« 燕岳、そして、雨飾山へ(速報)。 | トップページ | 塩見岳へ(3日目・本編)。 »

2016年10月19日 (水)

塩見岳へ(2日目・本編)。



「塩見岳へ(1日目・本編)。」から続く>>>

2016年8月5~7日、2泊3日 12名で塩見岳に登ってきました。

今日は「2日目」塩見岳アタック編です。

=====================================

8月6日(土)3:00起床。

玄関脇の自炊コーナーでラーメンをゆでて食べますこれが朝食です。
出発が早いので今朝は皆自炊です。
メンバーは皆ここで各自いろんなものを食べて朝食としています。
食後にもう一度お湯を沸かし、コーヒーを淹れます。
旅に出ると何故か朝のコーヒーが美味い。
「至福のひと時」です。

三伏峠小屋の2階の部屋に戻り、サブザックに必要なものを詰め、玄関前に集合。
小屋の前から塩見の雄姿が見えます。

160_large ←J-Blueさん撮影。あそこの天辺まで行きます。

小屋の前に大きな荷物を背負った単独行らしき女性がいました。
何故か大きな木を荷物の天辺にくくりつけています。
我々より先に出発していきました。

4:40、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れて小屋前を出発。

今日も先頭はJ-Blueさん。
しんがりを私が歩きます。

10020160806_045823 ←4:57、三伏山。

10020160806_045832 ←三伏山から見た塩見岳。

10020160806_052154 ←トモエシオガマ。

10020160806_052236

10020160806_052354 ←ウメバチソウ。

10020160806_052511 ←タカネマツムシソウ。

10020160806_053152 ←のぞき岩から見下ろした景色はとても怖くてカメラを向けられませんでした。
実は高所恐怖症です。

116_large ←さなリーダー撮影。

10020160806_053437 ←ミネウスユキソウ。

10020160806_053844

10020160806_054547 ←キオン。

10020160806_055516 ←左から仙丈・甲斐駒・北岳・間ノ岳。今日は天気に恵まれました。

10020160806_055528 10020160806_055542 ←5:53、本谷山。小休止。

10020160806_055553 ←磯辺餅を取り出すまさとし(上ミノ)。後ろでYMDがアルファ米の御飯を食べています。

10020160806_064211 ←ウラジロナナカマド。朝露が葉の上に乗っています。

10020160806_073554

10020160806_074223 ←7:42、塩見新道への分岐。

10020160806_074632 ←歩いてきた方向を振り返ります。右から三伏岳・烏帽子岳・前小河内岳。

10020160806_075236 ←中央アルプスが全部見えます。北(右)の方に木曽駒、真ん中辺りに空木岳、百間ナギの左に南駒ヶ岳。

10020160806_075249 ←左から仙丈・甲斐駒・北岳・間ノ岳・西農鳥岳。雲ひとつない快晴です。

10020160806_080109 ←塩見小屋の荷揚げ(荷下ろし)に飛んできたヘリコプター。

180_large ←J-Blueさん撮影。

10020160806_080203 ←8:02、塩見小屋。小屋の前にはスタッフが何名か出ていて「ヘリが来るのでこの先に休む場所があるからそこまで行ってください」と言っています。

我々メンバーのうち、半分くらいは小屋の先に行きましたが、私を含む半分くらいは小屋内でヘリをやり過ごすことにしました。
小屋で携帯トイレを買ってトイレに行く人もいました。

1台ヘリをやり過ごしたところで先行部隊の待つ場所へ。
ここで小休止。エネルギー補給。

10020160806_082814 ←さぁ、頂上アタック。急登が始まります。

10020160806_083104 ←振り返ると2回目のヘリがやってきました。こういう天気のいい日のフライトは景色も最高で楽しいでしょうね。

10020160806_083118

10020160806_084113 ←イワツメクサ。

10020160806_090051 10020160806_090134 ←チシマギキョウ。

10020160806_090502 ←頂上が見えてきました。

10020160806_090532 ←タカネツメクサ。

10020160806_092059 ←シコタンソウ。

10020160806_092510_2 ←イワオウギ。

10020160806_092604_2 ←チシマギキョウとミヤマコゴメグサ。

10020160806_092618_2 ←タカネニガナ。

10020160806_092831 ←タカネシオガマ。

10020160806_092904 ←ミヤマダイコンソウ。

10020160806_093511 ←相変わらずの急登が続きます。

10020160806_093628 ←イワベンケイ。

10020160806_094246 ←チシマギキョウの紫に癒されます。

10020160806_094618 ←9:45、塩見岳西峰。標高3047m。三角点は西峰にあります。

10020160806_094634

10020160806_094701 10020160806_094705 ←西峰で「山川」ポーズ。

ザックを西峰に置いて東峰に向かいます。

10020160806_095422 10020160806_095425 ←東峰でも「山川」。

10020160806_095514 ←左から仙丈・甲斐駒・北岳が雲に隠れ・間ノ岳・西農鳥岳。
仙塩尾根が右から仙丈方面に伸びています。
熊ノ平小屋に一度泊まってみたいと思っているのですが・・・。

10020160806_095529 ←悪沢・中岳・赤石。南アルプス南部です。

10020160806_095559 ←東峰から見た西峰。

西峰に戻ります。

お湯を沸かし昼飯にします。
カップラーメンの人、アルファ米の人、パンの人(私)、それぞれのお昼メニューです。
私は途中でドリンクゼリーをチューチューしていましたのでこれで大丈夫。

236_large 237_large ←なご太郎カメラにて記念撮影。おなじみ「山川」ポーズ。

10:31、塩見岳西峰をあとにします。

10020160806_103310 ←南アルプス北部。少し先ほどより雲が出てきました。

10020160806_103320 10020160806_103657 10020160806_105124

10020160806_110306 ←塩見岳頂上をふりあおぐ。なかなかの急登です。

10020160806_111915 ←稜線を雲が越えていきます。アルプスらしい眺めです。

10020160806_113329 ←双耳峰みたいに見えていますが、右の岩峰は頂上ではありません。

10020160806_113614 10020160806_113641 ←11:35、塩見小屋着。体調不良のメンバーがいたので2班に分け、先のチームはサコー岳園長隊長で先行してもらいます。

塩見小屋は建て替えをして今年7月1日から営業開始しています。
受付には三伏峠小屋で朝見たザックに大きな木をくくりつけていたお姉さんが座っていました。

私「荷物の一番上にあった木は何のための木ですか?」
お姉さん「看板をとりつけるのに使ってもらおうかなと・・・」

セルフの紅茶を飲んだり、新しくなった小屋の寝床(2段のカイコ棚でした)を見学したり。
長めの休憩をとってから後続部隊(私を含む)も塩見小屋をあとにします。

10020160806_115524

10020160806_115719 ←ウサギギクとヨツバシオガマ。

10020160806_115752 ←今日は4:40出発という早出が効を奏しましたね。

体調不良だったメンバーも元気を取り戻し、先行部隊に追いつきました。

10020160806_124158 ←樹間から塩見岳頂上が見えました。結構な距離を歩いてきた感があります。

10020160806_124319 10020160806_130714

10020160806_134227 ←ゴゼンタチバナ。

10020160806_134625 ←あの岩峰、急登、西峰・東峰、あそこを歩いたんだなぁとの感慨がこみ上げてきます。

10020160806_134634 ←シナノオトギリ。

10020160806_134937 ←ハクサンフウロ。

10020160806_135914 ←タカネグンナイフウロ。

14:31、三伏山。小休止

10020160806_143017 ←三伏山から塩見岳を振り返る。

9年前に日本百名山完登(1周目)を目指して塩見岳に登ったときに、H隊員がボソっとつぶやきました。

H隊員「遥かなる塩見岳・・・」

9年前の詳しい様子は是非コチラを>>>

10020160806_143205 ←三伏峠小屋がもうすぐそこに見えます。

10020160806_143413 ←塩見岳は静岡県と長野県の境にあります。

何名かは三伏沢方面にある水場に向かいました。

10020160806_144254 ←14:44、三伏峠小屋に戻ってきました。

荷物を下ろしてしばらくしたらテントのメンバーも小屋の2階に来て、宴会の始まりです。
間もなく夕食の時間になり、9名ほどは小屋の夕食を食べたようです。

125_large ←さなリーダー撮影。

私はその間も小屋の2階でちびちびと飲み続けます。

255_large 256_large ←夕食が終わってまた宴会の続き。さなリーダーは足のケアに余念がありません。2枚、まさとし撮影。

昨日さ我々だけで使った2階の部屋でしたが、親子3名パーティ(父親母親息子・皆大人)が来てほぼいっぱいになりました。
親子パーティも談笑に加わり、私はじわじわと酔っていき、ちょもやなご太郎に何かちょっかいを出していたとかいないとか・・・。

消灯の時間前には歯を磨いて寝ました、多分。
「明日は6時出発」とまさとしが宣言していたような気がします、多分。

「塩見岳へ(3日目・本編)。」へ続く>>>

 クリックしてくださると「10月22~23日は安達太良山の予定。宴会が楽しみだぁ~。も喜びます。

« 燕岳、そして、雨飾山へ(速報)。 | トップページ | 塩見岳へ(3日目・本編)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/67814746

この記事へのトラックバック一覧です: 塩見岳へ(2日目・本編)。:

« 燕岳、そして、雨飾山へ(速報)。 | トップページ | 塩見岳へ(3日目・本編)。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック