« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

大岳山へ(2016年の第6回目)。

2016年8月13日(土)、ジュニアさんと大岳山に行ってきました。

7:40頃、小さいザックに必要最小限のものだけを詰めて青梅の家を出ます。

10020160813_074044 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山方向。頂上は見えていません。夏の間はこういうことが多いです。予報は晴れでも頂上はなかなか見えません。

7:49青梅発のホリデー快速に乗ります。
次の停車駅は御嶽駅です。
8:06御嶽駅着。

改札を出て左、建物のすぐ外の地図看板の前で待っていると間もなくジュニアさんの顔が見えました。

御嶽駅前のバス停は列をなしていましたが、2台目のバスに乗れました。
8:10頃御嶽駅前発。

10分ほどバスに揺られ、「ケーブル下」バス停に到着。
3分ほど舗装の坂道を上り、ケーブル滝本駅へ。
ケーブルの往復切符を買い、改札へ進みます。

10020160813_082949 ←8:30発のケーブルカーは武蔵号(タケゾウ号ではありません)。

ケーブルカーはほぼ満員で滝本駅を出発。

6分ほどの乗車でケーブル御嶽山駅に到着。

100dsc02392 ←「関東平野を見下ろす」と言いたいところですが、遠くの方は霞んでしまい全く見えません。

100dsc02393 ←お隣の日の出山。

トイレを済ませ、軽く準備運動をしてから8:45歩行開始。

100dsc02394 100dsc02395 ←「レンゲショウマ祭り」開催中、というか8月の御嶽山はレンゲショウマが咲く季節です。
まずはレンゲショウマ群生地へ。

100dsc02396 100dsc02397 100dsc02398 100dsc02399

10020160813_085044 10020160813_085103 10020160813_085343_hdr 10020160813_085343

通常の参道に戻ります。

宿坊やビジターセンターなどがある御師集落を通り、武蔵御嶽神社への道を進みます。

100dsc02400 ←道が二手に分かれ、右の急坂を登れば神社への道。左の道は日の出山へ向かう道。
右の急坂の途中に樹齢1000年と言われる神代欅が聳え立っています。100dsc02401

100dsc02402 ←急坂を登りきると、通称「土産物屋ストリート」。私が勝手にそう呼んでいるだけです。

100dsc02403 ←ストリートを突っ切ると武蔵御嶽神社の階段です。

100dsc02404 100dsc02405 ←階段の途中で左に折れ、大岳山に向かいます。

100dsc02406 ←9:14長尾平。店主の川崎さんがすでに茶屋を開けていました。
帰りに寄る予定です。

世の中はお盆休みの真っ最中の8月13日、土曜日です。
ジュニアさんも私も半ズボン。
山に登る前から頭の中はほとんどワインとビールで占められていると言っても過言ではありません。

100dsc02407 ←天狗の腰掛け杉。

100dsc02408 ←9月下旬にはトイレ完成するようです。

100dsc02409 ←9:38、水場で小休止。

100dsc02410 ←水場の少し上にあずまやがあります。ロックガーデン周遊の折り返し地点です。
ここから先はグッと人が少なくなります。

100dsc02411 ←タマアジサイ。

100dsc02412 ←あずまやから4~5分上がったところに小さな橋があり、ほとんど涸れた沢を渡ります。
「ここから獣の世界」「ここまでは人間の世界」という気がして大岳山で私が一番好きな場所です。100dsc02413

100dsc02414 ←ソバナ。

100dsc02416 ←9:57、芥場峠で小休止。

100dsc02415 ←前回来たときまではここの「クマ隊長」の看板があったのですが、どこかに行ってしまったようです。とても寂しい気分です・・・。

100dsc02417 ←高度が上がるにつれ、ガスガスの中となります。

100dsc02418 ←大岳山荘(非営業)前で小休止。
トイレ掃除に上がってきてるようです。

100dsc02419 Dsc02420_4 Dsc02421 ←大岳山神社。狛犬の顔がユニークです。

10020160813_110223 Dsc02422 ←10:48、大岳山頂上に到着。

おにぎりやカップ麺の昼食。

Dsc02423 ←景色はまっ白、何も見えません。

Dsc02424 Dsc02425 ←出発前におっさん二人で「山川」ポーズ。

11:21、大岳山頂上をあとにします。

Dsc02426

Dsc02427 ←ソバナ。

12:03、芥場峠。

Dsc02428 Dsc02429 ←「人間の世界」に戻っていきます。

12:24、水場。小休止。

Dsc02430 10020160813_130537 ←12:48、長尾平。長尾茶屋は「命かけて 営業中」です。

10020160813_125123 ←店主の川崎さんに挨拶し、ワインを1杯飲んで長尾茶屋をあとにします。

Dsc02431 ←長尾茶屋と道をはさんで「長谷川恒男顕彰碑」がたっています。ハセツネの没後20周年を記念してここにたてられたものです。
ちなみに長尾平(長尾茶屋)は「ハセツネカップ」の第3チェックポイントになっています。

10020160813_134248 ←下りも御嶽号でした。

Dsc02432_2 Dsc02433_2

滝本駅では御岳登山鉄道の仲田社長が出迎えてくれました。

10020160813_135718 ←出張出店中の「ビアバテレ」前にて仲田社長と。10020160813_141628

10020160813_135920 ←奥多摩で作っているいわゆる「クラフトビール」です。

濃い1杯を飲み干したら、バス・JRで移動し河辺駅まで。
梅の湯で汗を流し、福生に移動。

10020160813_163308 ←16時から営業している福生駅前の「や台や」にて最終反省会開始。
ジュニアさんと2時間、サシで飲みました

 クリックしてくださると「そろそろ奥多摩の紅葉(黄葉)が見ごろです。奥多摩におでかけになりませんか?反省会は奥多摩駅近く『炉ばた あかべこ』で。も喜びます。

2016年10月26日 (水)

塩見岳へ(3日目・本編)。



「塩見岳へ(2日目・本編)。」から続く>>>

2016年8月5~7日、2泊3日 12名で塩見岳に登ってきました。

今日は「3日目」下山編です。

=====================================

我々メンバーのうち7名は三伏峠小屋の2階の一部屋に寝泊りしていたわけですが、その部屋に昨日は親子3名のパーティが一緒になりました。

その親子3名パーティはまだ真っ暗な午前3時頃出発していきましたが、ガサともゴソとも言わず静かに出ていったのが感動的でさえありました。

4:00起床。

小屋前の自炊場でラーメンを煮て食べます。
今朝はやつさん・トモピ・私以外のメンバーは小屋食を頼んだようです。

209_large ←5時頃、小屋前から見た塩見岳。J-Blueさん撮影。

部屋を片付け、荷物を整理して6時小屋前に集合。

242_large 243_large ←出発前に小屋前にて「山川」ポーズで記念撮影。サコー岳園長カメラ。

6:06、下山開始。

10020160807_060728 ←小屋前に咲いていたトリカブト。

10020160807_061248 ←右端は塩見岳、左の方に仙丈と甲斐駒が見えます。頂上アタックには昨日より今日の方がよかったですね。言ってみても仕方のにことですが。

10020160807_063150 ←今日も先頭はJ-Blueさん。しんがりは私です。

213_large ←J-Blueさん撮影。

10020160807_063302 ←中央アルプスがクッキリと見えています。

10020160807_064417 ←一つ前の写真の少し右が写っています。中央アルプスの右に御嶽山や乗鞍が見えます。

10020160807_065159 ←ほとけの清水で小休止。

10020160807_075159 ←斜面にシカが食わないマルバダケブキが咲いています。

244_large ←J-Blueさん撮影。

215_large_2 ←サラシナショウマ。J-Blueさん撮影。

219_large ←ミヤマオダマキ。J-Blueさん撮影。

昨日大荷物に木をくくりつけていたお姉さんがほぼ空の荷物を背負って軽快に下っていきました。
「トミー」という名札を首からぶら下げていたので、
私「あっ、トミーさんだ」と、声をかけておきました。

10020160807_075248 ←ホタルブクロ。

10020160807_075339 ←キオン。

10020160807_081339 10020160807_081825 ←センジュガンピ。
心はまた9年前に吸い込まれていきます。

2007年7月の塩見岳登山の話は是非コチラを>>>

10020160807_082957 ←8:29、鳥倉登山口に到着。

220_large ←J-Blueさん撮影。

舗装された林道をゲートまで歩きます。

10020160807_085127 ←キツリフネ。

9:08頃ゲート着。
まさとし(上ミノ)が手配してあったジャンボタクシーに9名乗りこみ、あさがお・トモピはやつさん号の荷台に乗ります。

まず、行きのタクシーで紹介された七椙神社(ナナスギジンジャ)に行ってみます。

222_large 226_large ←2枚、J-Blueさん撮影

13729124_1729645787286347_312793629 ←松川町のマルモタクシーさん撮影。

このあと松川町の中心街に行き、七椙神社のお札を買う人数名有。
マルモタクシー本社に寄り、入浴券をいただく。

そしてお待ちかね、温泉へ向かいます。

10020160807_105849 ←11時少し前、「信州まつかわ温泉 清流苑」に到着。10020160807_105919

お風呂で3日分の汗を流した後はそのまま清流苑のレストランで昼ごはん(反省会一次会?)。

10020160807_120535 10020160807_122648

10020160807_110151 ←お昼の後は休憩室に移動して昼寝する人、ちびちび飲み続ける人(私のことです)。

やがてタクシーの迎えの時間が来て、清流苑前にて記念撮影。

245_large 246_large ←サコー岳園長カメラにて。マルモタクシーさんがシャッターを押してくれました。

やつさんとは松川インターでお別れ。

227_large ←松川インターバス停にて。J-Blueさん撮影。

15:13発のバスは立川行きです。
車内はトイレもありますので、飲兵衛チームはさらに飲み続けます。
しかし中央高速はいつもの渋滞。
順調ならば「餃子のニューヨーク」に行くはずでしたが、有志のみで立川南口AREAREAの1と2の間にあるビルの4階「いか天国」にて〆の反省会。
もちろんイカを食べたはずですが、板前さんの素晴らしいリーゼントを覚えているだけであまり記憶がありません・・・。

まさとし、ナイス企画でした。

 クリックしてくださると「塩見岳で日本百名山2周目はあと9座。このあと悪沢・赤石・八甲田・雨飾に登りましたので10月26日現在あと5座です。幌尻・恵那・甲斐駒・鳳凰・大山。お誘いお待ちしております。も喜びます。

2016年10月19日 (水)

塩見岳へ(2日目・本編)。



「塩見岳へ(1日目・本編)。」から続く>>>

2016年8月5~7日、2泊3日 12名で塩見岳に登ってきました。

今日は「2日目」塩見岳アタック編です。

=====================================

8月6日(土)3:00起床。

玄関脇の自炊コーナーでラーメンをゆでて食べますこれが朝食です。
出発が早いので今朝は皆自炊です。
メンバーは皆ここで各自いろんなものを食べて朝食としています。
食後にもう一度お湯を沸かし、コーヒーを淹れます。
旅に出ると何故か朝のコーヒーが美味い。
「至福のひと時」です。

三伏峠小屋の2階の部屋に戻り、サブザックに必要なものを詰め、玄関前に集合。
小屋の前から塩見の雄姿が見えます。

160_large ←J-Blueさん撮影。あそこの天辺まで行きます。

小屋の前に大きな荷物を背負った単独行らしき女性がいました。
何故か大きな木を荷物の天辺にくくりつけています。
我々より先に出発していきました。

4:40、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れて小屋前を出発。

今日も先頭はJ-Blueさん。
しんがりを私が歩きます。

10020160806_045823 ←4:57、三伏山。

10020160806_045832 ←三伏山から見た塩見岳。

10020160806_052154 ←トモエシオガマ。

10020160806_052236

10020160806_052354 ←ウメバチソウ。

10020160806_052511 ←タカネマツムシソウ。

10020160806_053152 ←のぞき岩から見下ろした景色はとても怖くてカメラを向けられませんでした。
実は高所恐怖症です。

116_large ←さなリーダー撮影。

10020160806_053437 ←ミネウスユキソウ。

10020160806_053844

10020160806_054547 ←キオン。

10020160806_055516 ←左から仙丈・甲斐駒・北岳・間ノ岳。今日は天気に恵まれました。

10020160806_055528 10020160806_055542 ←5:53、本谷山。小休止。

10020160806_055553 ←磯辺餅を取り出すまさとし(上ミノ)。後ろでYMDがアルファ米の御飯を食べています。

10020160806_064211 ←ウラジロナナカマド。朝露が葉の上に乗っています。

10020160806_073554

10020160806_074223 ←7:42、塩見新道への分岐。

10020160806_074632 ←歩いてきた方向を振り返ります。右から三伏岳・烏帽子岳・前小河内岳。

10020160806_075236 ←中央アルプスが全部見えます。北(右)の方に木曽駒、真ん中辺りに空木岳、百間ナギの左に南駒ヶ岳。

10020160806_075249 ←左から仙丈・甲斐駒・北岳・間ノ岳・西農鳥岳。雲ひとつない快晴です。

10020160806_080109 ←塩見小屋の荷揚げ(荷下ろし)に飛んできたヘリコプター。

180_large ←J-Blueさん撮影。

10020160806_080203 ←8:02、塩見小屋。小屋の前にはスタッフが何名か出ていて「ヘリが来るのでこの先に休む場所があるからそこまで行ってください」と言っています。

我々メンバーのうち、半分くらいは小屋の先に行きましたが、私を含む半分くらいは小屋内でヘリをやり過ごすことにしました。
小屋で携帯トイレを買ってトイレに行く人もいました。

1台ヘリをやり過ごしたところで先行部隊の待つ場所へ。
ここで小休止。エネルギー補給。

10020160806_082814 ←さぁ、頂上アタック。急登が始まります。

10020160806_083104 ←振り返ると2回目のヘリがやってきました。こういう天気のいい日のフライトは景色も最高で楽しいでしょうね。

10020160806_083118

10020160806_084113 ←イワツメクサ。

10020160806_090051 10020160806_090134 ←チシマギキョウ。

10020160806_090502 ←頂上が見えてきました。

10020160806_090532 ←タカネツメクサ。

10020160806_092059 ←シコタンソウ。

10020160806_092510_2 ←イワオウギ。

10020160806_092604_2 ←チシマギキョウとミヤマコゴメグサ。

10020160806_092618_2 ←タカネニガナ。

10020160806_092831 ←タカネシオガマ。

10020160806_092904 ←ミヤマダイコンソウ。

10020160806_093511 ←相変わらずの急登が続きます。

10020160806_093628 ←イワベンケイ。

10020160806_094246 ←チシマギキョウの紫に癒されます。

10020160806_094618 ←9:45、塩見岳西峰。標高3047m。三角点は西峰にあります。

10020160806_094634

10020160806_094701 10020160806_094705 ←西峰で「山川」ポーズ。

ザックを西峰に置いて東峰に向かいます。

10020160806_095422 10020160806_095425 ←東峰でも「山川」。

10020160806_095514 ←左から仙丈・甲斐駒・北岳が雲に隠れ・間ノ岳・西農鳥岳。
仙塩尾根が右から仙丈方面に伸びています。
熊ノ平小屋に一度泊まってみたいと思っているのですが・・・。

10020160806_095529 ←悪沢・中岳・赤石。南アルプス南部です。

10020160806_095559 ←東峰から見た西峰。

西峰に戻ります。

お湯を沸かし昼飯にします。
カップラーメンの人、アルファ米の人、パンの人(私)、それぞれのお昼メニューです。
私は途中でドリンクゼリーをチューチューしていましたのでこれで大丈夫。

236_large 237_large ←なご太郎カメラにて記念撮影。おなじみ「山川」ポーズ。

10:31、塩見岳西峰をあとにします。

10020160806_103310 ←南アルプス北部。少し先ほどより雲が出てきました。

10020160806_103320 10020160806_103657 10020160806_105124

10020160806_110306 ←塩見岳頂上をふりあおぐ。なかなかの急登です。

10020160806_111915 ←稜線を雲が越えていきます。アルプスらしい眺めです。

10020160806_113329 ←双耳峰みたいに見えていますが、右の岩峰は頂上ではありません。

10020160806_113614 10020160806_113641 ←11:35、塩見小屋着。体調不良のメンバーがいたので2班に分け、先のチームはサコー岳園長隊長で先行してもらいます。

塩見小屋は建て替えをして今年7月1日から営業開始しています。
受付には三伏峠小屋で朝見たザックに大きな木をくくりつけていたお姉さんが座っていました。

私「荷物の一番上にあった木は何のための木ですか?」
お姉さん「看板をとりつけるのに使ってもらおうかなと・・・」

セルフの紅茶を飲んだり、新しくなった小屋の寝床(2段のカイコ棚でした)を見学したり。
長めの休憩をとってから後続部隊(私を含む)も塩見小屋をあとにします。

10020160806_115524

10020160806_115719 ←ウサギギクとヨツバシオガマ。

10020160806_115752 ←今日は4:40出発という早出が効を奏しましたね。

体調不良だったメンバーも元気を取り戻し、先行部隊に追いつきました。

10020160806_124158 ←樹間から塩見岳頂上が見えました。結構な距離を歩いてきた感があります。

10020160806_124319 10020160806_130714

10020160806_134227 ←ゴゼンタチバナ。

10020160806_134625 ←あの岩峰、急登、西峰・東峰、あそこを歩いたんだなぁとの感慨がこみ上げてきます。

10020160806_134634 ←シナノオトギリ。

10020160806_134937 ←ハクサンフウロ。

10020160806_135914 ←タカネグンナイフウロ。

14:31、三伏山。小休止

10020160806_143017 ←三伏山から塩見岳を振り返る。

9年前に日本百名山完登(1周目)を目指して塩見岳に登ったときに、H隊員がボソっとつぶやきました。

H隊員「遥かなる塩見岳・・・」

9年前の詳しい様子は是非コチラを>>>

10020160806_143205 ←三伏峠小屋がもうすぐそこに見えます。

10020160806_143413 ←塩見岳は静岡県と長野県の境にあります。

何名かは三伏沢方面にある水場に向かいました。

10020160806_144254 ←14:44、三伏峠小屋に戻ってきました。

荷物を下ろしてしばらくしたらテントのメンバーも小屋の2階に来て、宴会の始まりです。
間もなく夕食の時間になり、9名ほどは小屋の夕食を食べたようです。

125_large ←さなリーダー撮影。

私はその間も小屋の2階でちびちびと飲み続けます。

255_large 256_large ←夕食が終わってまた宴会の続き。さなリーダーは足のケアに余念がありません。2枚、まさとし撮影。

昨日さ我々だけで使った2階の部屋でしたが、親子3名パーティ(父親母親息子・皆大人)が来てほぼいっぱいになりました。
親子パーティも談笑に加わり、私はじわじわと酔っていき、ちょもやなご太郎に何かちょっかいを出していたとかいないとか・・・。

消灯の時間前には歯を磨いて寝ました、多分。
「明日は6時出発」とまさとしが宣言していたような気がします、多分。

「塩見岳へ(3日目・本編)。」へ続く>>>

 クリックしてくださると「10月22~23日は安達太良山の予定。宴会が楽しみだぁ~。も喜びます。

2016年10月13日 (木)

燕岳、そして、雨飾山へ(速報)。

2016年10月8~10日、2泊3日で燕岳と雨飾山に登ってきました。

メンバーはふかちん&ぴっと氏、味ん子、H隊員、私の5名。

車2台(ぴっと号・新H隊員号)は前日夜から車を飛ばし、常念岳麓の一の沢に集合。
当初は大天荘まで行く予定でしたが、中房温泉に着いた頃から雨が降ってきて、中房~燕山荘(泊)~中房というピストン山行に変更。

100dscn0032 ←10月8日(土)、10時歩行開始。

100dscn0034 ←中房登山口。

100dscn0040 ←第二ベンチにて。何故か五郎丸ポーズのぴっと氏。

100dscn0048 ←13:21、合戦小屋。

100dscn0052 ←寝不足のため体調不良の味ん子のザックをお腹にかかえるH隊員の雄姿。8月に孫が生まれたので最近は「HG様」と呼ばれています。

100dscn0053 ←14:53、燕山荘に到着。

濡れたものを乾燥室に干し、着替えてから自炊室にてビールで乾杯。
とにもかくにも無事到着を祝福しあいます。

少し昼寝してから18時食堂にて夕食。→10020161008_180255

10020161008_184317 ←登山暦42年にて初めての燕山荘、初めて見る赤沼氏のホルン。

夜中にものすごい風が吹き、新館ごと吹き飛ばされるかと思うくらいでした。

100dscn0055 ←10月9日(日)、風雨をものともせず燕岳山頂に向かいます。

100dscn0059 ←写真では見たことのあるイルカ岩。実物の前でピースサイン。

100dscn0063 ←めがね岩。

10020161009_075523 ←7:53、燕岳山頂。標高2763m。

10020161009_075737 10020161009_075744 ←「山川」ポーズで記念撮影。

10020161009_081423 ←小屋に戻る途中、HG様と「フォー」のポーズ。

10020161009_083611 ←8:41、燕山荘を出発。

10020161009_0917251 ←9:17、合戦小屋にて休憩。

10020161009_091939 ←HG様にお汁粉をご馳走になる。

11:51、登山口に戻ってきました。

10020161009_130028 ←しゃくなげの湯でサッパリ。

10020161009_141812 10020161009_143029_hdr ←しゃくなげの湯の食堂で昼食。

10020161009_182533 10020161009_182553 ←この日の宿泊は白馬村の「グラム」。コテージというより「貸別荘」ですね。
大いに騒いでも大丈夫です。
「グラム」のHP↓ ↓ ↓

http://mall.hakubamura.net/gram/index.htm

100dscn0069 ←10月10日(祝)6:42、雨飾高原キャンプ場から出発。駐車場はものすごい数の車であふれていました。

100dscn0071 100dscn0072 ←昨日の雨のせいで道は泥んこ祭り。

100dscn0076

100dscn0083 ←8:11、荒菅沢。

100dscn0088 100dscn0089 ←はしごのある箇所では大渋滞が起きていました。
3連休恐るべしです。

100dscn0092 ←9:43、笹平。

100dscn0093 ←9:50、梶山新湯への分岐。28年前に登った時にはこちらへ下って雨飾山荘に泊まりました。

100dscn0097 ←10:21、雨飾山頂。標高1963m。頂上は大混雑。

100dscn0099 ←順番を待って記念撮影。私たけぱぱは28年ぶり2度目の登頂です。

紅葉の見ごろはまだのようですが、多少の黄葉を楽しみながら泥んこ道を下山。

100dscn0101 100dscn0102

100dscn0105 100dscn0106

100dscn0109 100dscn0110

100dscn0111 100dscn0112 ←13:39、登山口に戻りました。

100dscn0113 100dscn0114 100dscn0115 ←小谷温泉の山田旅館にて入浴。

「道の駅白馬」にて腹ごしらえをして解散。
私はHG様号にて青梅の家まで送ってもらいました。

今回の山行で、たけぱぱの「まだ1度しか登ってない日本百名山」はあと5座となりました。

深Q順で行きますと、

幌尻岳
恵那山
甲斐駒ヶ岳
鳳凰山
大山

幌尻岳に来年登れば2017年中に「日本百名山2周目完登」出来そうです。
「甲斐駒で完登」といきたいと思っています。

 クリックしてくださると「まだ1度しか行ってないお山へのお誘い。お待ちしております。恵那山とか・・・。も喜びます。

2016年10月 5日 (水)

塩見岳へ(1日目・本編)。



2016年8月5~7日、2泊3日 12名で塩見岳に登ってきました。

企画はまさとし(上ミノ)。
昨年(2015年)の秋くらいから考えていたようです。
ジャンボタクシーを使う予定なので、2月に皆に呼びかけて募集を開始。
ジャンボタクシーは9人乗りですが、その区間をバスで来る2名、車で来る1名を加え、計12名での楽しいワイワイ山行となりました。

=====================================

8月5日(金)4:00頃起床。

ネットをチェックしながらデカ目のザックとサブザックに荷物を詰め、5:25頃青梅の家を出ます。

10020160805_052636 ←我が家のあるマンション8階から大岳山を撮影。東京は快晴のようですが、南信州はどうでしょうか。

青梅駅前のコンビニでお茶とおにぎりを買い、5:39発の電車に乗ります。
電車内でおにぎりをもそもそと食べて朝食とします。
立川でモノレールに乗り換えて2駅目=甲州街道駅で下車、6:24。

中央高速の日野バス停には1度だけ降りたことがありますが、ハッキリとは覚えていませんのでスマホで地図アプリを見ながら甲州街道駅まで歩きます。
すぐ着いてしまいました。

バスは7:30発ですので、1時間近く時間があります。
ザックをバス停のベンチに置いてさっき歩いてきた道を戻り、コンビニへ。
コーヒーを買って飲みながらまたバス停に戻ります。

次々と自分が乗らないバスが来て停まります。
運転手がドアを開けて「いいですか?」と訊くのでそのたびに手を振って「乗りません」の意思表示をしなければなりません。
座ってる位置が悪いのだと思い、ベンチの端っこ(一番後ろ)に移動したら運転手と目を合わせることもなく、バスのドアが一瞬開いてすぐ閉まるという状況になってやっとゆっくりコーヒーが飲めました。めでたしめでたし。

やがてまさとし母子(まさとし&トモピ)が来ました。
9:25発予定のバスは少し遅れてやってきました。
窓の向こうにさなリーダーを始め、メンバーの顔が見えました。

バスの横腹にザックを入れてから乗り込みます。
私の席は後ろの方でしたのでメンバーに挨拶・握手してから席に着きます。

双葉SAでトイレ休憩。9:05発。

松川ICのバス停には11時少し前に到着。

マルモタクシーのジャンボタクシーが待ち構えていました。
そう言えばまさとしがバスの中でトイレに隠れてタクシー会社に電話していましたっけ。

タクシーは途中から林道に入り、ぐんぐん登っていき、11:57鳥倉登山口手前のゲート前に到着。

100dsc02355 ←小雨が降っています。とりあえず荷物を持ってゲートの少し先、木の下(まさとしが立っている所)で準備をすることに。

100dsc02356

130_large 131_large ←雨具を着てザックにカバーをかけ、おにぎりなどで少し腹ごしらえしてから歩き出します。2枚、J-Blueさん撮影。

100dsc02357 ←歩き出すとすぐ雨が止みます。大体こんなもんです。「あるある」です。

132_large ←J-Blueさん撮影。

100dsc02358 ←ヨツバヒヨドリに蝶々が二匹とまっていました。是非クリックして拡大して見てみてください。

ところで他の3名ですが、あさがお&トモピは12時松川IC発のバスで追いかけてくる予定。
やつさんは自分の車で先に来て先に三伏小屋のテン場にいるはずです。

100dsc02359 ←黄色のオダマキ。

100dsc02360

100dsc02362 ←13:07、鳥倉登山口着。小休止。100dsc02361

ここで雨具を脱ぎました。
YMDとジュニアさんはテント泊予定。二人は先に登っていきました。
13:15、鳥倉登山口発。

137_large ←ところが歩き出して10分もしないうちに本格的に雨が降ってきました。しまった雨具をまた着ます。J-Blueさん撮影。

100dsc02363 ←登山口から三伏小屋までの行程の10分の1まで歩いたということです。

100dsc02364 ←小雨が降ったり止んだりです。雨具を着たままゆっくりと歩きます。今日は三伏小屋まで上がるだけです。

100dsc02365 ←センジュガンピ。9年前にもここでセンジュガンピを見ました。

2007年7月の塩見岳登山の話は是非コチラを>>>


100dsc02366 ←ヨツバヒヨドリ。

100dsc02367 ←でかいミミズがいました。

100dsc02368

100dsc02369

100dsc02370 ←ギンリョウソウ。

100dsc02371

100dsc02372

100dsc02373 ←何故か雨にはギンリョウソウが似合います。

100dsc02374

100dsc02375 ←カニコウモリ。

100dsc02376

100dsc02377

100dsc02378 ←サラシナショウマ。

100dsc02379 ←15:00頃、半分までやっと来ました。

100dsc02380 ←先頭は最年長のJ-Blueさん。Jさんのペースで歩いていきます。

100dsc02381

100dsc02382 ←ヤグルマソウ。

100dsc02383

100dsc02384 ←ほとけの清水。小休止。

151_large ←J-Blueさん撮影。

100dsc02385 ←ヤマハハコ。

100dsc02386

100dsc02387

100dsc02388

100dsc02389 100dsc02390 ←塩川ルートは2年ほど前から通行止めです。

156_large ←J-Blueさん撮影。

100dsc02391

三伏小屋に着く頃には雨は完全に上がりました。
16:45、三伏小屋に到着。

157_large 158_large 159_large ←3枚、J-Blueさん撮影。

まさとしが受付を済ませている間に乾燥室で雨具を干します。

2階の9~10人くらいが泊まれる部屋を割り当てられました。
あとから人が来なければこの部屋を貸切で使っていいようです。
さなリーダー・なご太郎・まさとし・ J-Blue・サコー・私とあとから来るあさがお君がこの部屋に泊まります。
YMD・ジュニア・ちょも・やつ・トモピはテント組です。

女子が着替え終わり、落ち着いたところで酒とつまみを持ってテント場に行ってみます。
すでにやつさんとYMD・ジュニアはテントを張り終わっていました。
その隣にちょもがテント設営中でしたので、手伝って張り終わったところでそのテントの前で宴会開始。

10020160805_174723 ←まさとしとやつさん。

10020160805_174742 ←なご太郎の後ろにYMD・ジュニア。

10020160805_174753 ←ちょもと私。

やがてあさがお・トモピが到着。
全員が揃ってまた乾杯。

夕食の時間が来たので、何名かは食堂に向かいました。
私はつまみだけで充分なので、部屋でちびちびと飲み続けます。

109_large ←小屋の夕食。さなリーダー撮影。

皆が部屋に戻ってきてからも飲み続けますが、一人布団にもぐり二人目三人目と減っていって消灯の直前には歯を磨いて寝ました。

この続きは「塩見岳へ(2日目・本編)。」を乞う、ご期待!

 クリックしてくださると「10月の連休は燕岳と雨飾山の予定です・・・。も喜びます。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック