« 悪沢岳(荒川岳)~赤石岳へ(3日目・本編) | トップページ | 八甲田山へ(2日目・本編)。 »

2016年11月27日 (日)

八甲田山へ(1日目&前哨戦・本編)。

2016年9月2日(金)、八甲田山に行ってきました。

前回登ったのは学生時代、20歳のときですからなんと37年ぶり。

今日はその前に函館に行った話と八甲田登山前日の様子までを書きます。

=====================================

JR東日本の「大人の休日倶楽部・大人の休日パス」の北海道版を購入したのが8月の3日のことでした。
5日間JR東と北が乗り放題の切符です。
この時点で8月の29~30日の休みは決まっておりましたので、少なくとも9月の1日か2日、できれば2日間とも休みを取って一度は北海道へ一度は八甲田へという作戦です。

そしてめでたく9月1~2日の休みも確保したのですが、8月30日に大型台風が東北太平洋岸から上陸するという面倒なことになりました。

8月29日はJRもなんとか動く予想でしたので、30日はあきらめて29日は日帰りで函館に行こうと決めました。

青梅を6時少し前に出て、立川・西国分寺・武蔵浦和で乗り換えて大宮駅へ。
NEWDAYSで酒とつまみを買って東北新幹線のホームに上がります。

10020160829_072616 10020160829_072641 10020160829_073357 ←E4系MAX。これに乗るわけではありません。これが出来たときは「大量輸送」の画期的な車両だったのですが、今はスピードが出ないので邪魔者扱いされているきらいがあります。

10020160829_0740591 ←私の乗る「はやて111号」。E2系です。7:42大宮発。

はやては全車指定ですが、あきらかに席は空いています。
台風のおかげで指定はとらずに来てます。
巡回してきた車掌に「指定持ってない」旨を告げると「3号車4C」を割りあてられました。

10020160829_080036 ←席に着いたらさっそく朝から飲み始めます。これはNEWDAYSで買ったもの。

10020160829_085812 ←ワゴンサービスがまわってきたので缶チュウハイを買って本日2本目。つまみは持ってきたものです。

10:11、盛岡に到着。

10020160829_1031051 ←10:32、はやぶさ5号盛岡発。新青森まではデッキに立ちます。
新青森からは席が空きますし、空いていればすわってよい「特定特急券」扱いです。

12:22、新函館北斗着。

10020160829_1230461 10020160829_123147 ←はこだてライナーは五稜郭しか途中停車しません。833系電車です。12:34発。

12:49函館駅に到着。

10020160829_125619 ←JR北海道の駅には必ずといっていいほど大谷翔平のポスターやら人形やらがいます。

今日函館に来た目的は「イカ刺しを食べること」です。

10020160829_130550 ←函館のマンホールの蓋。やっぱり函館といえばイカなんですね。

10020160829_130906 ←摩周丸。1988年までは現役の青函連絡船でした。私も何度か乗りました。今は繋留されて展示されているだけの状態です。

どの店に入ろうか、函館朝市付近をウロウロした挙句、その昔家族4人で来たときに入った回転寿司がまだ営業してるのを見つけました。
少しさびれて寿司はまわっていません状態です。
カウンターに座ります。

10020160829_132921 ←サッポロクラシック。美味いです。

10020160829_133333 ←活イカ刺しを頼むとおじさんが網ですくってカウンターの中のおばさんに渡し、おばさんが刺身にしてくれました。

おじさんは割とヒマそうですが、カウンターの中のおばさんは完全に一人で調理部門を担当している様子。
他にバイトっぽい青年がひとり。
お客さんは観光客が2~3組。

おじさんはヒマなので台風の話を私にしかけてきます。
おばさんは忙しいながらも「どこから来たの」とか「新幹線の影響はそれほどでも」などと私の相手をしてくれます。

10020160829_134739 ←男山の特別純米。

あと2品くらい刺身を食べて、「また来るね~」とおばさんに挨拶して店を出ます。

18:36新函館北斗発のはやぶさ38号で帰るので、函館滞在は5時間と少し。
晩飯(飲むつもり)も函館でと思っていますので、元町をゆっくり歩くなどという訳にはいきません。

温泉にでもゆっくり浸かって少し酔いを醒ましてからまた駅前に戻って来ようかな・・・。

市電に乗って谷地頭まで。

10020160829_1449541 10020160829_145033 10020160829_145042 10020160829_145135 ←谷地頭は電車の終点=折り返し地点です。

10020160829_145456 ←谷地頭温泉に入ります。
3年前にリニューアルされ、広々とした施設になっていました。
市営だったのが民営化され、サウナも出来ていました。

浴槽はとても大きくてとても熱いお湯もあります。
我慢して熱い方にも入ってみましたが30秒も入っていられません。
サウナにも入ってみました。
料金はこれで370円。
朝6時から営業していますので函館に来たら私は必ずと言っていいほどこの温泉に入ります。

1時間ほどゆっくりしまして温泉を出ます。

10020160829_155605 ←これもマンホールの蓋ということでいいのでしょうか。

「立待岬→」という標識が目に入りました。
距離的に歩いていけそうです。

10020160829_155914 ←啄木一族の墓。37年前にH隊員(HG)などと一緒にこのあたりを歩いたことを思い出します。

10020160829_160211 10020160829_160523 10020160829_160710 ←立待岬。森昌子の歌を思い出す方も多いでしょう。

10020160829_160804 ←はまなすの花が咲いていました。

10020160829_160923 ←立待岬は地図の左の緑の部分(函館山)の下先っちょです。

10020160829_161325 10020160829_161339 ←小雨が降ってきました。海は太平洋です。

10020160829_1631161 ←市電に乗ってまた函館駅前へ。

店の位置を覚えましたので今度は真っ直ぐ先ほどの回転寿司へ(まわってないけど)。
私「(カウンター内のおばさんに)また来ました~」
おばさん「いらっしゃい。よく来たね。」

10020160829_165500 ←まずはサッポロクラシック。

昼のときはおばさんの仕事を前から見る位置でしたが、今度は横から見る位置に座りました。
刺身も海鮮丼も寿司も味噌汁も全部一人でやってます。
とても忙しそうです。

海鮮丼を作ったときにどうみてもホタテを切り過ぎてました。
私「おばさん、そのホタテちょうだい。シャリはいらない」
おばさん「あらそうかい。じゃ100円引いとくからね」

まわってないけど会計は皿でカウントするので、100円安い皿にホタテを盛って差し出してくれました。

10020160829_171128 ←「大雪の蔵」生貯。

10020160829_175506 ←18:01のはこだてライナー。

新函館北斗駅のホームの店で酒とつまみを買って「はやぶさ38号」18:36新函館北斗発に乗ります。

10020160829_183938 ←飲めるだけ飲み続け、23:04東京駅に到着。

中央線・青梅線を乗り継いで青梅に着いたのが翌日0:30頃。
翌日は一歩も家から出ず、TVで台風の状況を監視およびネット三昧でした。

=====================================

8月31日は通常通り仕事をしました。

9月1日(木)4:35、青梅始発の電車に乗ります。
立川・西国分寺・武蔵浦和で乗り換えて、大宮に6:04着。

もう書かなくてもお分かりかとは思いますが、酒とつまみを買います。
新幹線ホームに上がり、やってくるいろんな新幹線車両を眺めているだけでテンションが上がってきます。

10020160901_061525 ←今回は通しで指定券が取れました。8月29日は「大人の休日パス」の使用開始日(有効期間初日)だったので指定がなかなか取れなかったようです。

10020160901_065652 10020160901_065706 10020160901_065719 ←はやぶさ1号はこまち1号との連結で盛岡まで走ります。盛岡で秋田行きの「こまち」を切り離します。

10020160901_070411 ←さっそく朝からプシューッをやります。

もう一本くらいは飲んだと思いますが、写真はありません・・・。

10020160901_095101 ←9:50、新青森着。

10020160901_0955241 ←9:58発の青森行き奥羽本線クハ701系。

10:04、青森駅に到着。

さて青森駅に着いたはいいものの、バスの時間までは4時間近くあります。

まず明日の新幹線のきっぷを取ります。
ここでもう一度解説しておきますと、「大人の休日倶楽部パス・北海道版」は5日間JR東日本と北海道が乗り放題で、指定も6回取れます。
大変お得なきっぷです。
今回は「北海道新幹線開業記念」ということの発売。
8月29日が開始使用日でした。
私はたまたま8月29~30日、一日おいて、9月1~2日休みが取れたのでこの切符を有効に活用出来ると言う訳です。

明日の「はやぶさ24号」の指定が無事取れました。

次に、酸ヶ湯行きの送迎バスが出る場所を確認しておきます。
駅から程近い「アウガ」というショッピングビルの裏手にありました。

さてあとは昼飯くらいしかすることがありませんが、まだ時間が早い。
先日摩周丸を見たことですし、八甲田丸を見に行くことにします。

10020160901_112443 ←連絡線に貨物車両を入れる為の稼動橋です。

10020160901_112559 ←動かなくなってから28年経っているのですが、綺麗に塗装されたばかりのようです。

10020160901_112839 ←八甲田丸にも当然何度か乗ったことがあります。その節はお世話になりました、と心の中でつぶやきます。

「青森県観光物産館アスパム」に行ってみます。

10020160901_120106 ←青森に行ったことのある方はご存知でしょう、この三角の建物。

11:30はまわっていましたので「何かちょうどいい店はないか」と探しましたが、比較的観光客向けの少々高めの設定のお店しかない様子。

10020160901_114903 ←津軽三味線を2曲ほどききました。

青森駅前に戻ります。
「アウガ」の地下の大きな海鮮居酒屋が良さげだったので、入り口で「刺身も注文できますよね?」と確認して席に着いたのですが、この時間は海鮮丼しかできないとのこと。
「ならばやめます」
と、この店はお茶を飲みましたけど外へ出ました。

ブラブラ歩いているうちに「居酒屋の昼間からランチ営業やってます」的な店のメニューに刺身があったので、そこに入りました。
「刺身できますよね?」
バイトらしい店員が奥に聞きにいって「大丈夫です」とのこと。
ランチのお客さんもそこそこ入ってますので味と値段のほうも大丈夫でしょう。

10020160901_122739 ←まずは生ビール。これを書いてるのは11月下旬ですが、このときは9月1日ですからね。冷たいビールが美味くないわけはありません。

10020160901_122910 ←予定どおり刺身を頼みました。美味くて安かったです。

10020160901_124653 ←生ビールだけで終わっては美味しい刺身に失礼です。「ねぶた」という純米の生貯を美味しくいただきました。

ほろ酔いで「アウガ」裏手の送迎バス発着所へ。

バスの運転手さんに「○○です」と言うと、
「○○さんですね。14時出発です。席は自由席になってますので」

10020160901_1342391_2 ←最初はこのくらいでしたが、発車間際になると60%くらいの乗車率になります。
どうやら従業員の送迎も兼ねているようです。

10020160901_1448261_2 10020160901_144921_2 10020160901_1449331_2 ←途中で「かやの茶屋」に寄ります。荷物を下ろしたり載せたり、トイレ休憩も兼ねています。酸ヶ湯温泉の経営の茶屋なのです。

10020160901_151107_hdr ←15:10、酸ヶ湯温泉に到着。

順番に案内しますのでソファーに座って待っていてくださいとのこと。
やがて私の順番が来て、スタッフの女性に、温泉の場所・時間、売店の場所、自炊場、トイレの場所などを案内されたあと部屋へ通されます。

私は自炊棟で素泊まりという一番安い客ですが、酒とつまみは売店で買おうと思って飲み物食べ物はほとんど持ってきていません。
部屋にザックを置いてまずは売店に行きます。
酒とつまみ、行動食のパン、明日の朝飯用のカップ麺、ゆでたまごなどを買います。

次にゆかたに着替え、千人風呂へ行きます。
静かにゆっくりと熱めの温泉に浸かります。
混浴の広い浴槽ですが、おじさんしかいません。
打たせ湯に打たれ、さらに熱めの湯にも浸かってみます。

たっぷりと温泉に浸かり、部屋に戻ります。
まずビールを飲みたいわけですが、酒に酔う前に精算をしておきたい。
明日は早出をして八甲田に登り、また旅館には戻りますが、チェックアウト時間の10時だとまだ山を歩いているはずなので。

財布を持ってまずフロントに行きます。
私「明日朝早く山に登るんで、今精算したいんですけど・・・」
フロントのお兄さん「明日でいいですよ」
私「朝5時くらいに出ちゃうんです。また温泉に入りたいんでここに戻ってきますけどね」
兄「だったら戻って来られたときでいいです」
私「山に不要な荷物とかを置くところありますか」
兄「貴重品以外はあそこの待合室に置いておいていただいてけっこうです」

そういうことなのでお言葉に甘えて精算は明日にすることになり、自販機で発泡酒を買って部屋に戻りました。

10020160901_163432 ←テレビを見ながら座椅子に背を預け、発泡酒を飲みます。

10020160901_163708 ←ゆで卵、今日は2個食べて1個は明日の新幹線で食べようと思います。

19時からTVでサッカーが始まりました。
男子サッカー日本対イラクです。
非常に最低な試合でした。
一人部屋でTVに向かって「もうサッカーなんてやめちゃえ!」と毒づきながら最後まで見てしまいました。

ここは電波が通じませんでした。
(キャリアは某SBです)

面白いTVがないともうすることがありません。
焼酎も飲んでましたので本当は酔って温泉に行ってはいけないんでしょうが、内湯の温泉にザブンと入ってから寝ました。

「八甲田山へ(2日目・本編)。」へ続く>>>

 クリックしてくださると「ただいまラーメンイベントから帰ってきました。楽しかった~。も喜びます。

« 悪沢岳(荒川岳)~赤石岳へ(3日目・本編) | トップページ | 八甲田山へ(2日目・本編)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/68589920

この記事へのトラックバック一覧です: 八甲田山へ(1日目&前哨戦・本編)。:

« 悪沢岳(荒川岳)~赤石岳へ(3日目・本編) | トップページ | 八甲田山へ(2日目・本編)。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック