をチェックしたり、準備運動をしたり。

「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、9:11歩行開始。

100dsc01441 ←奥多摩湖(小河内ダム)。
100dsc01442 ←ダム堰堤を歩き対岸の登山口へ。

100dsc01443 ←大ブナ尾根の急な登り。

100dsc01444 ←若葉が萌え出す季節。ミツバツツジも咲き始めました。

急登が終わるとサス沢山、10:24着。小休止。

100dsc01445 ←サス沢山から見た奥多摩湖。この景色には癒されます。

100dsc01446 100dsc01449_2 ←ナガバノスミレサイシン。
100dsc01447 100dsc01448 ←10:50頃、登山道の周りにチラホラと春の妖精=カタクリの花が現れました。

100dsc01450 100dsc01451 ←カタクリの花は6~7年目までは葉が地上に出てくるだけで、花を咲かせるようになるまで7~8年かかります。
100dsc01452 ←風に揺れる姿が素敵です。

100dsc01453 ←エイザンスミレ。ピンク色がなまめかしい。カタクリの花の紫に近いピンクとはまた違います。

100dsc01454 ←コバイケイソウ。これからまだまだ大きくなり、夏には白い花穂が立ちあがります。

100dsc01455 ←ニリンソウ。

100dsc01456

100dsc01457

100dsc01458 100dsc01459 ←11:50、惣岳山に到着。小休止。

100dsc01460

100dsc01461

100dsc01462 ←ネットで囲った区画は囲われてない部分と比較してシカの影響がどう出るかを調査します。ネットの中はカタクリの花盛り。やはり相当に影響があるようです。

100dsc01463 100dsc01464 ←網の中を撮影。ピンボケ写真すみません。

100dsc01465 ←ハシリドコロ。根にも葉にも毒があります。食べてしまうと走って苦しがるそうです。

100dsc01466

100dsc01467 ←落葉松が見えてくると御前山頂上はもうすぐです。

100dsc01472 ←12:15、御前山頂上に到着。標高1405.0m。

100dsc01468 100dsc01469 ←お湯を沸かし、カップ麺のお昼。頂上で食べるラーメンはなんでこんなに美味いんでしょう。

もう一度お湯を沸かし、コーヒーを淹れます。
至福のひと時です。

100dsc01470 100dsc01471 ←出発前、お決まりの「山川」ポーズで記念撮影。

13:00、御前山頂上をあとにします。

100dsc01473 100dsc01474 ←避難小屋に立ち寄り、トイレを済ませ大ダワに向かいます。

100dsc01475 ←馬酔木の花が咲いています。

100dsc01476 ←13:41、クロノ尾山。小休止。

100dsc01477 ←14:02、鞘口山。

100dsc01478 ←14:28、大ダワ着。

100dsc01479 ←鋸尾根を下山。
100dsc01480 ←標高1046.7mの三角点。

100dsc01481 ←シロバナナガバノスミレサイシン。

100dsc01482 100dsc01483 ←眺めの良いところで小休止。

このあたりから梯子や鎖がつけられた道が続きます。

100dsc01484 ←下界が近づいてきたなと思う頃、眺めのいい岩峰にひょこっと出るとそこには聖天様がまつってあります。


100dsc01485 ←マムシグサ。ブレブレ写真すみません。

時計園地に出て、あと一山登ります。

100dsc01486 ←愛宕山にある愛宕神社。ここから先はもう上りはありません。

100dsc01487 ←愛宕神社の五重塔。

100dsc01488 ←そしてこのコースの最後のハイライト=愛宕神社の階段。

100dsc01489 100dsc01490 ←慎重に、でも楽しく急階段を下ります。
100dsc01491 ←16:47、無事下山。

100dsc01493 ←17:00頃、改装中の荒澤屋さんに到着。ブレブレ写真すみません。

100dsc01494 ←この日は1階「あかべこ」はお休みですが、会費制で反省会開催。

10020160420_170917 10020160420_171654

100dsc01495 ←長女(3人兄弟の真ん中)=はなちゃんも反省会に顔を出してくれました。

3時間近く飲んで「あかべこ」をお暇します。

本日も楽しく歩いて楽しく飲んで、言うこと無し。

あかべこHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/


 クリックしてくださると「歩ける限り、毎年カタクリを見に御前山に行くつもりです。」も喜びます。

2016年5月28日 (土)

大岳山~御前山へ。

2016年4月9日(土)、大岳山~御前山に登ってきました。

大岳山も御前山も今年2回目です。

メンバーは土曜日ですが私一人。
10日ほど後に控えた「御前山にカタクリを見に」イベントの下見も兼ねています。

=====================================

10020160409_090629 ←9:05頃、青梅の家を出ます。マンション8階から見た大岳山。今日は雨の心配はなさそうです。

10020160409_090946 ←我が家のあるマンションと桜の木。ちょうど満開です。

青梅駅前のコンビニでおにぎり・お茶・パンなどを買い、9:20発のホリデー快速奥多摩行きに乗ります。

9:40、御嶽駅着。

バスに10分ほど揺られ、「ケーブル下」バス停に到着。
舗装道路の坂道をを3~4分ほど登り、ケーブル滝本駅着。

10020160409_095552 ←10:00発のケーブルは赤が基調の御嶽号。今日は片道乗車なのでSuicaをかざして改札を通ります。

100dsc01365 ←ケーブル中間地点では緑色が基調の武蔵号(タケゾウ号ではありません)とすれ違います。

100dsc01366 ←6分の乗車で御嶽山駅に到着。ピースサインの男性は知り合いではありません。

軽く準備運動をして、10:08歩行開始。

100dsc01367 ←4月のまだ初旬ですが、汗ばむような陽気です。

宿坊やビジターセンターなどがある御師集落を通っていきます。

100dsc01368 ←「古狸山」が珍しくOPENしてましたので写真に収めておきます。

100dsc01369 ←「古狸山」のすぐ先で道が分かれます。左へ行けば日の出山、右の急坂は武蔵御嶽神社への道。その急坂の途中に樹齢1000年と言われる神代欅が聳え立っています。100dsc01370

急坂を登りきり、通称「土産物屋ストリート」を突っ切ると武蔵御嶽神社の階段下に出ます。

100dsc01371

100dsc01372 100dsc01373 ←階段の途中で左に折れ、大岳山に向かいます。

100dsc01374 ←キブシ。その昔は髪飾りとして使われたそうです。

100dsc01375 ←長尾平にある「長尾茶屋」。まだ営業していませんが、土曜日ですから11時頃には店主の川崎さんが来て営業を始めるはずです。
今日は大ダワに抜けてしまいますので、後で寄ることができないのが残念・・・。

長尾茶屋からは下り坂です。

100dsc01376 ←天狗の腰掛け杉。奥の院への道の分岐点です。奥の院へは向かわず、最短コースで大岳山を目指します。

100dsc01377 ←エイザンスミレ。ピンク色がなまめかしい。

100dsc01378 ←タチツボスミレ。山で一番目にする機会が多いのがこのスミレです。

100dsc01379 ←ミツバツチグリ。

100dsc01380 ←ハシリドコロ。葉にも根にも毒があります。

100dsc01381 ←ナガバノスミレサイシン。

100dsc01382 ←やはりピンクのエイザンスミレが目を引きます。

100dsc01387 ←10:51、水場近くのベンチで小休止。ベンチに座ってふと後ろを振り返るとカタクリの花が目に飛び込んできました。

100dsc01383 100dsc01384 100dsc01385 100dsc01386

今年は少し開花が早いようです。
10日ほどあとの御前山イベントでもバッチリとカタクリの花を見ていただけると思います。

水場のすぐ上にあずまやがあります。
あずまやから3~4分登ると涸れた沢を小さな橋で渡ります。

100dsc01388 ←この橋までは「人間の世界」、ここから先は「獣の世界」、と私が勝手に呼んでいます。

100dsc01389 ←ここから「山に入っていくんだぞ~」という感じがして、私が大岳山で一番好きな場所です。

100dsc01390 ←11:10、芥場峠。

100dsc01391 ←芥場峠の「クマ隊長」は今日もキリっとしています。

100dsc01392 ←芥場峠では今にも花開きそうなカタクリの花が。

「滑落注意」などの看板がありますが、ここから先もそれほど危険な箇所はありません。

100dsc01393 ←11:39、大岳山荘(非営業)のテラス。写真真ん中に富士山が見えます。

100dsc01394 100dsc01395 ←富士山をアップで撮影。

100dsc01396 ←一番奥にうっすらと見えるのは丹沢の山並み。真ん中あたりが生藤山~陣馬山。手前の緑の尾根は馬頭刈尾根。

100dsc01397 ←日の出町方面。霞んでほとんど見えませんが。

トイレを済ませてから頂上へ向かいます。

100dsc01398 100dsc01399 ←大岳山神社の狛犬はユニークな顔をしています。

100dsc01400 ←左:本殿、右:拝殿。

100dsc01403 100dsc01404 ←11:57、大岳山頂上に到着。標高1266.5m。

富士山を眺めながら、おにぎりとお茶の昼食。

100dsc01402 ←右手前は御前山、今からあそこまで行きます。左奥に三頭山。大岳・御前・三頭山を総称して奥多摩三山と言います。

12:17、大岳山頂上をあとにします。

100dsc01405 ←大ダワに向けて下ります。

100dsc01406 ←12:58、オキノ岩山。

100dsc01407 ←分岐で道を左に取り、御前山へ。

100dsc01408

100dsc01409 ←13:18、大ダワ着。小休止。13:24、大ダワ発。

100dsc01410 ←御前山は「花の百名山(田中澄江著)」にもカタクリ花咲く山として取り上げられています。
さっそくカタクリの花がお出迎えです。

100dsc01411 ←13:44、鞘口山。

100dsc01412 ←13:59、クロノ尾山。

100dsc01413 100dsc01414 ←こういうレトロな看板好きな人っていますよね(私もその一人です)。

100dsc01415 100dsc01416 100dsc01417 100dsc01418 ←春の妖精=カタクリの花。10日ほど後のイベントの日も今日と同じくらい天気がいいといいなぁ・・・。

100dsc01419 ←今日は頂上に行ってから境橋に下ろうと思います。

100dsc01420

100dsc01421 100dsc01423 100dsc01422 ←14:33、御前山頂上に到着。

残っていたおにぎり・パンでエネルギー補給。

10020160409_144031 10020160409_144041 ←呟き用に携帯電話で撮影。

14:48、御前山頂上をあとにします。

100dsc01424 100dsc01425 ←14:55、御前山避難小屋。トイレに行ってから境橋に向けて下山。

100dsc01426

100dsc01427 ←ヨゴレネコノメ。

100dsc01428 ←このあたりから下は林道歩きになります。

100dsc01429

100dsc01430 ←ゲート代わりの馬と鎖。ここから下は車が通ります。

100dsc01431 100dsc01432 100dsc01433 ←梅と山桜が咲いています。ブレブレ写真すみません。

100dsc01434 ←ミツバツツジ。

100dsc01435 ←そういう訳でずーっと林道歩きです。

100dsc01436 ←ヤマブキの黄色い花。

100dsc01437 ←境橋が見えてきました。あそこからはバスで奥多摩駅まで行くつもりです。

16:40、境橋に到着。
ところが奥多摩行きのバスがしばらくありません。
歩くことにします。

10020160409_165431 ←創価学会の桜が満開でした。

100dsc01438 ←17:15、荒澤屋(あかべこ)さんに到着。改装工事中ですが営業してます。

多少汗もかきましたが、風呂よりビール。

梢さん(若女将)「たけぱぱさん、お風呂は?」
私「風呂いいです・・・早くビール飲みたい。7時間ほとんど歩き詰め・・・」

10020160409_172025 ←生ビールのあとは芋焼酎。今日も至福のひと時を奥多摩あかべこで。

「あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

 クリックしてくださると「6月はあかべこ夫妻と雲取山に行きますよ。がきちゃんと北海道の道東三山にも行きます。」も喜びます。

2016年5月24日 (火)

大菩薩嶺へ(速報)。

2016年5月18日(水)、大菩薩嶺に登ってきました。

メンバーは奥多摩荒澤屋(あかべこ)の梢&貴夫妻と私の3名。

=====================================

8:02奥多摩駅に到着

貴さんの運転で柳沢峠まで約1時間。

100dsc01655 ←9:08、柳沢峠に到着。

9:22、歩行スタート。

100dsc01658 ←平日の柳沢峠からの道は静かな山歩き。蝉の声とツツドリの声が「よく来たね」と言っているようです。
夫妻のテンションも上がります。

100dsc01659 ←ブナの道。自然がたっぷりと残っています。

100dsc01663 ←青空と新緑。

100dsc01666 100dsc01665 ←苔がいいんです。この道は。

100dsc01675 ←11:41、丸川峠に到着。

100dsc01679 100dsc01678 ←丸川峠から見る富士山もいいですね~。

100dsc01680 ←丸川荘前でカップ麺の昼食。富士山を見ながら食べます。

100dsc01682 100dsc01681 ←丸川荘の只木さんには連絡してありました。コーヒーを注文。挽きたてです。

100dsc01683 ←快晴・富士山・挽きたてコーヒー。至福のひと時。お似合い夫婦。

100dsc01685 100dsc01686 ←出発前に「山川」ポーズで記念撮影。

大菩薩嶺を目指します。
ここまでもの道がゆるやかだっただけに少し登りが堪えます。

100dsc01689 ←13:40、大菩薩嶺頂上に到着。

100dsc01691 100dsc01692 ←もちろん頂上でも「山川」ポーズ。

ザックを頂上にデポして雷岩まで行ってみます。

100dsc01693 ←雷岩からの南アルプス。手前には甲府盆地が広がります。

100dsc01695 ←富士山・大菩薩湖。

100dsc01696 10020160519_063913 ←ここでも「山川」。

100dsc01698 100dsc01699

下りもゆっくりとツツドリの声を聴きながら歩きます。

100dsc01702 ←17:17、柳沢峠に戻ってきました。

10020160518_183725 10020160518_185333 ←奥多摩に戻り、「あかべこ」貸切で反省会。

今日も一日、幸せな時間をすごせたことでありました。

「あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

 クリックしてくださると「6月はあかべこ夫妻と雲取山に行きますよ。」も喜びます。

2016年5月20日 (金)

川苔山へ(今年2回目・速報)。

2016年5月14日(土)、川苔山に登ってきました。
今年2回目です。

おなじみサコー岳園長の企画。
12名が参加しました。

=====================================

8:30奥多摩駅に集合。
時間通りに12名が揃いました。

しかし、日原行きのバスが大行列。
2台の増便が出て計3台のバスが出ていってしまい、係りの方が、
「次の便は最初のバスが戻ってきての出発となります。3~40分ほどお待ちください」
と言っています。

100dsc01602 ←そんなわけで川乗橋バス停に到着したのが9:23。

100dsc01604 ←サコー岳園長の指導による準備体操。

9:37、歩行開始。

100dsc01606 ←しばらくは舗装された林道を歩くのですが、ガクアジサイのにおいのキツイこと・・・。

100dsc01612 100dsc01614 ←川乗谷沿いの道は何度歩いても楽しいです。

100dsc01617 ←11:18、百尋の滝。このコースのハイライトと言ってもいいかもしれません。

100dsc01631 10020160514_133041 ←13:09、川乗(川苔)山頂上に到着。

69_large 71_large ←まずは記念撮影。サコー岳園長カメラにて。

昼食後下山開始。

100dsc01634 ←赤杭(あかぐな)尾根を古里駅へと下ります。

100dsc01635 ←ミツバツツジ。

100dsc01637 100dsc01636 ←シロヤシオ。

100dsc01648 ←16:23、下山。

100dsc01652 ←古里駅で解散。6名は上り電車で立川方面へ。残り6名は下り電車で奥多摩へ。

100dsc01653 奥多摩といえば荒澤屋。
まずは入浴(1名だけ入りませんでしたが)。

10020160514_174350 10020160514_180733 ←サッパリしたら1階の「あかべこ」で反省会。

10020160514_180949 ←「あかべこ」の鶏の唐揚げ。絶品です。

10020160514_182030 10020160514_181740 ←獺祭のスパークリング。これは何時行っても飲めるわけではありませんので、念のため。

朝、奥多摩駅でバッタリお会いした「ちょりさん一行」もあかべこに来てくれて、飲みながらお話が出来ました。

奥多摩駅までの途中で「ビアカフェ・バテレ」にも寄ってクラフトビールをいただきました。

幸せな幸せな一日でありました。

奥多摩「炉ばた あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

「ビアカフェ バテレ」のHP↓ ↓ ↓
http://verterebrew.com/

 クリックしてくださると「明日(5/21)は大岳山~長尾茶屋~あかべこの予定。」も喜びます。

2016年5月16日 (月)

大岳山へ(2016年の第2回目・本編)。



2016年1月から3月にかけては、私たけぱぱにもいろんなことがありました。

2015年4月から2016年3月まで(精神的に)ハードな勤めをこなし、4月から元の部署に戻れるのかと思いきや、3月の内示で出たのは3年ほど前往復4時間かけて通った草加の事業所への異動・・・

大学2年(4月から3年生)の長男は一人暮らしを始めました。

毎月1回は登る大岳山ですが、ケーブルが1月18日~3月31日まで巻き上げ機更新の為動かず、だぶりん号で大ダワまで行ってからの1度しか登れず・・・

しかし、だがしかし、御岳山ケーブルカーは予定より2日早く3月30日に動き出しました。
さっそく乗りに行かねばなりません。

=====================================

2016年4月2日(土)、3月30日に運転再開した御岳山ケーブルカーを利用して大岳山に登ってきました。

メンバーはまさとし(上ミノ)・さち・スムキチ・なご太郎・私の5名。

10020160402_062934 ←我が家のベランダから見た多摩川。桜が見ごろです。

朝飯を食べてからパッキングをして7:55頃、青梅の家を出ます。

10020160402_075712 ←マンション8階から見た大岳山。今日は雨予報です。

10020160402_075950 ←我が家のあるマンションと桜の木。この季節はこのアングルから毎日撮影しています。

8:10青梅発の奥多摩行き電車に乗ります。
8:28、御嶽駅に到着。
コンビニで昼食やコーヒーなどを買い、バスで「ケーブル下」バス停まで約10分。

舗装道路の急坂をテクテクと3分。
ケーブル滝本駅では御嶽登山鉄道の仲田社長が出迎えてくださいました。

57_large ←仲田社長と記念撮影。

12920322_1010824779004950_720813543 ←2ヵ月半の休止期間のことなどが3月31日朝日新聞朝刊の多摩版に掲載されました。

100dsc01309 ←赤が基調の御嶽号に乗ります。

100dsc01310 100dsc01311 ←かぶりつき席で前方凝視。

96_large ←スムキチ撮影。

100dsc01312 ←中間地点で武蔵号(タケゾウ号ではありません)とすれ違います。

100dsc01313 100dsc01314 ←6分の乗車で御嶽山駅に到着。ガラスの中に今回取り替えた巻き上げ機が見えます。

100dsc01315 ←巻き上げ機を撮影してたのは我々だけなので、もうホームには御嶽登山鉄道の係員しかいません。

Mitake ←先ほどの新聞記事の写真のカラー版です。

御嶽山駅の改札を出ると登山鉄道社員の児島さんがいました。
ケーブル休止中の状況など尋ねてご挨拶。

100dsc01316 ←御嶽山駅前の広場を「御岳平」と呼びます。(この記事を書いている5月10日現在、藤の花が見ごろを迎えています)

100dsc01317_2 ←小雨が降ってきましたので駅舎の軒先で雨中歩行の用意。

トイレを済ませ、準備運動をしてから「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、9:20歩行開始。

100dsc01318 ←雨の中を歩くのもいいものです。春雨です。

100dsc01319 ←濡れてまいろう。雨合羽は着てますが。

しばらくすると宿坊やビジターセンターのある御師集落を通ります。
御師集落も尽きようとする頃、道が二つに分かれます。
左の道は日の出山へ向かう道。右の急坂は武蔵御嶽神社へ向かう道。

100dsc01320 ←右の急坂の途中に樹齢1000年の神代欅が聳え立っています。

100dsc01321

100dsc01322 ←急坂を登りきると「あのストリート」です。

100dsc01323 ←通称「土産物屋ストリート」。私が勝手にそう呼んでます。

武蔵御嶽神社への階段を途中で左に折れ、大岳山に向かいます。

100dsc01324 ←長尾平にある長尾茶屋。まだ開いてませんが、11時くらいまでには店主の川崎さんが店を開けに来るはずです。
長尾茶屋には帰りに寄ります。

長尾茶屋からは一旦下りになります。

100dsc01325 ←ほぼ下りきったところに天狗の腰掛け杉があります。樹齢350年。

100dsc01326 ←新緑の季節にはまだ早い。4月の2日です。

100dsc01327 ←スミレの花が咲き出しました。

100dsc01328 ←淡いピンクが可愛い「エイザンスミレ」。

100dsc01329 ←ほとんど雨は止みました。

水場で小休止。
水場のすぐ上にあずまやがあります。
あずまやから4~5分登っていくと涸れた沢を小さな橋で渡ります。

100dsc01330 100dsc01331 100dsc01332 ←「この橋から先は獣の世界、ここまでは人間の世界」「ここから山に入っていくんだぞ~」という気がして、大岳山で私が一番好きな場所です。

100dsc01333 ←10:42、芥場峠。小休止。

63_large ←「クマ隊長」の看板をなご太郎と共同作業でちゃんとした位置に架けなおします。さちさん撮影。

100dsc01334 ←芥場峠のクマ隊長は今日もキリっとしていました。

77_large 78_large ←ウェットティッシュでキレイにしておきました。なご太郎撮影。

100dsc01335 ←エネルギー補給しておきましょう。

100dsc01336 ←カタクリの葉です。今年は早めに咲きそうです。

ゆっくりと歩きまして、11:24大岳山荘(非営業)前のテラスに到着。

100dsc01337 ←天気が良ければこの写真の真ん中に富士山が写るハズですが・・・。

100dsc01338 ←馬頭刈尾根だけが幻想的に見えています。

100dsc01339 ←大岳山荘にお邪魔してみました。どうやら今朝トイレ清掃に来てたようです。

65_large 66_large ←2枚、さちさん撮影。

トイレを済ませてから頂上へ向けて出発。

100dsc01340 ←大岳山神社の狛犬はユニークな顔をしています。

100dsc01341 ←大岳山神社にお参りしてから頂上へ向かいます。

100dsc01344 100dsc01345 ←11:45頃、大岳山頂上に到着。標高1266.5m。

頂上はすいてました。
ベンチの周りに陣取り、お湯を沸かしてカップ麺などの昼食。

100dsc01342 100dsc01343 ←出発前に記念撮影。「山川」ポーズ。

心なしか下りのペースは速い・・・
みんな長尾茶屋で早くワイン飲みたいようです。

100dsc01346 100dsc01347 ←橋を渡ればそこから先は人間の世界。

100dsc01348 ←シロタチツボスミレ。

100dsc01349 ←カタクリが今にも花開きそうです。今年は開花が少し早いかもしれません。

100dsc01350 ←ハシリドコロ。葉にも根にも毒があります。

100dsc01351 ←エイザンスミレ。

100dsc01352 ←ミツバツチグリ。

100dsc01353 ←13:45、長尾平に到着。長尾茶屋店主の川崎さんが手を挙げてご挨拶。

100dsc01354 ←まずはビールで乾杯。

100dsc01355 ←まさとしに仕切りでチーズフォンデュの始まり始まり。

100dsc01356 ←長尾茶屋で白ワインのボトルを購入。マコンヴィラージュ。

100dsc01357 ←ちくわやウインナーも入れちゃいます。マイウーです。

100dsc01358 100dsc01359 ←2本目の白ワインはシャブリ。これがことのほか美味しゅうございました。

1時間半ほど長尾茶屋に滞在。
ほろ酔いでケーブル御嶽山駅までフラフラ歩きます。

100dsc01360 ←梅の花です。ほのかな香りがいいんです。

100dsc01361 100dsc01362_2 ←下りのケーブルは「武蔵号」。「タケゾウ号」ではありません。

100dsc01363 100dsc01364

バスでJR御嶽駅まで。

73_large ←電車で青梅まで。青梅で乗り換えて河辺で下車。さちさん撮影。

10020160402_165302 ←梅の湯でサッパリしたあとは福生の「や台や」で反省会。

10020160402_180154 ←まずは生ビールで乾杯。「や台や」は19時まで飲み物半額です。

10020160402_182430 ←「巨大焼」。

楽しい反省会はあっという間に終わり、福生駅ホームにて解散。
青梅の駅に帰り着いたのは20:30頃。
新緑の奥多摩、これからガンガン登らなければ。

 クリックしてくださると「明後日(5/18)大菩薩嶺に行きませんか?柳沢峠から歩きます。も喜びます。

2016年5月 5日 (木)

「すぐそこにある遭難事故 奥多摩山岳救助隊員からの警鐘」金邦夫著。

Photo ←「すぐそこにある遭難事故 奥多摩山岳救助隊員からの警鐘」金邦夫著。

筆者の金さんには一度だけ川苔山の頂上でお会いしたことがあります。
2011年10月28日のことですから、筆者が嘱託で山岳救助隊で働いていらっしゃった頃です。

この本は奥多摩での主に中高年登山者の遭難・救助に関わる事例が多数載せられています。


自分=たけぱぱも奥多摩で活動する中高年登山者であるだけにあっという間に読み終えてしまいました。

奥多摩に住む山野井夫妻や鹿島槍で亡くなった野田賢(まちゃる)の話が登場するなど、思わず二度読みしてしまった箇所もあります。

登山者の多い奥多摩と高尾をかかえるだけに、東京都内での遭難者は長野・北海道に続く第三位を記録した年もありました。
(2010年にその不名誉な記録がありました。2014年は6位)

「心せよ、奥多摩登山者」(「はじめに」より)

まさに自分に言われているような気がいたしました。

 クリックしてくださると「新緑の季節になりました。おいでませ奥多摩へ。てんしちゃん、あかべこで飲みませんか?。ビアカフェバテレにも行かねば・・・。」も喜びます。

2016年5月 3日 (火)

大岳山へ(2016年の第4回目・速報)。

2016年5月2日(月)、たびままと大岳山に登ってきました。

100dsc01529 100dsc01530 ←「山川」ポーズやりたかったのですが、たびままに拒否されました。

100dsc01509 100dsc01522 100dsc01523 100dsc01521 ←スミレも何種類か咲いていました。

たびままもお誘い申し上げましたが奥多摩「あかべこ」に行くのは拒否されました。
なので私一人で「あかべこ」へ。

10020160502_183721 ←改装が終わり、ベンガラ色になった「荒澤屋=あかべこ」。

10020160502_170142 10020160502_170556 10020160502_180051 ←下山後の「あかべこ」は最高です。

奥多摩「炉ばた あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/


 クリックしてくださると「新緑の季節になりました。おいでませ奥多摩へ。反省会はあかべこで。ビアカフェバテレにも行かねば・・・。」も喜びます。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »