« 青梅丘陵へ。 | トップページ | しらびそ小屋~天狗岳(2日目)。 »

2018年8月11日 (土)

しらびそ小屋~天狗岳(1日目)。



2018年2月24~25日、しらびそ小屋に泊まり天狗岳に登りました。

今日は1日目の日記を書きます。

=====================================

2月24日(土)、今日はしらびそ小屋までなので気分的にもラクチンです。

20180224_063527 ←デカ目のザックに荷物を詰め、6:35青梅の家を出ます。エレベーターを待つ間に大岳山を撮影。

今日は八高線の小宮駅まで行き、そこから中央高速の石川P.Aまで行ってそこでぴっと氏の車に拾ってもらう予定です。

6:46発青梅線の電車で拝島に7:03着。

20180224_070703 ←駅構内の蕎麦屋で一杯の掛け蕎麦。

20180224_071448 20180224_071449 ←拝島7:16発の八高線に乗ります。

拝島から一駅、小宮駅で下車。7:21。
スマホの地図を頼りに小宮駅まで歩きます。
約20分の歩きで石川P.A着。

トイレに行ったりコーヒー(石川P.Aにはドトールが入ってます)を飲んだりしているとまさとし(上ミノ)が現れました。

まさとしは八王子ラーメンを注文。
ラーメンを食べている向かいでコーヒーをすすりながら四方山話・・・。

8:00に石川P.A集合の予定でしたが、ふかちんから連絡が入ります。
ふかちん「石川P.Aの手前で事故渋滞にはまっています。到着が8時を過ぎてしまいそうなので、暖かいところで待っていてください」

ぴっと氏号にはふかちんと味ん子が乗っているはずです。

本当に石川P.Aのすぐ手前で事故があったようで、それからというもの車が全くやってきません。
通過する車もありません。
そのせいでラーメン屋さんにも客が来ず、皆道路の方向に顔を向けヒマそうにしています。

3~40分ほど待っていると車が流れ出し、ぴっと氏号が石川P.Aに到着。
5名が集合しましたので、ぴっと氏号で稲子湯へ向けて出発。

11:27頃、稲子湯に到着。

20180224_1141351 ←稲子湯に駐車料金を払います。

20180224_1141471 ←準備が出来たら自販機の前でおにぎりなど頬張って腹ごしらえ。

12:15、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れてから出発。

しらびそ小屋までは雪はもちろんあるものの、ゆるやかな道が続くのでアイゼンは装着しません。

Dscn0182

Dscn0183 ←「ミドリ池入口」バス停付近にも駐車場がありますが、満車でした。稲子湯に停めて正解。ゲートを越えて橋を渡ります。

Dscn0184

Dscn0185 ←車道に出てはまた山道に入る、というのを何回か繰り返します。

Dscn0186 Dscn0187 Dscn0188

途中で60歳代(70代もいたかも)の10人くらいのパーティを追い越し、少し急な場所でもアイゼンはつけずにそのまま登り、また道が平らになるとまもなくしらびそ小屋です。

Dscn0189 ←14:12、しらびそ小屋に到着。油断したのか、小屋前でまさとしがスッテンコロリン・・・。ザックの中の鍋が多少変形してしまうという事件がありましたが、怪我はなかったようでまあよかった。

Dscn0190 ←小屋前から見たみどり池と東天狗岳。もっともみどり池は凍ってその上に雪が積もり、ただの平らな場所にしか見えません。

Dscn0191 ←まさとし小屋のチェックイン中に一枚。

ザックは外に置いて貴重品まわりだけ手に持って、小屋に入りかりんとうと熊笹茶のおもてなし。
素泊まりのみの料金を払って外に出てザックを持って、新館の1階の部屋を我々だけで使っていいとのこと。

着替えなど済ませたら早速談話室(混雑時はここも宿泊場所になる)で乾杯。

20180224_161003 ←皆ワインや焼酎など持ってきてます。アヒージョをいただきながらじわじわと酔っていきます。

先ほど追い越したパーティとテーブルでご一緒になり、お酒やつまみを「こちらのもどうぞどうぞ」と、にぎやかになってきました。
パーティ一行は群馬県から来た方が主でしたが、中には宮崎から車で来たというすごいおじさんもいました。
皆さん心から山を楽しんでいる様子。
それでいつまのまにか「天国じじい」とお呼びして(我々の間だけで)しまいました・・・。

20180224_171549 ←談話室の窓から見た東天狗。明日はあそこの天辺まで行く予定です。

20180224_171739 20180224_171742 ←まさとしが持ってきた多少変形してしまった鍋でつくってくれたポトフ。こういう料理はワインに合いますねぇ。

まさとしは一度ごろんと横になって寝ましたが、また復活。
ぴっと氏はそれほど飲みませんし、運転の疲れもあるようですので早めに布団にもぐってご就寝。

20180224_194928 ←19:30頃から食堂で「山の歌」を皆で歌います。歌集が小屋に置いてありました。
写真の赤Tシャツ鳥打帽の方の解説・指導で歌う訳なんですが、その解説にいちいち訳知り顔のオヤジさん(群馬パーティの親分格)がカットインして話し出すのがおかしくもあり、まどろっこしくもあり、最後までは歌っていられませんでした。

部屋に戻ろうとしたのですが、「コーヒーが出る」というのでコーヒーをちゃっかりいただいてから4名部屋に戻り歯を磨いて21時前には寝たようです。

「しらびそ小屋~天狗岳(2日目)。」へ続く>>>

 クリックしてくださると「昨日は久々に西国立『こまくさ』で橋本良春さんの歌を聴きました~~~。」 も喜びます。

« 青梅丘陵へ。 | トップページ | しらびそ小屋~天狗岳(2日目)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078452/73903369

この記事へのトラックバック一覧です: しらびそ小屋~天狗岳(1日目)。:

« 青梅丘陵へ。 | トップページ | しらびそ小屋~天狗岳(2日目)。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック