« 高尾山ビアマウントへ(9月29日)。 | トップページ | 雲取山へ(速報)。 »

2016年12月22日 (木)

燕岳、そして、雨飾山へ(1日目・本編)。

2016年10月8~10日、2泊3日で燕岳と雨飾山に登ってきました。

メンバーはふかちん&ぴっと氏、味ん子、H隊員、私、の5名。

今日は1日目、中房温泉~燕山荘までの日記を書きます。

=====================================

ぴっと号は新宿から、新H隊員号は佐野から青梅で私を拾い、前日夜から車を飛ばし、常念岳麓の一ノ沢に集合。

10月8日(土)朝、翌日は大天荘まで行く予定でしたので、ぴっと号を一ノ沢に残し新H隊員号で中房温泉に5名で移動。
着いた頃から雨が降ってきて、

「これは止みそうにない」ということで、
中房~燕山荘(泊)~中房というピストン山行に変更。
一ノ沢に戻りぴっと号をピックアップ。
今度は中房温泉に2台で移動。

止まない雨の中、雨合羽を着てザックにカバーを掛け、10時に出発。

100dscn0032 ←10月8日(土)、10時歩行開始。100dscn0033

128_large ←H隊員撮影。

100dscn0034 ←10:09、中房登山口。

129_large ←H隊員撮影。

雨ですが、世の中は三連休。
かなりたくさんの登山者が登山口にいましたし、天候の悪化を見てでしょうか結構な数の下山者とすれ違います。

100dscn0035

100dscn0036 ←10:46、第一ベンチ。小休止。

131_large ←H隊員撮影。

100dscn0037

100dscn0038 ←「紅葉も少し始まってるよ」の図。

100dscn0039 ←11:18、第二ベンチ。

100dscn0040 ←第2ベンチにて。何故か五郎丸ポーズのぴっと氏。

雨は小降りになったりはしますが、止むことはありません。

100dscn0041 ←12:04、第三ベンチ。ここでようやく今日の行程の半分消化。

100dscn0042

100dscn0046 ←12:43、富士見ベンチ。

100dscn0047 ←合戦小屋まであと5分。

100dscn0048 ←13:21、合戦小屋。

136_large ←H隊員撮影。

小屋の外のあずまやの三方に厚めのビニールシートを張り風除けにしてある場所で皆さんが休んでいました。
我々もそこの一画にお邪魔してカップ麺などで遅めの昼食。

100dscn0049 100dscn0050 100dscn0051←燕山荘まではあと1.3km。

100dscn0052 ←寝不足のため体調不良の味ん子のザックをお腹にかかえるH隊員の雄姿。8月に孫が生まれたので最近は「HG様」と呼ばれています。

100dscn0053 ←14:53、燕山荘に到着。

濡れたものを乾燥室に干し、着替えてから自炊室にてビールで乾杯。
とにもかくにも無事到着を祝福しあいます。

少し昼寝してから18時食堂にて夕食。→10020161008_180255

10020161008_182239 ←夕食後そのままの位置で燕山荘グループ代表の赤沼氏のガイダンスを聞きます。

10020161008_184317 10020161008_184322 ←登山暦42年にて初めての燕山荘、初めて見る赤沼氏のホルン。

寝る場所は食堂やフロントの位置からはかなり離れた位置の新館にあります。
「上に上に」と建て増していったものでしょう。

私は焼酎をちびちびと飲んでいましたが、あとの4人はすぐ眠りに入った様子。
私も布団にもぐりますが、なかなか眠れません。
先ほどから通路の向こうのスペースが布団だけあって誰も寝ていなかったので、そこへ静かに移動。
その途端に睡魔が襲ってきました。

夜中にものすごい風が吹き、止んだかと思うと突然の突風。
新館ごと吹き飛ばされるかと思うくらいでした。

この続きは「燕岳、そして、雨飾山へ(2日目・本編)。」を乞う、ご期待!

 クリックしてくださると「宴会続きの12月。まだまだ飲みます。も喜びます。

« 高尾山ビアマウントへ(9月29日)。 | トップページ | 雲取山へ(速報)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

日記アップしてくれて有難う~
滅多に山に行かないのだから、せめて晴れてほしいと思うのは贅沢なのでしょうか?
まあよく雨が降ってくれるもんだ・・・
ぜひ今度は晴れた日にちゃんと表銀座を歩きたいよ~~weep

H隊員、
雨は覚悟してるからダイジだよ~。
オイラとしては高校生時分からの憧れだった燕山荘に泊まれて満足じゃ。
今度は天気のいい日にあのテラスみたいな空間でワインなぞ飲んでみたいなぁ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/68945474

この記事へのトラックバック一覧です: 燕岳、そして、雨飾山へ(1日目・本編)。:

« 高尾山ビアマウントへ(9月29日)。 | トップページ | 雲取山へ(速報)。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック