« 大岳山へ(2016年の第6回目)。 | トップページ | 悪沢岳(荒川岳)~赤石岳へ(2日目・本編)。 »

2016年11月11日 (金)

悪沢岳(荒川岳)~赤石岳へ(1日目・本編)。

2016年8月20~22日、だぶりんと南アルプス南部=悪沢岳・赤石岳に行ってきました。

今日は前夜=8月19日(金)から20日(土)の行動の様子を書きます。

=====================================

8月19日(金)、埼玉県草加市の事業所で16:10定時に仕事を終えました。
青梅の自宅まで2時間かけて電車で戻ります。
そこから準備をはじめましてちょうど終わった頃、だぶりんから「たけぱぱ城に到着しました」との連絡が。

デカ目のザックと身の周りのものが入ったサブザックを持ってマンション8階から1階に下りていきます。
群馬からやってきただぶりん号にザックを載せて、19:30頃青梅を出発。

まずコンビニに寄ってもらい、明日の行動食用におにぎり・パン、それからビールとつまみを買ってだぶりん号助手席で飲み始めます。

だぶりん号は圏央道から東名に入り、22:20頃、新東名の静岡S.A.で本日の行動は中止、まず車内でプチ宴会を始めます。
ビール・日本酒・焼酎で気持ちよく酔っ払います。
最近だぶりんは初心者向け山登りイベントを立ててがんばっていますので、その話をたっぷりと聞かせてもらいました。

2時間ほど飲んでトイレはすぐそこ、歯を磨いてだぶりん号に戻るとだぶりん号は就寝用にセットされていました。
ぐっすり眠りました。
ありがとう、だぶりん。

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

8月20日(土)、3:20頃起床。

100_20160820_3_42_59 ←まだ真っ暗な中、煌々と輝く新東名静岡S.A.。

おにぎりを一個もそもそと食べて、準備が出来たらすぐ出発。
だぶりん号の就寝セットもテキパキと全て片付けていただき、運転もしていただき、完全におんぶにだっこ状態です。

コンビニに寄り、食料を補充。
一路、畑薙ダムに向かいます。
けっこう山の中をクネクネと飛ばしますので、必死に助手席でその状況に耐えて6:23、畑薙第一ダム夏季臨時駐車場に到着。

だぶりん号に残していく物、ザックに入れて山行に持っていく物、分け終えてトイレに行って準備が出来たら駐車場のすぐ上のバス乗り場へ。

事前の下調べでは7:30にバスが出るはずでしたが、その前に1台出る様子。
一人当たり3000円の「宿泊施設利用券」を買ってバスに乗り込むとすぐ発車。
6:46。

畑薙湖・畑薙大吊橋などを左窓に眺めながら、ウトウトしながら、東俣林道をバスは進んでいきます。

100_20160820_7_56_49 ←7:52、椹島に到着。100_20160820_7_57_14

トイレを済ませ、軽く準備運動をして、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、8:10頃スタート。

100_20160820_8_11_34

100_20160820_8_23_41 ←今日は千枚岳への登山道の途中にある千枚小屋までの行程です。

100_20160820_8_32_32 ←吊橋を渡ります。歩き出して約30分の地点。

雨が降り出してきます。
雨合羽上下を着て歩きます。

100_20160820_10_05_14 ←10:05、雨に打たれながら小休止。パンやおにぎりでエネルギー補給。

100_20160820_10_35_20 ←10:35、小石下。

100_20160820_10_35_32 ←小石下の三角点。標高1586m。

次の写真は13:13の蕨段→100_20160820_13_13_23 100_20160820_13_13_35 ←ここにも三角点。標高2073m。

100_20160820_13_13_44

このあたりからだぶりんの表情がやや苦しげになってきました。

だぶりん「たけぱぱさん、オレ5時間が限界なんすよ」
私「明るいうちに着けばいいよ」

7時間くらいの歩きで千枚小屋の予定でしたが、少々キツイようです。

だぶりんの様子を見てなんとか助けられればと思い、少々ぶっちぎって自分のザックを置き、戻って声をかけてみます。

私「少し持つよ。ザック貸して」
だぶりん「大丈夫です。ゆっくり行けば」

ま、そう言うだろうとは思いました。

100_20160820_14_26_54 ←アキノキリンソウ。雨は一向に止みません・・・。

100_20160820_15_01_43 ←15:00、駒鳥池。

100_20160820_15_16_22 ←静岡県の「北の先っぽ」は全て東海特殊製紙の所有です。山小屋を運営している「東海フォレスト(現・特殊東海フォレスト)」は関連会社ということになります。

100_20160820_15_27_34 100_20160820_15_33_09 ←トリカブトが大量に咲いています。そろそろ千枚小屋が近いようです。10年ぶりの千枚小屋です。

100_20160820_15_36_41 ←15:36、「あと15分」の看板。

もう心配ないだろうと、まただぶりんをぶっちぎって先に小屋に行き、宿泊手続きをしようと思います。

100_20160820_15_51_39 ←15:52、千枚小屋に一足お先に到着。

千枚小屋は2009年に火事で消失。
現在の小屋は2012年に新しく建った小屋です。

雨合羽を脱ぎ、靴を脱ぎ、受付のすぐ横にある乾燥室的な場所に干してから宿泊手続き。
15分ほどしてから疲れきっただぶりん到着。
だぶりんも濡れたものを干し、小屋のスタッフに指定された布団の場所にどっかり腰を下ろしたら早速生ビールで乾杯。

100_20160820_16_47_13 ←缶ビールのほうがもちろん安いわけですが、このときは生ビールにしてよかったと思いましたね。
いろいろと片付けながらだぶりんは日本酒へ、私は焼酎へと進みます。

夕食は2回転。
我々は後の回の18時から。

100_20160820_18_00_50 ←千枚小屋の夕食。私は焼酎をちびちび飲みながら。

夕食後も少し飲みましたが、何しろ二人とも疲れ切っています。
20時頃には寝てしまったはずです・・・多分・・・。

「悪沢岳(荒川岳)~赤石岳へ(2日目・本編)。」へ続く>>>

 クリックしてくださると「今週末(11月中旬)くらいが奥多摩の紅葉のピークかなと・・・。13日も20日も紅葉見にいきますよ。も喜びます。

« 大岳山へ(2016年の第6回目)。 | トップページ | 悪沢岳(荒川岳)~赤石岳へ(2日目・本編)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

お疲れさんでした~
新築なった千枚小屋はどんな感じに変身していたのだろう?
もうあの時のような別棟はなくなってしまっただろうか?

だぶりんは酒担ぎすぎてへばってしまったのかな??

行く前から多少不安がありましたが(飯豊と丹沢の沢でヘタレ歴があるので)、案の定 途中でヘタってしまいました(^^;)
飯豊の時と同じ、丹沢の沢の時と同じく、私は登り5時間までが限界のようです。
飯豊の時のメンバーからはお誘いが来なくなり、丹沢の沢では叱られ、でもたけぱぱさんは「ザックを持ってあげるよ」なんて優しいお言葉!
こんなヘタレを誘ってしまって失敗だったかとは思いますが、おかげさまで初めて南アルプスを縦走することが出来ました。
もういい加減身の程を知ったので、今後は自分の体力に合った山歩きをしたいと思っています。
今回はいい思い出となりました。
ありがとうございました‼︎

HGさん、
「月光荘」かな?
まだあるよ。
千枚小屋の作りはそんなに変わらないんだけど、印象的だったのは玄関や食堂に対し、つながってる宿泊棟が少し角度がついてくっついていたことだね。
居心地はよかったよ。
生ビールが美味かったな。
だぶりんは初心者イベントでがんばってるから応援してやってね。

だぶりんさん、
この前の大菩薩イベント、楽しかったです。
まただぶりんイベント参加させてくださいね。
「ヘタレ状況」も多少はありましたが、あの日は雨も降ってテンション上がらなかったね。
しかし2日目はほぼバッチリだった。
風邪引いてしまった人がいたけどね・・・

早く次のだぶりんイベントに参加したいな~~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/68238711

この記事へのトラックバック一覧です: 悪沢岳(荒川岳)~赤石岳へ(1日目・本編)。:

« 大岳山へ(2016年の第6回目)。 | トップページ | 悪沢岳(荒川岳)~赤石岳へ(2日目・本編)。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック