« 2018年1月3日(水)、日本橋七福神巡り。 | トップページ | 青梅丘陵へ。 »

2018年7月 9日 (月)

大岳山へ(2018年1回目)。



2018年1月21日(日)、2018年第1回目の大岳山に行ってきました。

20180121_074542 ←7:45頃、青梅の家を出ます。我が家のあるマンション8階から見た大岳山。曇天ですが、雨の心配は無さそうです。

奥多摩行き電車で御嶽駅下車。

集合時間の8:30には7名全員の顔が揃いました。

バスに10分強揺られて「ケーブル下」バス停(終点)で下車。

舗装道路の急坂をエッチラオッチラと3分くらい登り、ケーブル滝本駅へ。

20180121_0848411 ←ケーブルの往復きっぷを買います。

64_large 65_large ←滝本駅では御岳登山鉄道の仲田社長が出迎えてくれました。2枚、まさとし(上ミノ)カメラにて。

20180121_0855101 ←9:00発のケーブルは赤が基調の御嶽号。

43_large ←ケーブル車内の様子。さちさん撮影。

44_large ←中間地点で緑が基調の武蔵号(タケゾウ号ではありません)とすれ違う。さちさん撮影。

約6分の乗車で標高831mの御嶽山駅に到着。

Dscn0099 ←ケーブル御嶽山駅前の広場を「御岳平」と呼びます。御岳平から関東平野を見下ろす。霞んでます・・・。

Dscn0100 ←お隣の山=日の出山。標高902m。

Dscn0101 ←日光方面の山々を撮影したつもりですが、ほとんど判別不能ですね。

Dscn0102 ←天気がよくて空気が澄んでいるとこのように見えます。

トイレを済ませ、軽く準備運動。
7名輪になって自己紹介、のち「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、9:18歩行開始。

47_large ←「マッスル」直前。さちさん撮影。

Dscn0103 Dscn0104 Dscn0105 ←2017年10月、田部井淳子さんの顕彰碑が御嶽山駅に建立されました。
田部井さんが東京に来て初めて登ったのが御岳山だったとか。
いろいろと御縁が御岳山にあったということのようです。

Dscn0106 ←写真中央の三角の山は奥の院です。

Dscn0107 ←天気も良く、寒い日でもなかったのですが、氷の花が見れました。

宿坊やビジターセンターのある御師集落を通り、日の出山への道を左に分けて武蔵御嶽神社へ向かう右の急坂の途中に樹齢1000年といわれる「神代欅」が聳え立っています。

Dscn0108 ←神代欅。

急坂を登りきると通称「土産物屋ストリート」。私が勝手にそう呼んでいるだけですが。

Dscn0109 ←土産物屋ストリート。ロケで来た芸能人の写真が飾ってあったりします。

Dscn0110 ←土産物屋ストリートを突っ切ると武蔵御嶽神社の階段下、鳥居の前に出ます。

Dscn0111 ←大岳山にまっすぐ向かうにはここで左へ折れるのですが、今日は武蔵御嶽神社に寄っていきます。初詣を兼ねてといったところです。

Dscn0112 ←右の階段を上がらないで写真のまっすぐ向こうに進めば長尾茶屋・岩石園・大岳山などへ向かう道です。

Dscn0113 ←武蔵御嶽神社拝殿。

Dscn0114 ←おみくじに 何を願うか なご太郎。

武蔵御嶽神社から直接向かう道を通り、長尾平へ。

Dscn0115 ←長尾茶屋店主の川崎さんに挨拶。

私「今日は7名で大岳山に行ってきます。帰りに寄らせてもらいます」
川崎「気をつけて行ってらっしゃい」

Dscn0116 ←天狗の腰掛け杉。こちらは推定樹齢350年。

Dscn0117 ←ロックガーデン(岩石園)の折り返し地点の水場・あずまやを過ぎるとその先4~5分で涸れた沢を小さな橋で渡ります。

Dscn0118 ←「これから山に入っていくんだぞ~」という感じがして、私が大岳山で一番好きな場所です。

この先、涸れた沢の右岸を登っていくのですがこのあたりが一番キツイ場所かもしれません。それほど急坂というわけでもないのですが、ここまでがゆるやかなのでそう感じるのでしょう。

Dscn0119 ←11:00、芥場峠。小休止。

Dscn0120 ←11:38、大岳山荘(非営業)前のテラス。残念ながら富士山は見えません。

67_large ←まさとし撮影。

トイレを済ませ、頂上へ向かいます。
あと10分少々。

Dscn0121 ←大岳山神社の拝殿。

Dscn0122 ←大岳山神社の狛犬はいつ見てもユニークな顔をしています。

Dscn0125 Dscn0126 ←11:54、大岳山頂上。頂上の標柱は新しくなるようです。

お湯を沸かしてカップ麺の昼食。
山の上で食べるカップ麺は会社でお昼に食べるのと同じ味のはずですが、何倍もおいしく感じられます。

食後にコーヒー。
至福のひと時です。

Dscn0123 Dscn0124 ←奥多摩ではおなじみの「山川」ポーズで記念撮影。

Dscn0127 ←空気が澄んだ日は大山~丹沢~富士山~雲取山などが見えるというパノラマ写真が貼ってあります。

Dscn0128 ←富士山は見えませんが、雲間から射す光が神々しく見えました。

頂上滞在35分ほどで下山開始。

Dscn0129 ←冬は葉が落ちて見通しもよく、日も射してきます。夏は葉陰が涼しいですよ。
(山行は1月なのですが、この日記を書いている7月は外気温30度を超えているようです・・・)

Dscn0130

Dscn0131 Dscn0132 ←この橋を渡れば「獣の世界」から「人間の世界」へと戻っていきます。

Dscn0133 ←真冬ですが、スミレが咲いていました。

Dscn0134 ←14:04、長尾平。これは長尾平にある「長谷川恒男顕彰碑」です。

さてお待ちかね、長尾茶屋でビールとワインで乾杯。
乾き物をテーブルに広げ、小一時間の反省会。

15:00頃、長尾茶屋をあとにします。

Dscn0135 ←「馬場家御師住宅」。修復には3年をかけたそうです。かやぶき屋根は宮城の方から職人さんが来ていたとか。

Dscn0136 ←御師集落を通り、ケーブルカーの駅までほろ酔いで歩きます。

Dscn0137 ←15:30のケーブルカーで下山。

Dscn0138 Dscn0139 ←中間地点で緑が基調の武蔵号(タケゾウ号ではありません)とすれ違う。
我々が乗っているのは 赤が基調の御嶽号。

バスと電車で河辺駅へ移動。
梅の湯でサッパリしたら河辺駅南口のバーミヤンで最終反省会。
楽しく2時間ほど飲み食いしました。
(すかいらーく系はいろいろクーポン使えるので楽しいです)

 クリックしてくださると「大岳山イベントもまた立てますよ~。高尾山ビアマウントも行きますよ~。」 も喜びます。

« 2018年1月3日(水)、日本橋七福神巡り。 | トップページ | 青梅丘陵へ。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/73794096

この記事へのトラックバック一覧です: 大岳山へ(2018年1回目)。:

« 2018年1月3日(水)、日本橋七福神巡り。 | トップページ | 青梅丘陵へ。 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック