« 荒澤夫妻と大岳山へ(2016年10月)。 | トップページ | 紅葉の吾妻山~安達太良山(2016年10月・1日目) »

2017年2月22日 (水)

大菩薩嶺へ、2016年10月15日。

2016年10月15日(土)、大菩薩嶺に登ってきました。

メンバーは7名。
企画はだぶりん。
だぶりん企画のイベントに参加するのは私も初めてです。

5:20頃、青梅の家を出ます。

青梅駅前のコンビニでおにぎりとお茶を買い、5:41青梅発の電車で拝島まで行きます。

10020161015_061121 ←拝島から八高線で八王子まで。

八王子で中央線に乗り換え、高尾駅でさらに乗り換えて8:01甲斐大和駅に到着。

駅のすぐ前からバスが出るのですが、すでに長蛇の列。
バスは2台出るようです。
私は2台目のバスにギリギリで座れました。
私の後ろに並んでいた人達は皆1時間ほどそのあと立っていましたし、誰かが降りる度に一旦バスを降りたりしていました。

9:10頃、バスは上日川峠に到着。

だぶりんの顔しかわかりませんので、だぶりんを探してキョロキョロしていると3人組の女性から声がかかりました。
「たけぱぱさんですか?」
私「はい、そうです。だぶりんは?」
「車を置きに下の駐車場まで行ってます」
私「わかりました~。よろしくお願いします」

やがて車を置いて戻ってきただぶりんが現れ、すでに来ていたさときちさん・ひなたさんとも無事合流し、7名が揃いました。

100dscn0176 ←出発前に長兵衛ロッジの横で風をよけて腹ごしらえ。それから出発。100dscn0177

100dscn0178 ←9;22頃、スタート。まずは福ちゃん荘に向かいます。

100dscn0179 100dscn0180 ←9:51、福ちゃん荘。

100dscn0181 ←福ちゃん荘前のマユミの木。

小休止して本日のコースを地図で確認してから出発。

100dscn0183 ←富士見山荘(非営業)。

100dscn0182 ←富士見山荘前から見た富士山。
やはり富士山が綺麗に見えるとうれしいですね。

100dscn0184 ←勝縁荘前の橋を渡ります。

100dscn0185 100dscn0186 100dscn0187

だぶりんイベントは「ゆっくりのんびり」が持ち味です。
話をしながらまずは大菩薩峠(介山荘)を目指します。

100dscn0188 ←介山荘が見えてきました。

100dscn0189 ←10:40頃、大菩薩峠に到着。

100dscn0190_2 ←南アルプスの全容が見渡せます。

私「あれが甲斐駒、その隣が仙丈岳・・・」などと説明すると、ある女性が、
「たけぱぱさん、なんでそんなに知ってるんですか?」
私「だってって、、、全部登ったしねぇ~」

だぶりん企画のイベントは「初心者イベント・・・vol(数字)」ということで募集しており、皆さん割と「初心者であることを宣言しつつ参加」しているのでこんな会話になります。

100dscn0191_2 ←右(北)から甲斐駒・仙丈・鳳凰・北岳・間ノ岳・農鳥岳。

100dscn0192 ←右から塩見・荒川・赤石・聖。

100dscn0195 ←こちらは奥多摩。真ん中が大岳山、左:御前山、右:三頭山。

100dscn0193 100dscn0194 ←出発前に大菩薩峠で記念撮影。

けっこうゆっくり休憩してから大菩薩嶺に向けて出発。

100dscn0196 ←赤いのはナナカマドの実です。

100dscn0197

100dscn0199 ←富士山と大菩薩湖(ダム湖)。

100dscn0200 ←リンドウがまだ咲いていました。

100dscn0201 ←介山荘を振り返る。

100dscn0202 ←南アルプスのほぼ全容が見えます。「来てよかった~」と思わせる景色です。

100dscn0203

100dscn0204 ←バシバシ写真を撮るだぶりん。秋晴れの今日は登山者も多いです。

100dscn0205

100dscn0206 ←左から金峰山(五丈岩が見える)、右の方の高い山が北奥千丈と国師。

100dscn0207 ←避難小屋のあるあたりが「旧大菩薩峠」です。

89_large ←ねこまるさん撮影「ここが賽の河原ですが、旧大菩薩峠」です。と説明している様子。
「たけぱぱ教授みたい~」とはみかんさんの弁。

100dscn0208 ←南アルプス。手前は甲府盆地。

100dscn0209

100dscn0210 100dscn0211 100dscn0212 ←ナナカマドの赤い実が青い空に映えます。

10020161015_112444 10020161015_112539

100dscn0213 100dscn0214

100dscn0215 100dscn0216 ←岩をよじ登る箇所もあります。小学生も元気に登ってますので危険ではありません。

100dscn0217 ←ここにもリンドウが咲いています。

100dscn0219 ←標高2000m地点(神部岩)。2000mと聞くと「少し高いところに来たな」という感じがしますね。

100dscn0220 100dscn0221 ←12:30、雷岩。ここからの眺めが一番いいですね。

100dscn0222 ←それにしてもすごい人の数・・・。

ここから10分ほどの大菩薩嶺頂上に向かいます。

100dscn0223

12:40頃、標高2057mの大菩薩嶺頂上に到着。

100dscn0224 100dscn0225 100dscn0226 ←「山川」ポーズで記念撮影。

さぁ、では雷岩に戻ってお昼に・・・と思ったら頂上に「山の人気者が・・・。

100dscn0229 100dscn0230 100dscn0236 ←キツネのゴン太君(仮称)。皆さんシャッターをバシャバシャ切っていました。

103_large 111_large ←雷岩に戻って昼食。今日は食後にコーヒーでなくココアにしてみました。
最高の景色を眺めながらの至福のひと時でありました。

100dscn0237 100dscn0238 100dscn0239 100dscn0240 100dscn0241 ←一旦、介山荘まで戻ります。

介山荘から石丸峠に向かいます。

100dscn0242

100dscn0243 100dscn0244 ←今日の歩きでは一番の急登です。

100dscn0245 100dscn0246

100dscn0247 ←14:20、熊沢山。

100dscn0248 ←石丸峠が見えてきました。

100dscn0249 100dscn0250 ←14:33、石丸峠で小休止。

57_large ←だぶりん撮影。

上日川峠に向かいます。

100dscn0251

65_large ←だぶりん撮影。

100dscn0252 100dscn0253 100dscn0254 100dscn0255 100dscn0256 100dscn0257 100dscn0258

16:10頃、上日川峠に戻ってきました。

22_large ←トイレに寄ってから駐車場までぶらぶらと下っていきます。

100dscn0259 ←16:20、駐車場に到着。さときち号に乗せてもらい勝沼の「天空の湯」へだぶりん号と2台で向かいます。

10020161015_185703 10020161015_190302 ←露天風呂からの夜景が最高でした。

67_large ←風呂でサッパリしたあと、食堂でソバなど食べて軽く腹ごしらえ。

2台の車は八王子へ。
さときちさんはこのあとも運転しますので飲めませんが、だぶりんは「八王子ビバーク」でガンガン飲むつもりです。

10020161015_210248 76_large ←右の写真はだぶりん撮影。ねこまるチョイス「飛騨の里」。

136_large 83_large_1 ←まずは乾杯。2枚、だぶりん撮影。

10020161015_211105 10020161015_213547 ←お酒もつまみも充実しており、とてもいい店だと思います。

3_large 13_large 60_large ←3枚、だぶりん撮影。

1時間ほどで4人が帰り、ねこまる・だぶりん・私でそのあとも飲み続けました。

83_large 84_large ←2枚、ねこまるカメラ。

2時間ほどでお開きになり、青梅に帰り着いたのはほぼ0時だったと思います。
おそらく・・・。

 クリックしてくださると「電車でもブログ更新できるようにタブレット買おうかな~・・・。も喜びます。

« 荒澤夫妻と大岳山へ(2016年10月)。 | トップページ | 紅葉の吾妻山~安達太良山(2016年10月・1日目) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/69543699

この記事へのトラックバック一覧です: 大菩薩嶺へ、2016年10月15日。:

« 荒澤夫妻と大岳山へ(2016年10月)。 | トップページ | 紅葉の吾妻山~安達太良山(2016年10月・1日目) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック