« 雌阿寒岳・斜里岳・羅臼岳(速報)。 | トップページ | 大坊山~佐野ラーメン&いもフライ。 »

2016年7月 3日 (日)

大岳山へ(2016年の第5回目)。

2016年5月21日(土)、大岳山に登ってきました。

メンバーはだぶりんと私。

今年5回目です。

=====================================

8:10頃青梅の家を出ます。

10020160521_080928 ←エレベーターを待つ間に大岳山を撮影。今日も雨の心配は全く無さそうです。

青梅駅前のコンビニでおにぎり・お茶・コーヒーを買います。
すでに到着していただぶりん号に乗せてもらい、8:30御嶽に向けて出発。

8:50頃御嶽ケーブルの滝本駅駐車場に到着。

100dsc01703 ←出発の準備をしている間に緑色が基調の武蔵号(タケゾウ号ではありません)が上っていきました。

往復切符を買い、改札を通り、階段状のホームにならびます。

100dsc01704 ←下りてきた、赤が基調の御嶽号。

5月の奥多摩は登山に最適の季節。
ケーブルも臨時便がどんどん出ます。

100dsc01705 100dsc01706 ←9:10頃出発の臨時便。車内はそれほど混んでいませんでした。

100dsc01707 ←我々は最後尾に乗りました。中間地点でタケゾウ号(いや、武蔵号)とすれ違います。

ケーブル6分乗車で御嶽山駅に到着。

10020160521_091509 ←つぶやき写真用にだぶりんにシャッターを押してもらいました。

100dsc01708 ←御嶽山駅前の広場を「御岳平」と呼びます。藤の花がちょうど見ごろです。100dsc01709

100dsc01710 ←「関東平野を見下ろす」と言いたいのですが、霞んでます。空気が澄んだ日は筑波山まで見えるのですが・・・。

100dsc01711 ←お隣の日の出山。

「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、9:20歩行開始。

100dsc01712 ←青空に突き出たおむすびのような奥の院が見えます。

100dsc01713 ←新緑もいいですが、このあたりは紅葉もいいですよ。

宿坊やビジターセンターのある御師集落を通り抜けようとする頃、道が二つに分かれます。
左に行けば日の出山。
右の急坂を登れば武蔵御嶽神社方面。

100dsc01714 ←右の急坂の途中に樹齢1000年と言われる神代欅が聳え立っています。100dsc01715

100dsc01716 ←急坂を上りきるとそこは通称「土産物屋ストリート」(私が勝手にそう呼んでいます)。

100dsc01717 ←「土産物屋ストリート」を突っ切ると武蔵御嶽神社の階段下に出ます。

100dsc01718 ←階段の途中で左に折れ、長尾平に下りていきます。100dsc01719

100dsc01720 ←9:40、長尾茶屋。店主の川崎さんがすでに店を開けていました。

私「こんちわ~、帰りにまた寄りますんで」
川崎「気をつけて、行ってらっしゃい」

長尾平からロックガーデンに下ります。

100dsc01721 ←クサイチゴ。

100dsc01722 ←ガクウツギ。

100dsc01723 100dsc01724 ←9:58、七代の滝。

100dsc01725 ←藤の花。今が見ごろ。

100dsc01726 ←七代の滝からは鉄階段がいくつか続きます。

100dsc01727 ←現在は「秩父多摩甲斐国立公園」ですが、以前は「「秩父多摩国立公園」でした。

100dsc01728 ←10:11、天狗岩。ザックを下ろし天狗岩に登ってみます。

100dsc01729 ←天狗岩の天辺には小さな天狗様がいます。

100dsc01730 ←天狗岩の天辺から登山道を見下ろします。あとであの辺りからこちらを見た写真を撮りましょう。

100dsc01731

100dsc01732 ←小さな天狗様と大きなだぶりん。

100dsc01733

天狗岩を下りて出発。

100dsc01734 ←先ほど見下ろした登山道から天狗岩を見上げます。

100dsc01735 ←この時期ロックガーデンで見れるヒメレンゲの花。

100dsc01736 ←大きな岩があり、川が流れています。「岩石園」とも呼ばれています。

100dsc01737 100dsc01738 100dsc01739 ←新緑が美しいロックガーデン。今が一番いい季節です。

トイレのある休憩場所で小休止。

100dsc01740 ←ラショウモンカズラ。この花もこの時期ロックガーデンでよく見る花です。

100dsc01741 ←10:47、綾広の滝。

100dsc01742 ←10:51、あずまや。ここがロックガーデン周遊コースの折り返し地点。
大岳山に向かいます。

100dsc01743

100dsc01744 ←あずまやから4~5分登ると涸れた沢を小さな橋で渡ります。

100dsc01745 ←「よ~しここから山に入っていくんだぞ」という感じがして、私が大岳山で一番好きな場所です。

涸れた沢の右岸をエッチラオッチラと登っていきます。

100dsc01746 ←11:12、芥場峠。小休止。

100dsc01747 ←芥場峠のクマ隊長は今日もキリっとしていました。

「滑落注意」と書かれた看板があったりしますが、大岳山は青梅の小学6年生が遠足で登る山です。

11:41、大岳山荘(非営業)前のテラスに到着。

100dsc01748 ←写真真ん中辺りに富士山が見えるはずですが、霞んでいて全くその姿が見えません。

100dsc01749 ←一番奥に丹沢の山並みが見えるはずですが・・・。その手前に生藤山~陣馬山。一番手前の緑の尾根は馬頭刈尾根。

100dsc01750 ←日ノ出イオンモールも霞んでほとんど見えません。空気が澄んでいればスカイツリーまで見えるのですが。

山荘前のテラスでトイレを済ませてから頂上へ向け出発。

100dsc01751 ←大岳山神社の拝殿。

100dsc01752 ←大岳山神社の狛犬はとてもユニークな顔をしています。

100dsc01753 ←左:本殿。右:拝殿。

100dsc01754 ←ミツバツチグリ。

100dsc01755 ←頂上はとてもにぎやかなようです。

100dsc01756 ←11:59、大岳山頂上に到着。標高1266.5m。

100dsc01757 ←コンビニのおにぎりで昼食。食後のコーヒーはこれにしてみました。夏はこれを冷たーくして持っていくといいかもしれません。
これはこれで「至福のひと時」ですが、今日はこのあと「至福のひと時」が2回ほど待っているはず・・・。

100dsc01758 ←右手前:御前山、左奥:三頭山。大岳山と3つ合わせて奥多摩三山と呼びます。

100dsc01759 ←富士山方向を写した写真ですが、霞んでまったく見えません。

100dsc01760 100dsc01761 ←だぶりんと「山川」ポーズで記念写真。身長差が30cm以上あります。大人と子供です。

10020160521_122934 ←出発前に「呟き用」の頂上写真を1枚。

12:32、大岳山頂上をあとにします。

100dsc01762 100dsc01763 ←奥多摩の山は5月の新緑の頃が一番です。

救助隊員2~3名とすれ違う。
隊員「歩けなくなったという女性がいるんですが、大岳山荘付近にいませんでしたか?」
私「大岳山荘に下りていくところの階段状のところに座り込んでいる女性がいましたよ」
隊員「ありがとうございます」
救助隊員は重そうなロープをたくさん腰につけ、汗だくで登っていきました。

100dsc01764 ←「山から人間の世界に戻る」橋。

100dsc01765

100dsc01766 ←天狗の腰掛け杉。

100dsc01767 ←13:54、長尾茶屋。

長尾茶屋店主の川崎さんによると2件救助要請があった様子で、1件は先ほど大岳山荘前で見かけた女性。もう1件は七代の滝付近で足を滑らせて骨折だとか・・・。

10020160521_140520 ←「1杯くらいなら下山までには抜けるだろう」ということで赤ワインで乾杯。これも至福のひと時。

そうこうするうちにロックガーデンの方向からはたくさんの救助隊員が戻ってきます。
どうやらヘリで救助された様子。

1時間ほどで長尾茶屋をあとにします。
ほろ酔いで御嶽山駅まで歩き、15:05頃のケーブルに乗車。

100dsc01768 100dsc01769 ←救助隊員も乗っていました。

100dsc01770 ←中間地点で武蔵号とすれ違います。

6分の乗車で滝本駅へ。
滝本駅の駐車場からだぶりん号で奥多摩「荒澤屋」さんの前まで送ってもらいました。
だぶりんはこのあと都内で用事があるとのことで、名残惜しそうに去っていきました・・・。

100dsc01771 ←荒澤屋の1階に「炉ばた あかべこ」があります。

10020160521_165347 ←奥多摩登山の帰りには是非「あかべこ」へ。美味しい料理・美味しいお酒・梢&貴の笑顔が待っています。

「あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

 クリックしてくださると「あかべこ登山部、7月12日(火)はミズガキ山の予定。平日ですが、どなたかご一緒しませんか。」も喜びます。

« 雌阿寒岳・斜里岳・羅臼岳(速報)。 | トップページ | 大坊山~佐野ラーメン&いもフライ。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/66060681

この記事へのトラックバック一覧です: 大岳山へ(2016年の第5回目)。:

« 雌阿寒岳・斜里岳・羅臼岳(速報)。 | トップページ | 大坊山~佐野ラーメン&いもフライ。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック