« 八甲田山へ(速報)。 | トップページ | 鳥海山へ(2日目・本編)。 »

2016年9月14日 (水)

鳥海山へ(1日目・本編)。

2016年7月17日(日)、鳥海山に登ってきました。

企画はまさとし(上ミノ)。
当初は夜行バスで行き、タクシーで登山口に移動、御室小屋に宿泊、翌日鳥海に登頂後、帰りはJRでという企画でした。

ところがH隊員が新H隊員号を出してくれることになり、行きも帰りも昼行H隊員号でという「節約かつ楽チンな」移動と相成りました。

今日は前日(16日)の様子をお届けしたいと思います。

=====================================

デカ目のザックに山小屋泊用のものを詰め、サブザックに身の周り物のを詰め、4:20頃青梅の家を出ます。

青梅駅前でおにぎりとお茶を買い、青梅発4:35の始発電車に乗り立川まで。
立川で中央線に乗り換え、西国分寺。
武蔵野線で南越谷。
ここまではいつもの通勤経路です。

東武線新越谷まで少し歩き、東武線で館林には7:13到着。

10020160716_071821 ←全員が揃うまで館林駅前で朝飯やコーヒーブレイク。

7:30過ぎ全員が揃い、鉾立駐車場に向けてH隊員号は出発。

サービスエリアやトイレ休憩などしながら、あっという間に日本海側に出ます。
ドライブイン的な道の駅的なところでラーメンの昼食。
H隊員は海鮮丼を注文していました。

14:01、鉾立駐車場に到着。
ここで水を汲んでいく予定でしたが、その水がちょっと黄色い・・・
私は家から水道の水を2リットル持ってきていましたので問題はありませんでしたが。

100dsc02118 ←この方向に鳥海山が見えるはずですが、雲の中です。

100dsc02119 ←登山届けを出し、5名「ファイトー、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、14:25登山口を出発。100dsc02120

100dsc02121

100dsc02122 100dsc02123 ←東雲荘(通称:TDK小屋)が登山口すぐのところにあります。

100dsc02124 ←ホタルブクロ。

100dsc02125 ←最後尾を歩いていたので鉾立展望台に登ってみました。

100dsc02126 ←展望台から見下ろす日本海・・・見えませんが。

100dsc02127 ←ヨツバヒヨドリ。

100dsc02128 100dsc02129 ←少し雲が取れてきたかも。

100dsc02130 ←クガイソウ。

100dsc02131 ←振り返ると鉾立駐車場がちらっと見えました。

100dsc02132 100dsc02133 ←頂上へ続くであろう稜線が見えそうになる。期待がふくらみます。

100dsc02134 ←日本海を振り返るとかすかに飛島が見えます。看板類を除けば初めて風景で旅情を感じました。

100dsc02135 ←秋田から山形に入ります。

100dsc02136 ←ニッコウキスゲ。

100dsc02137 ←マイヅルソウ。

100dsc02138 ←ミヤマツボスミレではないかと思います。

100dsc02139

100dsc02140 ←イワカガミ。

今日は2時間ちょっと歩くだけですし、荷物も大きめだし、花もたくさん咲いてるしでなかなか先に進みません。

100dsc02141 ←ショウジョウバカマ。

100dsc02142 ←ベニバナイチゴ。

100dsc02143 ←ツマトリソウ。

100dsc02144 ←チングルマ。

100dsc02145 ←ニッコウキスゲとシラネニンジン。

100dsc02146 ←ニッコウキスゲやシラネニンジン咲き乱れる中を歩きます。道は素晴らしく歩きやすく整備されています。

100dsc02147 ←この標識の辺りから「賽の河原」という場所です。雨がポツポツ落ちてきました。

100dsc02148 ←雪渓も現れてきました。秋田山形県境の海沿いのしかも山の上、相当遅くまで雪が残る地帯です。

100dsc02149 ←キバナノコマノツメ。

100dsc02150 ←チングルマとイワカガミ。

100dsc02151 100dsc02152 ←雨が降っている割には見通しがききます。これから歩く道が行く手に見えています。

100dsc02153 ←15:35、「賽の河原」の標識。

100dsc02154

100dsc02155 ←雨も止み、振り返ると飛島が見えます。この写真ではわかりにくいと思いますが。

100dsc02156 ←イワイチョウ。

100dsc02157 ←ナナカマドの白い花。

100dsc02158 ←雨は止みましたが、高度が上がるにつれてガスが濃くなってきました。

100dsc02159 ←ヨツバシオガマ。

100dsc02160

100dsc02161 ←ウサギギク。

100dsc02162 ←ハクサンフウロ。

9年前、「日本百名山1周目」の98座目がこの鳥海山でした。
そのときの下りで見たハクサンフウロは一生忘れないと思います。

2007年6月の鳥海山の様子は是非コチラを>>>


100dsc02164 ←ハクサンシャジン。

100dsc02163 100dsc02165 ←16:15頃、御浜小屋に到着。

126_large ←J‐Blueさん撮影。

御浜小屋内部は簡易ではありますが2つに区切られていました。
その奥のほうの手前、カーテンがかかって更衣室代わりに使う部分あたりが我々の区画のようです。

我々は素泊まりです。

100dsc02166 ←酒とつまみを持って小屋の前の石垣の上で宴会開始。

130_large 131_large ←2枚、J‐Blueさん撮影。

寒くなってきましたので、小屋内で宴会を続けます。

酔っ払ってしまう前に小屋番さんに頂上付近の様子をききに行きました。
アイゼンは必要なさそうです。

100dsc02167 ←J‐Blueさんの水筒の中身は日本酒、赤霧島は私が担いでいきました。

小屋の夕食を頼んでいた登山者はお盆に乗った夕食一式を床に置いて我々の横で食べていました。

100dsc02168 100dsc02169 ←20時頃、外に出てみると象潟の街の明かりが見えました。

135_large ←J‐Blueさんの1眼で撮影した象潟の夜景。

H隊員が寝てしまい、続いてJ‐Blueさん。
ジュニア・まさとし・私の3人で飲み続けます。

20:30頃、歯を磨いてから就寝したと思います。たぶん・・・。

「鳥海山へ(2日目・本編)。」へ続く>>>

 クリックしてくださると「この秋は雨が多いですなぁ・・・。」も喜びます。

« 八甲田山へ(速報)。 | トップページ | 鳥海山へ(2日目・本編)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

その節はお疲れさんでした~
初日は大した雨に降られず、高山植物も見られてよかったなあ~~happy01

H隊員、
運転お疲れ山でした。
とても楽チンで助かりました。
「2日目」の日記もすぐアップするからよろしく哀愁!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/67373343

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山へ(1日目・本編)。:

« 八甲田山へ(速報)。 | トップページ | 鳥海山へ(2日目・本編)。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック