« 塩見岳へ(1日目・本編)。 | トップページ | 塩見岳へ(2日目・本編)。 »

2016年10月13日 (木)

燕岳、そして、雨飾山へ(速報)。

2016年10月8~10日、2泊3日で燕岳と雨飾山に登ってきました。

メンバーはふかちん&ぴっと氏、味ん子、H隊員、私の5名。

車2台(ぴっと号・新H隊員号)は前日夜から車を飛ばし、常念岳麓の一の沢に集合。
当初は大天荘まで行く予定でしたが、中房温泉に着いた頃から雨が降ってきて、中房~燕山荘(泊)~中房というピストン山行に変更。

100dscn0032 ←10月8日(土)、10時歩行開始。

100dscn0034 ←中房登山口。

100dscn0040 ←第二ベンチにて。何故か五郎丸ポーズのぴっと氏。

100dscn0048 ←13:21、合戦小屋。

100dscn0052 ←寝不足のため体調不良の味ん子のザックをお腹にかかえるH隊員の雄姿。8月に孫が生まれたので最近は「HG様」と呼ばれています。

100dscn0053 ←14:53、燕山荘に到着。

濡れたものを乾燥室に干し、着替えてから自炊室にてビールで乾杯。
とにもかくにも無事到着を祝福しあいます。

少し昼寝してから18時食堂にて夕食。→10020161008_180255

10020161008_184317 ←登山暦42年にて初めての燕山荘、初めて見る赤沼氏のホルン。

夜中にものすごい風が吹き、新館ごと吹き飛ばされるかと思うくらいでした。

100dscn0055 ←10月9日(日)、風雨をものともせず燕岳山頂に向かいます。

100dscn0059 ←写真では見たことのあるイルカ岩。実物の前でピースサイン。

100dscn0063 ←めがね岩。

10020161009_075523 ←7:53、燕岳山頂。標高2763m。

10020161009_075737 10020161009_075744 ←「山川」ポーズで記念撮影。

10020161009_081423 ←小屋に戻る途中、HG様と「フォー」のポーズ。

10020161009_083611 ←8:41、燕山荘を出発。

10020161009_0917251 ←9:17、合戦小屋にて休憩。

10020161009_091939 ←HG様にお汁粉をご馳走になる。

11:51、登山口に戻ってきました。

10020161009_130028 ←しゃくなげの湯でサッパリ。

10020161009_141812 10020161009_143029_hdr ←しゃくなげの湯の食堂で昼食。

10020161009_182533 10020161009_182553 ←この日の宿泊は白馬村の「グラム」。コテージというより「貸別荘」ですね。
大いに騒いでも大丈夫です。
「グラム」のHP↓ ↓ ↓

http://mall.hakubamura.net/gram/index.htm

100dscn0069 ←10月10日(祝)6:42、雨飾高原キャンプ場から出発。駐車場はものすごい数の車であふれていました。

100dscn0071 100dscn0072 ←昨日の雨のせいで道は泥んこ祭り。

100dscn0076

100dscn0083 ←8:11、荒菅沢。

100dscn0088 100dscn0089 ←はしごのある箇所では大渋滞が起きていました。
3連休恐るべしです。

100dscn0092 ←9:43、笹平。

100dscn0093 ←9:50、梶山新湯への分岐。28年前に登った時にはこちらへ下って雨飾山荘に泊まりました。

100dscn0097 ←10:21、雨飾山頂。標高1963m。頂上は大混雑。

100dscn0099 ←順番を待って記念撮影。私たけぱぱは28年ぶり2度目の登頂です。

紅葉の見ごろはまだのようですが、多少の黄葉を楽しみながら泥んこ道を下山。

100dscn0101 100dscn0102

100dscn0105 100dscn0106

100dscn0109 100dscn0110

100dscn0111 100dscn0112 ←13:39、登山口に戻りました。

100dscn0113 100dscn0114 100dscn0115 ←小谷温泉の山田旅館にて入浴。

「道の駅白馬」にて腹ごしらえをして解散。
私はHG様号にて青梅の家まで送ってもらいました。

今回の山行で、たけぱぱの「まだ1度しか登ってない日本百名山」はあと5座となりました。

深Q順で行きますと、

幌尻岳
恵那山
甲斐駒ヶ岳
鳳凰山
大山

幌尻岳に来年登れば2017年中に「日本百名山2周目完登」出来そうです。
「甲斐駒で完登」といきたいと思っています。

 クリックしてくださると「まだ1度しか行ってないお山へのお誘い。お待ちしております。恵那山とか・・・。も喜びます。

« 塩見岳へ(1日目・本編)。 | トップページ | 塩見岳へ(2日目・本編)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

いや~今回もやっちまったって感じ・・・・
天気は最悪、展望なしおまけに大渋滞。コースも短縮になってしまったしshock

それでも楽しかったね~~
また是非リベンジしたいねsign01

HGさん、
天気がいいに越したことはないが、初めての燕山荘・燕岳、2度目の雨飾山と行けて余は満足ぢゃ。
それにしても燕山荘での夜中のすごい風、雨飾山での大渋滞、なかなか経験できることではないと思うよ。
コテージも楽しかった。
お誘いありがとうございます。
運転もお疲れ様でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/67908884

この記事へのトラックバック一覧です: 燕岳、そして、雨飾山へ(速報)。:

« 塩見岳へ(1日目・本編)。 | トップページ | 塩見岳へ(2日目・本編)。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック