« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

道東三山へ行ってきます。

2016年6月26~30日、北海道に行ってきます。

26日早朝青梅を出て、大宮から新幹線を乗り継いで新函館北斗まで。
そこから特急を2本乗り継いで釧路まで。

27日は釧路空港で仲間5名と落ち合い、レンタカーで移動。
雌阿寒岳に登り、清里のホテル泊。

28日は斜里岳。
岩尾別のホテル泊。

29日は羅臼岳。
知床斜里駅前のホテル泊。

30日早朝に皆と別れてJRの旅。
7月1日の午前1時頃青梅着予定です。

斜里と羅臼は2度目、雌阿寒は3度目になる予定。
無事登り終えたら「百名山2周目」あと13座。

皆さん、SNSなどで呟きます。
登山の無事を祈ってください(ちょりさんのパクリ)。

 クリックしてくださると「mixiもFBもたけぱぱでやってます。」も喜びます。

2016年6月22日 (水)

雲取山へ日帰りで(速報)。

2016年6月20日(月)、雲取山に登ってきました。

メンバーは奥多摩荒澤屋(あかべこ)の梢さん・若き山の友人kjさん・私の3名。
車で鴨沢まで行きピストンの予定です。

直前まであかべこの板長=貴さんも参加の予定でしたが、急な仕事が入って来れなくなってしまいました。

そして天気予報も直前まで雨・・・降水確率50%でした。

ですが、前日になって「曇り時々晴れ」の予報に変わり、イベント催行と相成りました。

=====================================

6:10、奥多摩荒澤屋(あかべこ)前に集合。

10020160620_060918 ←今年G.W.中に改装なった荒澤屋。

kj号で鴨沢に向かいます。

100dsc01825 ←6:43頃、小袖の村営駐車場に到着。

「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、6:51歩行開始。

100dsc01826 ←舗装道路を2~3分歩くと登山口。

100dsc01829 100dsc01832 ←「曇り」どころか、どんどん天気が良くなっていきます。

100dsc01834 ←途中、登山道から見えた富士山。まさか今日見れるとは・・・。

100dsc01838 ←9:10、七ツ石小屋で休憩。

100dsc01839 ←七ツ石小屋前から富士山を望む。

100dsc01842 ←今年4月から管理人を引き受けることになった多美ちゃん夫妻と記念撮影。

100dsc01847 100dsc01848 ←この青空とこの笑顔。

100dsc01850 ←10:10、七ツ石山頂上。

100dsc01851 ←七ツ石山から見た富士山。ちょっと雲がかかってきました。

100dsc01849 ←七ツ石まで来ると雲取頂上が見えてきます。避難小屋のあるあたりが頂上です。

100dsc01858 100dsc01860 ←急坂を2箇所ほど乗りきればあとはのびやかな石尾根をたどり、「もう頂上はいただいたようなものだ」とのルンルン歩き。

100dsc01869 100dsc01867 ←11:56、雲取山頂上に到着。標高2017m。

100dsc01873 100dsc01876 ←頂上にシカがいました。

100dsc01877_trim 100dsc01878_trim ←もう奥多摩では知らぬ人の無い「山川」で記念撮影。

100dsc01882 100dsc01884 100dsc01885

100dsc01889 ←ほぼ予定通り、16時頃には下山できました。

10020160620_170613 ←反省会はもちろん荒澤屋1階の「あかべこ」で。

今日も楽しく歩き、しゃべり、美味しいお酒を飲んだことでありました。

「あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

 クリックしてくださると「あかべこ登山部、7月はミズガキかな・・・。」も喜びます。

2016年6月15日 (水)

柳沢峠から大菩薩嶺へ(本編)。



2016年5月18日(水)、大菩薩嶺に登ってきました。

メンバーは奥多摩荒澤屋(あかべこ)の梢&貴夫妻と私の3名。
車で柳沢峠まで行きピストンの予定です。

=====================================

10020160518_053524 ←5:35頃、我が家のベランダから見た多摩川。

10020160518_053535 ←同じく大岳山。今日も雨の心配は無さそう。絶好の登山日和です。

朝飯を食べ、7:15頃青梅の家を出ます。

10020160518_071441 ←エレベーターを待つ間にマンション8階から見た大岳山。繰り返しますが、絶好の登山日和です。

青梅駅前のコンビニでおにぎりとお茶を買い、7:28青梅発の奥多摩行き電車に乗ります。
8:02奥多摩駅に到着。

貴さん運転の車に拾ってもらい、新緑の青梅街道を柳沢峠まで約1時間。

100dsc01654 100dsc01655 ←9:08、柳沢峠に到着。

トイレを済ませ軽く準備運動をしてから、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、9:22歩行スタート。

100dsc01656 ←クマの看板は気になります。

100dsc01657 ←イタヤカエデ。他の種類の木にも解説の看板がくくりつけられています。

100dsc01658 ←平日の柳沢峠からの道は静かな山歩き。蝉の声とツツドリの声が「よく来たね」と言っているようです。
夫妻のテンションも上がります。

100dsc01659 ←ブナの道。自然がたっぷりと残っています。100dsc01660 100dsc01661

100dsc01662 ←ハウチワカエデ。

100dsc01663 ←青空と新緑。

100dsc01664 ←9:54、梅ノ木尾根。六本木峠に向かいます。

100dsc01666 100dsc01665 ←苔がいいんです。この道は。

100dsc01667 ←10:16、六本木峠。

100dsc01668

100dsc01669 ←スミレの同定はいつも困ってしまいます。ネットで調べはするのですが、時間をかけてもなかなか「絶対これだ」という結論に達しないことが多い。このスミレは「サクラスミレ」ということにしますが、スミレに詳しい方、ご教授いただきたいです。

100dsc01670 ←フモトスミレ。でしょうか・・・

100dsc01671 ←樹間から大菩薩嶺頂上が見えました。

私「今からあそこまで行きますよ」
貴「結構まだありますね~」
私「下山は15:30~16:00って言っちゃいましたけど、もうちょっとかかりそうですね~」

100dsc01672 ←11:01、天庭峠。稜線に出ました。樹間から富士山がチラチラ見えるようになってきました。小休止。

100dsc01673 ←11:19、寺尾峠。

100dsc01674 ←もはや手ががりも何もありません。何という花でしょうか?

100dsc01675 ←11:41、丸川峠に到着。

100dsc01676 ←丸川峠から見る富士山。

100dsc01677 100dsc01679 100dsc01678

丸川荘の只木さんにご挨拶。
お元気そうでした。

小屋内でお湯を沸かします。

100dsc01680 ←丸川荘前で富士山を見ながらカップ麺をいただきます。

100dsc01682 100dsc01681 ←只木さんにコーヒーを注文します。挽きたてです。

100dsc01683 ←快晴・富士山・挽きたてコーヒー。至福のひと時。お似合い夫婦。

100dsc01685 100dsc01686 ←出発前に「山川」ポーズで記念撮影。

12:22、丸川峠をあとにします。

大菩薩嶺を目指します。
ここまでもの道がゆるやかだっただけに少し登りが堪えます。

100dsc01687 ←オオカメノキ。

100dsc01688

100dsc01689 ←13:40、大菩薩嶺頂上に到着。

100dsc01691 100dsc01692 ←もちろん頂上でも「山川」ポーズ。

ザックを頂上にデポして雷岩まで行ってみます。

100dsc01693 ←雷岩からの南アルプス。手前には甲府盆地が広がります。

100dsc01694 100dsc01695 ←富士山・大菩薩湖。

10020160518_135542 10020160518_135556 100dsc01697

100dsc01696 10020160519_063913 ←ここでも「山川」。

100dsc01698 100dsc01699

眺めを堪能したら頂上に戻ります。
14:10、本日2度目の大菩薩嶺。

100dsc01700 100dsc01701 ←15:18、丸川峠。只木さんはおでかけのようで、ラジオだけが小屋の中から聞こえていました。
15:25、丸川峠発。

下りは蝉の声は聞こえず。
ゆっくりとツツドリの声を聴きながら歩きます。

100dsc01702 ←17:17、柳沢峠に戻ってきました。

10020160518_183725 10020160518_185333 ←奥多摩に戻り、「あかべこ」貸切で反省会。

今日も一日、幸せな時間をすごせたことでありました。

「あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

 クリックしてくださると「6月20日は梢さん・kjさんと雲取山に行きますよ。」も喜びます。

2016年6月13日 (月)

川苔山へ(今年2回目・本編)。

2016年5月14日(土)、川苔山に登ってきました。
今年2回目です。

おなじみサコー岳園長の企画。
12名が参加しました。
今日は速報に続く「本編」をお届けします。

=====================================

湯沸しセットや水・お茶などをザックに詰め、7:22青梅の家を出ます。

10020160514_072307 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山。雲が多いようですが、予報は晴れ。雨の心配はなさそうです。

青梅駅前のコンビニでおにぎりとお茶を買います。

10020160514_073703 ←7:37頃、青梅駅2番線に入線してきた奥多摩行き電車。5月の奥多摩は登山に一番適しています。

7:40青梅発。8:12奥多摩着。

奥多摩駅ホームを階段に向かって歩いていると、目の前の後姿の男性に見覚えがあります。
ちょりさんでした。
ちょりさんは会社の登山部の山行のようです。

8:30の集合時間に参加予定の12名がキッチリ揃いました。

しかし、日原行きのバスが大行列。
2台の増便が出て計3台のバスが出ていってしまい、係りの方が、
「次の便は最初のバスが戻ってきての出発となります。3~40分ほどお待ちください」
と言っています。
ちょりさんチームも乗りはくれた様子。

私「12名のうち半分だけですが、下山後『あかべこ』で反省会なんですよ」
ちょりさん「あたしらは蕎麦粒山です。反省会あたしらも『あかべこ』でお願いしようと思ったんですが電話して断られちゃったんですよ」
私「あれ~、そうなの。よかったらオイラ連絡してOKもらうから『あかべこ』に行きませんか?」

ということであかべこの若女将=梢さんに連絡したら、
梢「カウンターになるかもしれませんが、よかったらいらしてください」
との返事。
下山後ちょりさんとご一緒できるのも楽しみ楽しみ。

10020160514_091338 ←予定の出発時間より40分ほど遅れてしまいましたが、折り返してきたバスにやっと乗車。

100dsc01602 ←9:25頃、川乗橋バス停に到着。東日原までバスに乗るちょりさんご一行をお見送り。

100dsc01603 ←地図看板前でサコー岳園長から本日のコースの解説。

それから輪になって自己紹介。

100dsc01604 ←サコー岳園長の指導による準備体操。

9:37、歩行開始。

100dsc01605 ←しばらくは舗装された林道を歩きます。

100dsc01606 ←ガクウツギのにおいのキツイこと・・・。

100dsc01607

100dsc01608 ←今年も藤の花がきれいです。

100dsc01609 ←コチラはキツイにおいはありません。ウツギの花。

100dsc01610 ←10:23、細倉橋。小休止。100dsc01611

100dsc01612 ←山道に入ります。先頭はサコー岳園長。しんがりは私たけぱぱ。

100dsc01613_2

100dsc01614 100dsc01615 ←川乗谷沿いの道は何度歩いても楽しいです。

サコー岳園長が某女性の手をとって沢を渡るのを手伝っています。
私「サコーさ~ん、わ・た・し・もheart
サコー「同性は勘弁してください」

100dsc01616 ←この水場が現れると間もなく滝の音が大きく響いてきます。

100dsc01617 10020160514_111828 ←11:18、百尋の滝。このコースのハイライトと言ってもいいかもしれません。
百尋の滝を見ながら小休止。
私もおにぎりでエネルギー補給。

100dsc01618

100dsc01619 ←新緑の山歩きはとにかく楽しい。気分がいい。

100dsc01620 ←ヒメレンゲ。沢沿いに咲いています。

100dsc01621

100dsc01622 ←フイリフモトスミレ。

100dsc01623 ←タチツボスミレ。

100dsc01624 100dsc01625

100dsc01626 100dsc01627 ←ミツバツツジを観賞しながらの最後の急な登り。

100dsc01628 稜線に出ました。鳩ノ巣からの登山道とここで合流します。

100dsc01629 ←あと一登りで頂上です。

100dsc01630 ←ミツバツチグリ。

100dsc01631 10020160514_133041 ←13:09、川乗(川苔)山頂上に到着。

100dsc01632 ←残念ながら富士山は見えませんでした。

69_large 71_large ←まずは記念撮影。サコー岳園長カメラにて。

奥多摩駅前でバスを待っただけあって頂上は今まで見たこともない混雑振りです。
各自適当に場所を見つけて腰を下ろし、昼食タイム。

昼食後下山開始。

100dsc01633 ←ハウチワカエデ。

100dsc01634 ←赤杭(あかぐな)尾根を古里駅へと下ります。

100dsc01635 ←ミツバツツジ。

100dsc01637 100dsc01636 ←シロヤシオ。

100dsc01638 ←シロヤシオとミツバツツジ。

100dsc01639 ←赤杭尾根はほぼゆるやかな下りですが、ちょっとだけこういう急坂もあります。

100dsc01640

100dsc01641 ←マムシグサ。

100dsc01642 ←キランソウ。

100dsc01643 ←川乗橋からの道とは大違い。静かな道です。

100dsc01644 ←下山の様子がよくわかる写真です。サコー岳園長が先頭で後方を振り返っています。

100dsc01645 ←フタリシズカ。

100dsc01646

100dsc01647 100dsc01648 ←16:23、下山。

100dsc01649

100dsc01650 ←古里駅が見えてきました。

100dsc01651 ←古里駅構内の踏切を渡ります。

古里駅前のコンビニに寄り、皆さん缶ビールとつまみを買い、一杯飲み始めます。
私はここではグッと我慢。

100dsc01652 ←古里駅で解散。6名は上り電車で立川方面へ。

残り6名は17:03発の下り電車で奥多摩へ。

100dsc01653 ←奥多摩といえば荒澤屋さん。


まずは入浴(1名だけ入りませんでしたが)。

10020160514_174350 10020160514_180733 ←サッパリしたら1階の「あかべこ」で反省会。

10020160514_180949 ←「あかべこ」の鶏の唐揚げ。絶品です。

10020160514_182030 10020160514_181740 ←獺祭のスパークリング。これは何時行っても飲めるわけではありませんので、念のため。

朝、奥多摩駅でバッタリお会いした「ちょりさん一行」も来てくれました。
1階(あかべこ)が満席でしたので、ちょりさん一行は入浴のあと2階のいろり部屋で飲み始めてもらったようす。
それもなかなか楽しそうでしたので挨拶がてら2階をのぞきに行きました。
ちょっとした個室のようで、これもなかなかいいなと思いましたね。
1階が空いたところでちょりさん一行も移動していただいて一緒に楽しく飲んだことであります。

10020160514_212746 ←帰り際、身長193mのだぶりんに肩車してもらうはなちゃん(あかべこ夫妻の長女)。

さらに奥多摩駅までの途中で「ビアカフェ・バテレ」にも寄ってクラフトビールをいただきました。

幸せな幸せな一日でありました。

奥多摩「炉ばた あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

「ビアカフェ バテレ」のHP↓ ↓ ↓
http://verterebrew.com/

 クリックしてくださると「今日(6/13)も雨・・・。夕方からあかべこの予定。」も喜びます。

2016年6月 9日 (木)

日の出山~長尾茶屋。

2016年5月5日(木・祝)、日の出山に登り、長尾茶屋でワイン~御嶽でクラフトビール飲んできました。

出かけたときは私ひとり。
G.W.の最終日です。

====================================

10020160505_071041 10020160505_071048 ←7:10頃我が家のベランダから撮影。今日は山に行きますよ。

朝飯を食べ、小さめのザックにカメラやおやつなどを詰め、9:50頃青梅の家を出ます。

10020160505_095244 ←エレベーターを待つ間に大岳山を撮影。雨の心配は全くありません。

今日はあかべこも休業、祭日ですのでこまくさも休業。
長尾茶屋でワインを飲んで御嶽でビールを飲みたい。
青梅駅前のコンビニでおにぎりとお茶を買い、10:13青梅発の奥多摩行き電車に乗ります。

100dsc01541 ←10:17、日向和田駅で下車。駅前には奥多摩わさびの「カネク」があります。

100dsc01542 ←神代橋で多摩川を渡ります。

100dsc01543 ←古い看板です。現在は「秩父多摩甲斐」国立公園です。

100dsc01544 ←神路橋の途中から上流方向を撮影。右から雷電山、高水三山。

100dsc01545 ←多摩川を渡ればもうそこは国立公園内。吉野梅郷は「秩父多摩甲斐国立公園」の東端にあたります。

100dsc01546 ←梅の木を全部切ってしまった青梅市梅の公園。横目で見て通り過ぎます。

100dsc01547 ←「九州 沖縄料理 郷陽(ゴーヤ)」。ここを通るのはいつも朝なのでなかなか店に寄るチャンスがありません。

100dsc01548 ←10:43、日の出山登山口。鳥居をくぐり登山開始。

今は閉鎖となってしまった梅郷ゴルフ場の荒れ果てたグリーンを横目で見ながら登っていきます。

100dsc01549 ←桂の木でしょうか。登山道脇にあってひときわ目を引きます。

100dsc01550 ←クサイチゴ。

100dsc01551

ちょうど11時頃です。前方に何かがいます。

100dsc01552 ←道の先にカモシカがいます。こちらをじっと見ています。

100dsc01553 100dsc01554 ←アップで撮影。

しばらくして上の方に上がっていきましたが、また振り返ってこちらを見ています。

100dsc01555 100dsc01556 100dsc01557 100dsc01558

いつまで経っても遠くに行きませんので、

「またね」と言って先に進みます。

100dsc01559 ←11:11、琴平神社。小休止。100dsc01560

100dsc01561 ←神社前から青梅の街を見下ろします。写真真ん中あたり遠くに西武ドームが見えます。

100dsc01562 100dsc01563 ←チゴユリ。

100dsc01564 ←ツクバキンモンソウ。

100dsc01565 ←マムシグサ。

100dsc01566 ←新緑と青空が絵になります。

100dsc01567 ←三室山に寄っていきます。

100dsc01568 100dsc01569 ←11:32、三室山。三角点があります。

100dsc01570 ←71年前の戦争の残骸がこの山にもあったそうです。ちなみに「郷土博物館」は私の家の近くにあります。

100dsc01571 ←眺めのいい場所に出ました。すぐ下に林道が見えます。先の方には大岳山、その左に続くのが馬頭刈尾根。

100dsc01572 ←11:49、梅野木峠。

100dsc01573 ←梅野木峠へは五日市側からも青梅側からも林道が通じています。

100dsc01574 ←梅野木峠には大きな電波塔(中継所)が立っています。

100dsc01575 ←これはアカネスミレでしょうか。詳しい方に鑑定をお願いしたい。

100dsc01576 ←タチツボスミレ。

最後の急坂を登れば日の出山頂上。

100dsc01582 10020160505_123331 ←12:32、日の出山頂上に到着。標高は902m。

100dsc01580 ←青梅の街や西武ドームを見下ろしながらおにぎりを頬張ります。

100dsc01577 ←日の出山から見た大岳山。

100dsc01578 ←大岳山頂上の左に目を移していくと富士山の頭がのぞいています。

100dsc01579 ←丹沢の山並みも見えています。

100dsc01581 ←これはいわゆる代表的な「スミレ」のような気がします。

100dsc01583 ←12:46、日の出山頂上をあとにし、長尾平に向かいます。

100dsc01585 ←タチツボスミレ。ピンボケすみません。

100dsc01586 ←ニリンソウ。

100dsc01587 ←タツナミソウ。

100dsc01588 ←ムラサキケマン。日の出山にもいろんな花が咲いています。

100dsc01589 ←宿坊が現れてきました。御岳山の御師集落に入ったわけです。

100dsc01590 100dsc01591

100dsc01592 ←武蔵御嶽神社への階段のすぐ下、通称「土産物屋ストリート」(私が勝手にそう呼んでいます)。

100dsc01593 ←武蔵御嶽神社への階段。ピンボケすみません。

100dsc01594 ←階段の途中で左に折れ、長尾平に向かいます。

100dsc01595 10020160505_133437 ←13:25、長尾茶屋。

10020160505_133110 ←長尾茶屋店主の川崎さんオススメの赤ワイン=確かピノノワールだったと思います。

お店の前のベンチは人でいっぱいだったので、お店の建物の向かって左、屋根の下のテーブルをお借りして一人ワインをちびちび飲んでいたら、川崎さんの声、

川崎「たけぱぱさん、お友達ですよ」

誰かと思ったらスムキチ(タケゾウ)でした。
別方向からやはり長尾茶屋を目指してきた様子。

そうなったらここでじっくり飲むしかありません。
望むところですが・・・。

ワインを4杯ほどいただいたでしょうか。
2時間ほどで腰を上げます。

私「よーし、御岳駅前で今うんまいビール飲めるからさ~、歩いてケーブル代節約してビール飲もうぜ~」
スム「うす、行きましょう!」

100dsc01596 ←「土産物屋ストリート」。

100dsc01597 ←神代欅。樹齢1000年と言われています。

ケーブル駅に向かわず、歩いて御岳山を下ります。

100dsc01598 ←長尾茶屋橋梁をくぐります。

100dsc01599 100dsc01600 ←緑が基調の武蔵号(タケゾウ号ではありません)。

100dsc01601_3 ←赤が基調の御嶽号。

滝本駅からはちょうどいいバスがありました。

御嶽駅前の「A-yard」の2階に「ビアカフェ バテレ」が出張出店していましたので、山姿のままドヤドヤとお邪魔します。

10020160505_170057 ←バテレの鈴木さんです。

つまみは向かいのセブンで買ってきて持ち込みなんでもOKとのことで、スムキチが買いに行ってくれました。
TAPから3種、クラフトビールを半分ずつ(2人で一杯)いただき、最後にビンのビール。

10020160505_175708

長尾茶屋で川崎さんを手伝っていた今泉さんも仲間に加わって楽しく酔っ払ったことでありました。
A-yardの柴田大吾さんにもご挨拶できたし、奥多摩在住のむらちあきさんにもご挨拶できましたし、それは楽しい楽しい一日でありました。

A-yardのHP↓ ↓ ↓

http://www.a-yard.net/

ビアカフェバテレのHP↓ ↓ ↓

http://verterebrew.com/

 クリックしてくださると「梅雨空はやっぱり山に足が向かない・・・。でも奥多摩あかべこには今日(6/9)も行ってきます。」も喜びます。

2016年6月 4日 (土)

大岳山へ(2016年の第4回目・本編)。

2016年5月2日(月)、たびままと大岳山に登ってきました。

10020160502_091145 ←9:10頃、青梅の家を出ます。今日の天気は曇り。

9:30青梅発の電車に乗り、御嶽駅9:46着。

JRは平日ダイヤでしたが、世の中はG.W.の真っ最中。
臨時便のバスも出ているようです。
バスに10分ほど揺られて、「ケーブル下」バス停に到着。
舗装道路の急坂を2~3分テクテクと歩き、ケーブル滝口駅へ。

ケーブルの往復切符を買い、10:15発のケーブルカーに乗ります。

10020160502_101232 ←赤が基調の御嶽号。

100dsc01496 100dsc01497 ←ケブルカーの最後尾のかぶりつき席に立ち、後方を凝視。

ケーブル乗車6分で標高831mの御嶽山駅に到着。

100dsc01498 ←御嶽山駅前の広場を「御岳平」といいます。

100dsc01499 ←隣の日の出山方向を見ましたが、真っ白です。100dsc01500

10:31、2人だけで「ファイト~、マッスル、マッスル!」。
気合を入れてスタートです。

100dsc01501 ←シャクナゲ。この色は園芸種だと思います。

宿坊やビジターセンターのある御師集落を通っていきます。
やがて道が二手に分かれ、左に行けば日の出山への道、右の急坂を登れば武蔵御嶽神社への道です。

100dsc01502 ←右の急坂の途中に樹齢1000年と言われる「神代欅」が聳え立ちます。100dsc01503

100dsc01504 ←急坂を上りきると通称「土産物屋ストリート」(私がそう呼んでいるだけ)。この写真を見ても普段の平日とは違うことがわかります。

100dsc01505 ←土産物屋さんの前に売っている生わさび。奥多摩はわさびの名産地です。

100dsc01506 ←土産物屋ストリートを突っ切ると武蔵御嶽神社の階段下に出ます。

100dsc01507 ←階段の途中で左に折れ、大岳山に向かいます。

長尾平に向かって下って行きます。
向こうから大きなザックを背負ってビールの箱を何個かキャリーカートにくくりつけて転がして登ってくるおじさんの顔に見覚えがあります。

長尾茶屋店主の川崎さんです。
私「今日は下りちゃうんですか?」
川崎「予想以上に売れちゃってさ、売るものなくなっちゃった」
私「大岳山に行ってきます」
川崎「明日また登ってきますんで」
私「多分、5日また来ます」
川崎「よろしくお願いします。お気をつけて」

100dsc01508 ←長尾茶屋。今日は店主が下ってしまったので帰りにここでワイン飲めませんが・・・。

100dsc01509 ←タチツボスミレ。

100dsc01510 ←もう少し下っていくと「天狗の腰掛け杉」。こちらは樹齢350年。腰掛け杉の右を登って行く道は奥の院へ向かう道。
我々は腰掛け杉の前を左に進み、まっすぐ大岳山に向かいます。

100dsc01511 ←黄色いのはヤマブキの花。「ヤマブキ」と聴いて時代劇の悪代官を思い出すのは私だけでしょうか・・・。

100dsc01512 ←5月は奥多摩の新緑が一番美しい季節。小学校の遠足登山もこの時期です。

100dsc01513 ←11:19、水場。小休止。

100dsc01514 ←ここでお菓子を食べるのがたびままの習慣。私もおこぼれにあずかります。

100dsc01515 ←水場のすぐ上にあずまやがあります。この地点がロックガーデン周遊コースの折り返し点となっています。

100dsc01516 ←あずまやから4~5分登ると涸れた橋を小さな橋で渡ります。

100dsc01517 ←この橋から向こうは「獣の世界」、橋の手前は「人間の世界」と私が勝手に思っておりまして、大岳山で一番好きな場所です。

涸れた沢の右岸に少々キツ目の上り勾配で道が続いています。

100dsc01519 ←11:47、芥場峠。

100dsc01518 ←芥場峠のクマ隊長は今日もキリっとしていました。

100dsc01520 ←花が終わってしまったカタクリ。例年ならこの時期でも芥場峠で咲いているのですが。今年は花の咲くのが早いようです。

100dsc01521 ←フイリフモトスミレ。

100dsc01522 ←エイザンスミレ。このくらいのピンクが一番なまめかしい。

100dsc01523 ←タチツボスミレ。色が白めですがタチツボだと思います。

100dsc01524 ←12:25、大岳山荘(非営業)のテラスに到着。おトイレ掃除中のようです。ここからの富士山の眺めがいいんですが全く見えません。

大岳山荘からは10分と少しで頂上です。

100dsc01525 ←タチツボスミレ(紫)とミツバツチグリ(黄)。色の対比がいいですね~。

100dsc01526 ←大岳山神社の狛犬はとてもユニークな顔をしています。

100dsc01527 ←左:大岳山神社の本殿。右:拝殿。

頂上手前に少し急な箇所があり、手を使って体を持ち上げます。

100dsc01528 ←12:45、大岳山頂上に到着。標高1266.5m。今年4回目の大岳山頂上です。

今日のお昼はラーメンではなくおにぎりです。
お昼をさっと食べ終わって記念写真を撮ろうとしたのですが、小学生の団体が3組来てまして並ぶのに時間がかかり、シャッターを押すたびに業者なのか先生なのか分かりませんが「イチ足すイチは?」とか「ヒザのことを英語で何と言う?」とかいってるのを聞かされて、待つこと15分・・・。

100dsc01529 100dsc01530 ←やっと順番が来て、「山川」ポーズやりたかったのですが、たびままに拒否されました。

13:36、大岳山頂上をあとにします。

100dsc01531 ←エイザンスミレ。大好きです。

14:49、芥場峠。

100dsc01532 100dsc01533 ←この橋を渡れば「人間の世界」。

15:00、長尾平。

100dsc01534 ←長尾平のトイレに寄っていきます。トイレの前に八重桜がまだ咲き残っていました。

100dsc01535 ←ニリンソウ。

100dsc01536 ←ヒメレンゲ。

100dsc01537 ←午前中は見えなかった日の出山が見えています。

100dsc01538

15:30、御嶽山駅前に到着。

100dsc01539 ←15:42発のケーブルで下ります。

100dsc01540 ←中間地点でタケゾウ号、いや、武蔵号とすれ違います。

15:54のバスでJR御嶽駅へ。

御嶽駅ホームで青梅に戻るたびままと分かれて、私は下り電車で奥多摩駅へ。

10020160502_165113 ←16:43奥多摩駅着。丸窓が印象的な奥多摩駅舎。

10020160502_183721 ←改装が終わり、ベンガラ色になった「荒澤屋=あかべこ」。氷川大橋の上から撮影。

10020160502_170142 ←下山後の生ビールは最高です。

10020160502_170556 ←お通し。

10020160502_180051 ←野菜の天ぷらは少なめに盛ってもらいました。人並みに盛ってもらうと少食の私には食べきれないので・・・。

10020160502_211012 ←梢さん(若女将)にTシャツをいただきました。これを着て頂上で「山川」ポーズで記念撮影たくさんしますよ。

奥多摩「炉ばた あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/


 クリックしてくださると「明日から入梅かなぁ・・・。」も喜びます。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック