« 伯耆大山登山その後(将棋ヲタ話編)。 | トップページ | 17年2月18~19日、入笠山へ(2日目)。 »

2017年8月17日 (木)

17年2月18~19日、入笠山へ(1日目)。



2017年2月18~19日、1泊2日で入笠山に行ってきました。

企画はおなじみまさとし(上ミノ)。
メインはマナスル山荘本館での「飲み放題」かもしれません。

今日は「1日目」の日記を書きます。

=====================================

2月18日(土)、午前4:30起床。
デカ目のザックに防寒関係の衣服などを詰め、スノーシューをくくりつけ、青梅の家を6時頃出ます。

20170218_060518 ←6:05頃、我が家のあるマンション8階から見た大岳山。
冬のこの時間に家をそっと出ていくのは「夜逃げの気分」です。

青梅線に乗って立川駅。
立川から中央線下りで高尾。
高尾7:06発の中央線大月行きに乗ると、さなリーダー・まさとし・なご太郎の顔が車内に見えました。

8:38、甲府駅に到着。
がきちゃん・さちさんは先に甲府に到着していたようです。

20170218_084202 ←甲府駅構内の立ち食い蕎麦(座って食べましたけど)で朝食。美味かったです。

甲府駅発8:53の電車に乗ります。

20170218_092017 20170218_092657 ←日野春駅で特急に抜かれます。待ち時間にホームに出て南アルプスを撮影。
甲斐駒がかっこいい。
甲斐駒にはまだ一度しか登っていないので今年か来年には登りに行かねばなりません。
日野春駅は蒸気の時代、坂を登ってきた蒸気がここで給水し一息つく駅だったのです。
その名残でホームが何線かあるため、ここで我々の鈍行が特急に抜かれるというわけです。

128_large ←さなリーダー撮影。あら、いつの間に・・・。

富士見駅には8:52到着。

20170218_095908 ←スキー場行きのバス待ちの間に富士見駅を撮影。

スキー・スノーシューのハイシーズンです。
バス待ちの列は長く、1台目の運転手さんが「もう1台来ますから」と言ってそこそこの人数を乗せて去っていってしまいました。

天気は曇り。
雪こそ降ってはいないもののわずかな待ち時間でも寒風に吹き晒される感は否めず、足踏みをしてひたすら耐える時間でした。

やがて2台目のバスが来て無事にスキー場まで運ばれます。

まず、チケット売り場でゴンドラの往復券を買います。

まさとし「往復買って。マナスルに泊まるって言えば安くなるから」

このあたりは流石まさとし企画主です。

ザックからいろいろと取り出し、寒くない格好にしたらゴンドラ乗り場に向かいます。

Dscn0001

Dscn0002 ←向こうに見えるのは八ヶ岳の南端です。今私たちがいる入笠山は南アルプスの北端にあたります。

Dscn0003 ←正式には「富士見パノラマリゾート」というスキー場のゴンドラです。

Dscn0004 ←全員で6名、2台のゴンドラに3人ずつに分かれて乗車。

ゴンドラから降りたら早速なご太郎はスノーシューを履きます。
あとの5名はここでは履きませんでした。

Dscn0005 ←スキーヤーは八ヶ岳を眺めながらすべるのでしょうか。私はスキー得意ではありませんのでよくわかりませんが。

11:04、6名右手を前に出して重ね、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、歩行開始。

Dscn0006 ←ゲレンデから離れると当然のことながら「スノーシューの人だらけ」になります。

Dscn0007 ←地図看板を前にまさとしが「今日はこう行って、明日はこう行ってこう行って」と、歩くコースの解説。

Dscn0008 ←今や入笠山はスノーシューのメッカ。たくさんの人が前にも後ろにも歩いています。

Dscn0009 ←入笠山には一度、6月の鈴蘭の頃に来たことがあります。

2011年6月の詳しい様子は是非コチラを↓ ↓ ↓

http://taketotabito.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-26b5.html

Dscn0010 ←入笠湿原。冬はただただ白いだけですが、夏にはもちろん色んな花が咲きます。

Dscn0011 ←6月、元はスキー場だった斜面に白い可憐な鈴蘭の花が咲きます。

Dscn0012 Dscn0013 ←まずはマナスル山荘を目指し、そこでお昼を食べる予定です。
ゆっくりのんびり法華道を歩いたり、車道を歩いたり。

Dscn0014 ←11:32、マナスル山荘着。

Dscn0015 ←山の昼食時間というものは早めなので、11:30ですがすでにテーブルはふさがっていて、外で様子を見ます。
この犬は「こはだ」ではありません。
お客さんが連れてきた犬です。

20170218_120350 ←そうこうするうちにテーブルが空きました。今、なご太郎が座っている席は「嵐にしやがれ」で岡田准一が座った席。同じくさなさんのところが櫻井君が座った席です。
なんでわかるかというとテーブルに紙に書いて貼ってあったからです。
そのVTRも後ほどコタツに入って酒を飲みながら見ました。

昼食後、眺めのいいところまで行ってみようということで、12:44出発。

10分ほどスノーシュー無しで歩きましたが、やはりスノーシューを履いた方がいいだろうということになり、マナスル山荘に引き返して全員スノーシューを履いて出直し。

Dscn0016 ←そんなことでウロウロしているうちに青空がのぞいてきました。

Dscn0017 ←まさとしお勧めのビューポイントに到着。
するとまぁ、なんということでしょう!
見事に晴れまして北アルプスの山並みがズラズラーッと見えるではありませんか。

Dscn0018 ←がきちゃんの右に見えるのは中央アルプスでしょうか・・・。方向としてはそのはずです。

107_large 110_large ←2枚、さなリーダー撮影。

Dscn0019 Dscn0020 ←用を足しに皆さんから離れたときに撮った写真。
この「風立ちぬ」風な写真、気に入ってます。

Dscn0021 Dscn0022 ←なご太郎です。

135_large 121_large_2


←北アの雄大な景色を眺めながらのコーヒータイム。
これぞ「至福のひと時」。さなリーダー撮影。

Dscn0023 ←セルフタイマーをセットしなかった1枚。

Dscn0024 Dscn0025 ←今や奥多摩では知らぬ人の無い「山川」ポーズ。

さて、マナスル山荘に戻ります。

Dscn0026 ←青空と白樺がやっぱり絵になるんでしょうね。

Dscn0027 ←見事に晴れました。

Dscn0028 Dscn0029


14:30、マナスル山荘に戻ってきました。

女子4名は2階の部屋、男子2名は1階の部屋。
コタツがあり、ファンヒーターがあります。

荷物をざっと整理し、ジャージに履き替えたらストーブのある玄関というかタタキというか、上がりにはコタツが2台あるメインの場所に行ってみます。

コタツが空いてましたのでそこを6名で占領し、まずは持ってきた梅酒や焼酎をちびりちびり。

103_large 115_large 129_large ←こんな感じでちびりちびりと・・・。

屋根の上の雪が解けて雨漏り状態になっているようでもう1台のコタツをどけて女性スタッフがモップをかけています。
見たことのある顔です。
昨夏北アの船窪小屋にいた「しのぶちゃん」です。
冬も山小屋でバイトしてたとは・・・。

私「船窪にいたよね。私らよく西国立の『こまくさ』に行く人たち。おととしの8月、こまくさのマスターに頼まれて味噌汁に入れるとろろとか持ってったの」
しのぶ「はいはいはい」
忙しそうでそのときはそれだけしか話せませんでした。

そしてお待ち兼ねの16:00。
飲み放題の開始時間です。
どんなもんかというと、次の「マナスル山荘本館HP」から借用してきた画像をご覧ください。

Photo ←マナスル山荘本館HPから。4時間飲み放題です。

最初の一杯はやはり生ビール。
これは食堂に行って自分で注ぎます。
これはジョッキを貸してくれます。

次にワインにしました。
これはマイカップを用意してそこに瓶から好きなだけ注ぎます。
日本酒・焼酎・ワインを飲み続けます。

18時から夕食。
ですが、さちさんと私は夕食食べませんのであとの4名はストーブ横のテーブルに移動して美味しそうに食べたり飲んだりしてました。
皆さん私たちに気を使って少しづつ料理を持ってきてくれました。
この場を借りて御礼申し上げます。

20時になりまして飲み放題は終わったので男子部屋で飲み継ぎます。
ですが、さすがに約1名ダウンしましたので寝ることに。

100_large ←女子部屋の様子。さなリーダー撮影。

がきちゃんはコタツに、私も一旦布団に入りましたが、さちさんが呼びに来ます。
さち「ストーブのまわりでまだ飲んでる人がいるよ。静かに飲むんだったらいいんだって」

というわけで今度はストーブのまわりに焼酎とコップを持って行ってみますと、男性二人が楽しそうに飲んでおり、そちらにさちがきたけぱぱの3名も加わります。

何を話したんだかほとんど覚えていませんが、小屋のスタッフのしのぶちゃんが通りかかったときにビーフシチューの話になり、「宿泊の方は言ってくだされば予約入れておきますよ」とのこと。
勢いで「じゃ、明日のお昼6名分お願いね」ということになりました。

そのときのメモによれば「21:15寝る」となっていますが、もちろん全く覚えていません。

マナスル山荘本館のHPはコチラ↓ ↓ ↓

http://manaslu-sanso.com/manaslu/

「17年2月18~19日、入笠山へ(2日目)。」へ続く>>>

 クリックしてくださると「この日『ジャズライブがあります』な~んて言っていたのはどこのどいつだ~い?。1ヶ月先だったじゃね~か~!それから『ズラズラ~』のところで反応しないでよ、さちさん!」も喜びます。

« 伯耆大山登山その後(将棋ヲタ話編)。 | トップページ | 17年2月18~19日、入笠山へ(2日目)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/71359967

この記事へのトラックバック一覧です: 17年2月18~19日、入笠山へ(1日目)。:

« 伯耆大山登山その後(将棋ヲタ話編)。 | トップページ | 17年2月18~19日、入笠山へ(2日目)。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック