« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月28日 (木)

雲取山へ日帰りで(本編)。

2016年6月20日(月)、雲取山に登ってきました。

今日は「本編」をお届けします。

メンバーは奥多摩荒澤屋(あかべこ)の梢さん・若き山の友人kjさん・私の3名。
車で鴨沢まで行きピストンの予定です。

直前まであかべこの板長=貴さんも参加の予定でしたが、急な仕事が入って来れなくなってしまいました。

そして天気予報も直前まで雨・・・降水確率50%でした。

ですが、前日になって「曇り時々晴れ」の予報に変わり、イベント催行と相成りました。

=====================================

小さめのザックに水筒・湯沸しセット・食料などを詰めて、5:03頃青梅の家を出ます。

10020160620_050309 ←エレベーターを待つ間に大岳山を撮影。夜中に雨は上がり、晴れてきました。

青梅駅前のコンビニに寄り、お茶とおにぎりを買います。
青梅発5:19の電車で奥多摩には5:59着。

今日は6:10「荒澤屋(あかべこ)」前に集合としてありました。

10020160620_060918 ←今年G.W.中に改装なった荒澤屋。

すでにkj号が停まっていました。
6:10に梢号も現れ、3名が揃いました。

kj号で鴨沢に向かいます。

100dsc01825 ←6:43頃、小袖の村営駐車場に到着。ここは山梨に少し入った丹波山村です。

「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、6:51歩行開始。

100dsc01826 ←舗装道路を2~3分歩くと登山口。

100dsc01827 100dsc01828 ←ヒトリシズカ。

100dsc01829 ←最初のうちは杉檜の植林帯の道。青空がどんどん広がってきたような気がします。

100dsc01830 ←マムシグサ。

100dsc01831 ←7:55、標高1150m地点。小休止。

100dsc01832 ←「曇りときどき晴れ」どころか、暑いくらいの晴れ。しばらくはダラダラと登ります。

100dsc01833 ←8:19、堂所。

100dsc01834 100dsc01835 100dsc01836 ←堂所から約10分、富士山が見えるポイントがあります。まさか今日こんなにスッキリと富士が見れるとは・・・。

100dsc01837 ←8:58、七ツ石小屋下の分岐。我々は七ツ石小屋経由で行きます。ここから少々キツイ登りになります。小休止。

100dsc01838 ←9:10、七ツ石小屋前で休憩。ここで大休止。

100dsc01839 ←七ツ石小屋前から富士山を望む。

七ツ石小屋でコーヒーを頼もうと思ってました。
小屋に入って「すみませ~ん」と声をかけると、「多美ちゃん」らしき人が出てきました。

「多美ちゃん」とは西国立駅前「こまくさ(居酒屋)」のマスター=橋本さんの知り合いで、この小屋が丹波山村営になる前にもこの小屋でスタッフをしていた女性です。

多美ちゃんがお湯を沸かしながら、ごみ拾いをしていた男性に私達を「こまくさの常連さん」と紹介してくれました。
その男性とは多美ちゃんのご主人=タカシさんです。

100dsc01840 ←タカシさんがこの小屋のファン(サポーター)と一緒に拾ってきたごみ。相当古くからごみを地面に埋めていたようです。

多美ちゃんが淹れてくれたコーヒーを飲みながら富士山を眺める。
至福のひと時です。

100dsc01841 100dsc01842 ←今年4月から管理人を引き受けることになった多美ちゃん夫妻と記念撮影。

9:45、七ツ石小屋をあとにします。

100dsc01843 ←小屋のすぐ上にある水場。小屋の水もここからひいています。

100dsc01844 ←ヤマツツジのオレンジ色が緑の葉によく映えます。

100dsc01846 ←石尾根縦走路に合流しました。

100dsc01845 ←合流地点(分岐)から奥多摩方向を見下ろす。

私「梢さん、ここから歩いてあかべこまで行けますよ」
梢「いつか行ってみたいですけど、今日はやめておきます」

100dsc01847 ←白い雲が空の青さをひきたてます。

100dsc01848 ←「もうすぐ七ツ石の頂上ですよ」

100dsc01850 ←10:10、七ツ石山頂上。小休止。

100dsc01849 ←七ツ石まで来ると雲取頂上が見えてきます。避難小屋のあるあたりが頂上です。

100dsc01851 ←七ツ石山から見た富士山。ちょっと雲がかかってきました。

100dsc01852 ←七ツ石を下ります。行く手に雲取山とそこまで続く石尾根縦走路が見えます。

100dsc01853 ←飛龍山。頂上の標高は雲取山より60m高い2077mです。

100dsc01854 ←ブナ坂。ここからまた登りになります。100dsc01855

100dsc01856 ←ヘリポート。我々山仲間の間では「H隊員住居跡」と呼んでいます。

100dsc01857 ←ヘリポートの向こうに富士山。

10:55、奥多摩小屋。小休止。

100dsc01858 ←急坂を一つ登りきり、振り返ると先ほど登ってきた七ツ石山が見えます。その向こう右奥に見えるのは三頭山。

100dsc01859 ←富士山を撮影したのですが、手前の落葉松の緑がきれいですね。

100dsc01860 ←もう一つの急坂を登りきればあとはのびやかな石尾根をたどり、「もう頂上はいただいたようなものだ」とのルンルン歩き。

100dsc01861 100dsc01862 100dsc01863 ←頂上のすぐ手前のところにシカがいました。

100dsc01864 100dsc01865 ←富士山。まだなんとか見えています。

100dsc01866 ←山梨側の頂上付近から見下ろす石尾根縦走路。この眺めが大好きです。

100dsc01869 100dsc01868 100dsc01867 ←11:56、雲取山頂上に到着。標高2017m。

お湯を沸かし、カップラーメンの昼食。

100dsc01870 ←梢さん、ラーメン美味いですか~。

100dsc01871 100dsc01872 100dsc01873 ←先ほどのシカと思われます。頂上付近まで上がってきました。

100dsc01874

100dsc01875 100dsc01876 ←シカはずーっと頂上にいました。

100dsc01877_trim 100dsc01878_trim ←もう奥多摩では知らぬ人の無い「山川」で記念撮影。

12:35、雲取山頂をあとにします。

100dsc01879 100dsc01880 ←梢さんの靴紐を締めなおすkjさん。

100dsc01881 ←少しガスってきました。

100dsc01882 100dsc01883 ←登りは少々きつかったようですが、下りは余裕の梢さんです。

100dsc01884 ←この姿は「雲取山の見返り美人」ではありませんか。

「雲取山の見返り美人」についての詳しい話は金邦夫(こんくにお)著『すぐそこにある遭難事故』をお読みくださいませ。

下りは七ツ石山を巻きました。
正直こちらの道は陰気であまり好きではありません。

100dsc01885 ←沢筋で見つけたヒメレンゲ。

100dsc01886 100dsc01887 100dsc01888 ←かなり下った植林帯のところでもシカを見ました。

100dsc01889 ←ほぼ予定通り、16時頃には下山できました。

16:06、小袖の駐車場に戻り「〆のマッスル」。

kj号で奥多摩に戻ります。
荒澤屋さんの3階のお風呂で汗を流し、1階の「炉ばた あかべこ」で反省会開始。

10020160620_170613

今日も楽しく歩き、しゃべり、美味しいお酒を飲んだことでありました。

「あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

 クリックしてくださると「あかべこ登山部、8月はゆるゆるで行こうと思っております・・・。」も喜びます。

2016年7月27日 (水)

早池峰山へ(速報)。

2016年7月24日(日)、だぶりんと早池峰山に登ってきました。

68_large 69_large ←早池峰山頂にて。蓼科山に続き雲海の上は晴れてました。

今回の山行で、たけぱぱの「まだ1度しか登ってない日本百名山」はあと10座となりました。

深Q順で行きますと、

幌尻岳
八甲田山
雨飾山  
恵那山
甲斐駒ヶ岳
鳳凰山
塩見岳
悪沢岳
赤石岳
大山

いよいよカウントダウン体制に入ってきました。
2年以内の「
日本百名山2周目完登」狙います。

 

 クリックしてくださると「まだ1度しか行ってないお山へのお誘い。お待ちしております。も喜びます。

2016年7月26日 (火)

蓼科山へ(速報)。

2016年7月23日(土)、蓼科山に登ってきました。

1459087179_198_2 1459087179_85 ←蓼科山頂にて。雲海の上はドッピーカン。北アや南アも見えました。

今回の山行で、たけぱぱの「まだ1度しか登ってない日本百名山」はあと11座となりました。

深Q順で行きますと、

幌尻岳
八甲田山
早池峰
雨飾山  
恵那山
甲斐駒ヶ岳
鳳凰山
塩見岳
悪沢岳
赤石岳
大山

あと何年かかるか分かりませんが、「日本百名山2周目完登」がんばります。

 

 クリックしてくださると「次の百名山2周目狙いは塩見岳の予定も喜びます。

2016年7月22日 (金)

鳥海山へ(速報)。

2016年7月17日(日)、鳥海山に登ってきました。

100dsc02214 100dsc02215 ←頂上で「山川」ポーズ。

100dsc02216_2 ←まさとし(上ミノ)と。

116_large 118_large ←ジュニアさん・H隊員と。

今回の山行で、たけぱぱの「まだ1度しか登ってない日本百名山」はあと12座となりました。

深Q順で行きますと、

幌尻岳
八甲田山
早池峰
雨飾山  
蓼科山
恵那山
甲斐駒ヶ岳
鳳凰山
塩見岳
悪沢岳
赤石岳
大山

あと何年かかるか分かりませんが、「日本百名山2周目完登」がんばります。

 

 クリックしてくださると「次の百名山2周目狙いは蓼科山の予定も喜びます。

 

2016年7月19日 (火)

高川山へ(速報)。

2016年7月12日(火)、梢さん・kjさん・私の3名で高川山に行ってきました。

奥多摩の「荒澤屋(あかべこ)」前に7:40集合。

kj号で国道411・139号経由で高川山の麓=初狩駅まで。

100dsc02095 ←コンビニのオーナーと思われるおじさんに「高川山に登ってくるんですが、駐車場ないですか?」
と訊いたら、
「あとでいっぱい買ってくれれば端っこに停めといていいよ」
と、お許しが出ました。

9:47、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、コンビニ前を出発。

100dsc02098 100dsc02099

100dsc02100 ←登りは男坂で。

100dsc02105 100dsc02106 10020160712_114604 ←11:15、高川山頂上に到着。富士山はかすかに見える程度・・・。

100dsc02104 ←高川山の下にはリニア実験線が通っています。

10020160712_114529 ←kjさんに断って梢さんとスパークリングワインで乾杯。この日は暑くて事の他シュワシュワなワインが美味かったことであります。
(ちなみにこのワインは車を停めさせてもらったコンビニで購入しました)

100dsc02108 100dsc02109 ←高川山で「山川」。

10020160712_113634 ←ビッキーは2010年10月までこの山の頂上で登山者を癒してくれました。

下山は女坂で。

100dsc02114

100dsc02116 100dsc02115 ←麓のお寺の大きな木の下に眠るビッキーのお墓にご挨拶。

もう一つ、奈良倉山に登る予定でしたが、松姫トンネルができたせいでしょうか松姫峠への道が通行止め。

100dsc02117 ←小菅の湯で汗を流す。ここには「あかべこ」での飲み友=大井支配人がいます。

10020160712_164040 10020160712_164851 ←そして反省会はもちろん「あかべこ」で。

今日も楽しい一日でした。

「あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

 クリックしてくださると「あかべこ登山部、8月も山に行けるかな・・・。」も喜びます。

2016年7月 8日 (金)

大坊山~佐野ラーメン&いもフライ。

2016年5月29日(日)、私の37年来の友人=H隊員の企画の「栃木低山ハイキング&佐野ラーメンツアー」に参加してきました。

メンバーは7名。

今回が17回目です。

私が参加した回の日記のリンクを全て貼っておきます。

2009年11月の日光鳴虫山&佐野ラーメンの詳細は是非コチラを>>>

2010年1月の石裂山&佐野ラーメンはコチラ>>>

2010年5月の行動山&佐野ラーメンはコチラを>>>

2010年9月の鹿沼岩山&佐野ラーメンはコチラを>>>

2011年1月の古賀志山&佐野ラーメンはコチラを>>>

2011年5月の仙人ヶ岳&佐野ラーメンはコチラを>>>

2011年11月の大小山&佐野ラーメンは不参加・・・

2012年3月の三毳山&佐野ラーメンはコチラを>>>

2012年6月の熊鷹山&佐野ラーメンはコチラを>>>

2013年1月の太平山&佐野ラーメンはコチラを>>>

2013年3月の三毳山&佐野ラーメンはコチラを>>>

2013年11月の石尊山&佐野ラーメンはコチラを>>>

2014年4月の赤雪山&佐野ラーメンはコチラを>>>

2014年11月の両崖山・天狗山&佐野ラーメンはコチラを>>>

2015年5月の日光明智平~茶の木平~佐野ラーメンはコチラを>>>

2015年11月の桐生・足利観光&佐野ラーメンはコチラを>>>

第9回と第10回の間があいているのは一度悪天候のため中止になってしまったからです。

ラーメンツアーがきっかけでカップルになった人たちもいますし、骨折した人もいますし、マイクロバスを借りた回もありますし、お時間のある方は是非過去の状況もご覧になってください。

=====================================

5:30頃青梅の家を出ます。

10020160529_052958 ←エレベーターを待つ間にマンション8階から見た大岳山。今日も雨の心配は無さそうです。

5:41青梅発の電車に乗り立川まで。
立川から中央線で新宿まで。

さな号が待つ場所に行くと私以外はすでに揃っていました。

6:55、新宿を出発。
蓮田S.A.でトイレ休憩。
足利市駅前には8:30頃着きました。

待ち合わせは9:00です。
駅前の駐車場に行くとすでにH隊員号が待ち受けていました。
最近買い換えたばかりの新・H隊員号です。

10020160529_083428 ←YOSHIKIさんもすぐ現れ、6名は改札前で9時ちょうどに到着するひさしさんを待ちます。

ひさしさんも時間通りに現れて、これで7名が揃いました。

70_large ←左:新H隊員号。右:さな号。ひさしさん撮影。

さな号・新H隊員号の2台に分乗して大坊山登山口の山川長林寺に向かいます。

100dsc01772 ←9:20頃、長林寺駐車場に到着。

9:30「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、歩行開始。

100dsc01773 ←「寺カフェ」は素敵なオープンカフェでしたが、カフェそのものにカメラを向けるのははばかられました・・・。

100dsc01774 ←長林寺。500年ほど歴史があるそうです。

100dsc01775 ←境内の地図看板で今日のコースを説明するH隊員。

71_large ←ひさしさん撮影。

100dsc01776

100dsc01777 ←私が最後尾を歩いていたので、ちょっと道了堂に寄っていきます。

100dsc01778 100dsc01779 100dsc01780 ←道了大権現が祀られているらしいです。
皆とはぐれないようにちょっとだけ見てすぐ元の登山道に戻ります。

100dsc01781 ←市街地の向こうに見えるのは赤城山でしょうか。

100dsc01782 ←今日はとってもいい天気。5月の29日ですが、真夏のような陽気です。

100dsc01783

100dsc01784 ←大坊山は標高285.4mですが、なかなか楽しいコースです。

100dsc01785

100dsc01786 ←「自衛隊道路」と言うそうです。車に気をつけて渡ります。

100dsc01787 100dsc01788 ←熊もイノシシも出るようです。

100dsc01789

100dsc01790 ←さなリーダーに現在地などを説明するH隊員。

100dsc01791 ←健脚者コースを行きます。

100dsc01792 ←見晴台で小休止。

100dsc01793 ←富士山は見えませんが、赤城山は見えます。

100dsc01794 ←岩場もあり、なかなか手ごわい大坊山。

100dsc01795 100dsc01796 100dsc01797 ←がきちゃんに「一人山川」を撮影してもらいました。

100dsc01798 100dsc01799 100dsc01800 100dsc01801

100dsc01802 ←山火事予防の看板のウサギの目が可愛い。炎に顔があってそれがまた恐ろしい。

100dsc01803 100dsc01804 ←大坊山の頂上はもうすぐそこです。

100dsc01805 ←11:23、大坊山頂上に到着。

100dsc01806 ←大山祇神社奥宮がありました。休憩後は大山祇神社に下ります。

100dsc01807 ←「標高2854mの高山です」とつぶやいてみたかっただけです。

100dsc01808 ←H隊員の差し入れのバナナ美味しうございました。

100dsc01809 100dsc01810 ←セルフタイマーで「山川」ポーズの記念撮影。
某リーダーには「こんなの流行らないわよ」と言われていますが、今日は某リーダーもしぶしぶ協力してくれました。

100dsc01811 ←三角点がありました。危うく見逃すところでした。

83_large 84_large ←2枚、H隊員撮影。

11:41、大坊山をあとにします。

100dsc01812 ←主に階段です。こちら側からもハイキングの感じで登山者が登ってきます。

100dsc01813 ←大山祇神社。

100_large ←カメラを向けられるとポーズをとってしまう芸人魂。

100dsc01814 ←おや、ここにもクマ隊長が・・・うさぎ隊員も可愛いじゃないですか。

11:58頃、下山。
ここから里道を歩いて長林寺に戻ります。

100dsc01815 ←田圃に映る姿が「いかにも里山」という感じの大坊山。

12:50、長林寺駐車場に戻ってきました。

さな号と新H隊員号は佐野に向かいます。

10020160529_131532 10020160529_131544 ←H隊員おすすめの「一乃胡」。

82_large ←H隊員撮影。

なんと店の前に赤いTシャツを着たみたことのあるおじさんが・・・
ききさんでした。
ききさんはもうラーメンを食べ終わったあとのようです。
このあと行動を共にしたいということで我々が食べ終わるのを待つとのこと。

店の前のベンチで少々待ちます。
順番が来て7名ぞろぞろと店内に入ります。

10020160529_132726 ←私は生ビールと餃子3個を注文します。

10020160529_133026 ←運転する方々には申し訳ないのですが、生ビールで乾杯。店が「イチノエビス」ですのでもちろんエビスビールです。

10020160529_134002 ←お待ちかね、ラーメンが運ばれてきました。

私はラーメンは少しでいいのでさなリーダーとがきちゃんに少しずつもらいました。

10020160529_134318 ←これは向かいに座ったひさしさんが注文した餃子5個。写真では分かりにくいですが、とてつもないボリュームです。

81_large ←がきちゃんは生ビール2杯目、私は生ビールの次にレモンサワー。H隊員撮影。

85_large ←YOSHIKIさんはさな号運転手のため、ノンアルで我慢。H隊員撮影。

やはり餃子は食べきれず、持ち帰り用パックを貰い家に持って帰りました。

我々が出てくるのを待っていたききさんと合流。
ここからは車3台になって、次は「とちぎ花センター」へ向かいます。

68_large ←ひさしさん撮影。

100dsc01816 100dsc01817 ←まずは「バラ園」を見学。

100dsc01818 ←緑に赤いTシャツが映えるききさん。

56_large 59_large 62_large ←3枚、さなリーダーカメラにて。

100dsc01819 100dsc01820 100dsc01821 100dsc01822 100dsc01823_3 ←しばらくさなリーダーとゆっきぃの「バラより美しい姿」をご覧ください。

64_large 67_large ←2枚、さなリーダーカメラにて。

78_large 88_large ←2枚、H隊員カメラにて。

次に3台の車は「いでい焼きそば店」に向かいます。

100dsc01824 ←H隊員にいろんないもフライ店に連れていってもらいましたが、ここが一番美味しいです。

69_large ←ひさしさん撮影。

10020160529_154337 ←ピンボケすみません。

あとは佐野駅前で解散、そのあと有志で反省会、ということなのでききさんはここで離脱。

10020160529_161023 ←16時から開いていた「豊丸水産」で反省会開始。

10020160529_1610012 ←YOSHIKIさんもここでやっと飲めます。

10020160529_162834 ←豊丸に来たらマグロ食べないとね。

2時間ほどで反省会も解散。
ゆっきぃと私はさな号で新宿まで送っていただきました。

H隊員、秋にまた企画お願いします。

 クリックしてくださると「7~8月の計画も煮詰まってきました。ガンガン登りたいと思います。誘いあってご一緒に!」も喜びます。

2016年7月 3日 (日)

大岳山へ(2016年の第5回目)。

2016年5月21日(土)、大岳山に登ってきました。

メンバーはだぶりんと私。

今年5回目です。

=====================================

8:10頃青梅の家を出ます。

10020160521_080928 ←エレベーターを待つ間に大岳山を撮影。今日も雨の心配は全く無さそうです。

青梅駅前のコンビニでおにぎり・お茶・コーヒーを買います。
すでに到着していただぶりん号に乗せてもらい、8:30御嶽に向けて出発。

8:50頃御嶽ケーブルの滝本駅駐車場に到着。

100dsc01703 ←出発の準備をしている間に緑色が基調の武蔵号(タケゾウ号ではありません)が上っていきました。

往復切符を買い、改札を通り、階段状のホームにならびます。

100dsc01704 ←下りてきた、赤が基調の御嶽号。

5月の奥多摩は登山に最適の季節。
ケーブルも臨時便がどんどん出ます。

100dsc01705 100dsc01706 ←9:10頃出発の臨時便。車内はそれほど混んでいませんでした。

100dsc01707 ←我々は最後尾に乗りました。中間地点でタケゾウ号(いや、武蔵号)とすれ違います。

ケーブル6分乗車で御嶽山駅に到着。

10020160521_091509 ←つぶやき写真用にだぶりんにシャッターを押してもらいました。

100dsc01708 ←御嶽山駅前の広場を「御岳平」と呼びます。藤の花がちょうど見ごろです。100dsc01709

100dsc01710 ←「関東平野を見下ろす」と言いたいのですが、霞んでます。空気が澄んだ日は筑波山まで見えるのですが・・・。

100dsc01711 ←お隣の日の出山。

「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、9:20歩行開始。

100dsc01712 ←青空に突き出たおむすびのような奥の院が見えます。

100dsc01713 ←新緑もいいですが、このあたりは紅葉もいいですよ。

宿坊やビジターセンターのある御師集落を通り抜けようとする頃、道が二つに分かれます。
左に行けば日の出山。
右の急坂を登れば武蔵御嶽神社方面。

100dsc01714 ←右の急坂の途中に樹齢1000年と言われる神代欅が聳え立っています。100dsc01715

100dsc01716 ←急坂を上りきるとそこは通称「土産物屋ストリート」(私が勝手にそう呼んでいます)。

100dsc01717 ←「土産物屋ストリート」を突っ切ると武蔵御嶽神社の階段下に出ます。

100dsc01718 ←階段の途中で左に折れ、長尾平に下りていきます。100dsc01719

100dsc01720 ←9:40、長尾茶屋。店主の川崎さんがすでに店を開けていました。

私「こんちわ~、帰りにまた寄りますんで」
川崎「気をつけて、行ってらっしゃい」

長尾平からロックガーデンに下ります。

100dsc01721 ←クサイチゴ。

100dsc01722 ←ガクウツギ。

100dsc01723 100dsc01724 ←9:58、七代の滝。

100dsc01725 ←藤の花。今が見ごろ。

100dsc01726 ←七代の滝からは鉄階段がいくつか続きます。

100dsc01727 ←現在は「秩父多摩甲斐国立公園」ですが、以前は「「秩父多摩国立公園」でした。

100dsc01728 ←10:11、天狗岩。ザックを下ろし天狗岩に登ってみます。

100dsc01729 ←天狗岩の天辺には小さな天狗様がいます。

100dsc01730 ←天狗岩の天辺から登山道を見下ろします。あとであの辺りからこちらを見た写真を撮りましょう。

100dsc01731

100dsc01732 ←小さな天狗様と大きなだぶりん。

100dsc01733

天狗岩を下りて出発。

100dsc01734 ←先ほど見下ろした登山道から天狗岩を見上げます。

100dsc01735 ←この時期ロックガーデンで見れるヒメレンゲの花。

100dsc01736 ←大きな岩があり、川が流れています。「岩石園」とも呼ばれています。

100dsc01737 100dsc01738 100dsc01739 ←新緑が美しいロックガーデン。今が一番いい季節です。

トイレのある休憩場所で小休止。

100dsc01740 ←ラショウモンカズラ。この花もこの時期ロックガーデンでよく見る花です。

100dsc01741 ←10:47、綾広の滝。

100dsc01742 ←10:51、あずまや。ここがロックガーデン周遊コースの折り返し地点。
大岳山に向かいます。

100dsc01743

100dsc01744 ←あずまやから4~5分登ると涸れた沢を小さな橋で渡ります。

100dsc01745 ←「よ~しここから山に入っていくんだぞ」という感じがして、私が大岳山で一番好きな場所です。

涸れた沢の右岸をエッチラオッチラと登っていきます。

100dsc01746 ←11:12、芥場峠。小休止。

100dsc01747 ←芥場峠のクマ隊長は今日もキリっとしていました。

「滑落注意」と書かれた看板があったりしますが、大岳山は青梅の小学6年生が遠足で登る山です。

11:41、大岳山荘(非営業)前のテラスに到着。

100dsc01748 ←写真真ん中辺りに富士山が見えるはずですが、霞んでいて全くその姿が見えません。

100dsc01749 ←一番奥に丹沢の山並みが見えるはずですが・・・。その手前に生藤山~陣馬山。一番手前の緑の尾根は馬頭刈尾根。

100dsc01750 ←日ノ出イオンモールも霞んでほとんど見えません。空気が澄んでいればスカイツリーまで見えるのですが。

山荘前のテラスでトイレを済ませてから頂上へ向け出発。

100dsc01751 ←大岳山神社の拝殿。

100dsc01752 ←大岳山神社の狛犬はとてもユニークな顔をしています。

100dsc01753 ←左:本殿。右:拝殿。

100dsc01754 ←ミツバツチグリ。

100dsc01755 ←頂上はとてもにぎやかなようです。

100dsc01756 ←11:59、大岳山頂上に到着。標高1266.5m。

100dsc01757 ←コンビニのおにぎりで昼食。食後のコーヒーはこれにしてみました。夏はこれを冷たーくして持っていくといいかもしれません。
これはこれで「至福のひと時」ですが、今日はこのあと「至福のひと時」が2回ほど待っているはず・・・。

100dsc01758 ←右手前:御前山、左奥:三頭山。大岳山と3つ合わせて奥多摩三山と呼びます。

100dsc01759 ←富士山方向を写した写真ですが、霞んでまったく見えません。

100dsc01760 100dsc01761 ←だぶりんと「山川」ポーズで記念写真。身長差が30cm以上あります。大人と子供です。

10020160521_122934 ←出発前に「呟き用」の頂上写真を1枚。

12:32、大岳山頂上をあとにします。

100dsc01762 100dsc01763 ←奥多摩の山は5月の新緑の頃が一番です。

救助隊員2~3名とすれ違う。
隊員「歩けなくなったという女性がいるんですが、大岳山荘付近にいませんでしたか?」
私「大岳山荘に下りていくところの階段状のところに座り込んでいる女性がいましたよ」
隊員「ありがとうございます」
救助隊員は重そうなロープをたくさん腰につけ、汗だくで登っていきました。

100dsc01764 ←「山から人間の世界に戻る」橋。

100dsc01765

100dsc01766 ←天狗の腰掛け杉。

100dsc01767 ←13:54、長尾茶屋。

長尾茶屋店主の川崎さんによると2件救助要請があった様子で、1件は先ほど大岳山荘前で見かけた女性。もう1件は七代の滝付近で足を滑らせて骨折だとか・・・。

10020160521_140520 ←「1杯くらいなら下山までには抜けるだろう」ということで赤ワインで乾杯。これも至福のひと時。

そうこうするうちにロックガーデンの方向からはたくさんの救助隊員が戻ってきます。
どうやらヘリで救助された様子。

1時間ほどで長尾茶屋をあとにします。
ほろ酔いで御嶽山駅まで歩き、15:05頃のケーブルに乗車。

100dsc01768 100dsc01769 ←救助隊員も乗っていました。

100dsc01770 ←中間地点で武蔵号とすれ違います。

6分の乗車で滝本駅へ。
滝本駅の駐車場からだぶりん号で奥多摩「荒澤屋」さんの前まで送ってもらいました。
だぶりんはこのあと都内で用事があるとのことで、名残惜しそうに去っていきました・・・。

100dsc01771 ←荒澤屋の1階に「炉ばた あかべこ」があります。

10020160521_165347 ←奥多摩登山の帰りには是非「あかべこ」へ。美味しい料理・美味しいお酒・梢&貴の笑顔が待っています。

「あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

 クリックしてくださると「あかべこ登山部、7月12日(火)はミズガキ山の予定。平日ですが、どなたかご一緒しませんか。」も喜びます。

2016年7月 1日 (金)

雌阿寒岳・斜里岳・羅臼岳(速報)。

2016年6月26~30日、北海道・道東の三座に登ってきました。

26日早朝青梅を出て、大宮から新幹線を乗り継いで新函館北斗まで。
そこから特急を2本乗り継いで釧路まで。

27日は釧路空港で仲間5名と落ち合い、レンタカーで移動。

100dsc01926 100dsc01927 ←雌阿寒岳頂上で「山川」。バックに阿寒湖が写っています。

27日は清里の「緑清荘」泊。

28日は斜里岳へ。

100dsc02006 100dsc02007 ←斜里岳頂上でも「山川」。

28日は岩尾別温泉の「ホテル地の涯」泊。

29日は羅臼岳へ。

100dsc02082 100dsc02083 ←羅臼岳頂上でも「山川」。

29日は知床斜里駅前の「ホテルグランヴィア」泊。

最後の夜は居酒屋で大宴会。

30日7:26発の釧路行きディーゼルでJRの一人旅開始。
釧路からは特急2本と新幹線を乗り継いで東京へ。
7月1日の午前1時頃青梅着でした。

斜里と羅臼は2度目、雌阿寒は3度目の登頂。

今回の山行で、たけぱぱの「まだ1度しか登ってない日本百名山」はあと13座となりました。

深Q順で行きますと、

幌尻岳
八甲田山
早池峰
鳥海山  
雨飾山  
蓼科山
恵那山
甲斐駒ヶ岳
鳳凰山
塩見岳
悪沢岳
赤石岳
大山

あと何年かかるか分かりませんが、「日本百名山2周目完登」がんばります。

 クリックしてくださると「次の百名山2周目狙いは鳥海山の予定。その前に7月12日瑞牆山に登ります。も喜びます。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック