« 高尾ビアマウントへ(2017年9月版)。 | トップページ | 荒澤岳へ(1日目・前夜祭編)。 »

2018年3月15日 (木)

大岳山へ、2017年10月1日。



2017年10月1日(日)、日曜日ですが単独で大岳山に行ってきました。

20171001_075131 ←7:50頃、我が家のあるマンションから見た大岳山。今日もいい天気です。

まず、所要がありまして奥多摩方面ではなく立川行きの電車に乗ります。
用事を済ませたらガストまでてくてくと10分強歩きました。

20171001_084336 ←新聞を読みながらゆっくりとモーニング。朝飲むコーヒーはなぜこうも美味いのか・・・。

今度は河辺駅から青梅行き電車に乗り、青梅で奥多摩行きに乗り継ぎます。
10:30頃御嶽駅に到着。
急ぐ旅でもないので御嶽駅からケーブルの駅まで歩くことにしました。

20171001_104117 ←車の排気ガスを浴びながら歩き、ここで多摩川の河原に下りていきます。

Dscn0271 ←神路橋で多摩川を渡ります。

Dscn0272 ←神路橋から上流方向を見る。釣り場になっています。この日は見ませんでしたが、中洲の岩でボルダリングをやっている人を見かけることもあります。

大鳥居をくぐり、バス道と合流し坂道をテクテクと歩きます。

Dscn0273 ←クマ隊長の看板が薄汚れてかわいそうです。

11:10、ケーブル滝本駅着。

Dscn0274 Dscn0275 Dscn0276 ←11:20頃、やってきたのは赤が基調の御嶽号。

山日和の日曜日です。
ケーブルはほぼピストン運行です。

Dscn0277 ←約6分の乗車で御嶽山駅に到着。

御嶽山駅前の広場を御岳平と呼びます。

Dscn0278 ←御岳平から見たお隣の日の出山。

Dscn0279 ←空気が澄んでいると筑波山や日光の山々も見えるのですが、今日は少し霞んでいます。

11:25、歩行開始。

Dscn0280 ←奥の院。クマが時々現れるらしいです。

御嶽山には山の上に集落があり、「御師集落」と呼びます。
集落の真ん中あたりにビジターセンターがあります。

Dscn0281_2 ←ビジターセンター前に貼ってあった花のパンフレット。今御嶽山に咲いている花なので、大変参考になります。

Dscn0282 ←「古狸山」はめったに店を開けないのですが、今日は稼ぎ時のようです。

Dscn0283 ←「古狸山」の前で道が分かれます。左に行けばお隣の日の出山。右の急坂を登れば武蔵御嶽神社。
右の急坂の途中に樹齢1000年といわれる神代欅が聳え立っています。

Dscn0284

急坂を登りきると、通称「土産物屋ストリート」(私が勝手にそう呼んでいるだけ)が神社の階段手前まで続いています。

Dscn0285 ←「土産物屋ストリート」。夏はココデラムネを飲んだり、冬はコーヒーをいただいたり。
土産物屋だけでなく、旅館も茶店もあります。

Dscn0286 ←「土産物屋ストリート」を突っ切ると神社の階段があります。階段の手前はちょっとした広場になっており、剣道の大会や花の写真展なども行われたりします。

Dscn0287 Dscn0288 ←神社の階段を途中まで昇り、左に折れて大岳山に向かいます。

Dscn0291 ←カメバヒキオコシ。

Dscn0292 ←セキヤノアキチョウジ。

花の種類で秋を感じます。

長尾茶屋で店主の川崎さんにご挨拶。

私「大岳山まで行ってきます」
川崎「今日はお一人?」
私「そうです。今日は何時頃までいらっしゃいますか?」
川崎「月曜日までいるので、ゆっくりです」

あとで寄らせていただくことにして大岳山へ向かいます。

Dscn0293 ←天狗の腰掛杉。樹齢350年。樹高60m。

Dscn0294 ←シロヨメナ。

Dscn0295 ←歩きやすい季節になりました。

Dscn0296 ←シラネセンキュウ。

Dscn0297 ←シロヨメナ。

Dscn0298 ←12:07、水場。小休止。

Dscn0299 ←水場のすぐ先にあずまやがあります。ここがロックガーデン周遊コースの折り返し地点になっています。

Dscn0300 Dscn0301 ←あずまやから4~5分登ると小さな橋で涸れた沢を渡ります。
「ここから山に入っていくんだぞ~」
という感じがして、大岳山で私が一番好きな場所です。

Dscn0302 ←涸れた沢の右岸を登っていきます。沢の対岸は奥の院・・・クマが良く出る場所です。

Dscn0303 ←12:24、芥場峠。小休止。

Dscn0304 ←「滑落注意」とありますが、大岳山は青梅市の小学校の遠足でも登られる山です。
雪があるときはもちろん注意した方がいいですが。

Dscn0305 ←12:55、大岳山荘(非営業)のテラス。この写真の真ん中あたりに富士山が見えるはずなのですが、今日は見えません。

Dscn0306 ←一番奥にうっすらと見えるのは丹沢の山並み。その手前は生藤山~陣場山あたり。一番手前の尾根は馬頭刈尾根。

トイレで用を済ませてから大岳山頂上へ向けて出発。
頂上へはあと10分ほどです。

Dscn0307 ←大岳山神社の拝殿。お世辞にも手が行き届いているとは言えませんが、ピカピカばかりがいいとは思いませんので大岳山らしくてこれでいいと思っています。

Dscn0308 ←大岳山神社の狛犬はユニークな顔をしています。

Dscn0309 ←レイジンソウ。

Dscn0310

Dscn0311 Dscn0312 ←13:14、大岳山頂上着。標高1266.5m。

頂上には30人くらいいたでしょうか。
富士山も見えませんので、「人間ウォッチング」しながらおにぎりを2個食べます。

Dscn0313 ←一番奥が丹沢なのですが、ほぼ霞んで見えません。

Dscn0314 ←右手前は御前山。左奥が三頭山。大岳山と合わせて「奥多摩三山」と呼びます。

13:30、頂上をあとにします。

Dscn0315 ←2017年の「ハセツネCUP」は10月8~9日、1週間後に行われます。

Dscn0316 Dscn0317 ←ここからは「人間の世界に戻っていくんだぞ~」という感じがします。

Dscn0318 ←セキヤノアキチョウジ。

Dscn0319 ←14:39、長尾茶屋に到着。

赤ワインをちびちび飲みながら店主の川崎さんと四方山話。
ハセツネの話や私の次回山行=荒澤岳の話などしたと思います。

15:20、川崎さんに挨拶をして長尾茶屋をあとにします。

Dscn0320 ←ハセツネCUPのポスター。

Dscn0321 ←ほろ酔いでフラフラと歩きます。神社の階段を慎重に下ります。下りは慎重に・・・。

Dscn0322 Dscn0323 Dscn0324 Dscn0325 ←御嶽山駅のホームで待っていると緑が基調の「武蔵号(タケゾウ号ではありません)」がやってきました。

20171001_160104 ←6分の乗車で滝本駅に到着。

「あかべこ」が営業していればJR御嶽駅から奥多摩に向かって電車に乗るのですが、今日はお休み・・・。
おとなしく青梅に帰って自宅で風呂に入り、家飲みしたことであります。

 クリックしてくださると「明日(3/16)からあかべこ5周年イベントです。も喜びます。

「あかべこ」のHP↓ ↓ ↓

http://akabeko.tokyo/

28575586_1683314998414889_321616638 ←「あかべこ」5周年イベント 明日からです。

« 高尾ビアマウントへ(2017年9月版)。 | トップページ | 荒澤岳へ(1日目・前夜祭編)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/73047689

この記事へのトラックバック一覧です: 大岳山へ、2017年10月1日。:

« 高尾ビアマウントへ(2017年9月版)。 | トップページ | 荒澤岳へ(1日目・前夜祭編)。 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック