« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月22日 (水)

大岳山へ(2016年の第8回目)。

2016年11月13日(日)、今年8回目の大岳山に行ってきました。
メンバーはまさとし(上ミノ)・スムキチ・私の三名。

6時頃起床。
家族も6:30頃には起き出してきます。

7時、ベランダに出てみました。

10020161113_0700271 10020161113_0700351 ←我が家のベランダから撮影。右の写真には大岳山が写っています。
天気は良さそう。紅葉も楽しみです。

朝飯を食べ、中くらいのザックに荷物を詰めて7:55頃、家を出ます。

10020161113_075640 ←エレベーターを待つ間に大岳山を撮影。ドッピーカンの晴れになりました。

青梅線の奥多摩行き電車で8:28御嶽駅到着。
コンビニに寄ります。

ケーブル下行きのバスは混んでるようなので、バスに乗らず歩いていくことにします。
最初は車の排気ガスを浴びながら青梅街道を山梨方面へ歩いていきます。

100dscn0122 ←この標識から多摩川へと下りていきます。

100dscn0123 ←神路橋を渡ります。

100dscn0124

100dscn0125 ←神路橋から多摩川上流を撮影。川の一部をせき止めて釣り場にしています。

100dscn0126 ←橋の袂にゆずと京芋の無人販売がありました。

100dscn0127 ←バスに追い抜かれますが、周りの紅葉を愛でつつのんびりと歩いていきます。

100dscn0128 ←御岳登山鉄道のケーブルカーと橋脚が見えてきました。右側の人たちはケーブル下バス停からケーブル滝本駅まで歩く人たちです。

100dscn0129 ←今日は往復切符を買わずSuicaで改札を通ります。階段状のホームでケーブルカーの到着を待ちます。

100dscn0130 ←赤いのは「御嶽号」のはずですが、ヘッドマークが「寿」になっており、○○家・○○家と書いてあります。
きっと武蔵御嶽神社で結婚式でもあるのでしょう。

ケーブルには6分の乗車で、標高831mの御嶽山駅に到着。

100dscn0131 ←御嶽山駅前の広場を「御岳平」と呼びます。
ベンチにザックを置いてトイレに行ったり、靴紐を直したり。

100dscn0132 ←「関東平野を見下ろす」という写真のつもりですが、霞んでしまってます。

100dscn0133 ←お隣の山=日の出山。

100dscn0134 ←紅葉もなかなかいい色です。

100dscn0135 ←9:45頃歩き始めます。

100dscn0136 100dscn0137 100dscn0138 100dscn0139

宿坊やビジターセンターのある御師集落を抜けると急坂のある分岐に出ます。

100dscn0140 ←右の急坂の途中に樹齢1000年と言われる「神代欅」が聳え立っています。
左の道を進むと日の出山へ向かうのですが、我々は急坂を登り、武蔵御嶽神社方面に進みます。

100dscn0141 ←神代欅。

100dscn0142 ←急坂を登りきると、通称「土産物屋ストリート」(私が勝手にそう呼んでいるだけ)。

100dscn0143 ←土産物屋ストリートを突っ切ると武蔵御嶽神社の階段です。

100dscn0144 100dscn0145 ←階段の途中に狛犬らしき像が・・・今まで見たことがなかったものです。
ちゃんと「阿吽」になっています。

100dscn0146

100dscn0147 100dscn0148 100dscn0149

100dscn0150 ←階段をそのまま昇りきると武蔵御嶽神社なわけですが、途中で左に折れて大岳山に向かいます。

100dscn0151 ←10:08、長尾平。まだ開いてませんが、帰りに寄らせてもらうつもりです。

100dscn0152 ←こちらは樹齢350年の「天狗の腰掛杉」。右の鳥居をくぐって進めば奥の院への道ですが、今日は真っ直ぐ大岳山へ向かいます。

100dscn0153 ←奥の院もいい色に色づいています。

100dscn0154 ←完成してるようなのですが、まだ使えないトイレ。困ったものです・・・。

100dscn0155 ←このたりはまっ黄色。顔も体も黄色に染まりそうなくらいです。私は「赤い紅葉よりこういう黄色い黄葉がいい」という年齢になっております。

100dscn0156 ←10:35、水場。小休止。

100dscn0157 ←水場のすぐ上にあずまやがあります。ロックガーデン周遊コースの折り返し地点となっています。
ですので、ここから先はグっと人の数が少なくなります。

100dscn0158 ←あずまやから4~5分登ると涸れた沢を小さな橋で渡ります。「ここから山に入っていくんだぞ~」と言う感じがして、大岳山で私が一番好きな場所です。

100dscn0159

100dscn0160 ←涸れた沢の右岸を登っていきます。

100dscn0161 ←10:56、芥場峠。小休止。

100dscn0162

100dscn0163 ←11:32、大岳山荘(非営業)前のテラスに到着。写真真ん中に富士山が写っています。

100dscn0164 100dscn0165 ←富士山をアップで撮影。

100dscn0166 ←真正面に太陽があって見えにくいのですが、一番奥が丹沢の山並み、真ん中あたりが陣馬~生藤山あたり。手前の尾根が馬頭刈尾根。

トイレを済ませてから出発。
あと10分ちょっと歩いたら頂上です。

100dscn0167 ←大岳山神社の拝殿。

100dscn0168 ←大岳山神社の狛犬はユニークな顔をしています。

頂上手前に手を使って登る箇所があります。
でも小学生でもひょいひょい登ってますのでご安心しておでかけください。

10020161113_115536 ←11:55、大岳山頂上に到着。標高1266.5m。

100dscn0173 ←右の方に富士山。左に丹沢の山々。

100dscn0174 ←富士山をアップで。

100dscn0175 ←右:お隣の御前山。左奥:三頭山。大岳山と合わせて「奥多摩三山」と呼びます。

お湯を沸かしカップ麺のお昼。
もう一度お湯を沸かしコーヒーを淹れる。
天気もいいし、富士山も見えるし、紅葉はすばらしいし、まさに「至福のひと時」です。

100dscn0169 100dscn0170 ←近くにいたおじさんにシャッター押しをお願いしました。
奥多摩ではおなじみの「山川」ポーズ。

100dscn0176 ←12:30頃、にぎわう頂上をあとにします。

100dscn0177

100dscn0178 ←木の間越しの奥の院。いや~いい色です。

100dscn0179 ←この橋を渡れば「人間の世界」。私が勝手に思っているだけです。

100dscn0180 ←このあたり、本当に黄色くていいです。素敵です。

100dscn0181 100dscn0182 100dscn0183

14時頃、長尾平に到着。
長尾茶屋店主の川崎さんにご挨拶。

10020161113_1409141 10020161113_1409201 ←まずはビールで乾杯。

次にワインなど飲んでいると中国から観光の勉強に来ているというお姉さん達がやってきたので、一緒のテーブルになったところで「まさとしナンパ」が始まります。
つまみ・お菓子をやりとりしたり、国際交流をしているうちに川崎さんがワインをご馳走してくれました。
ボジョレーヌーボーも飲ませてくれたり、それは楽しい「国際交流」でございました。

100dscn0184 100dscn0185 100dscn0186 ←帰りのケーブルはこの時期混みますのでふらふらとほろ酔いでアスファルト道を歩いて下ります。

100dscn0187 100dscn0188 ←ぼけぼけの写真ですが、動いてるケーブルカーを撮ったということはおわかりいただけると思います。

16:40頃、滝本駅着。

100dscn0189 100dscn0190 10020161113_164723 ←ハイシーズンだけケーブル滝本駅で出張販売している「ビアバテレ」にも寄ります。
生ビールがとってもまいう~です。

ふらふらとバスに乗り、御嶽駅まで運ばれます。

小腹もすいたし、風呂の用意もしてありますが、御嶽駅前の「東峯園」で反省会して帰ろうということになりました。

10020161113_173541 ←おでんも美味かったです。

10020161113_173653 ←ウーロン杯やレモンサワーで乾杯。

10020161113_180016 ←餃子に焼きソバにラーメン。このあと酢豚も頼みました。

青梅線に乗って青梅で私は降り、19時ちょっと前には家に帰りつきました。

さてこれを書いている2017年3月22日、そろそろ東京も桜の開花です。
大岳山にもスミレが咲いたというつぶやきも聞こえてきます。
たけぱぱも異動無し。あと半年は草加に通います。
奥多摩イベントバシバシ立てますので皆様よろしく哀愁でございます。

 クリックしてくださると「今日(3/22)は池袋で飲み会。明日から草加の歯医者に通おうかな・・・。そしたら休みつぶさないで歯医者行けるな。も喜びます。

2017年3月19日 (日)

高尾山一丁平で鍋宴会。

2016年11月7日(月)、高尾山の一丁平でみっちゃん主催の鍋イベントに参加してきました。

10020161107_064030 ←6:40頃青梅の家を出ます。マンション8階から大岳山を撮った写真。
今日の予報はズバリ晴れ。鍋登山日和と言っていいでしょう。

青梅線で立川、立ち食いソバで朝食、中央線で高尾駅に8時頃到着。

10020161107_0759571 ←高尾駅ホームの天狗。こいうものがあるといかにも「観光の駅」という感じです。旅心がくすぐられます。

京王線に乗り換え、8:15頃高尾山口に到着。

10020161107_0817051 10020161107_081718 ←8:30集合となっていましたので、改札口付近で皆を待ちます。

みっちゃん・がきちゃん・梢さん(奥多摩あかべこの若女将)・まいちゃん・お~やま~女史の顔が揃いました。

しかし、あと二人=イグタンと石井さんの顔が見えません。
みっちゃんからの連絡には「8:30まで駅前で待つ」となっていたので、出発してもいいのですがメールやらラインやらで連絡してみますが反応無し・・・。

9時を少し回った頃、お二人が満を持して登場。
イグタン「『一丁平に11時』って書いてあったからそれでいいのかなと思って・・・」

そうなんです。
イベントのトップにもそう書いてあったからそれでいいのです・・・。

9時10分頃、歩き出します。

100dscn0091 ←ケーブル駅前。紅葉がとても素敵です。100dscn0092

10020161107_091525 ←ケーブル駅のサブちゃんにご挨拶。

100dscn0093 ←6号路を登ります。

100dscn0094 ←びわ滝にもちょっとご挨拶していきます。

100dscn0095 100dscn0096 ←大山橋で小休止。

100dscn0097 100dscn0098 ←6号路は沢沿いの道です。

100dscn0099 100dscn0100 ←10:55、高尾山頂に到着。
頂上の紅葉はちょうど見ごろでした。

100dscn0101_2 ←富士山は残念ながら見えず。

100dscn0102 ←頂上すぐ下のあずまや。お~やま~女史が「変態のあずまや」と呼ぶ場所です。
何年か前の11月、雨の降る中6号路を登り、このあずまやで震えながら日本酒熱燗や焼酎お湯割りを飲んで鍋をつついたことがあり、それからここを「変態のあずまや」と呼ぶようになりました。

100dscn0103 ←山頂を下って一丁平に向かいます。

100dscn0104 100dscn0105 ←もみじ台。

100dscn0106 ←紅葉を愛でつつ一丁平に向かいます。

11:40頃、一丁平に到着。

10020161107_1147091 ←さっそく酒とつまみをザックから出して酒盛り開始。

100dscn0107 ←メインはあくまでも鍋ですのでお~やま~女史を中心に準備をしながらの酒盛りです。
奥の方におじさんが一人写ってます。
あずまやの先客でしたが、何分かして「じゃ皆さん楽しんでくださいね」と言っていなくなってしまい、あとは我々が占領する形となりました。

100dscn0108 ←あずまやの外は陽が当たりポカポカです。

100dscn0109 ←そろそろ鍋が出来上がるようです。

100dscn0110 ←キムチ鍋。

もう一つ「タラとつくねのちゃんこ鍋」もあったので、まいさん撮影の写真でご確認ください。

1469540879_138 1469540879_153 1469540879_194 ←3枚、まいちゃん撮影。

100dscn0111 100dscn0112 100dscn0113 ←このあたりまでは微かに覚えているんですが・・・。
がきちゃんが日向にシートを敷いて寝ていたような・・・こずえさんも寝ていたような・・・私もベンチに座ってウトウトしていたような気もいたします。

100dscn0114 100dscn0115 ←三脚・セルフタイマーで記念撮影。おなじみ「山川」ポーズ。

3時間くらい一丁平にいたと思います。

100dscn0116 100dscn0117 100dscn0118 100dscn0119

100dscn0120 100dscn0121 ←薬王院の紅葉もそろそろ見ごろを迎えそうです。

酔っ払ったおじさん(私のことです)は歩きたくなくなり、一人ケーブルで下りました。
他の皆さんは1号路を下ったようです。

一人になってさびしくなったのか、私は真っ直ぐ青梅に帰りました。
青梅線でウトウトしていると、梢さんから「タカミ」(高尾駅南口のお店)にいますよ。来ませんか~」とメッセージが入ってきましたが、もう戻る気にもなれずそのまま帰りました。
高尾山温泉に入ろうと思って回数券も持ってきていたのに、一人帰ってしまったのは全く残念なことでした。

ちゃんと反省会に出てしっかり反省しなければダメですね。

 クリックしてくださると「奥多摩『あかべこ』明日(3/20)まで4周年イベントです。お知らせ、この下に貼っておきます。も喜びます。

17016032_1313838378695888_523239552


2017年3月11日 (土)

紅葉の吾妻山~安達太良山(2016年10月・2日目)

「紅葉の吾妻山~安達太良山(2016年10月・1日目)」から続く>>>

2016年10月22~23日、吾妻山(吾妻小富士)と安達太良山に登ってきました。

企画はおなじみサコー岳園長。

当初は「荒澤岳の企画」だったのですが、この時期は鎖がはずされてしまうので福島方面に転進と相成ったわけです。

メンバーはまさとし(上ミノ)・さなリーダー・さち・てんしちゃん・サコー岳園長・デラウウェア・私、の7名。

今日は「2日目」の日記を書きます。

=====================================

10月23日(日)、塩沢温泉「青木荘」の1階の一室で目覚める。

まずは浴衣のままラオルだけ持ってお風呂に行く。
朝風呂の気持ちのいいこと。
山小屋に泊まった場合はなかなかこうはいきません。

7時になろうとする頃、朝食の準備が出来たということで昨夜の宴会場と同じ部屋に行く。

10020161023_070125 ←青木荘の朝食。とても美味しく全部いただきました。昨夜の飲み具合もほどほどだったということです。
(ついつい朝飯が食べられなくなるほど飲むこともあるので・・・)

さてさて大きな荷物は玄関の片隅に置かせてもらい、サブザックに水や行動食などをつめて出発。

みきおちゃん(青木荘の主=まさとしのいとこ)の運転する青木荘のバスで塩沢スキー場の登山口まで運んでいただきます。
みきおちゃんも相当な山男のようで、このバスであちこちの山へ行ってるようなお話でした。

100dscn0006 ←なかなかの紅葉ではありませんか?

100dscn0003 100dscn0005 ←登山口にて記念撮影。

100dscn0007

100dscn0008 ←8時頃、歩行開始。

100dscn0009 100dscn0010 ←「危険」と書いてありますが、こちとらはみきおちゃんに道の状況は確認済です。

100dscn0011 ←歩く人もそんなに多くないのかなと、落ち葉の踏まれ具合を見てそう思います。
実際、静かな道です。

100dscn0012 ←くろがね小屋までの道を30等分で区切って標識が立っています。

100dscn0013 100dscn0014 100dscn0015

100dscn0016 ←まさとしを先頭にゆっくりのんびり歩いていきます。

100dscn0017 100dscn0018 100dscn0019 ←8:19、金剛清水。

100dscn0020 100dscn0021 100dscn0022 100dscn0023

100dscn0024 ←6月か7月にまた来なければ・・・。

100dscn0025 100dscn0026 100dscn0027

100dscn0028 100dscn0029 100dscn0030

100dscn0031 ←登山道をそれて屏風岩に向かいます。

100dscn0032

100dscn0033 100dscn0034 ←屏風岩。ほぼ垂直に切れ落ちています。
100dscn0035 100dscn0036 100dscn0037

10020161023_0908491 10020161023_0908581 ←屏風岩で「山川」。

175_large ←さちさん撮影。

124_large ←さなリーダー撮影。

100dscn0038 ←屏風岩と紅葉。真っ赤なだけが「いい紅葉」とは限りません。落ち着いたいい色ではないでしょうか。

100dscn0039 100dscn0040 100dscn0041

100dscn0042 ←屏風岩を振り返る。

100dscn0043 ←鎖をたよりにへつるような箇所もあります。

100dscn0044 ←9:22、八幡滝。

100dscn0045 100dscn0046

100dscn0047 ←滝の上に上がってみました。

103_large ←さなリーダー撮影。

100dscn0048 ←ところどころで簡易な橋で渓流を渡ります。
女性陣のどなたかが、立って渡るのを怖がって橋にまたがり、「オマタスリスリ状態」で渡ったのですが、さすがにそれは撮影を控えさせていただきました。

192_large_2 ←しかし、さちさんはしっかり撮っていました。

99_large 98_large ←2枚、まさとし撮影。

189_large_2 ←さちさん撮影。

100dscn0049 100dscn0050 100dscn0051 100dscn0052 100dscn0053

100dscn0054 ←9:39、天狗岩。

100dscn0055

100dscn0056 ←年齢を重ねるごとに赤い紅葉より、黄色の黄葉がいいと思えるようになってきました。

100dscn0057 100dscn0058_2 ←9:52、荒龍岩。

100dscn0059 100dscn0060 100dscn0061

100dscn0062 100dscn0063 100dscn0064 ←くろがね小屋が見えてきました。

100dscn0065 ←10:30、塩沢登山道の終点、くろがね小屋に到着。

くろがね小屋で温泉に入るのはあきらめていたのですが、皆さんがここでお昼にするというのでザブンと入ってくることにしました。

100dscn0066 ←男子風呂。他に誰もいなかったので撮影。

熱い硫黄泉にそろそろと体を沈めていきます。
「う”~~っ」と思わず声が出ます。

てんしちゃんの声が女風呂から聞こえてきました。
女風呂にも誰もいないようでしたので、窓から顔だけ出しててんしちゃんとご挨拶。

思わぬ収穫に体も心もホクホクで小屋の外でおにぎりやカップ麺を食べていた皆さんに、
「いいお湯でした」とご挨拶。

くろがね小屋前で30分ほどの休憩後、安達太良山頂に向けて出発。

100dscn0067 ←紅葉の安達太良山に虹がかかりました。頭の中に「Over the Rainbow」が流れてきます。

100dscn0068

100dscn0069 ←11:42、峰の辻。

100dscn0071 ←峰の辻で小休止。

100dscn0070 ←まだ虹が見えています。

100dscn0072 ←12:10、牛の背に出たとたんに強風が西から吹いてきます。

100dscn0073 ←沼ノ平。1997年にここで4名が遭難死しています。硫化水素が命を奪いました。
それ以来、沼ノ平を通る登山道は通行禁止となっています。

100dscn0074 ←今までとは打って変わって砂漠のような世界が広がっています。

100dscn0075 100dscn0076

100dscn0077 ←頂上が見えてきました。

100dscn0078 ←頂上付近は大勢の人でいっぱい。三脚でカメラのセルフタイマーをセットするサコー岳園長。

229_large ←サコー岳園長カメラにて。

100dscn0080 100dscn0081 ←たけぱぱカメラにて。

頂上へはあと一登り。

100dscn0082 100dscn0083 ←12:45、安達太良山頂上。

100dscn0084 ←歩いてきた道を振り返る。右端の黒っぽい山が鉄山です。

頂上からロープウェイの駅までこれまたすごい人の数。
栃木の「山女子高校生」が可愛かったです。

100dscn0085 ←別名「乳首山」と呼ばれる安達太良山。

100dscn0086 ←14:00、ロープウェイ山頂駅に到着。青木荘でもらった割引券使えました。

100dscn0087 100dscn0088

100dscn0089 ←ゴンドラに揺られ、山麓駅に到着。あだたら高原スキー場。

100dscn0090 ←2015年12月にできた「奥岳の湯」。ここにも入りたいが、今日は青木荘の風呂にまた入れますので、また今度ということで。

青木荘のみきおちゃんが手配してくれた青木荘隣のペンションの車が迎えに来てくれました。
青木荘に戻り、ふろにゆっくり浸かります。

231_large 234_large ←青木荘前にて。サコーさんカメラにて。

青木荘にはまた来なければ。
本当にお世話になりました。

サコー岳園長運転にてレンタカーで山を下り、二本松のヨークベニマルで酒とつまみを買い、サコー岳園長にお断りをしてからプシューッと始めてしまいます。

宇都宮には18:00頃到着。

宇都宮と言えば餃子ですが、「餃子だけではなんともはや・・・」という私のわがままが通り、レンタカー屋さんのすぐ近く「一軒目酒場」で反省会となりました。

10020161023_182202 ←「一軒目酒場」にて。

230_large ←当然といえば当然ですが、帰りの宇都宮線内でも飲み続けます。サコーさん撮影。

10020161023_211649 ←武蔵浦和で乗り換えたまさとし・デラさん・私は回転寿司屋さんで「三次会」

青梅の家に帰り着いたのは23:40頃だったと思います、多分。

 クリックしてくださると「奥多摩『あかべこ』もうすぐ4周年です。イベントのお知らせ、この下に貼っておきます。も喜びます。

17016032_1313838378695888_523239552

2017年3月 3日 (金)

紅葉の吾妻山~安達太良山(2016年10月・1日目)

2016年10月22~23日、吾妻山(吾妻小富士)と安達太良山に登ってきました。

企画はおなじみサコー岳園長。

当初は「荒澤岳の企画」だったのですが、この時期は鎖がはずされてしまうので福島方面に転進と相成ったわけです。

メンバーはまさとし(上ミノ)・さなリーダー・さち・てんしちゃん・サコー岳園長・デラウウェア・私、の7名。

今日は「1日目」の日記を書きます。

=====================================

10020161022_060823 ←10月22日(土)、6:08頃青梅の家を出ます。

青梅線で立川、中央線で西国分寺、武蔵野線で武蔵浦和、埼京線で大宮、東北線でさなリーダー&てんしちゃんと合流し宇都宮に到着。

改札口付近にすでに全員の顔が見えました。

10020161022_094123 ←駅から歩いて4~5分のレンタカー屋さんまでぞろぞろと歩きます。「スタミナ健太」の餃子キャラクターの像。

10020161022_094158

レンタカーを借り、7人乗りのエスティマはまず宇都宮市内観光へ。

10020161022_101222 10020161022_101158 ←「カトリック松が峰教会」。大谷石で作られています。聖堂内にはパイプオルガンが流れていました。

130_large ←さちさん撮影。

10020161022_102706 10020161022_102732 10020161022_1027501 ←次に向かったのが「宇都宮城址公園」。本丸広場では祭りの準備をしていました。

翌日の11時40頃、この城址公園のベンチで爆発がありました。
「元自衛隊員」が爆発物を腰に巻いて自殺したようなのですが、近くを通りかかった中学生が重軽傷を負うという全く迷惑な事件だったようです。
我々がここにいたのは前日の10:30頃。
「25時間ずれていたら我々も危なかった」わけです・・・。


宇都宮観光を終え、エスティマはサコー岳園長の運転で東北道を北へ進みます。

10020161022_114612 ←上河内S.A.にて昼食。

131_large ←さちさん撮影。

1467980823_171 ←宇都宮餃子を食べている人もいました。まさとし撮影。

二本松で高速を降り、ヨークベニマルで酒など買い、車は「磐梯吾妻スカイライン」へ。

10020161022_143014 10020161022_1430241 10020161022_143057 ←「今年の紅葉はイマイチ」と言う声もありますが、ところどころで車を降りて紅葉を愛でます。

10020161022_150620 ←15:00頃、浄土平に到着。

10020161022_150722 ←ほぼ空身で吾妻小富士に登ります。

10020161022_151339 ←簡単に登れる山ですので「登山者の姿」ではない方のほうが多いようです。

10020161022_151422 ←お鉢めぐりをします。

10020161022_151437 ←秋空がホントに美しい。

10020161022_151935 ←雲海の上にいます。

10020161022_151950 ←吾妻小富士の最高地点=1707m。

144_large 145_large ←2枚、さちさんカメラ。近くにいた方にシャッターをお願いしました。

10020161022_1532271 ←お鉢の向こうは東吾妻山。

10020161022_152740 10020161022_152914

147_large ←さちさん撮影。

10020161022_1552081 ←50分ほどで吾妻小富士お鉢巡りしてきました。

さて車は本日の宿泊場所=塩沢温泉の青木荘に向かいます。

10020161022_164046 ←16:40頃、青木荘に着きました。

女子部屋4名、男子部屋3名に分かれ、風呂へ入って温まったらまずすることは部屋でビール。

やがて夕食の時間になり、宴会場へ。

100dscn0001 ←実は青木荘はまさとし(上ミノ)のいとこのみきおちゃんが主(あるじ)。

100dscn0002 ←大宴会のはじまりはじまりです。

10020161022_175811 10020161022_183623 ←まさとしとみきおちゃんの仲ですので酒の持ち込みは特別にお許しをいただいてます。
てんしちゃんはワインソムリエです。
高そうなワインを持ってきてくれました。

10020161022_180758 ←鍋も出てきてお腹いっぱいですが、適当なところでお開きにして男子部屋で飲み続けます。
例によってまさとしは早々につぶれてしまいましたが、部屋は他の宿泊客から離れたところにしていただいたので、あとのメンツで延々と飲み続け騒ぎ続けます。

23時くらいには寝たと思いますが、全く記憶にございません・・・。

「紅葉の吾妻山~安達太良山(2016年10月・2日目)」へ続く>>>

 クリックしてくださると「ついにタブレット買いました~。そろそろ半年遅れになってしまうブログ更新、なんとかしたいと思います。も喜びます。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック