« 2017年12月9日、高尾鍋登山。 | トップページ | 17年12月16~17日、大菩薩忘年山行(2日目)。 »

2018年5月22日 (火)

17年12月16~17日、大菩薩忘年山行(1日目)。

2017年12月16~17日、サコー岳園長企画「大菩薩 忘年山行」に参加させていただきました。

2012年から私も参加させていただいてます。

2012年の様子はコチラを>>>

2015年の様子はコチラを>>>

2016年の様子はコチラを>>>

私自身は今回で4回目の参加ですが、この企画はもう20年以上も続いているはずです。

=====================================

12月16日(土)、6:20頃青梅の家を出ます。

20171216_063122 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山。普段の行いがいい方が多いようで、2日間とも晴れの予報です。

青梅線で拝島、八高線で八王子まで。

20171216_072803 ←八王子駅の立ち食い蕎麦で朝食。一杯の掛け蕎麦。

中央線快速で高尾まで。
高尾で甲府行き電車に乗り換え、塩山駅に9:15到着。

集合は9:20。
参加予定は5名なのですが、出雲族さんはあとから追いかけてくるようです。

20171216_092015 ←塩山駅南口で撮影。塩山は現在は「甲州市」に含まれます。2005年に塩山市・勝沼町・大和村が合併して甲州市となりました。

4名で9:30発のバスに乗って裂石(大菩薩登山口)まで。9:57頃到着。

20171216_100019 ←帰りにバスを使うかもしれないのでバス停の時刻表を撮影。

20171216_100624

10:07、静かに歩行開始。

Dscn0058 ←舗装道路をテクテクと何らかの話をしながら歩いていきます。

Dscn0059 Dscn0060 ←時間の余裕もありますし、出雲族さんもあとから来るし、ということで雲峰寺に寄っていくことにします。

Dscn0061 ←雲峰寺の急な階段。

Dscn0062 ←「雲峰寺のサクラ」。700年前に植えたものだそうです。満開は4月20日頃。ここで宴会はできないでしょうけど・・・。

Dscn0063 ←雲峰寺本堂。

宝物殿には「武田家の家宝」の旗などもあるようですが、皆さんの気持ちも体も「ワインと日本酒の一升瓶」のようですのでお寺はここまでにして、先へと進みます。

Dscn0064 ←寺からの下りは階段ではなくこちらの道を下ったほうが効率的。ただし、荷物を階段下に置いたので皆で階段を下りましたが・・・。

Dscn0065 Dscn0066 ←予報どおりの快晴となりました。

Dscn0067 ←琺瑯看板が大好きです。山で見る看板も好きですが、田舎で見る蚊取り線香や学生服の看板。駅で見るサッポロビールの看板などはたまらなく大好きです。

Dscn0068

Dscn0069 ←10:40、丸川峠入口。西国立「こまくさ」のマスター=橋本良春さんの「丸川峠賛歌」が口をついて出ます。

峠を 渡る 風さやか~♪

Dscn0070 ←ゲート脇を通って先へと進みます。

Dscn0071 ←千石地蔵。信仰心は全くありませんが、あちらが手を合わせているとこちらも思わず手を合わせてしまいます。

Dscn0072 ←橋の向こうは千石茶屋です。

Dscn0073

Dscn0074 ←12月の中旬ですが、なんと千石茶屋が営業しています。全員一致で寄っていくことにします。

Dscn0075 ←「何にしようかな~」。頼みたいメニューがたくさんあり、しかも値段が非常にこなれていますので迷います。

Dscn0076

Dscn0077 Dscn0078 ←桃の生ジュース・コーヒー・おしるこ・みたらし、など頼みました。
おじさんが一人で営業してますので時間がかかりそうです。
待ってる間に交代で撮影。

Dscn0079 ←桃の生ジュース。これが200円とは嘘みたいな値段です。

これだけでも一同、「帰りにも寄りたいね」と言葉が出たのですが、今日で今シーズン店仕舞いするとのこと。
奥さんと二人で営業していたのですが奥様はすでに里に下りてしまったし、何しろ水まわりが凍ってしまうので営業できなくなるのだそうです。

Dscn0080 ←「みたらし」はなんと100円。桃ジュースはもちろん自家製ですが、みたらしのたれも自家製だそうです。

このあとコーヒーが最後に出てきました。
豆をひく音が聞こえていました・・・。
コーヒーは200円。

Dscn0081 Dscn0082 ←カメラを向けたらおじさんは恥ずかしがっていました。
千石茶屋、なかなかの穴場スポットではないでしょうか。

千石茶屋から少し歩くと山道に入ります。

Dscn0083 ←12:05頃、第一展望台。富士山は見えず・・・。

Dscn0084 ←先頭はサコー岳園長。その後ろになご太郎。そして私、コスさんの順で歩きます。

Dscn0085 ←12:30頃、第二展望台。

Dscn0086

Dscn0087 ←12:45頃、一旦車道に出ます。

Dscn0088

Dscn0089 ←また山道に入ります。少し歩くと上日川峠です。

13:05、上日川峠に到着。

Dscn0091 ←ロッヂ長兵衛に寄り、ほうとうやうどんを食べます。
私はお金のこともありますが、せっかく持ってきたので外でお湯を沸かし、カップ麺を食べます。

20171216_133914 ←ロッヂ長兵衛のメニュー。

鼻水をすすりながらカップ麺を食べていると、サコー岳園長が呼びに来てくれて、
「たけぱぱさん、中で食べていいそうです。許可いただきましたから」

お言葉に甘えて暖炉がある小屋の中でカップ麺を食べ、お茶までご馳走になってしまいました。

1504882109_216_3 ←サコー岳園長撮影。

Dscn0090 ←13:43、ロッヂ長兵衛をあとにします。

Dscn0093 ←14:08、福ちゃん荘。小休止。

Dscn0092 ←今日の行程は介山荘まで。この地図によるた「あと45分」となっています。

Dscn0095 ←14:25、富士見荘。

Dscn0094 ←富士見荘前から見た富士山。裾だけ見えます。

Dscn0096 ←勝縁荘。2014年に少し営業しましたが、現在は閉館中。

Dscn0097 ←ゆっくりのんびり山行です。介山荘に着いたらあとな飲むだけ。

Dscn0098 ←介山荘が見えてきました。

15:01、介山荘前に到着。

Dscn0099 ←奥多摩方面。

Dscn0100

Dscn0101 ←左に大菩薩湖(ダム湖)、右に甲府盆地が見えます。

Dscn0102 ←この方向に大菩薩嶺があります。

介山荘玄関で靴紐を解き、部屋に荷物を置いたら食堂で忘年会開始。
ほどなく出雲族さんが到着。
出雲族さんは途中までうら若き女子を案内してきたようで、その話を楽しくきかせていただきました。

20171216_155147 20171216_155150 ←私は主にこのワインをいただきました。

20171216_155702 ←日本酒もおいしくいただきます。

介山荘の夕食はカレー。
夕食をいただきながらもお酒はすすみます。

1504832330_146 ←サコー岳園長撮影。

もう少し飲みたかったような気もしますが、20時頃お開きにします。

「17年12月16~17日、大菩薩忘年山行(2日目)。」へ続く>>>

 クリックしてくださると「まさとしさん、今年は早めにビアマウント企画しましょうかね。」も喜びます。

« 2017年12月9日、高尾鍋登山。 | トップページ | 17年12月16~17日、大菩薩忘年山行(2日目)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/73493754

この記事へのトラックバック一覧です: 17年12月16~17日、大菩薩忘年山行(1日目)。:

« 2017年12月9日、高尾鍋登山。 | トップページ | 17年12月16~17日、大菩薩忘年山行(2日目)。 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック