« 日の出山へ。 | トップページ | 高尾山で紅葉狩りとボジョレーヌーボーを嗜む集い(2017年版)。 »

2018年3月31日 (土)

恵那山へ(本編)。



2017年11月4日(日)、恵那山に登ってきました。

メンバーは、なご太郎・H隊員・私、の三名です。

前日11月3日(金・祝)の16時に相模湖駅に集合。
H隊員号で中央道を走り、諏訪湖SAで休憩。

20171103_174846 ←諏訪湖SAにて一杯のかけそば。これが夕食です。

さらに中央道をひた走り、中津川ICで降りて「国民宿舎恵那山荘」に20:20チェックイン。素泊まりです。

さっそく風呂に入って部屋でプチ宴会。
ガブガブ飲むのは私だけなので「プチ宴会」なのであります。

23時少し前に消灯。
お二人の寝息が聞こえてきましたが、私はすぐには眠れませんでした。
携帯をポチポチいじっていたらさなリーダーの書き込みが、

さな「もうお宿ですか~?それとも飲みかな?」

その書き込みに返事していましたが、

さな「私も寝ますわよ~、おネムさな」
と書かれてWEB上の会話は打ち切り。

そのうちに私もいつしかおネムに・・・。

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

11月4日(日)、5時頃起床。

お湯を沸かし、カップ麺の朝食。

宿の食堂で水筒にお湯を入れてもらい、6:06宿を出発。

黒井沢の登山口まではかなりのクネクネ林道(恵那山林道)です。
いつもながらH隊員、運転ありがとうございます。

登山口には6:43着。

31_large ←黒井沢登山口にて。H隊員撮影。

トイレや準備運動を済ませたら「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、6:54歩行開始。

Dscn0412 Dscn0413

Dscn0414 ←クマもいるようですが、三名の中では断然なご太郎が美味しいと思いますのでおじさん二名は安心です。

Dscn0415 ←登山口のあたりは紅葉が見事でした。

Dscn0416

Dscn0417 Dscn0418 ←横綱なご太郎をはさんで、露払いたけぱぱ・太刀持ちH隊員という順で歩きます。黒井沢は下流で中津川に合流し、中津川は木曽川に流れ込みます。

Dscn0419 ←赤(紅)い葉はありませんが、黄色とオレンジで体まで染まりそうな見事な黄葉です。

Dscn0421 ←黄葉とH隊員。H隊員に会ったことのない人に説明いたしますと、「少し静かな長島一茂」あるいは「栃木弁で静かにしゃべる長島一茂」という感じでしょうか。
今年(2018年)の8月に還暦を迎えます。

Dscn0422

Dscn0423 ←8:44、野熊ノ池避難小屋。

Dscn0424 ←野熊ノ池。

Dscn0425 ←野熊ノ池のほとりで小休止。

Dscn0426 ←高度が上がるにつれ、天気があやしくなってきました。今日は雨予報ではなかったはずです。
まぁ、平地と山での天気が違うのはよくあることですが、なんせ三名の中に雨男(雨女?)がいるらしいので・・・。

10時を回った頃、ついに雨が降ってきました。

なご・たけぱぱ「やっぱりね~」
某隊員「申し訳ない・・・」

Dscn0427 ←10:45頃、岩清水。Dscn0428

Dscn0429 ←山頂の一画にあるトイレです。

11:03頃、山頂避難小屋に到着。中でたくさんの人が休憩しています。
この雨では外での休憩はつらいです。
寒さもあります。

我々も小屋の中に入ってお湯を沸かし、少し早いお昼にします。
昼もカップ麺。
食後にコーヒーも飲みました。
ホットコーヒーがホッとする・・・。
至福のひと時、というヤツです。

11:33、小屋をあとにし三角点のある山頂へ向かいます。

Dscn0430 ←山頂には七つの社があるそうです。そのひとつ、富士社。

Dscn0431 ←11:42、恵那山山頂。12年ぶり、2度目の登頂です。

Dscn0432 ←三角点。標高は2191mです。Dscn0433

Dscn0434 ←この天気ではやぐらに登っても何も見えないのですが、登ってみます。

Dscn0437 Dscn0438 ←やぐらの上から撮影。

Dscn0435 Dscn0436 ←奥多摩では知らぬ人のない「山川」ポーズで撮影。三脚・セルフタイマー使用。

20171104_114947_2 20171104_114953_2 ←携帯電話で撮影。

頂上わずか10分の滞在。

「百名山1周目」の時には、「また来るよ~」と頂上を振り返ったものですが、さすがにこの歳(59歳です)では「もう一度来ることがあるだろうか・・・」と思いながら頂上を振り返ります。

Dscn0439 ←恵那神社奥宮本社。

47_large ←山頂避難小屋。H隊員撮影。

目的を達成し、雨は降っているものの歌を歌いながら楽しく下山。

Dscn0440 ←このあたりが一番見事でした。

15:31、登山口に戻りました。

恵那山林道を下って完全に下界に戻ってみると、下界は晴れ。
恵那山だけ、雲に隠れています。

(恐るべし、妖怪雨ふらし・・・)

H隊員号は中央道を諏訪まで走り、H隊員が行きたかったという温泉宿に行ってみましたが、土日は立ち寄りをお断りとのこと。

20171104_182007 ←というわけで諏訪湖SAにある温泉施設へ。

サッパリしたらその足で(車に戻らず)諏訪湖SAで晩飯。

20171104_190209 ←私はラーメンにしました。

今や名物?ともなった中央道の渋滞に少しはまり、高尾駅で解散したのが22時頃。
H隊員、長時間の運転お疲れ様でした。
おかげさまで「百名山2周目」もあと2座となりました。

なご太郎、雨の中お付き合いいただいてありがとう。
時間があればタカミあたりでB級グルメしたかったね。

今回の山行で、たけぱぱの「まだ1度しか登ってない日本百名山」はあと2座となりました。

幌尻岳
甲斐駒ヶ岳

幌尻岳には今年(2018年)登れるかなと・・・
「甲斐駒で2周目完登」といきたいと思ってます。
予定では8月下旬に幌尻、9月下旬に甲斐駒。

H隊員、あと2座もよろしく哀愁。

 クリックしてくださると「H隊員、今回も大変お世話になりました。楽しい山行でした。も喜びます。 

« 日の出山へ。 | トップページ | 高尾山で紅葉狩りとボジョレーヌーボーを嗜む集い(2017年版)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

今回も伝説を作ってしまったみたいだねー
途中は雨で寒いし、景色は全くなかったけど、それでも完歩出来て良かった^_^
今年はあと2座。最後まで行くぜよー🏃‍♂️

H隊員、
恵那山もおいちゃんのおかげで登れました。
前回は30年前、花坂じいさんとでした。
あの時は天気よかったな~W

あと2座もよろしく哀愁!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/73196977

この記事へのトラックバック一覧です: 恵那山へ(本編)。:

« 日の出山へ。 | トップページ | 高尾山で紅葉狩りとボジョレーヌーボーを嗜む集い(2017年版)。 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック