« 大岳山へ(2016年の第4回目・速報)。 | トップページ | 大岳山へ(2016年の第2回目・本編)。 »

2016年5月 5日 (木)

「すぐそこにある遭難事故 奥多摩山岳救助隊員からの警鐘」金邦夫著。

Photo ←「すぐそこにある遭難事故 奥多摩山岳救助隊員からの警鐘」金邦夫著。

筆者の金さんには一度だけ川苔山の頂上でお会いしたことがあります。
2011年10月28日のことですから、筆者が嘱託で山岳救助隊で働いていらっしゃった頃です。

この本は奥多摩での主に中高年登山者の遭難・救助に関わる事例が多数載せられています。


自分=たけぱぱも奥多摩で活動する中高年登山者であるだけにあっという間に読み終えてしまいました。

奥多摩に住む山野井夫妻や鹿島槍で亡くなった野田賢(まちゃる)の話が登場するなど、思わず二度読みしてしまった箇所もあります。

登山者の多い奥多摩と高尾をかかえるだけに、東京都内での遭難者は長野・北海道に続く第三位を記録した年もありました。
(2010年にその不名誉な記録がありました。2014年は6位)

「心せよ、奥多摩登山者」(「はじめに」より)

まさに自分に言われているような気がいたしました。

 クリックしてくださると「新緑の季節になりました。おいでませ奥多摩へ。てんしちゃん、あかべこで飲みませんか?。ビアカフェバテレにも行かねば・・・。」も喜びます。

« 大岳山へ(2016年の第4回目・速報)。 | トップページ | 大岳山へ(2016年の第2回目・本編)。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/65321136

この記事へのトラックバック一覧です: 「すぐそこにある遭難事故 奥多摩山岳救助隊員からの警鐘」金邦夫著。:

« 大岳山へ(2016年の第4回目・速報)。 | トップページ | 大岳山へ(2016年の第2回目・本編)。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック