« 鍋割山へ。 | トップページ | 鳳凰三山へ(速報)。 »

2017年9月22日 (金)

御前山へカタクリを見に。



2017年4月25日(火)御前山へカタクリを見に行ってきました。

平日にもかかわらず8名参加のにぎやかな登山となりました。

20170425_074158 ←7:40頃、青梅の家を出ます。我が家のあるマンション8階から見た大岳山。今日は間違いなく一日いい天気。

8:04青梅発の奥多摩行き電車で奥多摩には8:38着。

8:42発の鴨沢西行きのバスに乗るとすでに梢さん(荒澤屋・あかべこの)の姿がありました。
すぐにバラバラとメンバーが乗ってきましたが、点呼は奥多摩湖バス停で取る予定です。

8:58頃、奥多摩湖バス停で下車。

まず8名のうち、初対面のminoruさんyokkoさんを確認し、ご挨拶。
あとのメンバーの顔はわかりますので、

私「午後に寄る避難小屋にしかトイレはありませんので、ここで絞り出しておいてください。特に女性の方」

Dscn0436 ←トイレを全員済ませ、軽く準備運動をしてから輪になって本日のコース説明と自己紹介。

9:15頃、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れてから歩行開始。

Dscn0437 ←奥多摩湖は小河内ダム建設によって出来た湖です。ダム堰堤の上を歩きます。風もなく奥多摩湖に山の形と桜の薄いピンクが映って「奥多摩の春」という感じがいたします。

Dscn0438

Dscn0439 ←御前山にもクマはいますよ~。今日はワイワイ登山ですから出てこないとは思いますが。

Dscn0440 ←山道に入ると急な登りになります。ロープが張ってあり、つかまりながら登っていきます。Dscn0441

Dscn0442 ←1時間ほど登るとサス沢山に到着。「指沢山」と書くというのは初めて知りました。

Dscn0443 ←サス沢山から見下ろす奥多摩湖。右端に先ほど渡ってきたダム堰堤が見えます。20170425_102758

サス沢山で少し休憩してから出発。

Dscn0444 ←さっそくカタクリの花。

カタクリは「氷河時代の生き残り」とか「春の妖精」とか言われます。
田中澄江が「花の百名山」で紹介しています。

Dscn0445 Dscn0446

Dscn0447 ←ヒナスミレ。足元にはカタクリだけでなくいろんな花が咲いています。

Dscn0448 Dscn0449 Dscn0450 Dscn0451 Dscn0452

頂上までに富士山ポイントが2箇所あります。
1箇所目で小休止。

Dscn0453 Dscn0454 ←手前の木にピントが合っていますが、きれいに富士山が見えています。

Dscn0455 ←コバケイソウの群落。

Dscn0456 ←ハシリドコロ。花は茶色。

Dscn0001 ←惣岳山への最後の急な登り。

Dscn0002 ←11:53、惣岳山。ベンチで小休止。

鞍部を通って御前山頂上へ向かいます。

Dscn0003 ←看板を撮ってますが、カタクリもたくさん咲いています。

Dscn0004 Dscn0005 ←植生調査のため網で囲われている中には外よりもたくさんカタクリが咲いています。

Dscn0006 ←どうです、この楽しそうな写真!

Dscn0007 ←2箇所目の富士山ポイント。

12:20、御前山頂上に到着。

ベンチに座ってお湯を沸かし、おにぎりとカップ麺の昼食。
もう一度お湯を沸かし、コーヒーを淹れます。
天気もいいし、カタクリも見れたし、至福のひと時であります。

いつも通り、出発前に記念撮影をします。

Dscn0008 ←「山川」ポーズの「川」を皆さんのご指導する梢さん。

Dscn0009 ←「山」です。

Dscn0010 ←セルフタイマーをセットしないうちに撮ってしまった「川」。

Dscn0011 ←今度こそちゃんと「川」です。

Dscn0012 ←頂上出発前に三角点を撮ろうとしたら蝶が留まっていました。

Dscn0013 Dscn0014 Dscn0015 ←御前山避難小屋。ここのトイレをお借りします。

全員トイレが済んだところで境橋に向けて下山開始。

Dscn0016 ←ハシリドコロ。

Dscn0017 ←カタクリ。

Dscn0018

Dscn0019 ←アズマイチゲ。花が開いてない。

Dscn0020 ←ヨゴレネコノメ。

Dscn0021 ←アズマイチゲ。花が開いた状態。

Dscn0022

Dscn0023 ←ヤマエンゴザク。

Dscn0024 ←ニリンソウ。

Dscn0025 ←エイザンスミレ。

Dscn0026 ←シロバナエンレイソウ。

Dscn0027 ←エイザンスミレ。

Dscn0028 ←花の名不明。

Dscn0030 ←境橋が見えてきましたが、ちょうどいいバスがありません。

私「皆さん、申し訳ない。ちょうどいいバスがありません」
梢「じゃあ、歩きましょうよ」

というわけで境橋から奥多摩駅近くまで歩きます。

奥多摩「荒澤屋=あかべこ」に到着したのが16:15頃。

Dscn0031 ←1階に飾ってありました。荒澤家にもそら君とこう君の息子さん二人がいます。

女子はわかる人がいますのでほっといて、minoruさんを3階のお風呂に案内したら私は風呂をパスして飲み始めます。

20170425_162530 ←まずは生ビールを一杯。

そして今日は参加できなかった板長(荒澤タカシ)の美味しい料理をいただきながら飲み続けます。

バラバラと風呂から上がってきて、反省会は盛り上がります。

20170425_164012 ←私は芋焼酎へ。

2時間くらい飲んで食べて反省会はお開き。

20170425_193901 ←トイレに行ってる間に先に皆さん電車に乗って行っちゃいました。次の電車が来るのが36分後なのでそれでいいのです。私は青梅ですから乗り換え無しに帰れますので。

20:07の奥多摩発青梅行き電車で青梅の家に着いたのが21時少し前でした。

「あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

「荒澤屋」のHP↓ ↓ ↓

http://arasawaya.co.jp/

 クリックしてくださると「明日(9/23)から鳳凰三山に行ってきます。登山の無事をお祈りください。(ちょりさん風)」も喜びます。

« 鍋割山へ。 | トップページ | 鳳凰三山へ(速報)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/71773192

この記事へのトラックバック一覧です: 御前山へカタクリを見に。:

« 鍋割山へ。 | トップページ | 鳳凰三山へ(速報)。 »