« 17年7月28日、伯耆大山へ(速報)。 | トップページ | 17年1月28日、大岳山へ。 »

2017年8月 1日 (火)

17年1月21日、房州鋸山へ。

2017年1月21日(土)、千葉県の鋸山に登ってきました。

企画はおなじみ、だぶりん。

2台の車でアクアラインを通って行ってまいりました。

=====================================

1月21日(土)4:30頃起床。

中くらいのザックに湯沸しセットなどをつめて、6時頃青梅の家を出ます。

6:16青梅発の青梅線電車で拝島。
八高線で八王子。

お腹がすきました。
7:00にお店が開くのを待って八王子駅構内の立ち食い蕎麦で朝飯とします。

20170121_070421 ←一杯のかけそば。
「麺食い」ですので、朝は蕎麦でもうどんでもラーメンでもOKです。
マックも最近よく行きますが・・・。

横浜線に乗って東神奈川まで。
8:00ちょっと過ぎに到着。

東口のコンビニ前に行くとだぶりん号が待っていました。
コンビニでコーヒーを買って皆さんと立ち話などしていると、集合時間の8:30にはふぁら号および9名全員が到着。

8:35、2台の車は鋸山に向けて出発。

鶴見~川崎の臨海工業地帯の高架を進んでいきます。
いくつか橋を渡り、海の上を進むように車は走ります。

そしてアクアラインのトンネルに入ったかと思うとあっという間に「海ほたる」。
この先は本当に海の上の道路を一直線。

出発から1時間も経たないうちに千葉県側の木更津に出ました。

112_large ←ちゃいさん撮影。房総半島から見た富士山です。

館山道を通り、登山口近くの「かぢや旅館」の駐車場到着が9:47。

Dscn0140 ←創業は安政元年というかぢや旅館。

Dscn0141 ←駐車場にて出発準備。

トイレやコンビニでの買い物など済ませたら輪になってコース説明と自己紹介・・・
などと談笑を交えつつ楽しくやっていたら駐車場の近くの民家から眼鏡のあんちゃんが窓から顔を出し、
「ここに人間が住んでるのよ!」

あわててぞろぞろと移動して自己紹介を続けたことでありました。

10:20、歩行開始。

Dscn0142 ←さっそく肉屋さんに寄り道。コロッケなど買い食い。Dscn0145

103_large ←だぶりん撮影。

Dscn0143 ←観光案内所「石の舎」に立ち寄り、地図を入手。

Dscn0144 ←かぢや旅館の位置も観光案内所もこの地図でわかります。車力道コースを登る予定です。

Dscn0146

Dscn0147 ←JR内房線をくぐります。

Dscn0148 ←ちょうど電車が通過していきました。

Dscn0149 ←分岐にあった地図看板です。車力道を進みます。

Dscn0150 ←山の標高は低いのですが、生えている木も広葉樹が多く、背の低い木ばかりです。Dscn0151

Dscn0152 Dscn0153 Dscn0154 ←山道になりましたが、奥多摩や丹沢の山道とは違います。
いかにも「里山」という感じです。

Dscn0155 ←石を運んだ「車力道」。房州石を運ぶのは女性の仕事だったんですね。

Dscn0156

Dscn0157 ←海が見えてきました。

Dscn0158 ←アップで撮影。液化天然ガスを運んでいるようです。

Dscn0159 ←どうやら先頭はコンタさんが歩いています。いつもはイベント企画者としてだぶりんが先頭を行きますが、だぶりんは前に行ったり後ろに行ったり、撮影も割と自由にできるので助かっているようです。

Dscn0160 ←一瞬、スカイツリーかと思いましたが、こんなに近く見えるわけは無いです。

Dscn0161 Dscn0162 ←石切場跡が見えてきました。

実は4年前の3月に久里浜からフェリーで来たことがあります。
そのときの様子はぜひコチラを↓ ↓ ↓

http://taetaketabi.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-84ad.html

東京湾をぐるっと回ってみたかったのを覚えております・・・。
あの時はかじゅまる先生、ありがとうございました。

現実に戻ります。

Dscn0163 ←そうそう、こんな切り通しのところもありましたっけ。

Dscn0164 Dscn0165 Dscn0166

さて、鋸山の頂上に向かいます。
鋸山の鋸の歯の部分を登ったり下りたりするメインの登山道から少し歩いたところに展望台があります。

「展望台はあとで寄ります。先に頂上に行きます」
とのことだったので、私一人最後尾だったのをいいことに展望台へ。

Dscn0167 ←手前に白い建物がある山は鋸山ロープウェイの山頂駅があるところ。右奥に三浦半島、左奥に伊豆半島。

Dscn0168 ←こちらは内房の南の部分。右に伊豆大島が見えます。まさとしさ~ん!

Dscn0169 ←半円状になっているのは景色を解説した看板です。あとで来た時にじっくり見ることにしましょう。

Dscn0170 ←伊豆大島をアップで撮影。

Dscn0171 ←もう一度三浦半島、伊豆半島を撮影。この写真ではわかりずらいですが、伊豆の上に富士山が見えています。
青い東京湾を行き来する白い船が絵になりますね。

展望台を駆け下り、走って本隊を追いかけます。

Dscn0172 ←やっと追いつきました。

Dscn0173 ←12:00ちょうど、鋸山頂上に到着。標高329.5m。Dscn0174

Dscn0176 ←三脚・セルフで記念撮影。Dscn0177

Dscn0178 ←この建物はなんでしょう?

Dscn0179 ←答:千葉テレビの中継局(アンテナ)でした。

Dscn0180 ←千葉テレビの階段の一番上から撮影。

Dscn0181 ←12:25、先ほどの展望台の分岐に戻ってきました。

今度は全員で展望台に上がります。

Dscn0182 Dscn0183 Dscn0184

Dscn0185 ←アップにすると富士山だとわかるでしょう。

Dscn0186 Dscn0187 ←展望台にはたくさんの人がいましたので、その中のご機嫌なおじさんにシャッター押しをお願いしました。

Dscn0188 ←ベンチの上に立つとこんな写真が撮れます。

Dscn0189 Dscn0190

9_large ←だぶりん撮影。

Dscn0191 ←東京湾、金谷の街、富津館山道路を見下ろしながら下ります。ちょうど東京湾フェリーが港に入ってくるところです。

Dscn0192 ←モリアオガエル生息地。

Dscn0193 Dscn0194 Dscn0195

Dscn0196 ←地獄のぞき。鋸山といえばここというくらい、この写真を見たことのある方が多いと思います。
今回はここには行きません。

Dscn0197 ←風が強くなってきたのでここなら昼飯にいいのではないかと、コンタさん。

Dscn0198 Dscn0199 Dscn0200 ←ジブリの映画に出てきそうな使われなくなった機械たち・・・。

Dscn0201 ←そんな不思議な「映画の舞台」のような空間でお昼タイムとなりました。

27_large 44_large 92_large ←3枚、だぶりん撮影。

そんな不思議な空間だからというわけでもないでしょうが、ちょっと手を離した隙に私のコンビニのビニール袋とカップ麺を包んであるビニールが風で舞い上がり、遠くへと飛んでいってしまいました。
ゴミはちゃんと持ち帰らなければいけないのに、千葉県の皆さんすみませんでした。

45分ほど休憩し、下山開始。

Dscn0202 ←鋸山の鋸の歯。

Dscn0203 ←飛行機を撮りたかっただけです。

Dscn0204 ←金谷港・三浦半島・伊豆半島・富士山。

「あじさい広場」というところにトイレがありました。
用を済ませて少し下ると「観月台」。

Dscn0205 ←ここからの富士山がなかなかいい位置にあります。

Dscn0206 ←14:42、分岐に戻ってきました。朝は左の道を進み、今階段を下ってきました。

Dscn0207 ←朝通ったJR内房線の鉄橋の真下から撮ってみました。ほぼ素通しなんですすね・・・。

Dscn0208 ←またまた肉屋さんで買い食い。

20170121_1504531 ←15:00頃、かぢや旅館に戻ってきました。

かぢや旅館の風呂に入ります。

20170121_150914 ←老舗の旅館なのにお庭がシュールなのです。ビニール製の金魚が宙を泳いでます。

20170121_161043 ←風呂上りにかぢや旅館のロビーでくつろぐ。

ここではビールを我慢して、コンタさんお勧めの「かなや」に向かいます。

20170121_1626581

19_large ←だぶりん撮影。

20170121_163932 20170121_1639421 ←コンタさんお勧めのお店だけあって窓から海に沈む夕日が見れます。

運転するだぶりん・ふぁらさんはノンアルコールですが、私は生ビールをいただきます。

20170121_1645171

8_large 40_large ←2枚、だぶりん撮影。

20170121_1647131 ←伊豆大島のあたりに日が沈みそうです。

20170121_164724 ←夕方になって富士山のシルエットがクッキリとしてきました。

20170121_164740 ←景色といい日が沈むタイミングといい、狙っていたとしたらだぶりん&コンタコンビは流石です。

20170121_165107 ←飲んだり食べたり撮影したりと、なかなか忙しい。

20170121_165149 ←これは私の注文=鯵のお造り。

20170121_165245 ←ちゃいさんのオーダー。刺身舟盛・鯵フライ。

20170121_165253 ←こちらはだぶりんの注文。

20170121_1654061 ←16:55、伊豆大島に夕日が沈みます。

73_large ←だぶりん撮影。

20170121_165626 ←生ビールの次は冷酒(日本酒)。

おのおの会計を済ませ、少々お土産を冷やかしてから2台の車で東神奈川に戻ります。

20170121_173458 ←もういちど房総側からの富士山を見てだぶりん号に乗車。

行きと同じコースで戻り、東神奈川で解散。
だぶりんは青梅でビバークするというので、青梅まで乗せてもらい、青梅駅前で二人反省会。

20170121_214546

96_large ←だぶりん撮影。

2時間飲み放題でたっぷり飲んで解散しました。
だぶりん、山イベント企画、毎度お疲れ様です。

 クリックしてくださると「これから『西日本 山旅・鉄旅・将棋旅』(速報)書きます。も喜びます。

« 17年7月28日、伯耆大山へ(速報)。 | トップページ | 17年1月28日、大岳山へ。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/71204963

この記事へのトラックバック一覧です: 17年1月21日、房州鋸山へ。:

« 17年7月28日、伯耆大山へ(速報)。 | トップページ | 17年1月28日、大岳山へ。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック